FC2ブログ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

蕪料理、あれこれ

kikyou191109-1.jpg
(菊の季節に、まだ桔梗も
・・・2019年11月9日、東京・文京、湯島天満宮にて)



野菜売り場で、新鮮な小蕪をみつけた。
実は真っ白で、葉は青々としておいしそう。


束になった実を数えたら、やっつあった。
糠漬けにしようと思ったが、まてよ、
たまには違う食べ方もしてみよう。

ちょうど、夕食のメニューがお刺身だったので、
なにか温かいものを作ろう。
そこで思いついたのが、蕪の小鍋仕立て。

蕪を八割にして、葉はざく切り。
舞茸を小分けにして蕪と一緒に、小さな土鍋に並べ、
めんつゆを入れたつゆをはる。

コトコト煮たら、溶き玉子を回しかければ出来上がり。
野菜の甘みがつゆに溶けて、美味。

翌日は、ナムルにしてみた。
今度は実は薄切り、葉は短めのざく切り。
冷凍庫に桜海老があったのを思い出し、
適量、混ぜる。
市販のナムルドレッシングで和えて、できあがり。

蕪の白と緑に海老のピンクがアクセントになって、
きれい。味もいい。

残った蕪は、実に少し茎をつけて切り、葉は長いまま。
粗塩でよく揉んで、糠床へ。
数日すれば、おいしい糠漬けができあがるはず。
こちらも楽しみ。

蕪は生でも煮ても焼いてもおいしい、秋の野菜。
来年は、種を蒔いて育ててみたいなぁ。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

楽しみ色々、夏の庭

yuri190811-1.jpg
(くるんとした花びらがチャームポイントの、鹿の子百合。
咲き始めは、花びらが丸まっていない。
庭で咲かせるようになって気がついた
・・・2019年8月11日、千葉・鎌ケ谷にて)


asagao190811-1.jpg
(入谷朝顔の水色が、今朝は一度に九輪も咲いた。
そんなに、どっと咲かなくてもいいのに、ネ)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

元気に育て、バジル

portulaca190731-1.jpg
(ポーチュラカにも、絞りや染め分けがあったなんてびっくり
・・・2019年7月31日、千葉・鎌ケ谷にて)



昨日、父の家から抜いてきたバジルを今日は定植。
土のついた根元に水をかけておいたら、しゃきっと元気。

大鉢に五、六本ずつ植えていったら三鉢分になった。
こんもり育つように、てっぺんを鋏でチョン。
摘芯した葉は、スープやパスタに使える。
うーん、食欲をそそるいい香り。

父の家には、まだたくさんのバジルがある。
今度行くときまで、みんな元気に育っていてほしい。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

育っていた、バジル

asagao190729-2.jpg
(今朝は、赤紫に覆輪の入谷朝顔が華やかに
・・・2019年7月29日、千葉・鎌ケ谷にて)



asagao190729-1.jpg
(海老茶の「団十郎」は、艶やかに)



今日は父のいる石岡の施設へ。
相変わらず食べ物は一切口にしないものの、
お気に入りの経口栄養剤はよく飲んでいるとのこと。

施設のスタッフの皆さんの介護と看護のおかげで、
いつ行っても、穏やかな様子で安心する。

面会後は父の家で用事を済ませて、かなり伸びてきた
バジルを抜いて持ち帰った。

5月にプランター三個に種を蒔いたバジル。
まさか夏に家に戻れるとは思っていなかったので、
収穫はあきらめていた。

見ると、草むらと化した庭で木陰だったせいもあり、
三個とも青々と育っているではないか。
これは何としても、家で育てなくちゃ。

傷まないように手提げの袋に入れて電車に乗っていたら、
バジルのいい香り。
いっとき、暑さも忘れそう。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

割り、切り、干し大根作り

fukujyusou180209-3.jpg
(そろそろ福寿草も咲き始めるかな?!
・・・2018年2月9日、東京・新宿御苑にて)


全く雨の降らない関東。
その上、晴れて北風が冷たい。
こんな真冬の陽気を使わない手はない。

ということで、今日は前から作ってみたかった割り干し大根づくりに挑戦
(というほどのことではないけど・・・)
ちょうど買ったばかりの、りっぱな大根が冷蔵庫に鎮座している。

ネットで下調べして、いざ、開始。
大きすぎる大根なので、まず半分くらいに切って、
さらに8等分に。

菜箸で穴をあけて、園芸用の麻ひもを通して輪にする。
物干し竿に通せば、終わり。
後は、しっかり干しあがるのを待つばかり。
10日から2週間くらいかかるようだ。

拍子木みたいな大根8本が、北風に揺られて、ぶらぶら。
なんとも楽しい風景だ。

割り干しが干しあがるまでにと、ついでに切り干しも作ってみた。
こちらは千切りにした大根を大ざるいっぱいに広げて干すだけ。

どちらも出来上がりが待ち遠しい。
どんな風にして食べようかな。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

 | HOME |  » ▲ page top