カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連闘!?船橋競馬

gold_sapphire090731-1.jpg
(1RC3戦のパドック。
澄んだ瞳に惹かれたゴールドサファイヤ。牝、5歳。
父キンググローリアス、母オギサファイヤ。4着)



riko_god090731-1.jpg
(気合満点、リコーゴッド。タイガースめんこが決まっている。
牡、4歳。父パラダイスクリーク、母コーラルピンク。5着)



kuwajima_takaharu090731-1.jpg
(名手、桑島孝春騎手。乗り馬はタカハギオ)



b_begin090731-1.jpg
(中野省吾騎手を背に、ビギーズビギン。牝、4歳。
父アグネスワールド、母ステラビギン。1着)



yuudouba090731-1.jpg
(昨日とは違う誘導馬登場。なんという種類かな?)



taka_hagio090731-1.jpg
(レース直線。桑島騎手が追い上げて2着、タカハギオ。
牡、5歳。父シャーディー、母ハギオ)



lucky_smile090731-1.jpg
(3RC2戦の返し馬。左海誠二騎手を背にラッキースマイル。牡、5歳。
父シーロ、母ジプシーワンダー。1着)



rasty090731-1.jpg
(石崎隆之騎手を背に、ラスティ。牡、4歳。父アドマイヤボス、母クニノプリティ。
4着)



aino_leo090731-1.jpg
(和田誠治騎手を背に、アイノレオ。牝、4歳。父アドマイヤコジーン、母アイノビジン。
3着)



denkou_doutetu090731-1.jpg
(レース。小杉亮騎手が懸命に逃げ切りを図ったが、ラッキースマイルに差され
惜しくもハナ差に敗れたデンコウドウテツ。
牡、4歳。父ボストンハーバー、母メジロノーブル)



takeden_s090731-1.jpg
(4RC3選抜牝馬戦の返し馬。本多正賢騎手を背に、タケデンシルヴァン。
牝、5歳。父ブラックタキシード、母ベルガール。5着)



jimanno_musume090731-1.jpg
(レース直線。本橋孝太騎手<白帽子>鞍上のジマンノムスメが、
佐藤裕太騎手鞍上のファインネスをクビ差さしきり優勝。
ジマンノムスメ=5歳。父オペラハウス、母ウェルクイーン。
ファインネス=6歳。父ライブリマウント、母オグリティアラ)



o_a090731-1.jpg
(5R3歳戦の返し馬。田中力騎手を背に、オネスティアンサー。牡。
父マックスアンサー、母オネスティタフネス。着外)



kanezen_sander090731-1.jpg
(石崎隆之騎手を背に、カネゼンサンダー。牡。
父フォーティナイナー、母ソプラニーノ。4着)



h_rine090731-1.jpg
(脇田創騎手を背に、ホーネットライン。牡。
父ヘクタープロテクター、母プラスターグレース。3着)



miss_tiger090731-1.jpg
(本橋孝太騎手を背に、ミスタイガー。牝。
父ニユーイングランド、母ウェディングビュー。1着)



c_r090731-1.jpg
(森下博騎手を背に、コスモロッジ。牡。
父グランデラ、母アウトラルシルフ。着外)



diamond_time090731-1.jpg
(御神本訓史騎手を背に、ダイアモンドタイム。牡。
父ゴーカイ、母フィリアフォンテン。着外)



hagio_v090731-1.jpg
(レース。スタート直後。桑島孝春騎手を背に、ハギオヴィグラス。牡。
父サウスヴィグラス、母ハギオ。5着)



miss_tiger090731-2.jpg
(直線。本橋騎手鞍上のミスタイガーが今野忠成騎手鞍上のローコンティネントを
クビ差さしきり、優勝。
ローコンティネント=牡。父ティンバーカントリー、母ローランシノワーズ)



taste_of_honey090731-1.jpg
(6R3歳戦の返し馬。林幻騎手を背に、テーストオブハニー。牝。
父ビワシンセイキ、母アオモリノタイヨウ。5着)



kura_victoria090731-1.jpg
(本橋孝太騎手を背に、クラビクトリア。牝。
父ロイヤルタッチ、母クラビング。2着)



kura_victoria090731-2.jpg
(レース直線。優勝した澤田龍哉騎手<黄帽子>鞍上のゴールデンクロウに、
クビ差届かず敗れたクラビクトリア。
ゴールデンクロウ=牝。父ヘクタープロテクター、母イシノロムルス)







連闘?!で今日も船橋競馬場へ。
昨日とは打って変わって、寒いほどの涼しさ。
開門と同時に入場すると、うちわを配っているが誰も手を出さない。
暑ければ、あっという間になくなるだろうに。
今日は、パドックの扇風機も出ていない。

昨日、張田京騎手が乗り替わっていたので落馬でもしたのかと思っていたら、
熱中症のためだったと知る。
馬も人もやはり夏競馬は過酷だ。
もう、回復されただろうか。

涼しかったのは朝のうちだけで、レースが進むにつれ次第に気温があがり、
いつのまにか真夏のぎらぎらした太陽が照りつけてきた。
馬場の真っ白な砂が目に焼けるようだ。
来る前は昨日のように日が暮れるまでがんばるつもりだったが、だんだん頭が
ぼうっとしてきた。
かといって、馬が出てくると気が気ではなく、炎天下の馬場へ突進!?

