カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルトフォーユー

quilt_foryou011222-1-2.jpg
<朝一でパドックに着くと、ウオーミング・アップ中の姿を見ることができた。
そんな日は、それだけでうれしかった・・・2001年12月22日、中山競馬場にて>

quilt_foryou011222-1-3.jpg
<「前へーっ!」、騎乗者の号令をしっかり聞いて、ひたむきに誘導に励んでいた>

quilt_foryou011222-1-4.jpg
<つぶらな瞳が忘れられない>

quilt_foryou011222-1-5.jpg
<大役も見事に果たした>

quilt_foryou020414-1-1.jpg
<皐月賞での晴れ姿(一番右の馬。お隣は先輩のセンゴクシルバー)
・・・2002年4月14日、中山競馬場にて>


好きだった中山競馬場の誘導馬、キルトフォーユーが引退して根岸へ移動したと聞いた。
中山で会えないのは残念だけど、これからは根岸に行けば会えるんだ!
早速、誘導馬ふぁんくらぶを拝見したり、根岸記念競馬公苑サイトを訪ねた。

そこでショッキングなことを知った。
キルトがすでにこの世にいない、というのだ。
根岸に入厩したばかりなのに5月には退厩している。
しかもふぁんくらぶの掲示板に、キルトが亡くなったことが書き込まれている。

キルトが亡くなった・・・信じたくない。
まぶたの裏には、今もつぶらな瞳でひたむきに仕事に励んでいた美しい姿が
焼きついている。
きっと、きっと、どこかでのんびりと今までの疲れを癒しているに違いない。
お疲れ様、キルトフォーユー!
スポンサーサイト
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。