カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想い出の府中牝馬S アパパネ

apapane111016-5.jpg
アパパネに会いたい一心で出かけた府中牝馬ステークス。
鞍上は、蛯名正義騎手・・・2011年10月16日、東京競馬場にて。

★アパパネ
2007年4月20日、安平生まれ。牝。鹿毛。
父キングカメハメハ、母ソルティビッド)





明日から、ちまたは三連休。
競馬も三日間開催。最終日の東京は、府中牝馬ステークス。
府中牝馬といえば、二年前を懐かしく想い出す。

アパパネの秋緒戦を見たい一心で、病み上がりの体で這うようにして
出かけた日のことを。
抗がん剤治療と手術でげっそり落ちた筋力。
白レンズは重たくて軽い望遠に替えていった。

久しぶりに間近で見たアパパネの愛らしかったこと。
レースは惨敗してしまったけれど、元気なアパパネに会えただけで感激だった。

あれから2年。
私の体力もすっかり戻って、白レンズも苦にならなくなった。
もうすぐ弟のウラレナもデビューしてくる。しかも、府中牝馬Sの日に。
アパパネによく似ているというので楽しみ。

アパパネの初仔がデビューしてくる日も、すぐやってきそう。
その日のために、今からしっかり体力を増強しておかなくっちゃ!?






★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

2011ヴィクトリアマイル優勝 アパパネ

roze130509-1.jpg
府中のバラも、週末には満開だろうな
・・・2013年5月9日、市川・里見公園にて)




apapane110515-1.jpg
(ヴィクトリアマイルが近づくと、懐かしく想い出すのはアパパネのこと。
※写真は、ヴィクトリアマイル優勝時・・・2011年5月15日、
東京競馬場にて。

★アパパネ
2007年4月20日、安平生まれ。牝。鹿毛。
父キングカメハメハ、母ソルティビッド)








★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村




明日は秋華賞

apapane101017-9.jpg
アパパネのいない競馬は寂しい。
※写真は、秋華賞優勝そして牝馬三冠達成時・・・2010年10月17日、
京都競馬場にて。
鞍上は、名パートナーだった蛯名正義騎手。

★アパパネ
2007年4月20日、安平生まれ。牝。鹿毛。
父キングカメハメハ、母ソルティビッド)





アパパネが突然引退してしまってから、なんだか気の抜けた
ビールみたいになってしまった。

午後3時頃、競馬中継をつけたら、府中牝馬ステークスのパドック。
ああ、そんな時期なんだ。
エイシンリターンズ、アニメイトバイオ、アプリコットフィズ、レインボーダリア
・・・アパパネの同期たちがずらり登場。
思わずアパパネの姿を探してしまう。

一年前。アパパネに一目逢いたくて、手術後の弱った体で這うように
たどりついた東京競馬場が懐かしく想い出される。
現役ならきっと今日も元気な姿を見せてくれたことだろう。
そして私は、来月のエリザベス女王杯に夢を膨らませていただろう。

明日は牝馬クラシックの最終章、秋華賞。
二年前、アパパネの三冠をしっかり目に焼きつけた京都競馬場。
あの日のことも絶対忘れられない。

改めて、ここ数年はアパパネと共に一喜一憂していたんだなぁと
思い知らされる。
もう、恐らくアパパネのような牝馬には出逢えないだろう。







★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg







アパパネ引退

yuuzengiku120913-1.jpg
(薄紫の花鉢が花屋さんに並んでいた。もう素通りできなくて一鉢。
その名もゆかしい友禅菊。秋を告げてくれる大好きな花。

