カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

クリヨンの命日に

symboli_crillion080522-3.jpg
(元気いっぱいだったシンボリクリヨン・・・
2008年5月22日、千葉・佐原にて)





一年前の今日、2008年11月28日。
シンボリクリヨンが12歳の命を閉じた日。

今日も府中へ行く予定だった。
応援したい馬がたくさん出ていた。
なのに、昨日から身も心もずんと重く沈んで、とてもそんな気になれない。
なぜなんだろう。
もちろん、クリヨンの命日であることは分かっていたが。

晴れない気持ちのまま、終日、ひたすら庭の草むしりに費やした。
しっとりと濡れた土から、一本ずつ草を引き抜く。
頭の中には、クリヨンの美しい瞳が浮かんでは消える。

夜。
なんだか、頭がすっきりしてきた。
時計を見ると、7時30分過ぎ。
あぁ、昨年の今頃、FPの会北海道分室のKさんからの訃報が届いた時刻だ。
この時間を境に、身も心もすっきりした。

同じような体験は、エリモダンディーが逝った1998年2月8日にもあった。
訳が分からないもやもやな状況。
翌日になって、ダンディーが天国へ逝ったことを知った。
日経新春杯で骨折して闘病中だったダンディーが、命の灯を消した日・・・。

理屈ではとても説明できない現象。
魂が、私の魂に働きかけてきたとしか思えない現象。

クリヨン、天国の住み心地はいかが?
きっと、たくさんの仲間に囲まれて幸せな時間を過ごしているんだろうね。
早すぎた死はいまだに悲しいけれど、でも、君の存在は後に続く引退競走馬たちの
りっぱなお手本になっているよ。

だから、こころおきなく天国で駆け回ってね!
ありがとう、シンボリクリヨン!










日高冬旅

shino_cross090125-6.jpg
シノクロス・・・2009年1月25日、北海道・新冠にて)





来年冬の日高、フライトと宿を予約した。
冬の旅は年末年始を挟むので、予約は早目がちょうどいい。

フライトはいつものANA。
超割とスーパー旅割で申し込んだら、随分安くなった。
宿はいつものホテルS。

さぁ、後は旅のプランをたてるだけ。
といっても、行きたいところだけであっという間に日にちは埋まってしまいそうだが・・・。
もちろん、真っ先に飛んで行くのはシノクロス。
来年は25歳。
きっと、「また、来たの~」とチラ見されるんだろうな。

それでも、いいんだ。元気でいてくれれば!









マチカネリュウセイ

shingun_departure091121-1.jpg
(1レース、2歳未勝利戦のパドック。
シングンデパーチャ。牡。
父タイキシャトル、母ラストドーター。2着。
今日はがんばったね!未勝利脱出まで、あと一歩!
・・・2009年11月21日、東京競馬場にて)




tsukuba_global091121-1.jpg
(騎乗合図がかかった。一番人気、ツクバグローバル。牡。
父aldebaran、母tropico cielo)




m_o_hands091121-1.jpg
(栗毛の美少女、エムオーハンズ。父スパイキュール、母エルマーナ)




sabrage091121-1.jpg
(2レース、2歳未勝利戦の返し馬。
今日こそ!内田博幸騎手を背に、サベラージュ。牡。
父ジャングルポケット、母スピードアイリス<ミスターシービー>)




never_queen091121-1.jpg
(もう1頭の応援馬、ネバークインは3着に健闘。
父ロージズインメイ、母ネバーネバー。鞍上は、三浦皇成騎手)




sabrage091121-2.jpg
(レース。ウチパク渾身のムチだったが・・・。)




sabrage091121-3.jpg
(一日も早い未勝利脱出を祈ってるよ。サベラージュぅ~~~っ!)




