カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

エリモファイター

yuudouba100801-1.jpg
函館競馬二日目。
お天気はあまりよくなさそうだが、戸崎圭太騎手の参戦もあり、
どんな人馬との出会いがあるか、今日も楽しみ
・・・2010年8月1日、北海道・函館競馬場にて)




erimo_fighter100801-1.jpg
(1レース、3歳未勝利戦にエリモセントラルの息子が
登場。古川吉洋騎手を背に、エリモファイター。

★エリモファイター
2007年2月21日、えりも生まれ。牡。黒鹿毛。
父フジキセキ、母エリモセントラル)




erimo_fighter100801-2.jpg
(もやにけむる本馬場へ向かう・・・。

エリモファイターは、二度と戻ってはこなかった。
第4コーナーで競走中止。左橈側手根骨複骨折。予後不良。

たった2戦目で消えた命。
競走馬の宿命とはいえ、悲哀を感じずにはいられない。
どうか安らかに・・・)




nishino_shiner100801-1.jpg
(先頭ゴールインを果たしたのは、戸崎圭太騎手鞍上の
ニシノシャイナー。

★ニシノシャイナー
2007年2月28日、むかわ生まれ。牡。栗毛。
父ムーンバラッド、母ニシノニチリン)




nishino_shiner100801-2.jpg
(1レースから結果を出したトサキ、やっぱり凄い!)




tatsu_perceive100801-1.jpg
(3レース、3歳未勝利戦。
目立つ芦毛、ゼッケンを見たら’タツパーシヴ‘。
えっ、イブキパーシヴの子?!
レープロを確認したら、やっぱりそうだった。

パーシヴの子にここで会えるなんて・・・。
思いがけない出会いに、しばし感動。

★タツパーシヴ
2007年3月31日、米国生まれ。牡。芦毛。
父Yes I’ts True、母Ibuki Perceive)




tatsu_perceive100801-2.jpg
(レース結果は、3着。一日も早く、未勝利脱出できますように!)




tatsu_perceive100801-3.jpg
(名牝イブキパーシヴの血を伝えて、と願う)




erda100801-1.jpg
(4レース、2歳新馬戦。
トサキが乗るからというわけではなく、目を引いた
エルダ。

★エルダ
2008年2月7日、浦河生まれ。牝。黒鹿毛。
父ダンスインザダーク、母ペパーミントグラス)




agnes_squall100801-1.jpg
(やはり目についた、アグネススコール。

2008年4月22日、浦河生まれ。牡。栗毛。
父アグネスフライト、母アグネスリステア)




stand100801-1.jpg
(新スタンドは、真っ白な豪華客船のようだ)




t_o_zeus100801-1.jpg
(本馬場入場。
藤岡佑介騎手を背に、テーオーゼウス。

2008年3月10日、むかわ生まれ。牡。黒鹿毛。
父タニノギムレット、母シーセモア)




erda100801-2.jpg
(戸崎圭太騎手を背に、エルダ)




erda100801-3.jpg
(集合前に、戸崎騎手鞍上のエルダが戻ってきた。
どうしたのだろう?不安がよぎる。

ゲート前で、戸崎騎手は入念にエルダを動かしていたが
結局、競走除外となってしまった。
※後で、左肩ハ行と分かった。

デビュー戦をリタイアするなんて、本当に無念だったろう。
でも、走る前に不調が分かってよかった。
具合が良くなれば、再チャレンジできるもの。

しっかり身体を治して、元気にターフに戻ってきてほしい、
エルダ!)





