カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山初登場! ハルカフジ

haruka_fuji131222-2.jpg
(中山初登場!ハルカフジ。
鞍上も戸崎圭太騎手とあっては、いやが上にも期待が高まる
・・・2013年12月22日、千葉・中山競馬場にて。

★ハルカフジ
2008年3月26日、新冠生まれ。牡。鹿毛。
父ルールオブロー、母ハルカッコ<母ハルカジョウ
<母母シノクロス>)



2年前に京都でデビューして以来、新潟、小倉、阪神、福島、函館、札幌と
コツコツと走り続けてきたハルカフジ。
前走の準オープンでも見せ場十分、期待が大きく膨らんできていた。

12月22日(日)、9レース『師走ステークス』に出走するという知らせを受けて、
思わずバンザイ!中山は初めての出走だ。

でもなぁ、よりによって有馬記念の日に、有馬の前のレースに出なくてもなぁ。
しかも今年はオルフェーヴルのラストランと引退式があって、半端じゃない
混みかたになりそうだ。

重賞のない日なら、ゆっくり、じっくり、パドックから本馬場まで
見届けることができたのになぁ。
罰当たりなつぶやきを、ぼそっ。

出走前夜、寝床の中でハッとした。
これは母ハルカッコからのクリスマス・プレゼントかもしれない。
涙がじわっと出てきた。

当日、真っ暗なうちに起き出して、始発のバスに乗り、
寒風吹きすさぶ競馬場で列に並び、7時30分の開門と同時にダッシュして、
なんとかスタンドの一角に席をとることができた。ほ~~~っ。




haruka_fuji131222-3.jpg
(レース1周目。
戸崎圭太騎手を背に、中段につけて、なかなかいい動き)




haruka_fuji131222-1.jpg
(最後は次々に交わされて、7着。
準オープンの壁はやはり厚かった)




haruka_fuji131222-4.jpg
(お疲れ様、フジ君!
今日は残念だったけど、いつもどおり、まじめにきっちり走っていたね。

きっと来年は、オープンに手が届くと信じてます。
吉報が届くのを、楽しみに待ってるよ!)










★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

健闘!ハルカフジ

sakura131130-1.jpg
(みんなでひなたぼっこ中。
オグリさんの勝った有馬はすごかったんだって?!@さくら
・・・2013年11月30日、千葉・鎌ケ谷にて)




sakura131130-3.jpg
(まったりぃ~~~)



sakura131130-2.jpg
(陽にあったまって、さくらの毛並みも
フリースみたいにぬくぬく)




harukakko090520-6.jpg
(ハルカフジ1歳の春・・・2009年5月20日、北海道・新冠にて。

★ハルカフジ
2008年3月26日、新冠生まれ。牡。鹿毛。
父ルールオブロー、母ハルカッコ<母ハルカジョウ
<母母シノクロス>)





『福島放送賞』に優勝したハルカフジが、本日の阪神メイン、
国際騎手招待レースのひとつ『ゴールデン ブライドル トロフィー』に出走。
昇級戦だからいきなりの勝利は難しいだろう。
前評価も10番人気。

それでも、なんとか掲示板に載れたらなぁという淡い期待を抱いて応援
したら、パトリック・スマレン騎手のゲキに応えて本当に5着に入った。
しかも4着とはハナ差の接戦!

フジ君はいつもどおり好スタートを切ると、そのまま中段につけて流れにのり、
4コーナーではグイグイ脚を伸ばして先段にとりつく勢い。
お、おーっと声をあげながら、いつもどおり名前を絶叫!
さすがに先行する3頭には離されたものの、同枠のハリケーンと激しい
4着争い。
残ったかに見えたが、結局掲示板の5着のところに馬番14がついた。

この勢いなら準オープン卒業もそう遠くないかもしれない。
充実の5歳。来年に向けて、ますます夢がふくらむ。







★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村






祝!福島放送賞 ハルカフジ

haruka_fuji110205-4.jpg
(ハルカッコの一人息子、ハルカフジが
本日の福島メイン、『福島放送賞』
<3歳上1000万下戦>に優勝。
待望の4勝目を挙げた。
さぁ、この勢いでオープンへ駆け上れ!フジ君!

※写真は、デビュー戦6着時・・・2011年2月5日、
京都競馬場にて。

★ハルカフジ
2008年3月26日、新冠生まれ。牡。鹿毛。
父ルールオブロー、母ハルカッコ<母ハルカジョウ
<母母シノクロス>)





今日は、東京、京都、福島と3場開催。
その中で、アタシのココロは秋のみちのくへ飛んでいた。
福島のメイン、『福島放送賞』にハルカフジがエントリーしているからだ。
出走するだけでなく人気もかなりあり、その上、同じ馬主さん、
そして出身牧場の後輩センキ君と一、二を競っている。

ハルカフジは、夏の函館以来久しぶりの出走。
どうも休み明けが走るという定評があり、今回もたっぷり休養をとって
すっかりリフレッシュして出てくるのだろう。

ドキドキしながらテレビのパドックを見ていたら、な、なんとフジ君だけ
顔が見えずお尻しか映らない。ガクッ。
でも調子は良さそうだ。

レースは流れに乗って中段を進む。
画面にフジ君が映るたびに、両手をメガホンにして
「ハルカフジ~っ!フジく~ん!がんばれ~っ!」。

フジ君は、直線を向くと鞍上の丸田恭介騎手の大きなアクションに
応えるかのようにストライドを伸ばして、馬群を掻き分け
グイグイと前に出て、力強い脚取りでゴールイン!
しかも2着に、同じ勝負服のセンキ君が半馬身差に迫っていた。