6レース。
このレースを見届けたら帰ろうと思って、先頭馬群を追っていたら、1頭が競走中止。
騎手が下馬したというアナウンス。
後方を振り向いたら、がくん、がくん、と哀しい動きをする馬を見てしまった。
いつ見ても辛くなる。絶対慣れない悲痛な光景だ。
馬も人も命をかけて走る競馬の怖さを改めて思った。

馬の名前はヤマショウルージュ。
牝、3歳。父クロコリュージュ、母スガフリート。
どうか回復して、再び馬場に戻ってきてほしいと祈るばかり。





スポンサーサイト

薄暮競馬イン船橋

batoukannon090730-1.jpg
(馬頭観音に出走馬たちの無事を祈る
・・・2009年7月30日、千葉・船橋競馬場にて)



nyuudougumo090730-1.jpg
(久しぶりに見た入道雲)



umanozou090730-1.jpg
(船橋の馬たちを見守るように立つ、馬の像)



air_monte090730-1.jpg
(8Rウミネコ賞のパドック。
エアジハードの娘、 エアモンティジョ。5歳。母ホリールード。着外)



air_monte090730-2.jpg
(父をほうふつとさせる美しい栗毛)



air_monte090730-3.jpg
(左海誠二騎手<乗り替わり>を背に)



marunono_pearl090730-1.jpg
(御神本訓史騎手を背に、マルノノパール。牝、3歳。
父サウスヴィグラス、母ヘクターオストレル。4着)



sweet_merry090730-1.jpg
(山崎誠士騎手を背に、スイートメリー。牝、4歳。
父ゴールドアリュール、母アルパインカーリー。着外)



yuudouba090730-1.jpg
(本馬場入場。誘導馬はポニー。かわいい!)



sweet_merry090730-2.jpg
(返し馬。山崎騎手を背に、スイートメリー)



aura_miku090730-1.jpg
(澤田龍哉騎手を背に、オーラミク<旧ベルモントミルキー>。牝、6歳。
父アジュディケーティング、母ベルモントチャペル。3着)



kazaguruma090730-1.jpg
(レース。山田信大騎手の手綱さばきに応えて優勝!カザグルマ。牝、5歳。
父ソウルオブザマター、母ベストルンルン)



ing_v090730-1.jpg
(9R直線。2着馬を3馬身突き離してて快勝したイングヴェイ。牡、4歳。
父スウェプトオーヴァーボ、母ミスフチュウ。鞍上は御神本訓史騎手)



bright_circle090730-1.jpg
(10RC1戦パドック。ブライトサークル。牡、6歳。
父ダンスインザダーク、母コンパス。4着)



sugano_ocean090730-1.jpg
(スガノオーシャン。牡、4歳。父アドマイヤボス、
母ダイヤモンドラップ。着外)



maple_bravo090730-1.jpg
(返し馬。戸崎圭太騎手<乗り替わり>を背に、メイプルブラボー。牡、3歳。
父マーベラスサンデー、母ディーエスメイドン。1着)



o_jia090730-1.jpg
(坂井英光騎手を背に、オージア。牡、7歳。父Timber、母Country Favoured。
着外)



bright_circle090730-2.jpg
(町田直希騎手を背に、ブライトサークル)



bigbang_aulait090730-1.jpg
(本田正重騎手を背に、ビッグバンオーレ。牡、5歳。父ジョービッグバン、
母ブゼンシアラー。着外)



suzuyo_concorde090730-1.jpg
(御神本訓史騎手を背に、スズヨコンコルド。牝、4歳。父フサイチコンコルド、
母ハグアンドキス。着外)



strong_axis090730-1.jpg
(レース直線。手前、左海誠二騎手鞍上のストロングアクシス。セン、4歳。
父ワイルドラッシュ、母ドラマチックローズ。2着。奥、優勝したメイプルブラボー)



sugano_ocean090730-2.jpg
(戦い終えて・・・お疲れ様。スガノオーシャンと桑島孝春騎手)



forward_dancer090730-1.jpg
(11Rトワイライトスプリントのパドック。
フォワードダンサー。牡、6歳。
父サクラバクシンオー、母ケイシュウアップ。3着)


tokino_missfrench090730-1.jpg
(トキノミスフレンチ。牝、5歳。
父フレンチデピュティ、母オルテンシア。着外)



deep_air090730-1.jpg
(ディープエアー。牡、6歳。
父タイキシャトル、母ハイパスチャー。5着)



tm_shippu090730-1.jpg
(本田正重騎手を背に、テイエムシップウ。牡、5歳。
父アフリート、母ケイアイローズ。4着)



keiai_spider090730-1.jpg
(戸崎圭太騎手を背に、ケイアイスパイダー。牝、5歳。
父サザンヘイロー、母ケイアイワールド。1着)



tokino_missfrench090730-2.jpg
(本馬場入場。坂井英光騎手を背に、トキノミスフレンチ)



deep_air090730-2.jpg
(川島正太郎騎手を背に、ディープエアー)



tm_shippu090730-2.jpg
(返し馬。本田騎手とテイエムシップウ)



keiai_spider090730-2.jpg
(レース。クビ、クビの接戦を制した戸崎騎手とケイアイスパイダー)





今日は、午後からゆっくりと地元、船橋競馬場へ。
真夏に身近な場で馬たちに会える貴重な場所だが、訪れたのは本当に久しぶり。
もしかしたら、10年ぶりくらい?!

