カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イナズマクロス23歳

suehiro_jyoo110613-1.jpg
(かわいい息子と一緒に、スエヒロジョウオー。こっこのパパは、なんと
ディープスカイ♪・・・2011年6月13日、新冠・朝日、k牧場にて)




kouma110613-1.jpg
(まったりぃ~。あれ?無口は?
この仔はよくはずして<はずされて?>しまうそうで、この後、牧場の方が
広い放牧地を隅から隅まで探していた)




suehiro_jyoo110613-2.jpg
(パパのように、ダービー馬になれますように!)




kouma110613-2.jpg
(競馬場で会っても、すぐ分かるね!)




inazuma_cross110613-1.jpg
イナズマクロス23歳。今年も元気な姿に逢えてうれしい)




inazuma_cross110613-2.jpg
シノクロス、イナズマクロス、
元気で長生きしてほしいシービークロスの娘たち)




kouma110613-3.jpg
(強気なおちびさん)




kouma110613-4.jpg
(やめてくれな~い?!)




kouma110613-5.jpg
(かあさん、まってぇ~っ!)




kouma110613-6.jpg
(2年後が楽しみです。ディースカっこ♪)




kouma110613-7.jpg
(ごっきげ~ん)




ojyattamonse110613-1.jpg
(娘メデタシが活躍中、オジャッタモンセ・・・朝日、N牧場にて)




fubuki_joe110613-1.jpg
(競走馬時代も、繁殖時代も、グラマラスなフブキジョウ)




fubuki_joe110613-2.jpg
(フブキジョウのこっこ)




lovely_jo110613-1.jpg
ワンモアジョー、亡きワンモアチャンスの母、
美しいラヴリージョウ)




lovely_jo110613-2.jpg
(来春も、良い仔を産んでね!)



lovely_jo110613-3.jpg
(柵をはさんで、お隣さんとカキカキ)




nazo110613-1.jpg
(ナゾのこっこ)




nazo110613-2.jpg
(ナゾ親仔)




nazo110613-3.jpg
(帰り際、やっと近づいてきてくれたナゾ・ママ)




nazo110613-4.jpg
(今もファンが多いというナゾ。
来春もかわいい仔を見せてね!)




馬旅最終日。
ハルカジョウもミナミノガルチもいなくなった日高。
心にぽっかりと大きな穴があいた。
それを埋めてくれるのは、やっぱり母馬とこっこしかない。

新冠のふたつの牧場さんにおじゃまして、時間の許す限り馬たちをみていた。
穏やかで優しい母馬たち、無邪気であどけないこっこたち。
その姿に、少しずつ、少しずつ癒されていきながら・・・。





★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg



スポンサーサイト

イナズマアマリリス

black_fake100213-1.jpg
(2レース、3歳新馬戦。ブラックフェイク。牡。2007年4月10日、
青森生まれ。父アドマヤドン、母ル-マーレイディー。
ハートの星がバレンタインにぴったり!・・2010年2月13日、
東京競馬場にて)




black_fake100213-2.jpg
(雪のデビュー戦。故郷を思い出しているのだろうか)




black_fake100213-3.jpg
(頑張るんだよ)




takesho_knight100213-1.jpg
(3レース、3歳未勝利戦。マンハッタンカフェの息子、
タケショウナイト。2007年3月2日、浦河生まれ。
母タケショウキララ。とても良く見えた)




space_watch100213-1.jpg
(こちらも、とても良く見えたスペースウォッチ。牡。
2007年2月8日、安平生まれ。父フジキセキ、
母ウィッチズハット。1着)




pelusa100213-1.jpg
(7レース、3歳500万下戦。関東期待の星、ペルーサ。
牡。2007年3月20日、千歳生まれ。父ゼンノロブロイ、
母アルゼンチンスター。1着)




pelusa100213-2.jpg
(横山典弘騎手<帽色・赤>を背に、ペルーサが優勝!クラシックへの期待が膨らむ)






inazuma_amaryllis100213-1.jpg
(11レース、バレンタインステークス。
イナズマクロスの孫娘、イナズマアマリリスが復帰してきた。
2006年4月25日新冠生まれ。父スエヒロコマンダー)




inazuma_amaryllis100213-2.jpg
(みぞれに見舞われたレース。鞍上は、吉田豊騎手。復帰緒戦は飾れなかったが、
元気な姿をみられてうれしかった。次は、どうか良馬場で!)




