カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

カイラ散る

horino_kayra100110-1.jpg
(安らかに・・・ヒロノカイラ
2レース、向正面で競走中止。右第1指骨粉砕骨折。予後不良
・・・2010年1月10日、千葉・中山競馬場にて)




horino_kayra100110-2.jpg
(どうか軽症でありますように、という願いも空しく)




horino_kayra100110-3.jpg
(少しずつ力をつけてきた矢先だった)




horino_kayra100110-4.jpg
(笑顔の田中勝春騎手を背に、元気に本馬場へ
向かったのに・・・)




horino_kayra100110-5.jpg
(天国の草原で、こころゆくまで駆けっこしてね、カイラ!)




niikappu_sakura070511-1.jpg
(母さんに甘えていた3年前の春・・・2007年5月11日、北海道・新冠にて)





今日は、中央競馬の撮り初め。
そして、2レースに出るヒロノカイラの応援に。
そして、アフター競馬は馬友達と新年会。
と、ルンルン気分で中山に出かけたのに・・・。

2レースのパドックに現れたカイラは元気いっぱい。
笑顔の田中勝春騎手を背に、本馬場へ向かった。
もしかしたら、先頭ゴールインもあるかも。

ひそかに期待しつつ、スタートしたカイラを目で追う。
向こう正面で、いきなり白い帽色が揺れ、止まった。
カイラだ、ヒロノカイラだ。

なんで、なんでなの。
レース前、馬頭観音に手を合わせて、(今年も馬たちが無事に走れますように)と
お願いしたばかりなのに。

近くで、競馬関係者の無線が聞こえた。
<右、前>。
そうか、右前を怪我しちゃったのか。
どうかひどい怪我でありませんように。
無事に復帰できますように・・・。

馬運車が横付けされて、カイラが曳かれていく。
がくん、がくん、と身体を揺らしながら、やっと
乗り込んだカイラ。

全てのレースが終わった後に、待ち合わせていた友達が教えてくれた。
右第1指骨粉砕骨折。予後不良・・・。

あっけなく終わったヒロノカイラの一生。
あんなに元気な姿を見せてくれたばかりなのに、やりきれないが
運命と受け入れるしかないと、無理やり自分に言い聞かせる。

最後の日にしっかりと姿を見届けられたことが、せめてもの救い。
短い命だったけれど、競走馬として走ることができて良かったよね。

どうぞ、安らかに・・・ヒロノカイラ。
これからは、天国の草原でこころゆくまで駆けっこしてね。









ヒロノカイラ

begonia091031-1.jpg
(明日は、秋天・・・2009年10月31日、東京競馬場にて)




real_avenue091031-1.jpg
(1R、2歳未勝利戦のパドック。
なんてすてきな馬!リアルアヴェニュー。牡。
父クロフネ、母リアリーハッピー)




real_avenue091031-2.jpg
(鞍上もウチパクなら文句なし!期待に応えて優勝!)




suzume091031-1.jpg
(馬たちの置きみやげに、雀もゴキゲン)




sabrage091031-1.jpg
(2R、2歳未勝利戦。
甘えっこ?!サベラージュ)




sabrage091031-2.jpg
(スピードアイリスの息子<父ジャングルポケット>、
そしてミスターシービーの孫)



sabrage091031-3.jpg
(人馬お揃いのカラーで)




sabrage091031-5.jpg
(シービーの血を伝えてねっ!)




sabrage091031-4.jpg
(ブリンカーの奥に輝く、美しい瞳)




sabrage091031-6.jpg
(うぅ、素顔が見たい!)




sabrage091031-7.jpg
(角田晃一騎手を背に、本馬場へ。8番人気2着に健闘!)




reward_intima091031-1.jpg
(3R、2歳未勝利戦。
リワードニンファの息子、リワードインティマ。
父マーベラスサンデー。
トウショウボーイの血をひくニンファが好きだった)




reward_intima091031-2.jpg
(かなり、やんちゃ)




reward_intima091031-3.jpg
(鞍上は、横山典弘騎手。
今日は掲示板に載れなかったが、次走に期待!)