京成船橋駅から二駅目の『船橋競馬場前』で下車。
駅からは歩いて5、6分。
門をくぐると、場内は当時とあまり変わっていない。

‘薄暮競馬’というコピーが目に入る。
薄暮、昼から夜に変わる夕暮れどきのまったりしたひととき。
好きな言葉だ。
こんな時間に競馬を楽しめるのも、ひとつのぜいたくかもしれない。

まずは馬頭観音に、出走馬たちの無事を祈った。
真っ青な空を背に馬のブロンズ像が立ち、パドックの馬たちを見守っているよう。
むくむくと入道雲が湧き上がり、グングン気温もあがっていくようだ。

パドックは8レースウミネコ賞が始まっていた。
2台の大きな扇風機がミストを撒き散らし、周回する馬も人も
ちょっぴり涼し気。
見覚えのある‘エア’のめんこをした栗毛が目についた。
父エアジハード。父をほうふつとさせる。

メインで最終11レースの南関東所属馬選抜戦「トワイライトスプリント」は、
戸崎圭太騎手鞍上のケイアイスパイダーが優勝。
中央でも大活躍の戸崎騎手、いつ休んでいるのかしら、と心配になる?!

最終レースが終る頃、やっとあたりが暗くなってきた。
帰りは、京成船橋の新しい駅ビルで回転寿司と生ビール。
なんと、ビールは明日まで半額!

船橋競馬で出会えた馬たちの美しい姿を思い浮かべながら、薄暮競馬に乾杯!



祝!アキノカウンター

shino_cross060812-9.jpg
(シノクロス保育園?!でお昼寝中の仔馬たち・・・2006年8月12日、北海道・新冠にて)

ホワイトイチの幼馴染、アキノカウンターが小倉8R500万下『足立山特別』を快勝した。
今日、出走していることを失念していて夕方、グリーンチャンネルでリプレイをみて、びっくり!
ポンと好スタートを切ると、そのまま好位につけ4コーナーでは手ごたえ良く先頭にたち、
最後はクビ差迫られたものの見事先頭ゴールイン!

ここのところ、はがゆいレースが続いていただけにいきなりの1着に驚いたが、じわじわと
喜びがわいてきた。
いつも思うことだけど、1勝することがどれほど大変なことか。
長い間競馬を見続けてきて、いやというほど身にしみて感じる。
それだけに、アキノカウンターの2勝、しかも今日の特別勝ちは本当にすごい。

3年前の夏、イチ君たちとねっこ組がシノクロスの周りで思い思いの格好でお昼寝していた
光景を思い出す。
まるで、シノが保育園の先生みたいだった。

さぁ、次はホワイトイチの番だ。イチ君、頼むよ!
一緒にお昼寝していたシルクフォーチュンも、骨折を癒して復帰してきてくれる日を
待ってるからね。
もちろん、アキノカウンターの次走が大いに楽しみ!
府中か中山に出てくれないかな。







暑中見舞い

sakura090725-1.jpg
(やっぱり、夏は木陰がいいにゃあ~@さくら・・・2009年7月25日、千葉・鎌ケ谷にて)




とっくに梅雨が明けたはずなのに、毎日のように雨が続き、
一体どうなっているんだろう、と空を見上げる日々。
今日は久しぶりに、強い日ざしが降り注ぎ夏を実感。

首にてぬぐいを巻いて、落ちてくる汗を止めながら、暑中見舞いを書いた。
描きためていた馬のはがき絵に、墨をすり筆で短い言葉を書き添える。
しばし、暑さを忘れるひとときだ。

書き疲れて庭に出てみれば、さくらが木陰で丸くなっている。
猫は涼しい場所をよく知っている。
やっぱり、外に出れば木陰が好きなんだな。

とたんに、けたたましい蝉の鳴き声。
ハンター・さくらに豹変(猫変?!)して飛んでった。
お願いだから、くわえてこないでね~!




大井の虹

spark_pranet090719-2.jpg
(1RC3戦の本馬場入場。
矢吹誠騎手を背に、スパークプラネット。牝、6歳。
父ウイングアロー、母ダービーベター。着外
・・・2009年7月19日、東京・大井競馬場にて)



go_go_tiger090719-1.jpg
(澤田龍哉騎手を背に、ゴーゴータイガー。牡、7歳。
父クエストフォベスト、母クィーンサクセス。着外)



kouno_rindou090719-1.jpg
(返し馬。脇本一幸騎手を背に、コウノリンドウ。牝、6歳。
父ヒシアリダー、母リンドウジョオー。着外)



green_aoba090719-1.jpg
(庄司大輔騎手を背に、グリーンアオバ。牡、5歳。
父ウイニングウエイ、母バンシューニセイ。着外) 



makiba_skill090719-1.jpg
(小林拓未騎手を背に、マキバスキル。牡、8歳。
父イシノサンデー、母マキバグレイス。着外)



ooi_yuudouba090719-1.jpg
(大井の誘導馬)



kitasan_passport090709-1.jpg
(2RC3戦の本馬場入場。今野忠成騎手を背に、キタサンパスポート。牝、4歳。
父エイシンプレストン、母キタサンペンダント。2着)