今日は、メインのバレンタインステークスにイナズマクロスの孫娘、イナズマアマリリスが
久々の出走というので、気合を入れて府中へ。
あいにく天気予報はくもり。でも夕方まで雨は落ちないようなので一安心。

先週に引き続き、かなり寒そうなので日高仕様で身支度を整え、玄関を出たら、
ゆ、雪~!?聞いてないよう~。
あわてて、傘をとりに戻って、いざ出発。

競馬場についても、雪はやまない。
金色のアハルテケ像にも、雪が降りかかっている。

2レースの新馬戦。
パドックに出てきた若馬たち、雪景色に、あれ、故郷へ戻ってきたのかな、
なんて錯覚してないだろうか。

結局、雪はメインの頃にはみぞれになり、一段と激しくなった。
パドックに登場したイナズマアマリリス、なかなか正面を向いてくれない。
レースは復帰緒戦を飾れなかったが、まずは元気な姿を見られてよしとしよう。
次は、晴天の良馬場でレースができますように!

イナズマクロス

inazuma_cross091012-1.jpg
(ずっと会いたかったシービークロスの娘、イナズマクロス
・・・2009年10月12日、北海道・新冠町朝日にて)




inazuma_cross091012-3.jpg
(21歳とは思えないほど、若々しい)




inazuma_cross091012-2.jpg
(とてもチャーミングなイナズマさんの繁殖仲間。
名前を聞きそびれた。残念!)




inazuma_cross091012-4.jpg
(イナズマクロスの孫こっこ。おばあちゃんにそっくり!)




inazuma_cross091012-5.jpg
(とても懐こかった仔馬。デビューを待ってるよ!)




suehiro_jyoo091012-1.jpg
(’92JRA最優秀3歳牝馬スエヒロジョウオーも、元気いっぱい)




suehiro_jyoo091012-2.jpg
(牧場の皆さんにとても大切にされている)




suehiro_jyoo091012-3.jpg
(孫のイナズマアマリリスが活躍中!)




inazuma_cross091012-6.jpg
(青空へ躍動・・・日高本線静内駅前にて)




orion_the_thanks091012-5.jpg
(訪ねた先には、オリオンザサンクスのりっぱな看板
・・・新ひだか町静内東別にて)




escape_hatch091012-1.jpg
(高知競馬で大活躍したアングロアラブの名馬、
エスケープハッチ




escape_hatch091012-2.jpg
(重馬場?!のパドックで自主トレ中)




escape_hatch091012-3.jpg
(ハッチは今年9歳。
若馬のように初々しいルックスに感激!)




escape_hatch091012-4.jpg
(すっかりファンになりました。これからも、よろしくね♪)




brians_roman091012-1.jpg
(まったり~ワタシは誰でしょう?!)




brians_roman091012-2.jpg
ブライアンズロマンで~す♪)




brians_roman091012-4.jpg
(相変わらず、りりしいね!)




brians_roman091012-5.jpg
(今年18歳。‘同期’ナリタブライアンの分も、たくさん幸せになってほしい)




toshin_brizard091012-1.jpg
(草の実をたくさんつけて、お茶目なトーシンブリザード)




toshin_brizard091012-3.jpg
(激闘を離れて、今は伸び伸びと駆ける)




toshin_brizard091012-2.jpg
(オリオンザサンクスとの豪華二頭併せ)




orion_the_thanks091012-2.jpg
(現役種牡馬、オリオンザサンクス。13歳。
父シャンハイ、母ミラノコレクション、母父リヴリア)




orion_the_thanks091012-3.jpg
(牧場に沿って、日高線が走る)




sekitei_ryuo091012-1.jpg
(セキテイリュウオー!思いがけない名馬とも出会えた)




sekitei_ryuo091012-2.jpg
(ヤマニンゼファーとの死闘は、いまだに忘れられない)




sekitei_ryuo091012-4.jpg
(父トウショウボーイ譲りの美しい瞳は変わらない)




sekitei_ryuo091012-5.jpg
(今年20歳。父を超える長生きをしてほしい)




sekitei_ryuo091012-6.jpg
(太平洋に沈もうとする夕日が、瞳に写っていた)




