カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

優しい気持ちに、コスモス

cosmos151004-1.jpg
(秋といえば、やっぱりコスモス・・・2015年10月4日、千葉・野田、
清水公園「花ファンタジア」にて)




cosmos151004-2.jpg
(数日前の強風で倒れなかったかしら、と心配したが、
どうやら杞憂だったようだ)




cosmos151004-3.jpg
(優しい気持ちにさせてくれる、コスモス)




cosmos151004-4.jpg
(ピンクはもちろん、赤紫も白もすてき)




cosmos151004-5.jpg
(みんなで仲良く)




cosmos151004-6.jpg
(白とピンクの組み合わせは、柔らかい)




cosmos151004-7.jpg
(赤紫は華やか)




にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

倒れても、コスモス

cosmos141021-1.jpg
(再三来襲した台風のせいか、ほとんどが倒れてしまったコスモス。
それでも、美しい花を咲かせていた・・・2014年10月21日、
千葉・印西、コスモスの丘にて)


二年ぶりに、散歩がてら印西牧の原駅からコスモスの丘へ。
朝から雨だったが、お昼にはあがり日も出るというので期待していったのに・・・。
コスモスの丘は、無情にもずっと雨模様、風も強く、空は暗い。
でも、濃淡のピンクに白もちらほら混じって、たくさんのコスモスが咲いていた。

一見、盛りは過ぎていた感じ。
その上、殆どが根元から地面に倒れ伏していた。
が、よくよく見れば丘一面に、まだまだたくさんの蕾をつけ、
美しく可憐な花を精一杯咲かせていた。


cosmos141021-2.jpg
(倒れていない貴重なコスモス)


cosmos141021-3.jpg


cosmos141021-4.jpg


cosmos141021-6.jpg


cosmos141021-7.jpg


cosmos141021-8.jpg


cosmos141021-12.jpg


cosmos141021-10.jpg



cosmos141021-13.jpg






cosmos141021-11.jpg



cosmos141021-9.jpg


cosmos141021-14.jpg
(倒れても、倒れても、蕾をつけ、花を開かせる健気なコスモスたち。
風にも負けず、雨にも負けず、がんばって咲き続けてね!)








にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村


初めて見た! 変わり咲きコスモス

cosmos140928-1.jpg
(まるでダリア!?初めて見た変わり咲きコスモスにびっくり!
ダブルクリックというそうだ・・・2014年9月28日、千葉・野田、
清水公園『花ファンタジア』にて)




cosmos140928-2.jpg
(ピンクのダブルクリック)




cosmos140928-3.jpg
(白のダブルクリック)




cosmos140928-4.jpg
(いちめんのコスモス畑)




cosmos140928-5.jpg
(赤のダブルクリック)




cosmos140928-6.jpg
(深みのある花色といい、ほんと、ゴージャス)




cosmos140928-7.jpg
(ピンクの花は、愛らしい)




cosmos140928-8.jpg
(ついつい、目がいってしまう、赤のダブルクリック)





コスモスにはまだ早いかなと思っていたら、‘季節の花畑’は赤やピンク、白の花が
風にゆらゆら。
近寄ってみると、みたことのない咲き方のコスモスも。

コスモスも進化してるのかな?!

★ダブルクリック
筒状の花弁の半八重から八重咲き。
豪華な印象でボリューム感がある。
個性的で美しい花色は、赤、桃、白。
 <※コスモス畑の説明ボードより引用しました>





にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村





 | HOME |  ▲ page top