もちろん勝ってほしいと夢みたが、それが正夢になるなんて
なんという喜びだろう。
殊勲の丸田恭介騎手を背に引き上げてくる姿が大写しになった。
随分、しっかりした顔つき体つきになった、とジーン。

3歳のデビュー以来、コツコツと走り続けてきたハルカフジ。
とうとう4勝目、そしていよいよ準オープンへ!
この勢いでどうか、どうかオープンまで駆け上がれますように!
母ハルカッコが果たせなかった夢をいくつも叶えてきたフジ君なら
きっと、それも夢ではない。







★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村






祝!3勝目 ハルカフジ

harukakko091013-6.jpg
(とうとう3勝目!りっぱだよ!ハルカフジ。
※写真は、1歳当時・・・2009年10月13日、
北海道・浦河の育成牧場にて。

★ハルカフジ
2008年3月26日、新冠生まれ。牡。鹿毛。
父ルールオブロー、母ハルカッコ<母ハルカジョウ>
<母母シノクロス>)


ハルカフジが今日、とうとう3勝目を挙げた。
阪神7レース500万下戦。
実はハルカフジが出走していることすら知らなかった。

昨日、シゲルコグマザが11月29日付けで中央登録を抹消されたという
お知らせが届いた。
冬の中山開幕、クリスマスツリーも楽しみ。
いそいそと支度を済ませてその後に届いた知らせに、
何もかも色褪せてしまった。

菊花賞の日にデビューしたコグマザ。
まだ2戦しかしていない。
なのに、もう抹消?!
確かに成績は振るわなかったけれど、早すぎる・・・。

恐らくは決定的な理由があっての抹消、とは理解できるけれど、
それでも、改めて競馬の非情さに胸が塞がった。

そこへ飛び込んできたハルカフジの勝利。
それを知ったのも馬友達からのお祝いメールだった。

悲しみのどん底から歓喜の頂点へ。
大げさだけど、そんな気分だった。
ハルカジョウの孫ハルカフジ、ハルカジョウの娘シゲルコグマザ。

なんだか、空の上からハルカジョウがほほえみかけてくれたような気がする。






★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村



祝!2勝目ハルカフジ

marshmallow120407-1.jpg
(10レース『忘れな草賞』出走のマシュマロ
阪神で、またマシュマロ嬢に逢えるなんて、なんとラッキー!
真っ白な体が桜に映える。
鞍上は、川田将雅騎手・・・2012年4月7日、兵庫・阪神競馬場にて。

★マシュマロ
2009年3月23日、安平生まれ。牝。白毛。
父クロフネ、母シラユキヒメ)




apapane120407-1.jpg
(『阪神牝馬ステークス』。
岩田康誠騎手を背に、アパパネ。一昨年の桜花賞が鮮やかに蘇る。

★アパパネ
2007年4月20日、安平生まれ。牝。鹿毛。
父キングカメハメハ、母ソルティビッド)






queens_barn120407-1.jpg
(栄光の肩かけをかけてもらって。優勝馬クィーンズバーン。

★クィーンズバーン
2008年2月14日、安平生まれ。牝。黒鹿毛。
父スペシャルウィーク、母シンコウエンジェル)




久しぶりに阪神競馬場へ。
泊りがけで他場へ行くのは、一昨年の秋華賞以来だ。
ほんと、あの後色々あった、ありすぎた・・・。

新幹線の車窓に、ポッ、ポッ、とピンクのかたまりが飛ぶ。
競馬場の桜も見頃だろうか。
桜の栄冠は果たしてどの馬に、アパパネの調子はどうだろう、マシュマロ嬢は
ますます白くなったかしら・・・楽しみは尽きない。

新大阪で、念願のたこ焼きと明石焼きを食べて競馬場にたどり着いたのは、
特別レースの少し前。
阪神の桜はまだ満開の手前というところ。
明日の陽気で一気に開くかな。

わすれな草賞のパドックに姿を現したマシュマロは、相変わらず真っ白。
馬場に向かうマシュマロを見送り、アパパネの出場を待っていたら
実況が聞こえてきた。
ハルカフジの名前が耳に飛び込んできた。
福島10レース『花見山特別』だ。

ハルカフジ、ハルカフジ、アナウンサーが連呼している。
全身を耳にして聞き入る。
一着、ハルカフジです!
確かにしっかりとそう聞こえた瞬間、胸がいっぱいになった。

未勝利のままに終わった母ハルカッコを超えて、とうとう2勝目をあげたフジ君。
本当にりっぱだよ!
高い空の上からきっと、母さんも目を細めているに違いない。

ここのところ体力不足を思い知らされたり、カメラが故障したりと
くさっていた自分にも、フジ君がゲキを飛ばしてくれたような気もする。
そんな気弱なことでどうするの?前を向いてしっかりしなさい!って!?

アパパネはいいとこなく掲示板にも載れなかったが、相変わらずの愛くるしくて
元気いっぱいな姿を見られただけでもうれしかった。
きっと5月の府中で、きっちりと答えを出してくれるに違いない。
そして、そのときまでにどうか蛯名騎手も復帰できますように!






★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg






 | HOME |  » ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。