sekitei_ryuo091012-7.jpg
(馬たちの明日も、きっと晴れやかに)




sekitei_ryuo091012-9.jpg
(さぁ、帰るよ、リュウオー。
<後ろに見えるのは牧場さんの車です>)




escape_hatch091012-5.jpg
(エスケープハッチも帰ります)




brians_roman091012-6.jpg
(ブライアンズロマンもお疲れ様)




toshin_brizard091012-4.jpg
(トーシンブリザードも、また明日)




orion_the_thanks091012-4.jpg
(現役種牡馬オリオンザサンクスの収牧は、気合満点)




brians_roman091012-7.jpg
(帰りは、太平洋に沈む夕日と一緒に)





今日は、午前中新冠、午後から静内(本当は新ひだかなんだけど、
どうもなじまないので旧町名で)へ。

まずは、ハルカッコ1歳の牧場さんにごあいさつして、お隣の牧場さんへ。
日高の「隣」は、かなり遠いが・・・。
ずっと訪ねたいと思っていたシービークロスの娘イナズマクロス、
そしてスエヒロジョウオーのいるK牧場さん。

ごあいさつすると、馬たちの元へ案内してくださった。
2頭は別々の放牧地に、それぞれに仲間と放牧されていた。
イナズマクロスは、21歳とは思えない若々しさ。
小さな体で頑張っていた現役時代を思い出す。

隣の放牧地には、トーワトレジャーとその産駒、そしてクロスの娘と孫がいた。
トレジャーのこっこは、母のはでなサクをしっかり受け継いで、
クロスの孫こっこは、おばあちゃんそっくり。
スエヒロジョウオーは、朝日を浴びてゆったりと草をはんでいた。
牧場の方が名前を呼ぶと、ゆったりと近づいてきて顔を寄せる。

離乳を終えた当歳たちに近づくと、目を輝かせてみんな寄ってくる。
ここの馬たちは、みんな懐こい。人間にかわいがられているからだろう。
思い切ってお訪ねしてみてよかった。
また、ひとつ、応援したい牧場が増えた。

お昼は、新冠道の駅のレストランでいつもの「レコード・ラーメン」。
どんぶりいっぱいに大きなチャーシューが載っていて、その下には
野菜炒め。素朴なおいしさだ。

そして静内行きのバスを待っていたら、馬友達からメール。
「川崎競馬に移籍したユリカジョウが、調教試験に合格!」
何度も読み返す。
中央抹消後は考えないことにしていた、ユリカジョウの行方・・・。
川崎に行ったんだ!川崎なら、そう遠くない。
昨日とは打って変わってパッと、気分が明るくなった。

青空の下に穏やかに広がる太平洋沿いをバスに揺られ、着いたのは
ブライアンズロマンのいるA牧場。
今年1月にお訪ねしたときに、バス停から近いよ、と教わっていたので
そのとおりに来てみたが、本当に近い。

とことこと歩いていくと、馬たちの姿が見えてきて、一斉にこちらに顔を向ける。
牧場の方にごあいさつして、一頭ずつごあいさつ。
栗毛の若馬のように初々しい馬は、初対面のエスケープハッチ。
隣は、トーシンブリザード、そしてお目当てのブライアンズロマン。
ブリザードの奥には、オリオンザサンクス。

あれ、一頭見慣れぬ馬がいる。
お聞きしたら、セキテイリュウオーだという。
おお、あのリュウオーとここで会えるなんてラッキー!
ヤマニンゼファーの良きライバルだった。

折りしも、今日は離乳の日。
母馬と離された仔馬たちが、ロマンたちの放牧地と道路を挟んで
真向かいにある厩舎へ移動してくる。
そのたびに仔馬たちの母を乞う哀しげないななきが、真っ青な空に
吸い込まれていくようだ。
ロマンたちも、いつもとは違う様子に耳をそばだて目を見開く。
みんなもこうして、一人前の競走馬になったんだよね。

時折、日高線が牧場を縫うように走り抜けていく。
やがて日が傾いて、みんなも厩舎へ。
夕日に照らされた後ろ姿がまぶしい。

今日は幸せな馬たちにたくさん会えた。
うれしいお知らせももらった。
なんだか元気がわいてきたぞ!





 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。