カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

祝!戴冠 レインボーダリア

rainbow_dahlia101017-2.jpg
(コツコツと積み重ねて、とうとう大輪の花を咲かせたレインボーダリア
※写真は、秋華賞8着時。鞍上は、秋山真一郎騎手
・・・2010年10月17日、京都競馬場にて。

★レインボーダリア
2007年4月27日、新冠生まれ。牝。栗毛。
父ブライアンズタイム、母アローム<ノーザンテースト>)





今日は、淀でエリザベス女王杯。
アパパネが引退してしまったので、今一、気分が盛りあがらない。
強敵スノーフェアリーが出てこないのだから、勝機だったのになぁ、
なんて今さらに・・・。

その上、日本列島は西から雨模様。
京都のパドックも雨に包まれて、馬たちが気の毒。
ジェンティルドンナのいない今日は、ヴィルシーナに勝利の女神が微笑むだろうか。
なんとか一冠を獲らせてあげたいとは思うものの、ゴールドシップの菊のような
確信は持てない。

出馬表を見ると、どの枠にも勝ち負けに絡みそうな名前。
で、結局馬券はヴィルシーナの枠から総流しにしてみた。

レース。
今日こそ先頭ゴールインと見えたヴィルシーナを交わし去ったのは、
なんと人気薄の関東馬レインボーダリア。
鞍上は、ベテラン、柴田善臣騎手。
鞍の上で小さく二回、ガッツポーズした姿が印象的だった。

終わってみれば、アパパネの同期の初戴冠。
やっぱり5歳牝馬は強い。
秋華賞のターフで栗毛を輝かせていた女の子が、コツコツと走り続けて
みごと大輪の花を咲かせた。
ブライアンズタイムとノーザンテーストの血も、懐かしい。

一方、ヴィルシーナは負けはしたが、人気を背負っての精一杯の走りに
胸が熱くなった。
とうとう無冠に終わったことは残念だけれど、まだまだこれから先がある。
来年の飛躍に期待したい。

レースが終わってみたら、ひたひたと快い感動が湧いてきた。
どんなことでも、あせらず、くさらず、ひたむきに続けていれば、
いつか、きっと良いときが巡ってくる。
それを、レインボーダリアに教えてもらった気がした。

おめでとう!、そしてありがとう!レインボーダリア!






★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村





 | HOME |  ▲ page top