カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬空に明るく、紅椿

tubaki161213-1.jpg
(昨日一輪、今日一輪と紅椿が開き始めて、冬空を明るくしてくれている
・・・2016年12月13日、千葉・鎌ケ谷にて)




スポンサーサイト

桜待ちつつ、清水公園

tubaki160321-1.jpg
(ここで大好きな椿「岩根絞り」に出合えるとは!・・・2016年3月21日、千葉・野田、
清水公園・慈光山金乗院にて)

桜の開花宣言が今日か明日か、そわそわと落ち着かない。
じっとしていても始まらないので、桜の下見も兼ねて清水公園へ。

去年美しい姿を見せてくれた早咲きの桜「伊豆赤多賀」はすでに葉桜。
染井吉野はもとより、由緒ある「劫初<ごうしょ>の桜」もまだ蕾が固い。
でも、きっと何かに出合えるはずと胸弾ませて、まずは公園入り口にある
お寺さんへお参り。

と、いきなりすてきな花に出合えた。

tubaki160321-2.jpg
(実家の庭で見て以来、その美しさが目に焼きついていた)




tubaki160321-3.jpg
(紅白の染め分けがなんともきれい)




kobushi160321-1.jpg
(今年も、紅辛夷を見られた・・・清水公園にて)

去年初めて見て、その可憐な花姿が忘れられない紅辛夷が満開。
薄紅のベールを曇天の空に広げていた。

kobushi160321-2.jpg
(早春の妖精のよう)




kobushi160321-3.jpg
(薄紅のベールを広げて)




tubaki160321-4.jpg
(まだまだ椿も・・・花ファンタジアにて)



父へ、花便り

tubaki160217-1.jpg
(父が丹精を込めた椿「大虹」が、今年もみごとに咲いている・・・2016年2月17日、
茨城・小美玉にて)




二年前に母を亡くし一人暮らしになった父へ、はがきに季節の花の写真を貼り付けた
花便りを出すようになった。
初めは十日か七日に一度、それが二、三日に一度、ひと月まえくらいからは毎日。

今年米寿を迎える父は、耳も弱ってきて会話もなかなかままならず、
電話の声も聞きにくそう。
そんな父に、何気ないおしゃべりを言うつもりで書き始めたが、
とても楽しみにしていてくれるようで、最近では、時折返信も届くようになった。
弱ってきた目で、ときには二日がかりで一枚のはがきを書いてくれたことも。

いつのまにか花便りは、私自身にも楽しみになり日課になった。
今日はどの花にしようか、何を書こうか、と考えるだけで楽しい。
限られたスペースだから、一度に色々は書けない。
テーマを絞り、父に興味を持ってもらえそうな内容をと心がけて。

ポストに投函するたびに、明日もあさってもできることならずっと先まで
出し続けられますようにと願いつつ。





にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

楽しみふくらむ、紅椿

tubaki151118-2.jpg
(今年も庭の紅椿が咲き始めた。
いつにもまして、蕾の数が多いような。
冬の楽しみがふくらむ・・・2015年11月18日、千葉・鎌ケ谷にて)





tubaki151118-1.jpg
(そろそろ、めじろも飛んでくるかな。楽しみ、楽しみ)










にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

母亡き庭に、椿咲く

tubaki150318-1.jpg
(椿「天ヶ下」。

今日は、春の彼岸の入り。
そして、亡き母のお墓参り。
母亡き庭にも、椿は咲く・・・2015年3月18日、茨城・小美玉にて)




tubaki150318-2.jpg
(椿『大虹」。

父が長年丹精込めて育ててきた椿たちを、案内してくれた。
写真を撮ろうとしたら、花が揺れる。
ム!?

見れば父が、花が少しでも良く撮られるようにと、向きを気にして枝をつかんでいた。
その気持ちがうれしく、そして切なく・・・)




tubaki150318-3.jpg
(藪椿の仲間か。椿らしい椿。

父ひとりになった家を彩ってくれる)




tubaki150318-4.jpg
(椿「天ヶ下」。

朝毎に開く、さまざまの椿。
父の生きる力になっていてくれる、と思った。
まだまだ、蕾はたくさん。
これからも、父をよろしくね)










にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村


 | HOME |  » ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。