カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

金魚も、大切な家族

kingyo180410-1.jpg
(金魚の金ちゃんも、大切な家族の一員・・・2018年4月10日、千葉・鎌ケ谷にて)



最近、金魚の水槽の濾過機がうまく回らない。
今朝もダメなので、水槽の蓋を開けてみたら、思わず絶句!
黒くどろどろとした苔みたいなのが、いっぱい漂っていて、
水草にもからみついている。

どおりで、濾過機が回らなかったはず。
一刻も早く水をきれいにしてあげなくちゃ。

なんとか水槽をきれいにして、琉金の金ちゃんを戻す。
澄んだ水の中で、つぶらな目をくりくりさせながら、
ゆらゆら優雅に泳ぐ姿に、ほっと胸をなでおろした。

買ったときは浅利くらいだったに、今では北寄貝くらいに大きくなって
ゆったりと泳ぐ姿に癒されている。
大切な家族の一員だ。


それにしても、朝に夕に金ちゃんを見ているのに、
異変に気がつかなかったなんて・・・自分のうかつさに落ち込む。
でも、元気でいてくれたから、よしとしよう。

金ちゃん、これからは気をつけるからね。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

自転車、再開

tubaki180310-1.jpg
(木が真っ赤にみえるほど、今年は紅椿の花がぎっしり
・・・2018年3月10日、千葉・鎌ケ谷にて)



今日は、じょうろを買いにホームセンターへ。
ついでに、春の花も見てこよう。ついでに買いたくなるかも。

いつもはゆっくり歩いて30分ほど。
でも両手に苗をぶら下げては、ちときつい。
それで、そんなときは、コロコロを転がして
苗を入れた段ボール箱をくくりつけて帰ってくる。

なんだか、それもかったるいなぁ。
おっ、久しぶりに自転車に乗ってみようか!
もう10年近く乗っていないので、ちょっと心配だったが
乗ってみれば、なんとかなった。

春風を頬に受けながらペダルをこげば、つい鼻歌も出てくる。
自転車の前と後ろに、ぎっしり花苗を積んでも、スイスイ。
なんて楽なんだろう。それに、気分まで若返った気がする。

これから日に日に陽気がよくなる。
自転車の出番も増えそうだ。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

手ぬぐいが好き

someiyoshino170404-2.jpg
「染井吉野」

(※写真は、2017年4月4日、東京・千代田、皇居外苑にて)



お風呂で使う手ぬぐいを、梅柄から桜柄に替えた。
四季折々の花や風物を染めた手ぬぐいが好き。
使えば使うほど柔らかくなり、手になじむ。

春は梅、桜、牡丹、
夏は紫陽花、花菖蒲、朝顔、ほおずき、花火、金魚、
秋は秋桜、秋明菊、七草、紅葉、
冬は椿。
そして大好きな馬柄もいくつか。

お風呂はもちろん、キッチンにも。
大きなお皿もぐるりと巻いて、よく拭ける。

お風呂場に掛けた桜の手ぬぐい。
一面の桜模様を見ていたら、満開の桜が目に浮かんできた。
さて、今年の花見はどこへ行こう。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

春の嵐

tukushi170404-1.jpg
(皇居のお堀端で、土筆発見!

※写真は、2017年4月4日、東京・千代田、皇居外苑にて)



三月は、春の嵐で始まった。
夜明け前から、ごうごうという雨風の音に加えて、雷の音。
朝、庭に出てみると、小さなお馬さんの置物が倒れていた。

日中は4月下旬の陽気。
猫のさくらは、いつもならこたつに潜りっぱなしなのに、
今日は、庭へ出たり入ったりの繰り返し。
目を細めて、風の匂いをかいでいる。

茶ばんでいた芝もよく見ると、緑の新芽がちらほら。
春は、少しずつ始まっている・・・。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

明日から三月

sakura170329-1.jpg
(三月になれば、梅も桜も次々に。

※写真は、2017年3月29日、東京・新宿御苑にて)



明日から三月。
家中のカレンダーをめくり、新しい月を待つ。

新聞で、日めくりを回数券に例えた俳句を目にして、心打たれた。
毎日一枚ずつ、天が与えてくれた回数券を使って一日を過ごす。
どう使うかは、その人次第。

その句に巡り合ってからは、ますます一日一日を大切にしようと思う。
さぁ、来月はどんな日々が待っているのだろう。楽しみ。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
 | HOME |  » ▲ page top