カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!5勝目 ギンザボナンザ

ginza_bonanza100220-1.jpg
ギンザボナンザが待望の5勝目を挙げた!
※写真は、『クイーンカップ』出走時。
鞍上は、北村宏司騎手・・・2010年2月20日、
東京競馬場にて。

★ギンザボナンザ
2007年2月4日、安平生まれ。牝。青毛。
父ゼンノロブロイ、母アルウェン)





今日は札幌競馬に注目。
9レース、3歳上500万下戦にハルカフジ、
メイン『ポプラステークス』に、ギンザボナンザ。
新潟も目が離せない。
最終レース、牝3歳上500万下戦に、
ダイヤモンドアスク、ブーケドロゼブルー。

ハルカフジは内ぴったりに逃げ切るかと一瞬バンザイしかけたが、
チャンピオンブルーが真ん中をスルスルと抜け出て、そのままゴールイン。
う、うぅ~っ。
でも、しっかり2着は死守した。

まっすぐ前を向いて、グイグイ首を伸ばすフジ君の姿に胸が熱くなった。
ハルカフジが走り続けるかぎり、母ハルカッコ、
母母ハルカジョウの名前は生き続ける。

ギンザボナンザは、先行勢の内に入って直線へ。
と、前が詰まったかにみえた。
「割って出て来い!ボナンザぁ~!」
テレビの前の絶叫が届いたのか、スッと抜け出ると、そのまま先頭ゴールイン。

勝った!
昨年7月以来だから、本当に久しぶりの勝利だ。
これで5勝。
アパパネ世代は本当にがんばりやさんが多いが、ボナンザもまた。

ダイヤモンドアスクとブーケドロゼブルーは掲示板にも載れなかったが、
秋に期待しよう。






★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg







スポンサーサイト

ギンザボナンザ

ginza_bonanza100313-2.jpg
(よっつ目の花、開きますように!
第29回『中山牝馬ステークス』出走予定馬、
ギンザボナンザ
※写真は、アネモネステークス優勝時
・・・2010年3月13日、千葉・中山競馬場にて。

★ギンザボナンザ
2007年2月4日、安平生まれ。牝。青毛。
父ゼンノロブロイ、母アルウェン)







朝顔

asagao070709-1.jpg
(真夏の涼花、朝顔。今年は種から咲かせたい
・・・2007年7月9日、千葉・鎌ケ谷にて)




ginza_bonanza100411-3.jpg
(明日のオークス。アパパネとのワン・ツーに期待!ギンザボナンザ。
※写真は、桜花賞出走時。鞍上は、北村宏司騎手
・・・2010年4月11日、兵庫・阪神競馬場にて)




日高から帰って四日も経つのに、まだまだ後片付けや留守中にたまった用時の
片付けに終われ、落ち着かない。

今日も朝から、旅荷の洗い物で洗濯機をブンブン回し、宅急便を2個発送し、
留守中に届いた便りへの返信を含めて、牧場さんへのお礼状などを書き終えた。
10枚綴りの切手シートが、終わっててみれば1枚しか残っていなかった。
ふぅ~。

でも、新冠、新ひだか、浦河、と各地へのお礼状を書き進めるうちに、
楽しかった時間が蘇ってきた。
本当に色々とお世話になりました。

そして今日中にもうひとつ、絶対にやっておきたいことが。
それは、朝顔の種まき。
暑い夏の朝に涼を届けてくれる、大好きな朝顔。
いつもは、朝顔市で買った鉢を並べたり、花屋さんで苗を買って植えたりしているが
勤めをやめて時間のできた今年は、種まきからやってみようと思っていた。

旅先の新冠、道の駅でみつけた三種類の朝顔の種。
垣根朝顔、ききょう咲き朝顔、ミニ朝顔。
よくばって、みんな買っちゃった。

今日はまず、垣根朝顔の種まき。
昨夜から水につけておいた種を、いつもの朝顔&ゴーヤ用のスペースへ
一粒ずつまいて、シャワーで優しく水をかけて完了。
夏には、チワワの額ほどの庭が、涼しげな朝顔で埋め尽くされるかな!?

気がつけば、夕方。
おっと明日はいよいよオークスだ。
アパパネの二冠を信じつつ、もう一頭の応援馬ギンザボナンザとのワン・ツーで
決まれば最高なんだけど!





アネモネステークス

ginza_bonanza100313-2.jpg
(11レース、アネモネステークス。
どうか桜の切符をとれますように!ギンザボナンザ
・・・2010年3月13日、千葉・中山競馬場にて)




ginza_bonanza100313-3.jpg
(必勝のおまじない?!)




ginza_bonanza100313-4.jpg
(北村宏司騎手を背に、返し馬に向かうギンザボナンザ)





ginza_bonanza100313-1.jpg
(みごとアネモネステークスを優勝、ギンザボナンザ。
おめでとう!ボナンザ。とうとう、桜の切符を手に入れたね!
次は仁川で!)





ひいらぎ賞から応援してきたギンザボナンザが、桜花賞トライアル、
アネモネステークスを勝ち、みごと桜の切符を手に入れた。

パドックに現れたボナンザは、久しぶりの晴天の下、目はきらきら、
漆黒の馬体もピカピカ。
一番人気のアニメイトバイオも気合たっぷり、ミオリチャンも元気がいい。

レースは、内ぴったりに進めていたボナンザが、直線で先頭に立ったバイオと
外からやってきたミオリチャンの間をすっと抜けて、快勝。

勝ってほしい、勝てると思う、でも・・・とレース前は不安もあったが、
目の前で確かに先頭ゴールインした姿に胸が熱くなる。

応援してきた馬がこうして勝ち進むことができるなんて、
長い競馬ライフ?!の中でも本当に数えるほど。
その殆どは、1勝すらできずにひっそりとターフを去っていく
というのが当たり前だった。

レースが終わってもしばらくは、喜びの余韻がじわじわとこみあげてきて、
自然に口元が緩んだ。

明日は、阪神でフィリーズレビュー。
笠松のラブミーチャンが桜の切符を手にできるか、期待が高まる。











桜の切符

ginza_bonanza100220-2.jpg
(桜の切符を手に入れることができますように!
ギンザボナンザ・・・2010年2月20日、東京競馬場にて)




春の日高、航空チケットと宿の予約を完了!
あとは、5月を待つばかり。
今年は桜に間に合うかな?!

明日は、中山でアネモネステークス。
2枚の桜行き切符をめざして、15頭がしのぎを削る。
期待は、ギンザボナンザ。
前走のクイーンカップは残念な結果だったが、ひいらぎ賞を勝った
中山で巻き返してほしい。
がんばれ!ボナンザ!





 | HOME |  » ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。