boston_platina091121-1.jpg
(3レース、2歳未勝利戦の返し馬。
田中勝春騎手を背に、ボストンプラチナ。牡。
父キングヘイロー、母アドマイヤアイドル<ブライアンズタイム>)




satono_hokuto091121-1.jpg
(横山典弘騎手を背に、サトノホクト。牡。
父タイキシャトル、母バヴィーラ)




hansode_bando091121-1.jpg
(内田博幸騎手を背に、ハンソデバンド。牡。
父マンハッタンカフェ、母クラウンアスリート。1着)




dragon_hunter091121-1.jpg
(北村宏司騎手を背に、ドラゴンハンター。牡。
父アドマイヤボス、母プリティコンシエロ)




true_true091121-1.jpg
(伊藤工真騎手を背に、トゥルートゥルー。牡。
父ダンスインザダーク、母スプリンターキャット)




hansode_bando091121-2.jpg
(レース。ハンソデバンドが先頭ゴールイン!人気に応えた・・・桃帽色)




silent_melody091121-1.jpg
(4レース、2歳未勝利戦の返し馬。
横山典弘騎手を背に、サイレントメロディ。牡。
父シンボリクリスエス、母サイレントハピネス。1着)




silent_melody091121-2.jpg
(返し馬で、とても良くみえた)




maxim_topaz091121-1.jpg
(大庭和弥騎手を背に、マキシムトパーズ。牡。
父ブラックタキシード、母サンキョウナスカ<マルゼンスキー>)




toa_buon_giorno091121-1.jpg
(小林淳一騎手を背に、トーアボンジョルノ。牡。
父ティンバーカントリー、母トーアオリヒメ)




toa_buon_giorno091121-2.jpg
(低人気をはねのけて、5着に健闘!)




bold_maximam091121-1.jpg
(菊沢隆徳騎手を背に、ボルドマキシマム。牡。
父ジャングルポケット、母ハッピーマキシマム)




meiner_spiridon091121-1.jpg
(5レース、2歳新馬戦のパドック。
マイネルスピリドン。牡。父ビッグサンデー、母ノーブルエターナル。1着)




belmont_arriba091121-1.jpg
(ベルモントアリーバ。牡。父サウスヴィグラス、母バンジョーフェアー)




meiner_spiridon091121-2.jpg
(本馬場へ。マイネルスピリドン。鞍上は、三浦皇成騎手)




belmont_arriba091121-2.jpg
(蛯名正義騎手を背に、ベルモントアリーバ)




reppu091121-1.jpg
(菊沢隆徳騎手を背に、レップウ。牡。
父ムーンバラッド、母ケイマイ)




nasuken_iris091121-1.jpg
(6レース、2歳牝新馬戦のパドック。
ナスケンアイリス。父フレンチデピュティ、母オブザーヴァント)




national_flower091121-1.jpg
(ナショナルフラワー。父アグネスタキオン、母ナショナルフラッグ。3着)




any_sunday091121-1.jpg
(エニイサンデー。父マーベラスサンデー、母ナスターシャ)




sweet_colbert091121-1.jpg
(グラスワンダーの娘、スイートコルベール。母スイートミミ)




national_flower091121-2.jpg
(返し馬。三浦皇成騎手を背に、ナショナルフラワー)




grotta_azzurra091121-1.jpg
(内田博幸騎手を背に、グロッタアズーラ。
父フジキセキ、母サダムブルーアイズ<エルコンドルパサー>)




logi_fellows091121-1.jpg
(レース。横山典弘騎手を背に、ロジフェローズが優勝。
父タニノギムレット、母スイートフェローズ)




machikane_ryuusei091121-3.jpg
(誘導馬マチカネリュウセイ




kamo091121-3.jpg
(紅葉色の水面を泳ぐ・・・日本庭園にて)




kouyou091121-1.jpg
(有終の輝き)




mozu091221-1.jpg
(11レース、東京スポーツ杯2歳ステークスの返し馬。
岩田康誠騎手を背に、モズ。牡。
父スペシャルウイーク、母ベストブート)




urban_winner091121-1.jpg
(田中勝春騎手を背に、アーバンウィナー。牡。
父タヤスツヨシ、母ジョウノエンジェル<トウショウボーイ>)




i_want_you091121-1.jpg
(小野次郎騎手を背に、アイウォントユー。牡。
父ダンスインザダーク、母マッキーアイドル)




rose_kingdom091121-1.jpg
(小牧太騎手を背に、ローズキングダム。牡。
父キングカメハメハ、母ローズバド。1着)




red_balius091121-1.jpg
(内田博幸騎手を背に、レッドバリオス。牡。
父dynaformer、母アドヴァーシティ)



san_diego_city091121-1.jpg
(藤岡佑介騎手を背に、サンディエゴシチー。牡。
父マンハッタンカフェ、母ジェニーソング)




orleans_no_otome091121-1.jpg
(柴田大知騎手を背に、オルレアンノオトメ。牝。
父チーフベアハート、母マイネカプリース)




tosen_phantom091121-1.jpg
(トーセンファントムは、マチカネリュウセイにエスコートされて、スタート地点へ。
牡。父ネオユニヴァース、母バースデイローズ。
鞍上は、クリストフ・スミヨン騎手。2着)



            
machikane_ryuusei091121-1.jpg
(誘導を終えて・・・おつかれさま、マチカネリュウセイ)




machikane_ryuusei091121-4.jpg
(隊列に戻ったリュウセイを先頭に、誘導馬の退場)




rose_kingdom091121-2.jpg
(栄冠は、薔薇王国の王子に・・・ローズキングダム)



