カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

新装、函館競馬場

shonan_alivio100731-1.jpg
ハルカッコの応援以来、4年ぶりに函館競馬場へ。
リニューアル・オープンした競馬場は、新しい仕掛けが
色々あるようで楽しみ。

まずは1レース2歳未勝利戦を、目線が馬の脚元という
ダッグアウトパドックで観戦。人馬が、近っ!
美しい栗毛が目を惹いたショウナンアリビオ。2着。

★ショウナンアリビオ。
2008年3月20日、浦河生まれ。牡。栗毛。
父フレンチデピュティ、
母マイダイナマイト<ダイナマイトダディ>

・・・2010年7月31日、北海道・函館競馬場にて)




t_m_jonikuro100731-1.jpg
(騎乗合図がかかった。
柴山雄一騎手を迎えて、テイエムジョニクロ。3着。

正面は、日本初の室内パドック観覧席。
テーブル席もあったりして、居ながらにして
パドックが観られる快適空間。

★テイエムジョニクロ。
2008年4月8日、浦河生まれ。牡。黒鹿毛。
父プリサイスエンド、母アスペンスノー)




yuudouba100731-1.jpg
(誘導を終えて・・・。今日も一日、頑張ってね)




goal100731-1.jpg
(港町函館にふさわしい、船舶の舵をイメージした
ゴール標識。変わっていなくてよかった)




muon100731-1.jpg
(レースは、ミューオンが西村太一騎手を背に、うれしい初勝利。
ショウナンアリビオは首差届かず、残念!

★ミューオン
2008年2月29日、浦河生まれ。牝。栗毛。
父サクラバクシンオー、母レイクミード)




neo_speciale100731-1.jpg
(2レース、3歳牝未勝利戦。
パドックから『はなみち』を通って、本馬場へ向かう
出走馬たち。
秋山真一郎騎手を背に、ネオスペチアーレ。3着。

一緒に『はなみち』を歩いていると、馬との一体感を
感じられて、どんどん気持ちが高まってくる。
すっかり、やみつきになったスポット。
府中や中山にも造ってくれないかな!?


★ネオスペチアーレ
2007年3月13日、鹿児島生まれ。牝。鹿毛。
父ボーンキング、母ゲイリーアミューズ)




yuudouba100731-4.jpg
(昼休み。
誘導馬のバセロットがウオーミングアップ中)




yuudouba100731-3.jpg
(煉瓦づくりのパドックが、馬の美しさをより引き立てている)




taiki_french_kiss100731-1.jpg
(4レース、3歳未勝利戦。
マイオトメの娘、タイキフレンチキスに会えた!
母母は、ヤエノジョオー。

結果は残念ながら2着。次走こそ!

★タイキフレンチキス
2007年3月1日、浦河生まれ。牝。鹿毛。
父チーフベアハート、母マイオトメ<ヤエノジョオー>)




les_jours_damour100731-1.jpg
(優勝馬、レジュールダムール。

2007年3月23日、千歳生まれ。牝。鹿毛。
父Kingmambo、母フェアリーバラード)




les_jours_damour100731-2.jpg
(うれしい帰り道)




flag100731-1.jpg
(海をイメージさせる垂れ幕が爽やか)




nugget_smile100731-1.jpg
(6レース、3歳未勝利戦の本馬場入場。

大野拓弥騎手を背に、ミスターシービーの孫ナゲットスマイル。

2007年4月15日、むかわ生まれ。牡。黒鹿毛。
父ボーンキング、母ダンシングスズカ)




a_shin_agape100731-1.jpg
(藤岡佑介騎手を背に、ロージズインメイの娘エーシンアガペー。
2007年4月22日、新ひだか生まれ。青鹿毛。
母エイシンアイノウタ)




hokuto_suzuran100731-1.jpg
(先頭ゴールインを果たしたのは、もう一頭のロージズインメイの娘、
ホクトスズランだった。鞍上は、武幸四郎騎手。

