FC2ブログ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

見納めは、鹿の子百合

yuri190808-1.jpg
(百合のトリを飾る、「鹿の子百合」。
年々花数が減って、今年は数えるほど。
それでも、咲いているだけで庭が華やぐ
・・・2019年8月8日、千葉・鎌ケ谷にて)



yuri190606-2.jpg
(「パーティー ダイヤモンド」・・・6月6日)



yuri190705-6.jpg
(「イエロー カサブランカ」・・・7月5日)


yuri190706-4.jpg
(「パープル カサブランカ」・・・7月6日)


yuri190707-3.jpg
(「カメレオン」・・・7月7日)


yuri190708-2.jpg
(百合咲く庭・・・7月8日)


yuri190708-8.jpg
(「そばかすカサブランカ」・・・7月8日)



yuri190708-17.jpg
「(「ル・レーヴ」・・・7月8日)


yuri190711-1.jpg
(「山百合」・・・7月11日)


yuri190712-2.jpg
(「マルコ ポーロ」・・・7月12日)

yuri190721-1.jpg
(「マレロ」・・・7月21日)


yuri190723-1.jpg
(「カサブランカ」・・・7月23日)



今日8月8日は、立秋。
相変わらずの猛暑だけど、気分だけでも涼やか。

チワワの額ほどの庭では、百合のトリを飾る「鹿の子百合」が、
愛らしい姿をみせてくれている。
今年の百合も、これで見納め。

3月の初め、介護のため茨城の父の家に住み込むことになって、
今年の百合は見られないものとあきらめていた。
それが急展開して、6月末に父が施設に入所、
私は自宅に戻ることができた。

早咲きの百合はすでに終わっていたが、7月に入って、
さまざまな種類の百合が次々に咲き始めた。
去年、新しい品種を植えたせいもあり、今年はいつもより、
花数も多かったように思う。

大好きな百合を、きっちり最後まで見届けることができ、
快適な施設で穏やかな日々を過ごす父を思うと、
しみじみと喜びがこみあげてくる。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

雨中に輝く、百合「カサブランカ」

yuri190723-1.jpg
(暦の上では大暑というのに、今日も雨。
どんよりした空の下で、純白のカサブランカが
輝くように咲いている・・・2019年7月23日、
千葉・鎌ケ谷にて)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

次々に、百合「マレロ」

yuri190722-1.jpg
百合「マレロ」

(小雨続きの中、今朝も次々に開花。
ピンクの大輪が、庭を明るくしてくれている
・・・2019年7月22日、千葉・鎌ケ谷にて)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

百合咲いて、庭再び華やぐ

yuri190721-1.jpg
百合「マレロ」

(いよいよ遅咲きの百合、「マレロ」が咲き始めた。
今年もつぼみがたくさんあるので、楽しみもたくさん
・・・2019年7月21日、千葉・鎌ケ谷にて)



yuri190721-2.jpg
百合「カサブランカ」

(純白のカサブランカも咲いて、庭が再び華やいできた)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

折れないように、百合の支柱立て

casa_blanca120714-1.jpg
百合「カサブランカ

(今年はつぼみが数えるほどだけど、
花を待つ楽しさは変わらない。
※写真は、2012年7月14日、千葉・鎌ケ谷にて)



南から台風がやってきているせいか、蒸し暑い上に雨も。
なんだか気分も晴れないが、今日は百合の支柱立てをしなくちゃ。

イエローカサブランカ、そばかすカサブランカ、パープルカサブランカ、
ル・レーヴ、山百合が終わり、純白のカサブランカとマレロがつぼみを
膨らませ始めている。

支柱の立て方が悪かったせいか、ぽっきり折れてしまったマルコポーロ。
そうならないように、しっかり、立てないと。

背の低いカサブランカには短い支柱、背の高いマレロには長い支柱を
一本ずつ慎重に、茎の脇に差し込んでいく。
カサブランカ三本、マレロ五本の支柱立てが終わった頃には、
汗びっしょり。

やんでいた雨も降りだして、作業は終わり。
これで、花が咲き始めても安心だ。
今年はどんな風に咲いてくれるのか、楽しみが膨らむ。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村



 | HOME |  » ▲ page top