FC2ブログ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

元気いっぱい!ポーチュラカ

portulaca190810-4.jpg
(炎天下だって元気いっぱい!ポーチュラカ
・・・2019年8月10日、千葉・鎌ケ谷にて)



父の家から抜いてきたバジルがしっかり根付いて、脇芽が出てきた。
曜白朝顔が花数を増やし、桔梗咲き朝顔も咲き始めた。
ポーチュラカは炎天下でもなんのその、毎朝たくさんのカラフルな花を
空に向かって開いている。

そんな花たちに元気をもらって、今日も酷暑をしのいでいこう。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

花苗ラベルで、栞(しおり)

asagao190805-1.jpg
(ほとんどの朝顔はお日様を向いて咲くので、
後ろ姿が多い。こちらを向いてくれた花は貴重。
お気に入りの青絞りだけに、うれしさもひとしお
・・・2019年8月5日、千葉・鎌ケ谷にて)



asagao190805-2.jpg
(花びらがどこも切れていない朝顔も貴重。
今朝の赤紫覆輪は、花も大きくてみごと。
さすが、入谷の大輪朝顔)


昨日も今日も、暑い。
朝ごとに咲く朝顔が、せめてもの涼。

こんなときは、扇風機のそばで、のんびりと
好きな本を読むに限る。
本といえば、栞(しおり)が欠かせない。
最近愛用しているのは、花苗についてきたラベル。

花の写真が美しくて、どうにも捨てられない。
その上、水濡れにも大丈夫なようになっている。
ふと思いついて、よく洗って乾かしてから、
本にはさんでみたら、ぴったり!

早速、先日借りてきた図書館の本にもはさんでみた。
園芸雑誌にはポーチュラカ、エッセイには大輪朝顔、
時代小説には桔梗咲き朝顔と、選ぶのも楽しい。

ちょっとしたことで、ますます読書が楽しくなりそう。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

図書館の楽しみ

portulaca190803-1.jpg
(猛暑にもめげず、ポーチュラカは日に日に花数を増やしてきた。
まるで、ドロップ缶を開けたみたい!
・・・2019年8月3日、千葉・鎌ケ谷にて)



先日、近くの図書館で図書カードを作った。

住み込みで父の介護を始めたとき、無性に本が読みたくなった。
幸い、歩いて行けるところに図書館があった。
といっても、図書室というほうがぴったりくるような、
こじんまりした施設だったけれど。

ただ、住民ではないので、本を借りることはできない。
それでも、うれしかった。
父の世話が一段落する午前中、一時間、と時間を決めて、
週に何回か通い、お気に入りを探して読みふけった。
乾いたのどを清水でうるおすように、文字のひとつひとつが
心に沁みていくようだった。

本は本屋さんで買うものと長年思ってきたが、
久しぶりに図書館へ行ってみて、改めてその良さを実感した。
なにより、もう、本屋さんには置いていない本も読むことができる。

家に戻ることができたら、絶対、図書カードを作ろう!と決めていたが、
おもいがけず早く戻ることができたので、その願いも実現した。
パウチされた図書カードは、まるで本の世界へ行くパスポートみたいだ。

さ、今日も涼みがてら図書館へ行ってみようかな。
どんな本に出合えるか、楽しみ、楽しみ。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

一服の涼に、暑中見舞い

asagao190723-1.jpg
(青い絞りが美しい、入谷の大輪朝顔。
今年はいくつ咲いてくれるかな
・・・2019年7月23日、千葉・鎌ケ谷にて)



うんざりするほどの長雨だった梅雨が明けた途端、
今度は連日の猛暑。
お天気には、ほどほどという感覚がないのかなぁ。

と、ぼやいてみたところで仕方ない。
今日から8月。
気を取り直して、夏を楽しまなくちゃ。

今日は早速、暑中見舞いを書いた。
扇風機をブンブン回し、首にタオルを巻いて。
ごぶさたしている友達やお世話になった人などなど、
一人一人の顔を思い浮かべながら、
朝顔や百合の写真を貼ったはがきに、筆を走らせる。
令和元年盛夏、と書いたら、ちょっと気分が引き締まる。

炎天下の午後、ポストに投函しようと手を入れたら、
やけどしそうだった。

一葉のはがきが、一服の涼になりますように・・・。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

かけがえのない、ひととき

asagao190726-1.jpg
(入谷の大輪朝顔が、毎朝、顔を見せてくれるようになってきた
・・・2019年7月26日、千葉・鎌ケ谷にて)



明日は台風6号がやってくるという。
嵐が来る前に、今日はおでかけ。

といっても特に用事はない。
用事がないのに、ぶらぶらするのが最高。
写真屋さんに寄ったり、本屋さんに寄ったり、
新しいスニーカーを探したり。
花屋さんの店先を飾る夏の花を眺めたり、
デパートの食器売り場で夏の器を見たり。

こんな時間は久しぶり。
父の介護で、当分はできないものと諦めていた。

なんでもないひととき、
かけがえのない、ひととき。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
 | HOME |  » ▲ page top