sun_more090719-1.jpg
(森下博騎手を背に、サンモアー。牡、6歳。父サンプレイス、母リュウイチコ。
着外)



shine_vivaly090719-1.jpg
(返し馬。赤嶺亮騎手を背に、シャインビバリー。牝、4歳。父ブラックタキシード、
母レッツゴービバリー。着外)



kitasan_passport090709-2.jpg
(キタサンパスポート)



pinky_sense090719-1.jpg
(脇本一幸騎手を背に、ピンキーセンス。牝、4歳。父ブライアンズタイム、
母ピンキーブラック。着外)



ii_kaze090719-1.jpg
(左海誠二騎手を背に、イイカゼ。牡、6歳。父オジジアン、母ガラダンサント。
5着)



fumino_diamond090719-1.jpg
(的場直之騎手を背に、フミノダイヤ。牝、5歳。父デュラブ、母ルミナールロッサ。
着外)



harvest_wing090719-1.jpg
(レース直線。石川駿介騎手のゲキに応えて、ハーベストウイング。牝、4歳。
父ミラクルアドマイヤ、母イシチエール。3着)



jungle_mach090719-1.jpg
(3R3歳戦の本馬場入場。國分祐仁騎手を背に、ジャングルマッハ。牡。
父ジャングルポケット、母 デューククリスタル。着外)



keiai_tukinokami090719-1.jpg
(坂井英光騎手を背に、ケイアイツキノカミ。牡。父アフリート、
母ケイアイカーニバル。2着)



yamano_symphony090719-1.jpg
(柏木健宏騎手を背に、ヤマノシンフォニー。牝。父ディアブロ、母フジノヤジャ。
着外)



mihata_flamenco090719-1.jpg
(赤嶺亮騎手を背に、ミハタフラメンコ。牝。父プリサイスエンド、母ディアーブリーズ。
着外)



yamano_symphony090719-2.jpg
(返し馬。ヤマノシンフォニー)



mihata_flamenco090719-2.jpg
(ミハタフラメンコ)



horino_rikky090719-1.jpg
(森泰斗騎手を背に、ホリノリッキー。牡。父レオンプライド、
母クインテット。1着)


horino_rikky090719-3.jpg
(ホリノリッキー、みごと先頭ゴールイン)



ooi_yuudouba090719-2.jpg
(誘導馬)



royal_jewely090719-1.jpg
(4R3歳戦の本馬場入場。御神本訓史騎手を背に、
ロイヤルジュエリー。牝。
父キングカメハメハ、母メインリー。5着)



yukino_princess090719-1.jpg
(柏木健弘騎手を背に、ユキノプリンセス。牝。
父サクラプレジデント、母ユキノレイコ。1着)



east_s090719-1.jpg
(有年淳騎手を背に、イーストシャオジェ。
父ハンセル、母ナスノホシジョー。着外)



yamato_nadehiko090719-1.jpg
(真島大輔騎手を背に、ヤマトナデヒコ。牡。
父サクラローレル、母ツジノヒマワリ。着外)



yamato_nadehiko090719-2.jpg
(返し馬。ヤマトナデヒコ)



yukino_princess090719-2.jpg
(レース。みごと先頭ゴールインしたユキノプリンセス)



friend_hideko090719-1.jpg
(5R3歳戦の本馬場入場。
的場直之騎手を背に、フレンドヒデコ。牝。
父ミレニアムバイオ、母ウメノオスカー。4着)



moere_orihime090719-1.jpg
(坂井英光騎手を背に、モエレオリヒメ。牝。
父マジックマイルズ、母モエレベガ。1着)



moere_orihime090719-2.jpg
(レース直線。後方から一気に追い上げたモエレオリヒメ)



potter090719-1.jpg
(6RC2戦のパドック。ポッター。牡、5歳。父デザートキング、母オースミシャロン。着外)



curly_hills090719-1.jpg
(カーリヒルズ。牝、4歳。
父カコイーシーズ、母カーリセレス。1着)



ooikeibajyou_niji090719-1.jpg
(夜空には大きな虹。外側にも、うっすらとかかり、虹の二重奏)





今日は、またまた大井競馬へ。

昨日から夏休み、そして明日は「海の日」。
そして大井競馬の初日。
と言う訳で、大井は開門早々大賑わい。

今日は会社帰りのビジネスマンらしいグループは、殆ど見当たらず。
変わって、ちっちゃな子ども連れの親子であふれかえっている。
カメラを構える私の周りも、子どもの奇声、歓声で埋め尽くされ、
そうした中で、一心に馬と人をみつめるのは、ある意味修行僧の境地?!

