カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ブーケドロゼブルー

kodemari100427-1.jpg
(小手毬が咲き始めた・・・2010年4月27日、千葉・鎌ケ谷にて)




scilla_nutans100427-1.jpg
(名前が分からない球根の花。
毎年かわいいピンクの花を咲かせてくれる)

追記:早速、馬友達が調べてくれた。
シラーの仲間で、正確にはシラー・ヌータンス、
別名イングリッシュ・ブルーベル、とのこと。
友達に感謝、感謝です。
名前が分かって、ますます愛着がわく。馬も同じ!?




freesia100427-1.jpg
(フリージアの香りが好き)




miyakowasure100427-1.jpg
(ひっそりと、都忘れ)




turu_nichinichisou100427-1.jpg
(紫の花色が美しい、蔓日々草)




sumire100427-1.jpg
(紫と白の絞りがきれいな菫もお気に入り)




bouquetderosebleu100220-401.jpg
(『スイートピーステークス』出走予定馬、ブーケドロゼブルー
父ロージズインメイ、母イセノトウショウ<トウショウボーイ>。
2007年4月26日、新ひだか生まれ。
※写真は、3歳未勝利戦優勝時。鞍上は、ミルコ・デムーロ騎手
・・・2010年2月20日、東京競馬場にて)






ブーケドロゼブルー

makino_turquoise100220-1.jpg
(2レース、3歳牝新馬戦。
一番良く見えた、マキノターコイズ。2007年4月10日、新ひだか生まれ。
父サクラプレジデント、母フレンチカラー。2着・・・2010年2月20日、東京競馬場にて)





tosen_marmalade100220-1.jpg
(仔馬のような愛らしさ、トーセンママレード。
2007年2月6日、新冠生まれ。父ネオユニヴァース、
母シルクファビュラス。3着)




master_sommelier100220-1.jpg
(3レース、3歳未勝利戦。
一番良く見えた、マスターソムリエ。牡。
2007年5月6日、千歳生まれ。
父フジキセキ、母ヴァインドレッサー。2着)




gospel100220-1.jpg
(4レース、障害4歳上未勝利戦。
ゴーカイの息子、ゴスペル。2005年6月23日、登別生まれ。
母ゴールディ<ラグビーボール>。曳き手は、父と同じ方)




kichiroku_lenan100220-1.jpg
キチロクレナン。2006年2月14日、浦河生まれ。父タニノギムレット、母ブルーブロッサム。
馬はもとより、美しい曳き方にいつも魅せられる)




bouquetderosebleu100220-1.jpg
(5レース、3歳未勝利戦。
ロージズインメイの娘、そしてトウショウボーイの孫、ブーケドロゼブルー
2007年4月26日、新ひだか生まれ。母イセノトウショウ。1着)



bouquetderosebleu100220-2.jpg
(今日こそ、未勝利脱出できますように!)




bouquetderosebleu100220-3.jpg
(鞍上は、ミルコ・デムーロ騎手。心強い!)




bouquetderosebleu100220-4.jpg
(みごと先頭ゴールイン!おめでとう、ブーケドロゼブルー!)




ginza_bonanza100220-1.jpg
(11レース、クイーンカップ。
北村宏司騎手を背に、ギンザボナンザ。牝。
2007年2月4日、安平生まれ。父ゼンノロブロイ、母アルウェン)




ginza_bonanza100220-2.jpg
(絶対、このままでは終わらない・・・ギンザボナンザ)





今週で、いよいよ東京開催もラスト。
やたら寒さばかりが印象に残ったが、今日は一転して春のような陽気。
気持ちもぐっと楽になる。

メイン、クイーンカップのギンザボナンザの走りに期待してきたが、
もう一頭注目しているブーケドロゼブルーが出る5レース、3歳未勝利戦も気になる。
ブーケドロゼブルーは、ロージズインメイの娘、そしてトウショウボーイの孫。
この上もなく好きな馬同士の配合だ。

早春の光があふれるパドックに現れた、ブーケドロゼブルーは好気配。
出走してくるたびに、どんどん垢抜けしてよく見える。
まるで、見られるたびに美しくなっていく女の子のようだ。

鞍上は、ミルコ・デムーロ騎手。こちらにも期待がふくらむ。
ブーケの背にまたがったデムーロ騎手、優しく肩をポンポンとたたいて
本馬場へ。

レースはみごと先頭ゴールイン。
目の前を横切っていったブーケの横顔は、誇らし気に輝いていた。
勝ったことで、美しさに自信が加わったかな!?

ただ5レースでは落馬事故が起きてしまい、残念・・・。
馬は大丈夫だったようでほっとしたが、騎手が負傷してしまったようだ。
いつも人馬ともに無事にゴールインできますようにと、願うばかりなのに。

クイーンカップ。
ギンザボナンザは、かかったせいか失速してしまい掲示板にも載れず、
がっくりしたが、一番がっくりしたのは馬自身だろう。
気持ちを切り替えて、また素晴らしい走りを見せてほしい。
次走に期待してるよ、ボナンザ!

優勝は、一番人気に応えてアプリコットフィズ。
アパパネのライバルになりそうだが、蛯名騎手はどっちを選ぶ!?

明日はいよいよ、フェブラリーステークス。
内田博幸騎手は、ただ一鞍、サクセスブロッケンだけに乗るという。
期待と不安がないまぜになってしまうが、連覇を祈りたい。






 | HOME |  ▲ page top