FC2ブログ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

黄揚羽のためにも、パセリ

parsley200410-1.jpg
(野菜スープに欠かせないパセリが
たくさん採れました・・・2020年4月10日、千葉・鎌ケ谷にて)

☆ 撮影協力:1999年桜花賞馬「プリモディーネ」号 ☆



昨年10月に苗を植えたパセリがよく育って、スープや
サラダ、料理の付け合わせなどに重宝している。

ざるいっぱい採ると、一度には使い切れないので、
葉も茎もみじんぎりにして、パックに入れて冷凍。
凍りかけたところで、フォークなどでばらしておくと、
後で、パラパラ状態で使えて便利。

日に日に暖かくなってきたので、そろそろ収穫も
おしまいにしようかな。
パセリは黄揚羽の幼虫の大好物だから、
残しておかないと。

庭に、美しい黄揚羽がひらひら姿を見せ始めたら、
パセリに卵を産み付ける合図。
やがて、ちっちゃくて黒い幼虫が姿を見せ、
しばらくすればさなぎになり、
ある日、突然、ちょうちょになって飛んでいく。

今年は何羽飛んできてくれるかな。
その日まで、パセリを大事に育てておかないと。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

芹の緑が、目にしみる

seri200329-1.jpg
(芹の緑が、目にしみる
・・・2020年3月29日、千葉・鎌ケ谷にて)


今日は、かなり伸びてきた庭の芹を摘むつもりでいたら、
冷たい雨が降り続いていて、外に出ることもできない。

お昼は、なべ焼きうどんの彩りにしようと楽しみにして
いたので、がっかり。
う?そうだ、ベランダにも芹があった!

年末に野菜売り場でみつけた「仙台芹」。
ほんとは根っこも食べるのが仙台流なのだけど、
もったいないので、根はプランターに植えて置いた。

それが良く伸びて、この春はすでに何度も収穫できた。
まだ採れるかな、と見に行ってみると、お昼の分くらいはありそう。

芹の鮮やかな緑が目にしみ、心にしみる。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

初筍に木の芽味噌

sansyou200327-1.jpg
(いつのまにか、山椒が若葉を広げていた。
今夜は、筍の木の芽味噌焼きにしようかな
・・・2020年3月27日、千葉・鎌ケ谷にて)



turu_kikyou200327-2.jpg
(蔓桔梗もいつのまにか、花を咲かせて)


turu_kikyou200327-1.jpg
(紫の花色が美しい)



takenoko200327-1.jpg
(筍が育つ頃に山椒も芽吹く。
自然は、実によくできているなぁ。
今年の初筍、おいしくいただきました)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

アスパラガス第1号!

asparagus200323-1.jpg
(今年のアスパラガス第1号を発見!
・・・2020年3月23日、千葉・鎌ケ谷にて)



mituba200323-1.jpg
(三つ葉も、青々と)



seri200323-1.jpg
(芹も、スクスク伸びて)



seri200323-2.jpg
(雑草と間違えそう?!)



syungiku200323-1.jpg
(春菊は、穂先を摘んでも摘んでも、
ぐんぐん茂ってくる)



syunngiku200323-2.jpg
(和洋中華、どんな風に食べてもおいしい)



sakura200323-1.jpg
(さくらも、元気)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

冬に欠かせない、寒締めほうれん草

fukinotou180314-1.jpg
(1月21日は、歳時記七十二候の「款冬華(かんとうはなさく)」。
蕗の薹が出始める頃とある。今年はどこで見つけられるかな?

※写真は、2018年3月14日、東京・新宿御苑にて)


今や、野菜は一年中出回っているが、
できるだけ旬のものを求めることにしている。
トマトやきゅうりは春先までがまんして、
大根、白菜など冬ならではの野菜を楽しみたい。

今の時期、切らさず買っているのは、「寒締めほうれん草」。
別名、ちぢみほうれん草とも。
名前のとおり、寒さで葉っぱが縮み、その分
甘みも栄養もふつうのほうれん草より多いそうだ。

形もユニーク。
ふつうのほうれん草は、すっと伸びているのに、
寒締めはひらべったい。
まるで地べたにはりついて、お日様をめいっぱい浴びようとでも
しているかのよう。

甘くて柔らかい寒締めほうれん草。
おひたしやナムルはもちろん、炒めものや玉子とじ、
パスタやうどん、炊き合わせの彩り、などなど
和洋中華なんでも合う。

たくさん手に入ったときは、ざく切りにしてさっと茹で、
冷水で色止めしてから、バットに広げて即冷凍。
凍ったらパックに入れておき、使いたいとき小出しに。
これがなんとも重宝する。

寒締めほうれん草は真冬にしか出回らないので、
今のうちにセッセと食べようっと。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村



 | HOME |  » ▲ page top