そして、そして、今日は買ったばかりのデジカメで初競馬撮影。
設定を間違えないよう、何度も画面をチェック。
ドキドキしながらシャッターを押す。

うーん、いいな。
この、ドキドキ、ワクワク感がたまらない。
新しいカメラだからというのもあるけれど、どうして、馬を撮るときはこんなにドキドキ、
ワクワクするんだろ。

4レースまで、みっちり馬場に張り付いて、いよいよシャッターも切れないほどの
暗さに一息いれようとスタンドに座り、5レースを見届けた途端、空には大きな虹。
しかも、よく見れば、外側にうっすらともうひとつの虹まで・・・。

なんだか、良いことがありそうな予感。
幸せな気持ちがあふれてくる。
今日、出会えた馬たちにもどうかずっと幸運が続きますように・・・。




ユリカジョウ2着

sakura090718-1.jpg
(今日もさくらで、デジカメのおけいこ!?・・・2009年7月18日、千葉・鎌ケ谷にて)



sakura090718-3.jpg
(ちょっと、おすまし)



sakura090718-2.jpg
(ねむたくなっちゃった・・・)




ユリカジョウが、札幌2R3歳未勝利戦に出走。
テレビの画面越しに、(どうか出遅れないように、まっすぐ走ってくれますように、できれば
掲示板に載れますように)と祈る。
思いが通じたのか好スタートを切ると、2番手にぴったりとつけている。
直線に向いても垂れることなく、首を前に伸ばしてがんばっているではないか。
おお、そのまま、ユリカちゃん!

先頭ゴールインは果たせなかったものの、しっかり2着を確保して、もちろん掲示板にも
載った。
しかも、高配当のおまけつきで。

ここのところの走りっぷりから正直、ユリカジョウの勝利を諦めかけていた自分が
恥ずかしい。
がんばるユリカちゃんの姿に目が覚めた。
次はきっと人気になるだろうな。
でもこの勢いで、今度こそ先頭ゴールインを果たせますように!
ハルカジョウ・ママもとねちゃんと一緒に応援しているよ、きっと。




デジカメ記念日

sakura090717-1.jpg
(デジカメで初めて撮ったのは、馬ではなく猫!?・・・2009年7月17日、千葉・鎌ケ谷にて)




もうすぐ、誕生日。
節目の7月、何か記念になることをしたいなぁ。
そうだ、随分前から、そろそろ使ってみようかと思っていたデジカメを、自分への
バースデー・プレゼントになんて、どうかしら。

思い立ったら吉日!とばかり、錦糸町のYカメラへ直行。
機種はすでに決まっている。
今使っているキャノン EOS 1Nの流れでEOS 50Dにしよう。
手持ちのレンズがそのまま活かせるのも魅力。

お目当てのカメラを買うと、脇目もふらずにいそいそと帰宅。
カメラと説明書をにらめっこしながら、撮影できるようセット完了。
初シャッターは、何にしようと家の中を見渡していたら、さくらが足元でごろ、にゃん。
やっぱり、さくらにしよう。
液晶画面にさくらの姿が映っているのを確認すると、じわじわと感動が・・・。

最初の一眼レフはキャノン EOS 650だった。
その10年後に今の1Nに切り替えて10年。
一眼レフを使い始めて20年目にして、いよいよデジタルカメラも使うことになった。

周りではとっくにデジタル時代で、フィルム交換している人なんてあまりみない。
が、やっぱりフィルムの画質は捨てがたく、デジタルになかなか手が出なかった。
これからは、しばらくの間二刀流?!でいこう。

この20年で撮った馬たちは、いったい何頭くらになったのだろう。
今後デジタルで、どんな馬たちとの出会いができるのだろう。
そして10年後、カメラはどんな風に進化しているのだろう。
楽しみと期待は尽きない。
馬を撮ることへの意欲もわいてくる。
新しいものとの出会いは、気持ちも新鮮になれていいものだ。

今日、2009年7月17日は私の『デジカメ記念日』になった。




締張馬

shimehariuma090712-1.jpg
(佐渡の民芸品『締張馬』・・・2009年7月12日、千葉・鎌ケ谷にて)





今日は仕切り直して、昨日行くはずだった展覧会へ。
帰りに表参道にある新潟県のアンテナショップに寄ってみる。
おいしそうな山海の幸がずらりと並び、見て回るだけでも楽しい。
お財布と相談しつつ、いくつかをかごへ入れながら奥へ進むと、そちらには
八海山を始めとする銘酒がぎっしり並んでいる。

ひとつずつラベルを見ていたら、棚の上に並ぶ民芸品の藁馬たちを見つけた。
わぁ、ここで馬と出会えるなんて!
『締張馬』とある。
長い顔、ぴんと立った耳、柔らかに曲がるうなじ、細身の身体に長い脚、たっぷりの尾、
実によく馬の特徴を表している。

説明文によれば、締張馬は佐渡に伝わるお正月の風習で、注連縄に厄除けの願いを込めて、
この藁馬を吊るす、とある。
馬が、‘災いを蹴り出す’のだという。なるほど。
早速、たくさん並ぶ藁馬の中から、一番蹴りの強そうな!?馬を選んで連れ帰った。
お正月はとっくに過ぎたが、これからの日々の災いをどうぞ蹴り出してほしい、と願いつつ。




さくら消える!?