      




競馬場のパドックや馬場でカメラを構えていると、
初めて来たらしき人の歓声をよく耳にする。
連れの人に向かって、「わぁ、きれい!馬ってきれいねぇ!」。
それを聞くたびに、なんだかとてもうれしくなってしまう。
大好きな馬をほめられた・・・と。

私も初めてみた競走馬にすっかり、とりこになってしまったから
感嘆する人の気持ちがすごく良く分かる。
今日の府中では、思わず、わぁ、きれい!と声をあげたくなるような
美しい光景に出会った。

メイン、東京スポーツ杯2歳Sの本馬場入場。
1コーナー寄りでカメラを構えていた。
来年のクラシックのスター候補たちが、続々と返し馬に入り終えた後、
4頭の誘導馬たちが退場しかけた。
が、よく見ると、まだ1頭、誘導馬たちの後ろにいるではないか。

スミヨン騎乗のトーセンファントムだ。
しっかり二人引きされて、返し馬に入る様子はない。
どうするのかと見ていたら、誘導馬の先頭にいたマチカネリュウセイが
エスコートしてスタート地点の方へ歩き始めた。
ゆっくり、ファントムをあやすようにリュウセイが先導して目の前を横切っていく。

無事にファントムを送り届けたリュウセイが、ふかふかの芝にリズミカルなステップを
刻みながら、再びゆっくりと戻ってきた。
黄金色の秋光が真っ青な芝生に反射し、真っ白なリュウセイの姿を浮かび上がらせる。
端正な騎乗者と相まって、うっとりするほどの美しさだ。
サラブレッドは芸術品、という言葉を改めてかみしめる。

時間にすれば、ほんの数分のできごと。
偶然に出会えた美しいシーンに、胸の中で手を合わせずにはいられなかった。







アパパネ

mejiro_jackson091115-2.jpg
(3レース、2歳未勝利戦の本馬場入場と返し馬。
吉田豊騎手を背に、メジロジャクソン。牡。
父サクラバクシンオー、母メジロバーバラ
・・・2009年11月15日、東京競馬場にて)




feel_the_fun091115-1.jpg
(後藤浩輝騎手を背に、フィールザファン。牝。
父デュダンダル、母フィールザビュウ)




toyo_tsubasa091115-1.jpg
(小林淳一騎手を背に、トーヨーツバサ。牡。
父エアエミネム、母マコトサザンカ)




dont_be_that_way091115-1.jpg
(蛯名正義騎手を背に、ドンビザッツウェイ。牡。
父デュランダル、母ローレンシア<ホリスキー>)





meiner_neos091115-1.jpg
(4レース、障害戦のパドック。宗像徹騎手を背に、マイネルネオス。牡、6歳。
父ステイゴールド、母マイネプリテンダー。1着)




nicholas_bell091115-1.jpg
(誘導馬ニコラスベル)




nicholas_bell091115-2.jpg
(ホリスキーの息子、15歳)




forest_green091115-1.jpg
(草野太郎騎手を背に、フォレストグリーン。牡、3歳。
父ジェニュイン、母、アスクリズム)




kempton_park091115-1.jpg
(晴れ舞台・・・5レース、新馬戦の2歳馬たち)




kempton_park091115-2.jpg
(アグネスデジタルの息子、ケンプトンパーク。
母サクセスアルデンテ<エルコンドルパサー>)




kempton_park091115-3.jpg
(馬っぷりの良さが目についた)




kempton_park091115-4.jpg
(鞍上は、内田博幸騎手)




big_joe091115-1.jpg
(6レース、新馬戦の返し馬。フブキジョウの息子、
そしてシュンカジョウの弟、ビッグジョー。父マリエンバード。
鞍上は、アントニー・クラストゥス騎手)




diosa091115-1.jpg
(マンハッタンカフェの娘、ディオーサ。母ジェニアリータ。
鞍上は、松岡正海騎手。1着)




lee_bloom091115-3.jpg
(後藤浩輝騎手を背に、リーブルーム。牡。
父アルカセット、母マイオウンラヴリーリー)




big_joe091115-2.jpg
(レース、ゴールイン後。ビッグジョーは先頭を飾れず残念!)




