カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ハーブも豊作

yuri170627-1.jpg
(今朝、大輪の百合イエローカサブランカが開花。
4月13日に球根を植えたから、二か月ちょっとで咲いた・・・千葉・鎌ケ谷にて)

yuri170727-2.jpg
(クリームイエローの上品な百合。香りも柔らか。庭が明るくなった)

herb170626-1.jpg
(今年は、ハーブ類も豊作)
※撮影協力:クロフネ号

herb170627-2.jpg
(ハーブのベッドは、いい香り@クロフネ)



連日の雨のせいか、庭の植物もぐんぐん伸びる。
なんちゃって菜園のハーブ類も茂る茂る。

パセリ、セロリ、バジル、オレガノ、セージ、
あっという間に大ざるいっぱいにあふれるほどに。

早くもパセリにはキアゲハの幼虫が住み着いていた。
もう収穫はこれで終わり、後はちょうちょのベッドとごはんに提供しよう。

摘んだハーブは細かく刻んで混ぜて冷凍。
スープにパスタにと用途は色々。
しばらくは楽しめそうだ。

子雀の‘公園デビュー’

mizu_no_hikari170606-1.jpg
(なんとも涼し気、江戸系花菖蒲「水の光」
…2017年6月6日、東京・葛飾、堀切菖蒲園にて)

mizu_no_hikari170606-2.jpg
「水の光」

mizu_no_hikari170606-3.jpg
「水の光」


この頃、毎朝のように雀の親子が数組一緒に庭に飛んでくる。

よちよちしながら必死に親の後を追い、えさをねだる子雀。
めいっぱい短い羽根を震わせて、親にアピールする姿も健気。
ほわほわな姿で木の枝にちょこんとお座りしているすがたも愛らしい。

子雀の、‘公園デビュー’、スムーズにいったみたいで、ホッ。
これから色々大変なこともあるかもしれないけど、元気に育ってほしいな。


ナスが豊作

nasu17-625-1.jpg
(今年は、ナスが豊作・・・2017年6月25日、千葉・鎌ケ谷にて)



雨があがったので庭に出てみたら、採り頃のナスがぶらぶら揺れている。
えーっ、昨日はまだちっちゃかったのに。
暑さと雨と湿気で、グングン育っちゃったのかしら?!

今年も、自己流のなんちゃって家庭菜園を作り、
ナス、きゅうり、ミニトマト、ピーマン、オクラを育てている。
苗が良かったせいか、ナスもきゅうりもよくなってくれて、重宝している。

さて、たくさんのナス、どうやって食べようかな。


さくらがカルガモに?!

yuri070624-1.jpg
(昨年、鉢植えから庭におろした百合が咲いてくれた
・・・2017年6月24日、千葉・鎌ケ谷にて))


sakura070624-5.jpg
(さくらが、カルガモ母さんになっていたぁ?!)



猫のさくらは、なにかの上に丸まって寝るのがお気に入り。
(って、猫はみんなそうかぁ)
机の上、その上にある箱の上。

今朝は、ノートパソコンの上にのっかっていた。
新品のノートパソコンの上に、なんたること。
3.3キログラムのちび猫でも、あんまりよろしくない。

ということで、さくらが乗らないようにミニのお馬さんたちを
パソコンの上に並べておいた。

しばらくしてパソコン部屋に行って、びっくり!
なんと、ぬいぐるみを抱き込むように丸まっている。
まるで、カルガモの親子みたい?!

うーん、今度は何を乗せよう。


マイ・ブームは刺身作り

kozasagawa170606-1.jpg
(江戸系花菖蒲「小笹川」<こざさがわ>・・・2017年6月6日、
東京・葛飾、堀切菖蒲園にて)



最近のマイ・ブームは、お刺身作り。
ずっと、お刺身はパックで買うものと思っていたが、
あるとき、さくを買ってきて自分で切ってみた。

とてもお店のようにはいかないが、それでも自分で切った刺身は
なんだかおいしさも格別。
今日は、愛媛産のいさきと長崎産の剣先いか。
いかは自分でさばいたが、いさきはお店で三枚におろしてもらった。

切り身になったら、えっ、こんなに少ない。
と、ちょっとがっくり。
でも、その分、貴重感が高まるかな。
果たして、どんな味がするか、楽しみ、楽しみ。




 | HOME |  » ▲ page top