今日は楽しみにしていた展覧会へ。
すっかり支度をして、さぁ出かけようと戸締り、そしてさくらの姿を確かめて、っと。
う?さくらがいない。

さっき、外から戻ってきた姿を見ていたから、てっきり家にいると思ったのに見当たらない。
どこかでまったりしているのだろうと、家の中を見て回るが、やっぱりいない。
キャット・タワー、ケージ、テレビの上、ソファーの下、床の間、机の奥、押入れの上、下、
洋服ダンスの中、思いつく限りの場所を探しても、やっぱりいない。

ちょっと、あせってきた。
好きなねこじゃらしをパタパタさせれば出てくるかと、今度はねこじゃらしを手に
名前を呼んでみるが、やっぱり反応なし。

もしかしたら、外に出た?
でも、しっかり窓は閉めておいたから、そんな訳ないな。
お昼前に出かけるつもりでいたが、あきらめてお昼を済ませる。
その間にひょっこり出てくるかと・・・。
が、そんな期待も空しく、物音ひとつしない。
思いきって出かけようかとも思ったが、もし外にいたらと思うとそれもできない。

まるで神隠しにあったように、さくらの姿が忽然と消えてしまった。
偶然の出会いで、さくらが家族になって3年。
今では、さくらなしの暮らしは考えられない。
もしかしたら、さくらは神様からの期間限定プレゼントだったのか。
期限がきたので連れ戻されたのかもしれない。
『かぐや姫』みたいなことまで妄想してしまう。

迷ったが出かけることは止めにした。
展覧会は明日行けばいい。

夕方、キャット・フードを食べるカリカリという音が聞こえた。
わっ、さくらがえさ皿に顔をつっこんでいる。
姿が見えなくなってから、4時間くらい経っている。
えーっ、どこにいたの!?
私が見たときには、すでにえさをパクついていたので、どこから現れたのか全く分からない。
あぁ、さくらの口がきけたら!こんなときは、つくづくそう思う。

それにしても、神様に連れ戻されなくてよかった。




大井競馬場

bridal_himiko090709-2.jpg
(‘卑弥呼’のメンコが決まってるね、ブライダルヒミコ。父タヤスツヨシ、母ツーカラット。
1R3歳戦12着)



yamajyun_rock090709-1.jpg
(よく見えたのに・・・ヤマジュンロック。父メジロベイリー、母カシワズアルテミス。
1R3歳戦13着)


osumi_b090709-1.jpg
(1R優勝馬、オースミべりー。父フジキセキ、母オースミジャーニー。鞍上は戸崎圭太騎手)




sugano_comet090709-1.jpg
(2R3歳戦、本場場入場。達城龍次騎手を背に、スガノコメット。 父バブルガムフェロー、
母エルウェーコメット。2着)




teramo_angel090709-2.jpg
(繁田健一騎手を背に、テラモエンゼル。父アジュディケ-ティング、母タカオエスパー。
4着)



sugano_comet090709-2.jpg
(返し馬。スガノコメット)



red_ribbon090709-1.jpg
(2R優勝馬、レッドリボン。父マイネルラヴ、母レッドリーマ。鞍上は坂井英光騎手)



s_memory090709-1.jpg
(3R2歳新馬戦、本馬場入場。坂井英光騎手を背にセイントメモリー。父アフリート、
母ソラーティカ。1着)



apollo_program090709-1.jpg
(御神本訓史騎手を背に、アポロプログラム。父ティンバーカントリー、母ラインダンサー。
5着)



apollo_program090709-2.jpg
(返し馬。手前はアポロプログラム、奥は戸崎圭太騎手を背にプリサイスクイーン)



kyouei_s090709-1.jpg
(4R2歳新馬戦、本馬場入場。左海誠二騎手を背に、キョウエイスパイア。
父スパイキュール、母マイネヴィアーレ。7着)



kitasan_g090709-1.jpg
(優勝はキタサンギャラント(手前)。父アジュディケーティング、母キタサンヒメ。
鞍上は的場文男騎手。
 




今日9日は、羽田空港へ人を見送りに行くことになっていた。
と、昨夜、パッと頭の中で電気がついた。

羽田といえば、かつては浜松町からモノレールで行っていた。
モノレールといえば、途中に『大井競馬場前』駅があり、競馬場はすぐ目の前。
空港への往復、モノレールからちらっと見える厩舎、そして馬たちの姿が楽しみだった。
そうだ、空港の帰りに久しぶりに大井へ行ってみよう。
夜も用時があるので、そう長居はできないがちょっとだけでも馬が見られる。

駅を降りると、道沿いに厩舎群が立ち並ぶ。
大きな門扉の隙間から、ちら、ちら見える馬たちの姿を探すのもちょっとした楽しみ。

久しぶりの大井競馬場。
馬場に立つと風が強い。海風だろうか。
3歳未勝利戦、2歳新馬戦を楽しむ。
そろそろ帰らなくちゃ、という頃に会社帰りらしき人たちが片手にカバン、片手にビールと
いう姿でスタンドに現れた。
勤め帰りにふらっと競馬を楽しめるなんて、とてもすてきだ。
都心にある競馬場、なんて貴重な存在だろう。

今度はゆっくりとナイター競馬を楽しみに来たいな。



カゼノハルカ

ハルカッコの初仔が暮す新冠のN牧場さんから、分厚い封筒が届いた。
中を開けると、『うまレター』7月号が。
『うまレター』は馬産地発のフリーマガジンで、私も競馬場などで見かけると
必ず手にしている。

表紙は、山をバックに立つ栗毛に流星の若馬。
ハルカジョウの2歳とのこと。父はマヤノトップガン。
馬名はカゼノハルカ。以前、浦河の馬友達に聞いていた。
おぉ、デビュー前に表紙を飾るなんて幸先がいい。

