カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タケノハナミ

takeno_hanami040125-1.jpg
<RECで迎えた初めての冬・・・2004年1月25日、
北海道・静内(現、新ひだか)にて>


日高のRolling Eggs Club=RECで穏やかな余生を送っていたタケノハナミが
4日早朝、腸ねん転のため亡くなった。享年26歳。

高齢とはいえ、美しく若々しいハナちゃんのこと、まだずっと健在でいてくれると
安心していたので、突然の訃報が信じられなかった。
今年5月にRECを訪ねた際、ハナミたち牝馬組は少し離れた牧場にいたので
時間がなくて寄れなかった。
また今度来たときには訪ねよう、と楽しみにしていたのに・・・次はもうない。

行き場を失った高齢馬たちを中心に、現地のスタッフと会員が支えあって
引退競走馬たちを繋養しているREC。
いつかはこの日がくると覚悟していたとはいえ、初めての訃報には
やはり力を落とした。

タケノハナミも流転の末のREC入り。
もし受け皿がなかったら、とうにこの世にはいなかったかもしれない。
それを思えば、幸せな晩年を送らせてあげることができたのだから
よしとしなければいけないかも。

壮絶な苦しみを見かねて一時は安楽死も覚悟した、というが、
最後は眠るように逝ったと知り、しっかり者のハナちゃんらしいと、
悲しみの中にも心安らぐものを感じた。
最後まで手厚い看護をしてくれたスタッフの方たちへの、
ハナちゃんの感謝の形だったのか。

ハナちゃん、長い間よくがんばって生きてくれてありがとう。
これからは天国から、RECの仲間たちを見守ってね。
スポンサーサイト
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。