kinsho_aurora100801-1.jpg
(集合合図がかかった。
木幡初広騎手を背に、キンショーオーロラ。

2008年3月2日、新ひだか生まれ。牝。青毛。
父ネオユニヴァース、母ソービューティフル)




suzuka_majesta100801-1.jpg
(古川吉洋騎手を背に、スズカマジェスタ。

2008年3月4日、浦河生まれ。牡。青鹿毛。
父スズカマンボ、母マーゴーン)




mejiro_marishiten100801-1.jpg
(長谷川浩大騎手を背に、メジロマリシテン。2着。

2008年2月17日、洞爺湖生まれ。牝。鹿毛。
父メジロベイリー、母メジロピカール)




moerock100801-1.jpg
(丸山元気騎手を背に、モエロック。

2008年1月25日、新冠生まれ。牡。黒鹿毛。
父ロックオブジブラルタル、母シルキーグルーヴ)




t_o_zeus100801-2.jpg
(藤岡騎手とテーオーゼウス)




jet_stream100801-1.jpg
(レース。
期待のディープインパクト産駒、ジェットストリームは4着に敗れた。残念!
鞍上は、池添謙一騎手。

★ジェットストリーム
2008年3月3日、鵡川生まれ。牡。黒鹿毛。
父ディープインパクト、母クライム)




hamanasu100801-1.jpg
(らち沿いに咲いていたハマナス。
日高幌別駅のハマナスを想い出す・・・。

雨はなんとか落ちてこないものの、朝から風が強い。
名残りの花が、強風にちぎれそうになっていた)




hamanasu100801-2.jpg
(ハマナスのかわいい実。
思わず、ちぎってポケットに入れたくなった。

今度は、花が盛りの頃に来てみたい・・・)




sakura_emblem100801-1.jpg
(5レース、3歳未勝利戦の本馬場入場。
ダグラスホワイト騎手を背に、サクラエンブレム。3着。

2007年5月4日、新ひだか生まれ。牡。青毛。
父サクラプレジデント、母サクラプレステージ<ブライアンズタイム>)




etarnal_city100801-1.jpg
(武幸四郎騎手を背に、エターナルシチー。

2007年5月26日、新冠生まれ。牡。鹿毛。
父ニューイングランド、母チェリールーラー)




riviera100801-1.jpg
(レース。
丸山元気騎手を背に、サッカーボーイの息子リヴィエラ。2着。

2007年3月12日、新ひだか生まれ。牡。栗毛。
父サッカーボーイ、母クィーンブライト)




taylor_burton100801-1.jpg
(8レース『かもめ島特別』。
四位洋文騎手を背に、テイラーバートン。
とびきり垢抜けて、よく見えた。2着。

2007年2月21日、千歳生まれ。牝。鹿毛。
父ジャングルポケット、母ブリリアントカット)




meine_airway100801-1.jpg
(戸崎圭太騎手を背に、マイネエアウエイ。3着。

2005年4月24日、新冠生まれ。牝。鹿毛。
父ブライアンズタイム、母キャリイアウト)




taylor_burton100801-2.jpg
(本馬場入場。
一番人気の期待を背に受けて・・・テイラーバートン鞍上の四位騎手)




meine_airway100801-2.jpg
(戸崎騎手を背に、3着に頑張ったマイネエアウエイ)




taylor_burton100801-3.jpg
(レース。
テイラーバートン<帽色・赤>は最後、ダグラス・ホワイト騎手鞍上の
ダークエンジェルに交わされて、首差の2着。残念!)




western_venus100801-1.jpg
(9レース『UHB杯』。
ここもトサキ鞍上の、ウエスタンビーナスに注目。

★ウエスタンビーナス
2003年4月18日、静内生まれ。牝。黒鹿毛。
父ボストンハーバー、母ウエスタンシャープ)




western_venus100801-2.jpg
(夏に強い牝馬、というのも心強い)




western_venus100801-3.jpg
(厩舎の期待もふくらむ)




western_venus100801-4.jpg
(戸崎圭太騎手を背に、本馬場へ向かう
ウエスタンビーナス。
レースは、きっちり期待に応えてくれて優勝!)


函館空港で、フライトを待ちながらウエスタンビーナスの勝利に乾杯!

二日間たっぷり、海風に吹かれながら美しい競馬場で美しい馬たちを堪能した。
リゾート競馬にふさわしい新装函館競馬場。ぜひまた訪れてみたい。






 | HOME |  ▲ page top