カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

アシュラノカゼとワインレッド

ashurano_kaze100328-1.jpg
(競馬場でやっと会えた、アシュラノカゼ。牝。
2007年4月19日、新ひだか生まれ。
父マーベラスサンデー、母ニューウインド。鞍上は、高橋智大騎手
・・・2010年3月28日、千葉・中山競馬場にて)




ashurano_kaze100328-2.jpg
(400キロをきる小柄な身体で、8着に頑張った!)




ashurano_kaze070512-1.jpg
(無心に生きていた日々・・・2007年5月12日、北海道・静内にて)




wine_red100328-1.jpg
(3レース3歳未勝利戦で、馬友達の生産馬がデビュー。
ワインレッド。牝。2007年3月5日、浦河生まれ。
父A.P.Indy、母フェアレストケープ。
名血の娘らしく、気品を感じた)




wine_red100328-5.jpg
(後藤浩輝騎手を背に、返し馬)




wine_red100328-2.jpg
(初めてのターフ、初めてのレース。
何もかも初めて尽くしのデビュー戦。
小さな胸は、緊張でいっぱいなんだろうな)




wine_red100328-4.jpg
(レース。
今日は無我夢中の内に終わってしまったんだろうな。
一戦ずつ力をつけて、一日も早く先頭ゴールインできる日を待ってます!)





今日は3歳牝馬2頭の応援に、中山へ。
真冬に逆戻りしたようで、桜も蕾をぎゅっと閉じているようだ。

まず1レースに、アシュラノカゼが出走。
こっこのときに日高で出会って、デビューの日を待っていた牝馬。
ほかのこっこより小さくて、それだけにかわいかった。
青草の上に四脚を投げ出して無心に寝ていた、あの日・・・。

とっくにデビューしたことは分かっていたけれど、なかなか会えずにいた。
それだけに、今日はなんとしても行かねば!

パドックに現れたアシュラちゃん、何が嫌なのかずっと首を上下に振って
なかなかシャッターが押せない。
牧場ではあんなにまったりしていたのになぁ。
心の中で、「落ち着いて、落ち着いて」と話しかける。

そのせいかは別にして、レースでは8着に頑張った。
デビューしてから6戦目。初めての一桁着順だ。
400キロをきる小柄な身体でよく頑張った!、と拍手を送りたい。

その昔、クールハートという名牝がいた。
彼女も400キロに満たない小さな馬だった。
アシュラちゃん、身体は小さくても気持ちは大きく、ねっ!

3レース3歳未勝利戦に、もう1頭のワインレッドがデビュー。
ワインレッドは、浦河の馬友達Yさんちの生産馬。

パドックに現れたワインレッドは、想像していたとおり、
名血の娘らしい気品のある容姿。
初めてのパドックも落ち着いて周回している。

レースは1800芝というので、スタート地点に移動して入場を待つ。
返し馬、集合、ゲートイン、そしてレース。
何もかも初めての経験で、小さな胸は緊張でいっぱいに違いない。
健気な姿を見つめていたら、ぐっとこみあげそうになった。

みんな、こうして一人前の競走馬になっていくんだよね。
咲き初めた桜のような牝馬たち、アシュラノカゼも、
ワインレッドも一日も早く先頭ゴールインできますように!





 | HOME |  ▲ page top