reward_intima091031-4.jpg
(レース直線)




akai_bara091031-1.jpg
(ターフを彩る秋バラ)




horino_kayra091031-1.jpg
(5R、2歳新馬戦パドック。
ヒロノカイラ。牝。父ダージー、母グレースシルエット<ミルジョージ>)




horino_kayra091031-2.jpg
(シノクロスの牧場出身。仔馬のときに会ったね)





horino_kayra091031-3.jpg
(りっぱになって・・・。デビューおめでとう!)




horino_kayra091031-4.jpg
(鞍上は、角田晃一騎手。
デビュー戦は飾れなかったが、次こそ!
ずっと応援してるよ)




shiroi_bara091031-1.jpg
(ローズガーデンのバラも美しく)




kirono_bara091031-1.jpg
(小さなバラもかわいい)




challenge091031-1.jpg
(9R、鷹巣山特別レースの直線。
柴田善臣騎手鞍上のシャランジュが、低人気をはねのけて、鮮やかに逃げ切った。
シャランジュ=牝、4歳。父テンビー、母レパーティー<コマンダーインチーフ>)




akhal_teke091031-1.jpg
(金色の馬アハルテケも、秋の装い)





新馬戦に、シノクロスの牧場の2歳馬ヒロノカイラが出走するというので、
今日は府中競馬場へ、プチ馬旅。
明日は11月というのに、今日も暑い。
パドックにはりついていると、顔がじりじりとこげるのが分かる。
でも、この待っている時間がなんとも好きだ。

1レースの馬たちが出てきた。
朝日に映えてどの馬もピカピカにみえるが、ゼッケン4番の馬が
目の前にきた途端、なんて美しい馬なの!と思わずつぶやいた。
全身からにじみ出る気品があたりを包む。
父クロフネ、母リアリーハッピー、馬名リアルアヴェニュー。

レースは期待どおりの走りで完勝。
次走が今から楽しみだ。
来年のクラシックに乗ってこないかな。

次の2レースでも楽しみな馬がいた。
スピードアイリスの息子、そしてミスターシービーの孫、サベラージュ。
ブリンカーに隠れた美しい目は、まさにシービーゆずり。
素顔が見てみたい。
流れるような美しい馬体のラインも、生き写し。

水色のめんこにブリンカーといえば、現役後年のシャコーグレイドもだぶる。
グレちゃんの美しい目が見られなくて、どんなにがっかりしたことか。
もちろん、レースを勝つために必要なもの、と分かってはいたが・・・。

レースでは低人気を跳ね除けて、2着にがんばった。
厩務員さんに甘えたりして、まだ子どもっぽいところもあるけれど、
早く勝ち上がって、サベラージュもクラシックに出てきてほしいなぁ。

3レースにも期待の2歳馬登場。
好きだったリワードニンファの息子、リワードインティマだ。
二人引きしても中々落ち着かない様子で、かなりやんちゃぶりを
発揮していたせいか、レースは良いところがなかったが、落ち着けば、
きっと。

お昼をはさんで始めのレースに、いよいよヒロノカイラ登場。
芦毛のかわいい女の子だ。
2年前の春、満開の桜の下で母馬に甘えていたこっこが、今、こうして
目の前を落ち着いて歩いている。

何度経験してもうれしい光景だ。
牧場で、競馬場で会おうね!と言っても、実際、再会できる馬は
そう多くはない。

今日は勝てなかったけれど、ともかくもデビューおめでとう!
デビューできること、それだけでもどれほどにすごいことか。
これからも、ずっと応援しているよ。

カイラのレースが終わったら、なんだか今日の競馬が終わった気分。
紅葉の日本庭園で、カイラのデビューを祝してビールで乾杯。
帰り道、府中競馬正門前の金色の馬、アハルテケが秋の日に映えて、
輝きを増していた。








 | HOME |  ▲ page top