meiner_m091115-1.jpg
(誘導を終えて・・・マイネルミレニアムとマイネルグレーカ)




meine_luce091115-1.jpg
(8レース、3歳以上牝1000万下戦の返し馬。
三浦皇成騎手を背に、マイネルーチェ。
父スペシャルウイーク、母マイネブリリアン<サッカーボーイ>)




twin_dia091115-1.jpg
(吉田豊騎手を背に、ツインダイヤ。
父ゴールドアリュール、母ハリスンマリー<ダイナガリバー>)




aeolian_harp091115-1.jpg
(柴田善臣騎手を背に、エオリアンハープ。
父キングカメハメハ、母エアウイングス)




coup_de_grace091115-1.jpg
(内田博幸騎手を背に、クーデグレイス。
父ホワイトマズル、母グレイスルーマー。2着)




royal_necklace091115-1.jpg
(勝浦正樹騎手を背に、ロイヤルネックレス。
父シンボリクリスエス、母シルバーネックレス)




akari091115-1.jpg
(後藤浩輝騎手を背に、アカリ。
父ネオユニヴァース、母ヤナビ)





lycoris091115-1.jpg
(蛯名正義騎手を背に、リコリス。
父シンボリクリスエス、母ジューンアナガリス。1着)




lycoris091115-2.jpg
(先頭ゴールイン!)




win_mariaveil091115-1.jpg
(9レース、赤松賞。
クロフネとダイヤモンドビコーの娘、ウインマリアベール。
鞍上は、内田博幸騎手)




blooming_alley091115-1.jpg
(柴田善臣騎手を背に、ブルーミングアレイ。
父シンボリクリスエス、母プリンセスオリビア。2着)




blooming_alley091115-2.jpg
(注目の2歳牝馬)




rhein_jessica091115-1.jpg
(勝浦正樹騎手を背に、ラインジェシカ。
父マーベラスサンデー、母ウィーレジスタンス)




apapane091115-2.jpg
(蛯名正義騎手を背に、アパパネ。牝、2歳。
父キングカメハメハ、母ソルティビッド。1着)





apapane091115-1.jpg
(夏の福島でみつけた名牝候補)




i_am_ruby091115-1.jpg
(幸英明騎手を背に、アイアムルビー。
父Saint Lia、母Cativa)




apapane091115-3.jpg
(先頭ゴールイン。おめでとう、アパパネ!)




apapane091115-4.jpg
(レースを終えて・・・笑みがこぼれる蛯名騎手。
手前は、クラキンコ騎乗の小国博行騎手)




momiji091115-2.jpg
(思わぬところで紅葉狩り!?・・・日本庭園にて)




momiji091115-3.jpg




momiji091115-4.jpg






momiji091115-1.jpg




mini_emi091115-1.jpg
(クリスマス・モードのミニチュア・ホースたちがお見送り
・・・気分はトナカイのエミちゃん)




mini_chappy091115-1.jpg
(赤いリボンがお似合いのチャッピーちゃん)




mini_emi091115-2.jpg
(また会えたらいいな♪)









今日も府中へ。
昨日の荒れ模様とは打って変わって、今日は朝からピーカン。
絶好の競馬日和となった。

今日は西でエリ女があるせいか、なんとなく場内も空いている感じ。
本日の私的メインは、9レースの赤松賞。
アパパネが出走する。
夏の福島でみつけた名牝候補だ。

半日、1コーナーよりでらちにもたれて返し馬を見たり、レースを観たり。
まっさおな芝が目にまぶしく、それ以上にピカピカの馬たちがまぶしい。
広大な緑の中を駆け抜けてくる馬たちをみていると、なんだか
日高の牧場にいるような気になってくる。

赤松賞。
アパパネは期待通りに快勝してくれた。
さぁ、いよいよクラシック路線だろうか。

直線で声をからしたせいか、のどが渇いた。
日本庭園で、そっとビールで乾杯。
と、視界の先にまぶしい真っ赤な光。
おーっ、なんて色鮮やかな紅葉。

美しい馬と美しい紅葉、今日はなんだかとっても得した気分だ。






ユリカジョウ、初勝利!

