FC2ブログ

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

馬旅最終日

harukakko090520-8.jpg
(一昨日の雨で、瑞々しく輝く新緑の山・・・2009年5月20日、北海道新冠にて)

harukakko090520-1.jpg
(真っ先に駆け寄ってきてくれた、ハルカッコの1歳)

harukakko090520-3.jpg
(青空の下で、もう一度会いたかったよ!)


harukakko090520-4.jpg
(父は、英セントレジャー勝ち馬ルールオブロー)


harukakko090520-5.jpg
(1歳馬たちは、元気のかたまり<右がハルカッコっこ>)


harukakko090520-6.jpg
(まず1勝!だよ)


harukakko090520-7.jpg
(仲間と共に<首を上げているのがハルカッコっこ>)


harukakko090520-9.jpg
(母ハルカッコの名前を伝えてほしい!)


shino_cross090520-1.jpg
(シノクロスたちは、下の沢にいた・・・2009年5月20日、北海道・新冠にて)


shino_cross090520-2.jpg
(また来たの~アンタもひまねぇ@シノ)


shino_cross090520-3.jpg
(山道を上って、沢の入り口へ来てくれた)


shino_cross090520-4.jpg
(冬に会ったときより、若々しくみえる)


shino_cross090520-5.jpg
(また会いにきちゃった)


shino_cross090520-6.jpg
(元気の秘訣は、よく歩くこと)


shino_cross090520-7.jpg
(聴こえてくるのは、沢を流れるせせらぎの音と小鳥のさえずりだけ)


shino_cross090520-8.jpg
(元気な姿に会えて、本当にうれしい)


shino_cross090520-9.jpg
(現役引退後、初めて訪ねた日もここにいた)


shino_cross090520-11.jpg
(豊かな青草は、命の源)


shino_cross090520-12.jpg
(いつもマイペースで生きてきた)


shino_cross090520-13.jpg
(「今」を精一杯生きてきた)


shino_cross090520-14.jpg
(緑に包まれて)


shino_cross090520-15.jpg
(2頭の空胎馬、来春はかわいいこっこを連れていますように)


shino_cross090520-16.jpg
(シノは、母馬としても◎だったね)


shino_cross090520-17.jpg
(今は、悠々自適の生活だね)


shino_cross090520-18.jpg
(24年間、病気らしい病気をしたことがない)


shino_cross090520-19.jpg
(仲良く)


shino_cross090520-20.jpg
(沢沿いに奥まで続く広い放牧地を、行ったり来たり。本当によく歩く)



shino_cross090520-21.jpg
(お別れの時間。また、沢の入り口まで見送りに来てくれた)


shino_cross090520-22.jpg
(シノちゃん、またね~!さよならは言わないよ。これからも、ずっと元気で。秋にまた!)


とうとう日高馬旅もラスト。
最終日をどうしようか迷っていたら、ハッとした。
一昨日は、雨と1歳の馬体検査のため、馬房にいたハルカッコっこ、今日は放牧されているに
違いない。

秋には育成に移るというから、一目だけでも牧場で草を食む姿をみておきたい。
N牧場さんにお願いして、放牧地へ。
ハルカッコっこは3頭の仲間と新緑の山を背景に草をはんでいる。
遠いのでカメラで探すと、この子かな?と見当をつけた子がこちらに向かって真っ先に
駆け寄ってきてくれた。
一昨日、顔を覚えていてくれたのかな。うれしい。

ハルカッコっこは、かわいいというよりなかなかのイケメン。
2年後、どんな競走馬に成長するのか楽しみだ。
それまで、私もしっかり生きてないと。

ラストのラストは、やっぱりシノクロス。
「今日は下の沢にいるよ」とYさん。
うわぁ、懐かしい場所。
引退直後のシノに初めて出会った場所だ。
二番子のシノホワイティーと仲良く放牧されていたことも懐かしい。
ここ何年も沢への放牧はなかった。

どきどきしながら沢への道を降りて行くと、木の間越しに馬たちの姿がちらちら見える。
鹿毛が2頭、芦毛が1頭、芦はもちろんシノクロスだ。
鮮やかな新緑に包まれて、ひときわ白さが輝いて。

3頭は沢に沿って奥まで続く緑一色の放牧地をゆったり、のんびり行ったり来たり。
その光景はまるで、地上の楽園みたい。
でも、これはシノが自分の力で手にしたものだ。
いつまでも、この光景が続きますように・・・。

お昼前、迎えのタクシーが来て楽しかった馬旅もこれでおしまい。
シノクロスに再会を約束して、後ろ髪をひかれる思いで日高を後にした。

羽田に着きYさんにお礼の電話をかけると、
「マキノが産まれたのさぁ」と弾んだ声。
1時間くらい前というから、ちょうど飛行機が飛び立った頃だ。

真っ黒な牝で元気だとお聞きして一安心。
う?黒い?パパのローエングリンは栗毛だから、やっぱりマキたん似の芦毛だろうか。
マキたんもこっこのときは、黒っぽい芦毛だった。

それにしても、マキたんの出産に合わせて旅の予定もずらしたのに、日高を離れた途端
産むなんて、泣けちゃうよ。
最も、これで秋の楽しみが増えたかな!?
 | HOME |  ▲ page top