早速、ハルカッコの写真の側に飾ってみる。
別々に見ていたときは気がつかなかったが、やはり感じが良く似ている。
姉妹だから当たり前かもしれないが。

デビューはやっぱり関西か北海道かな。
無事にデビューを果たしてほしい。
そして願わくば、優勝写真が見られますように。




夏競馬イン福島

mid_passion090705-1.jpg
(ノーノーネヴァーの孫、ミッドパッション。
父デュランダル、母ユールネヴァーノー。
1R2歳未勝利戦4着・・・2009年7月5日、福島競馬場にて)



mid_passion090705-2.jpg
(直線。鞍上は柴山雄一騎手)



integral_head090705-1.jpg
(優勝馬はインテグラルヘッド。父サクラバクシンオー、母インテグレート)



frenchi_doll090705-1.jpg
(3R3歳未勝利優勝馬、フレンチドール。父フレンチデピュティ、母ワルツダンサー)



tenri_count090705-1.jpg
(人も馬も白一色で涼しそう・・・誘導馬テンリカウント、お尻だけ見えているのは
オンワードホワイト)




denko_musashi090705-1.jpg
(4R3歳未勝利戦の返し馬・・・小島太一騎手を背にデンコウムサシ。
父マヤノトップガン、母マジカルライト。9着)




mad_max090705-1.jpg
(内田博幸騎手を背に、マッドマックス。父シンボリクリスエス、母テールトゥノーズ。
12着)




kichiroku_lenan090705-1.jpg
(二本柳壮騎手を背に、キチロクレナン。父タニノギムレット、母ブルーブロッサム。
15着)




kocha090705-1.jpg
(コチャ、勝浦正樹騎手に導かれて先頭ゴールイン!父キングカメハメハ、
母リーガルウェイズ)




kocha090705-2.jpg
(ウイナーズサークルに立てる歓び・・・人も馬も)



great_sum090705-1.jpg
(シャドウロールのヘアバンド?!グレイトサム君。父ヤマニンセラフィム、母リセッシュ。
5R2歳新馬戦9着)




apapane090705-1.jpg
(超垢抜けてみえたアパパネ。父キングカメハメハ、母ソルティビッド。3着)



apapane090705-2.jpg
(がんばって!)



apapane090705-3.jpg
(騎乗合図。目の前で止まってくれた)



apapane090705-4.jpg
(パートナーは蛯名正義騎手。心強いかぎり!)



apapane090705-5.jpg
(返し馬)




apapane090705-6.jpg
(勝利に向かって・・・)



apapane090705-7.jpg
(集合合図がかかった。いよいよスタート!)



apapane090705-9.jpg
(ゲートに向かう)



apapane090705-10.jpg
(直線)



a_shin_turb090705-1.jpg
(9R南相馬特別の返し馬。吉田豊騎手を背に、エーシントゥルボー。
父Broad Brush、母Tennessee Girl。5着)




tatsu_cool090705-1.jpg
(松岡正海騎手を背に、タツクール。 父Castle Gandolfo、母Baba Cool。3着)




tatsu_cool090705-2.jpg
(後方から大外強襲、タツクール)



keiai_dosojin090705-1.jpg
(いよいよラジオNIKKEI賞。ケイアイドウソジン。父キングカメハメハ、
母ブリーダーズフライト。7着)



shiny_desert090705-1.jpg
(シャイニーデザート。父ネオユニヴァース、母ポルベニル。10着)



sunny_sunday090705-1.jpg
(サニーサンデー。父マーベラスサンデー、母サニークラッシック。2着)



i_ko_piko090705-1.jpg
(一番良くみえたイコピコ。父マンハッタンカフェ、母ガンダーラプソディ。4着)



strong_return090705-1.jpg
(返し馬・・・内田博幸騎手を背に、ストロングリターン。
父シンボリクリスエス、母コートアウト。3着)
 



keiai_dosojin090705-2.jpg
(吉田豊騎手を背に、ケイアイドウソジン)



i_ko_piko090705-2.jpg
(田中勝春騎手を背に、イコピコ)



strong_garudat090705-1.jpg
(蛯名正義騎手を背に、ストロングガルーダ。
父ダンスインザダーク、母フェニックスバード。1着)



i_ko_piko090705-3.jpg
(さぁ、ゲートイン!)



i_ko_piko090705-4.jpg
(直線。優勝馬ストロングガルーダがイコピコに迫る)







今日は日帰りで福島競馬場へ。
シングンレジェンドの抽選落ちでトーンダウンしたものの、やはり夏競馬の魅力は捨てがたく
3時起きして始発の電車に乗り込む。

一年ぶりの福島駅には、どーんと等身大のサラブレッド・フィギアがお出迎え。
今日一日楽しめますように、馬たちが無事にレースできますように、と鼻先をナデナデ。
競馬場に着くと、開門にはまだだいぶ時間があるというのにすでに長蛇の列。
8時50分の開門と同時に、いつもの席、4コーナーよりのガラス張り2階席をゲット。
と、あちこちからタバコの煙がゆらり、ゆら~り。

えっ、ここって禁煙じゃなかったっけ?
よく見ると、椅子の背もたれに、ごていねいにひとつずつタクシーについていたような灰皿が
ついている。
まるで、どうぞすってください、と言わんばかり。
移動したかったが、今から禁煙席を探そうにもたぶん無理だろうな、それに禁煙席があるか
どうかも確認していないし・・・。
それに殆ど席を温めているひまはないから、ま、いっか。