一昨年もほぼ同じ頃に買い求めていた。
アパパネが大きくはばたくその頃に
・・・2012年9月13日、千葉・鎌ケ谷にて)





apapane120603-1.jpg
アパパネ引退。
いつかこの日が来ることは分かっていたが、心にぽっかり穴が空いたようだ。

※写真は、安田記念出走時。
これが最後のレース、最後の見納めになるとは。
鞍上は、名パートナーの蛯名正義騎手・・・2012年6月3日、
東京競馬場にて。

★アパパネ
2007年4月20日、安平生まれ。牝。鹿毛。
父キングカメハメハ、母ソルティビッド)




apapane120513-7.jpg
(『ヴィクトリアマイル』連覇ならず
・・・2012年5月13日、東京競馬場にて)




apapane120407-1.jpg
(『阪神牝馬ステークス』7着時。
鞍上は、岩田康誠騎手。蛯名騎手以外のただ一度の乗り替わりだった
・・・2012年4月7日、兵庫・阪神競馬場にて)




apapane111016-1.jpg
(『府中牝馬ステークス』出走時。
ピンクの額革がよく似合っていた・・・2011年10月16日、東京競馬場にて)




apapane110515-1.jpg
(五冠目の『ヴィクトリアマイル』優勝時・・・2011年5月15日、東京競馬場にて)



apapane101017-2.jpg
(史上3頭の牝馬三冠!『秋華賞』優勝時・・・201010月17日、
京都競馬場にて)




apapane100411-2.jpg
(アパパネ満開!『桜花賞』優勝時・・・2010年4月11日、
兵庫・阪神競馬場にて)




apapane091115-1.jpg
(天空へはばたけ!赤い小鳥。
赤松賞』優勝時・・・2009年11月15日、
東京競馬場にて)




apapane090705-2.jpg
(夏のみちのくで出逢ったかわいい女の子、アパパネ。
2歳新馬戦』3着時・・・2009年7月5日、福島競馬場にて)






真夜中、のどが渇いたので起きた。
時計を見たら2時過ぎ。
麦茶を飲んで、また床に入ったら、いきなり、突き上げるような揺れ。
同時に、一緒に寝ていたさくらが飛び跳ねて、ソファーの下にもぐりこんだ。
かなり大きな揺れだ。

テレビとラジオをつけると、地震速報が始まり、
震源地は千葉。最高震度は4という。
しばらく様子をみていたが、それ以上の揺れはなかったので寝ようとしたら、
枕元のアパパネちゃんが台から転げ落ちている。
やはり衝撃は大きかったんだ。

朝。
変な時間に起こされたので寝不足気味の目で、サンスポの競馬欄を開いた途端、
絶句。
‘アパパネ引退’。

えーっ、そんなぁ。来月の府中牝馬を楽しみにしていたのに。
あまりに突然のことに、頭の中がこんがらがった。
気をとり直して記事を読んだら、引退の理由は、右前浅屈腱炎。
そうか、それじゃ仕方ないよね。

現役中は殆ど病気や怪我とは無縁だったアパパネだけど、やはり積年の疲れが
たまっていたのかもしれない。
知らずにレースに出て取り返しのつかないことにでもなってしまったら、
それこそ泣いても泣ききれない。

2009年6月の福島デビュー戦以来、足掛け四年に渡って応援し続けてきた
アパパネ。
オークスこそ現地へ行けなかったが、桜花賞、秋華賞はしっかりと目に焼きつけた。
一昨年10月、淀へ三冠達成を見届けた帰りに足を骨折し、やっと骨がつながって
出かけた5月のヴィクトリアマイルも忘れられない。

そして骨折完治の喜びも束の間、今度は6月にがんを発症。
アパパネに逢いたい一心で、辛い抗がん剤、手術にも耐えた。
9月の手術後の翌月、這うようにして出かけた府中牝馬ステークス。
再びアパパネの愛くるしい姿に再会できたときの喜びは忘れられない。

アパパネのおかげで、どれほどの喜びをもらったことだろう。
アパパネのおかげで、どれだけ苦しいときを乗り越えてこれただろう。
アパパネは私にとって、ずっと希望の光だった。

そして、自らの力で勝ち取った大きな勲章のおかげで、第二の馬生も
輝やかしい道が用意されているアパパネ。
今まで出逢った競走馬の中でも、全く行く末を心配せずにいられた希少な馬だった。

出逢いがあれば、いつかは別れがある・・・とはいえ、
あまりに突然のことで、今は心にぽっかりと穴が空いたよう。
でも、これは悲しい別れではなくて、新たな門出のための別れだ。

三年後、きっとアパパネに似た愛くるしい若馬がターフに現れることだろう。
その日を、楽しみに待っていよう。
そのためには、私も元気でいなくちゃ!