★ホクトスズラン
2007年2月11日、新冠生まれ。牝。栗毛。
母ドラールフローラン)




mikuru100731-1.jpg
(7レース、3歳上牝500万下戦。
トウショウボーイの孫娘、ミクルが一番人気に応えた。
鞍上は、藤田伸二騎手。

★ミクル
2007年5月17日、様似生まれ。牝。鹿毛。
父ストラヴィンスキー、母ユーワサブリア<トウショウボーイ>)




mikuru100731-2.jpg
(口取りを待つ)




mikuru100731-3.jpg
(みんなの気持ちは、ひとつ・・・)




tosen_jordan100731-1.jpg
(9レース『漁火ステークス』優勝馬、トーセンジョーダン。
鞍上は、ダグラス・ホワイト騎手。

★トーセンジョーダン
2006年2月4日、早来生まれ。牡。鹿毛。
父ジャングルポケット、母エヴリウィスパー)




tosen_jordan100731-2.jpg
(みごと、一番人気に応えた)








祝!マンハッタンスカイ

manhattan_sky090328-1.jpg
(4年前の夏、函館でデビューしたマンハッタンスカイが、
『函館競馬場グランドオープン記念』をみごと優勝。

勝ち星も昨年7月の札幌『巴賞』以来とあって、
スカイはよほど北海道と相性がいい!?

充実の秋に期待!マンハッタンカフェ産駒!

2004年4月6日、新冠生まれ。
父マンハッタンカフェ、母デック。

※写真は、日経賞出走時・・・2009年3月28日、
千葉・中山競馬場にて)




函館開幕

daiichi_hijiri010728-101.jpg
(いよいよ明日、リニューアルした函館競馬場が2年ぶりにグランドオープン。
よりリゾート競馬を満喫できるような、さまざまな仕組みがあるらしく、
来月には実際にこの目で確かめてみたい。

明日も、朝のお出迎えがあるんだろうな。
ダイイチヒジリ<芦毛>とノスタルギ・・・2001年7月28日、北海道・函館競馬場にて)






函館競馬

ajisai100611-1.jpg
(今年も、ビッグな紫陽花が色づき始めた。
数年前に買った鉢植えを庭に下ろしたら、あれよあれよと大きくなり、
今は人間の背丈を越すまでになってしまった。
可憐な風情はないけれど、豪華な咲きっぷりもまたいいか!?
・・・2010年6月11日、千葉・鎌ケ谷にて)




この間六月に入ったと思っていたら、もう三分の一が終わってしまった。
なんだか毎日がバタバタと忙しい。
勤めをやめてのんびりするはずだったのに、却ってめまぐるしい日々が続く。
何故だろう?!

今日はさらに輪をかけて忙しかった。
来月、急に泊りがけで函館競馬へ行くことになり、JTBへ宿とフライトの手配に。

競馬場まで歩いてもいける湯の川温泉に宿はなんとかとれたものの、
フライトがないっ!
ただでさえ少ない函館便。
行きは2時台の羽田発、帰りは3時台なら空いているという。
それじゃ、なんのために行くのか分からない。

今頃、夏旅の予約なんて、やっぱり無理だったか。
あきらめかけていたら、係りの女性が、カチャ、カチャ、っとパソコンを操作。
「この日なら、ご希望の便がとれますけどいかがでしょうか?」。

予定日より先の日付だったが、時間はばっちり!
とりあえず押さえてもらい、やっと予約完了。

函館は、ハルカッコの応援以来だから4年ぶり。
早ければ今年、初仔がデビューしてくるはず。
ほんと、時の流れは速い。

新装なった競馬場が果たしていかがなものか、期待と不安もあるが
しっかりと目に焼き付けてこなくっちゃ。
もちろん、どんな馬と出会えるかが一番の楽しみだけど。




 | HOME |  ▲ page top