FC2ブログ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

松葉杖

matubadue101104-1.jpg
(足になってくれている松葉杖は、大切な相棒。
大好きだったエアジハード君も、いつも一緒
・・・2010年11月4日、千葉・鎌ケ谷にて)




右足の骨折から2週間あまり。
今日はどうしてもはずせない用時があって、バスで駅前へ。
バスに乗るのも街中を歩くのも松葉杖は不安だったが、
そろりそろり、ゆっくりゆっくり、亀のようなスピードで
移動してみたら、なんとかなった。

通りのガラス窓に映る松葉杖姿は、なんとも情けなかったが
これが現実。目を背けずしっかり見た。

小一時間の外出だったが、やはりとても疲れてしまった。
慣れない松葉杖、そして全然動いていないので体力がないせいだろう。
それでも、松葉杖で外出できたのは大きな一歩。
次に出かけるときは、もっと元気に歩けるに違いない。

中山競馬初日の復帰?!を目指して、がんばろっと!





足が着けたぁ

sakura101101-1.jpg
さくら@アウトドア・・・2010年11月1日、千葉・鎌ケ谷にて)




sakura101101-2.jpg
(さくら@インドア。
※葉陰に潜むツシマヤマネコではありません。念のため...)




右足首の骨折から、ちょうど2週間。
今日は待ちに待った?!再診日。
きっとよくなっているだろうと、はりきって整形外科へ。

レントゲンを見た先生、
「うむ、まだ腫れがひいてませんね。
でもなんとかギプスを巻けるかな。
足が着けないと不便だものね」。

そ、そーなんです。もう、しんどくてしんどくて。
必死に目ですがる。

処置室で、白い包帯みたいなのをグルグル巻きにして、
はい、終わり。
えっ、石膏を流し込むんじゃないの?!
なぜかそう思い込んでいたので、拍子抜け。

でも、家に戻った頃にはガチガチに固まって、やっぱりギプスだぁ。
医学は日々進歩してるんだなぁ、とカンドーしてしまった。

足が着けるので、松葉杖も一本で事足りるようになった。
うれしくて、家の中をそろりそろりと歩き回ってみる。
ぎごちない歩みではあるけれど、足が着けなかったころとは大違い。

すごく身体が楽になった。
それと一緒に気分も軽くなってきた。
病は気から、ってほんとだな。

次の診察は2週間後。
それまで、少しでもいいから良くなっていますように。
ジャパンカップには行けるかな!?って、やっぱり無理だろうなぁぁぁぁぁ。




骨折ライフ

右足の骨折から十日。生まれて初めての松葉杖も、今日で三日目。
初めて松葉杖で一歩を踏み出した時は不安でいっぱいだったが、
かなり慣れてきて、家の中をひょこひょこ動けるようになってきた。

それでも安静第一なので、ほとんどはソファーに座って、骨折した右足を
テーブルの上のクッションに置いたまま、終日を過ごしている。
動けない身には、一日のなんと長いこと。
頭も身体も完全にふやけてしまいそう・・・。

それで考えた。
何もできないけれど、なんとか工夫して少しでも普通の生活に近い
過ごし方をできないだろうか・・・。
ハッとひらめいたのは、あのチリ落盤事故の33人の勇者たちのこと。

33人が無事生還できたのは、優秀なリーダーがいたことなど
いくつか要因があったが、そのひとつ「規則正しい生活を送った」ことが大きかった。
また「ユーモアを忘れなかったこと」も大切なんだ、とニュースを見て感じた。
そして最も大きな要因は、「エスペランサ=‘希望’を捨てなかったこと」。

希望を持ち、規則正しい生活と困難な中でもユーモアを忘れない気持ち。
そうだ、私もこれでいこう。
起床時間を守り、いつものラジオ体操もやり(って、もちろん椅子に座って)、
食後の歯磨きをさぼらず、身体も清潔に保ち、食事もできるかぎりに
バランスよく取り、などなどできるかぎりのことをやっていこうと決めた。

実際やってみると、なんと大変なこと。
靴下ひとつはくだけでも一苦労。
でも、ゆっくり時間をかければなんとか達成できた。

元の身体に戻るのにはまだまだかかりそうだが、私も
再び元気に歩けるようになる!馬の写真を撮りに行く!ことをめざし、
希望をもってがんばらなくっちゃ。








骨折してたぁ

秋華賞帰りに捻った右足首の症状が、一週間経ってもあまり変化がない。
何もしなければ痛みもなかったので、そのうち治るだろうと思っていたが、
一向によくなる気配なし。
やっぱり病院に行くか、と重い腰をあげて整形外科へ。

足を触診した後、レントゲン。
診察室へ戻ると、先生が開口一番「やっぱり折れてますねぇ」。
えーっ、骨折!全く予想もしていなかった現実に、頭がぐわーん。
下肢にある二本の骨のうちの細いほうが、途中からスパッと
刃物で切ったように切れているではないか。

頭がくらくらしている私にはおかまいなく、先生は手際よく足を固定し、
看護師さんに松葉杖を手渡された。
『足の腫れがひいたら、一週間後にギブスを巻きます。
それまでは絶対足を着かないでね」と、松葉杖の使い方を説明してくれた。

もう絶対絶命。
真っ先に浮かんだのは、秋天に行けない!ということだった。
勝手に来週は外出できるだろう、と思っていた自分の無知が恥ずかしい。

でも、はっきりと症状が分かってよかった。
後は、時間がかかっても治すしかない。
競馬は来年もやっている~!?
晴れて競馬場へ行けるようになるまで、がんばるどぉー!!!










«  | HOME |  ▲ page top