ありがとう!アパパネ!
お疲れ様!アパパネ!
ゆっくり疲れを癒して、脚を治して、良い仔を産んでください!







★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




アパパネ惨敗

strong_return120603-1.jpg
(いよいよ安田記念。
本馬場入場後、続々返し馬に入る。

福永祐一騎手を背に、ストロングリターン
力強い脚さばきそのままに、レコード勝ちで第62代安田記念優勝馬に輝いた
・・・2012年6月3日、東京競馬場にて。

★ストロングリターン
2006年5月26日、千歳生まれ。牡。鹿毛。
父シンボリクリスエス、母コ-トアウト)




apapane120603-1.jpg
(ダービー惜敗のリベンジに燃えてるはずの蛯名正義騎手を背に、
愛しのアパパネ。これが先頭ゴールインだったらなぁ・・・。

★アパパネ
2007年4月20日、安平生まれ。牝。鹿毛。
父キングカメハメハ、母ソルティビッド)




grand_prix_boss120603-1.jpg
(内田博幸騎手を背に、昨年<2011年>のNHKマイルカップ馬、グランプリボス
レースでは、ストロングリターンに首差迫り、GⅠ馬の底力をみせつけた。

★グランプリボス
2008年3月28日、安平生まれ。牡。鹿毛。
父サクラバクシンオー、母ロージーミスト)




strong_return120603-2.jpg
(レース。
昨年2着のリベンジをきっちり果たし、歓喜の一瞬)




strong_return120603-3.jpg
(栄光のウイニングラン。
福永祐一騎手は、スタンドの祝福に手を上げて応えた)




strong_return120603-4.jpg
(表彰式を終えて。
喜びと安堵を胸に・・・)




strong_return120603-5.jpg
(帰り道にも、勝利を讃える声なりやまず。
わざわざ立ち止まって、ストロングリターンの勇姿を見せてくださった)





今日は、府中最後のGⅠ安田記念。アパパネも挑戦。
朝からぐずぐずと肌寒い空模様。
気分までぐずぐずとしてしまい、家を出たのはとっくに開門してからで
府中に着いたのは3レース時。開門は8時30分だったとか。

パドック最前列はあきらめてきたが、なんとか馬場最前列が空いていないものかと
端から端まで歩いてみたら、なんとゴールまん前に一人分のスペース発見。
これでアパパネの姿をしっかり目に焼きつけられる。

午前中雨のはずがお日様カンカンでこげそうなほどの陽気。
上着を一枚脱ぎ、また一枚脱ぎ、とうとうシャツ一枚に。
カメラに着せてきたカッパもはずしてしまおうかと思っていたら、
メインの頃にむくむくと黒い雲。
雨粒もポツポツと落ちてきてハラハラ、ドキドキ。
どうかレースが終わるまでがまんしてくれますようにと祈りつつ。

ターフビジョンに映し出されたアパパネは、またまたゲート前でいやいや。
今日は両後脚を跳ね上げて、いつも以上にはでにアピール。
でも、蛯名騎手に促されて素直にゲートイン。
最初からおとなしく入ればいいのにねぇ。
「アタシ、コレカラハシルノヨ!ミンナ、ミテテ!」
とでも言ってるのかな。

無難にゲートも出て中団まではまずまずの位置取りだったのに、
直線に向いて、さぁ追い出し!とぐっとリキを入れていたら、
ちっとも伸びず。
どころか、ずるずる後退し、結局うしろから数えたほうが早い入線だった。

優勝したのは、昨年2着だったストロングリターン。
グランプリボスが2着にがんばり、GⅠ馬の底力をみせつけた。

アパパネのあの負け方はさすがにショックだった。
牝馬三冠、五冠馬の名誉のためにも、そろそろひき際を考えてあげる時なのか。
それとも、オグリキャップのように可能性に賭けて現役を続行したほうが良いのか。

アパパネがかわいくてたまらない身としては、できることなら、
これ以上傷だらけにならないうちに、母馬になるという
次の大仕事へ向かってほしい、と思っているが・・・。







★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg





           
 | HOME |  » ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。