山々を正面に望み端から端まで見渡せるこじんまりとした本馬場に立つと、福島に来たぁと
しみじみ実感する。
芝に黒鹿毛、ダートに芦毛とゴール板の三春駒も胸を張っている。
青々と茂ったターフの緑が目にしみる。それに、なんという近さ。

パドックに行くと、あ、いたいた。
片手にビール、片手にきゅうりのおじさん。おいしそ。
う、でも、まだレースも始まってないんですけどぉ。

パドックに馬たちが出てきた。
久しぶりに生で見る競走馬たち、うーん、これだけでも福島に来た甲斐があった。
1、2レースと観て5レースの新馬戦に備えて早めのお昼。
地下のお蕎麦屋さんで、いつものきのこ山菜蕎麦を注文し、大ボールに山盛りになった
サービスの大根おろしをたっぷりのせる。
暑い夏には、これが一番。
と食べ終えようとした頃、3レース出走馬の本場場入場アナウンスが聴こえてきた。

「14番、マエストラーレ」、マ、マエストラーレ?!
ああ、チェックもれてたぁ。福島に出ていたんだ。
あわてて、馬場へ出てスタートを待つ。どうか、今日こそ勝てますように・・・。
結果は、またまた惜しくも2着で残念無念。
マエストラーレは、むらさきのわたりを揺らしながらひきあげてきた。次こそ!

新馬戦は、アパパネという牝馬にひとめぼれ。超垢抜けている。
結果は、こちらもよく見えた同枠のロードシップが勝ち、アパパネ嬢は3着と涙をのんだ。
まだまだ始まったばかり、これから、これから。次はどこで再会できるかな。

誘導馬スギノグレイジーンも、元気に仕事に励んでいた。
元気な姿を見られて本当にうれしい。

一息いれようと席に戻ると、周りも真後ろの人も喫煙中。
ほんの少しいただけで息苦しくなり、早々に離れる。
後でメインレースが終わり帰る頃には、スタンド中がタバコのけむりと臭いに包まれて、
もうもうとしていた。
中には、歩きながらすっている人もちらほら。
室内や公共の場での禁煙や分煙が進んでいる今、すごく異様な光景に映る。
パドックは禁煙となっていて、ほっとしたが・・・。

これって、早くなんとかならないのかなぁ。
私みたいな地べたリアンはまだ逃れる場があるけど、一日中座っている人は
たまったものじゃないだろう。
夏競馬♪、夏競馬♪とCMで誘っておいて、来て見れば紫煙モクモクだなんて・・・。
もちろん喫煙は個人の自由だけど、喫煙する人もしない人も快適に過ごせるよう、
しっかり分煙してほしいものだ。

気をとり直して7レースのパドックを観ていたら、ポッピイという黒い馬の様子がなんか変。
出てきたときはなかなかいい馬だなと見ていたのに、馬っ気を出し始め、それが治まらずに
どんどんエスカレートしてゆき、厩務員さんの押さえもきかない。
何度も立ち上がるそぶりをみせ、引き手はもとより周りの人馬にもぶつかりはしないかと
気が気ではない。
どうにかしないのかと見ていたら、やっと引き手が増えて二人引きとなって安心したのも
束の間、いきなり立ち上がりそのまま、あとから引き手になった人に覆いかぶさって
倒してしまった。
はがいじめのような格好の中から、やっと転がり出てきたが、メガネが飛ばされていた。

馬っ気を出している姿は時々目にするが、回っているうちに収まる。
こんな姿は初めてで、もうほかの馬を観るどころではない。
その後も何度も立ち上がり、人に覆いかぶさろうとするが、それでも結局最後まで
歩かせていた。
もし、引いている人やほかの人馬に怪我でもさせたらどういうことになるのだろう。
こういうときの決まりはないのだろうか。
ポッピイ君、今度はお行儀良く出てきてネ!せっかくのイケメンが台無しだったよ。

またまた気をとり直して、8レース。
フブキジョウの娘シュンカジョウの出番だ。
しっかりした体つき、りこうそうな顔には大きな星。
母さんもたくましかった。パドックで思わず股間を覗き込んだことを懐かしく思い出す。
レースは惜しくも3着だったが、直線グイと伸びた脚がすごい。こちらも次が楽しみだ。

メインのラジオNIKKEI賞は、マンハッタンカフェの息子イコピコとダンスインザダークの
息子ストロングガルーダに期待。
結果はガルーダに軍配が上がり、イコピコは4着に敗れた。
ガルーダはもちろん、イコピコも秋の活躍を期待しているよ!

夏の福島はここまで。
最終までいたかったが、新幹線に間に合わない。
急ぎ足で競馬場を後にした。

一日中晴れて風が爽やかな福島だったが、メインの始まる頃から黒い雲が現れ、
福島駅に向かって歩き始める頃にとうとう雨が降り出した。
文字通りバケツをひっくり返したような土砂降りの中、やっとのことで駅にたどり着き、
新幹線ホームにあがって外を見たら、誰も傘をさしていない。
ヴェーン、一体、さっきの大雨は何だったの!?

梅雨らしい馬旅のエンディングとなったが、たっぷり生の馬たちとレースを間近で観られて
大満足。
そして来年は、きっとあの席も禁煙になっていることを期待して・・・。






 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。