カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枝垂桜

urakawa_no_sakura050610-1.jpg
<日高の山桜・・・2005年6月10日、北海道・浦河にて>

2週間ぶりにK乗馬クラブへ。
朝まで残っていた雨も、クラブに着く頃にはすっかりあがり、
久しぶりに青空が広がり、日がさんさんと照り始めた。

門を入ると正面に、満開の枝垂桜がピンクの綿飴のように膨らんでいる。
あぁっ、カメラを持ってくればよかった・・・。
二週間前には今にも咲きそうだったし、先日は嵐だったし、周りはみんな葉桜だし、
てっきり、ここも散ってしまったと勝手に思い込んでいた。

よくみれば、まだ蕾もちらほら。
時折吹いてくる春風に、はらはらと花びらを散らしている。
根元には紫花菜の群れ。こちらも競うように満開だ。

枝垂桜越しに、洗い場に繋がれた馬たちが見え隠れ。
大好きな馬と桜!最高の被写体なのに、カメラがない!なんて・・・。
でも、ないものはない。
しっかりと、目に焼きつけておこう。

レッスンは、今日も芦毛の華ちゃん(競走馬名バクシンフラワー)。
馬場の周囲も芽吹きが美しく、思わずみとれてしまいそうになる。
おっと、よそ見をしていてまた落ちてしまったら大変。
ひたすら、華ちゃんの耳の間から前方をみつめる。

久しぶりに、ちょっとだけ軽速歩にもチャレンジ。
おっかなびっくりだけど、それでもなんとか動ける。
途中、頓挫はあったけど体はちゃんと覚えていたんだ、と、ちょっと感激。
若先生も、同じ思いで見てくれていたようでうれしい。
「無理しないで、少しずつ少しずつ元に戻していきましょう」。

お昼は、枝垂桜の下で花見弁当。
スーパーで買った鮭弁が、とびきりおいしかった。
スポンサーサイト

夜桜

三日間の御殿場‘合宿’から、昨夜遅く帰ってきた。
往復、千葉から御殿場まで約4時間の道のりを3頭の馬と共に馬運車。
富士山が姿を現したのは、中日の29日のみだったが、
さすが霊峰富士。思わず、頭が垂れる。

「全日本馬場馬術大会2007」は、北京オリンピック出場選手のワン・ツーで決まった。
初めて見た馬術大会の表彰式、グランプリの表彰者が愛馬と共に入場してきたのには
かっこよすぎてしびれた。
しかも優勝者のみに許されたウイニング・ラン、競馬のG1がだぶる。
この一瞬のために、どれほどの時間が費やされたのだろう。

優勝こそ逃したが、今回はりついたK選手も外国産馬セントジョージの部門で
上位入賞を果たした。
クラブでK選手の日頃の鍛錬を目のあたりにしているだけに、
入賞することの重みがひしひしと伝わってくる。

帰路、高速道路から見下ろす墨田川沿いの夜桜が美しく、目にしみ、心にしみた。






御殿場へ

sakura03330-2.jpg
<東京競馬場日本庭園の桜  2003年3月30日、東京・府中にて>

今日から三日間、撮影のために御殿場で開かれる馬術大会へ。
初めて訪れる場所なので緊張が高まるが、富士山が見守るような抜群のロケーションに
期待も膨らむ。

どうか、お天気も味方してくれますように!

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。