今日の川崎、7レースに出走したユリカジョウが、みごとに先頭ゴールインを果たした。

何度、結果を見ても、一番上の欄にユリカジョウの名前。
じわっと喜びがこみあげてくる。

中央では、勝てそうで勝てない歯がゆいレースが続いた。
雨でしまったダートも幸いしたのかもしれない。
とにもかくにも、うれしい。

おめでとう、ユリカちゃん!
これからは、しっかり地方競馬で勝ち鞍を重ねてほしい。






ユリカジョウ、移籍緒戦

川崎競馬に移籍したユリカジョウ。
なかなか出走の知らせが来ないと待ちくたびれていたら、
今日、ついに通知がきた。
明日、11月12日、7レース、C1戦に出走するという。
鞍上は、川崎の山崎誠士(やまざき せいじ)騎手。

今日は、昨夜来から昼にかけて、ものすごい大雨だった。
明日も天気予報は雨だけど、なんとかはずれてくれないかしら。

フレ~!フレ~!ユリカジョウ!







トウカイテイオー

kiku_kengai091007-1.jpg
(見事な菊の懸崖が、秋のパドックを彩る・・・2009年11月7日、東京競馬場にて)




okkei_go091007-1.jpg
(誘導馬オッケイゴウが、朝のウオーミングアップ)




okkei_go091007-2.jpg
(今日も、お勤めがんばって)




kiku_kengai091007-2.jpg
(菊とベゴニアが奏でるハーモニー)




pearl_open091007-1.jpg
(1レース、2歳未勝利戦のパドック。一番良く見えた
パールオープンが快勝。
牡。父マイネルセレクト、母アローニミンク)




shingun_departure091007-1.jpg
(もう1頭、気になった馬シングンデパーチャは着外に。
牡、父タイキシャトル、母ラストドーター)




shingun_departure091007-2.jpg
(次走に期待!)




never_queen091007-1.jpg
(2レース、2歳未勝利戦。日高でひとめぼれしたロージズインメイ
その娘ネバークイン。母ネバーネバー)




never_queen091007-2.jpg
(父そっくりの美少女!)




never_queen091007-3.jpg
(一日も早く未勝利脱出できますように!)




yuwa_biscuit091007-1.jpg
(誘導馬ユーワビスケット)




yuwa_biscuit091007-2.jpg
(ビスケットも、お勤めがんばって!)





tokai_teio091007-5.jpg
(トウカイテイオーが府中にやってきた!相変わらず、柔らかな歩様にうっとり
・・・お昼休みのパドックにて)





tokai_teio091007-1.jpg
(名馬、健在なり)




tokai_teio091007-2.jpg
(21歳の今も、若々しく美しく)




tokai_teio091007-3.jpg
(オーラを放つ)




tokai_teio091007-4.jpg
(いつまでも元気で!)



king_boy091007-2.jpg
(5レース、新馬戦。キングヘイローの息子、キングボーイ。
母スタニングブロー<サッカーボーイ>)





king_boy091007-1.jpg
(2歳馬らしい初々しさ)




omega_cristmas091007-1.jpg
(クロフネの娘、オメガクリスマス。母オメガフォーチュン)




omega_cristmas091007-2.jpg
(かわいい髪飾り)




omega_cristmas091007-4.jpg
(しっぽもお揃い)




omega_cristmas091007-3.jpg
(みごと新馬勝ち。かわいいだけじゃなかった!)




king_boy091007-3.jpg
(幸英明騎手を背に、本馬場へ)




may_flame091007-1.jpg
(6レース、新馬戦。
ミスターシービーゆかりの牧場出身、メイフレイム。牝。
父ネオユニヴァース、母シービーフレイム。
ワインレッドのめんこがよく似合う)




may_flame091007-2.jpg
(お揃い!)




success_honesty091007-2.jpg
(7レース、3歳以上500万下戦。
サクセスブロッケンの弟、サクセスオネスティ。
父クロフネ、母サクセスビューティ)





success_honesty091007-1.jpg
(とても落ち着いて周回していた。1番人気2着)





success_honesty091007-3.jpg
(何かを語り合っているような・・・)




tokai_teio091007-6.jpg
(トウカイテイオーはランチタイム・・・
ローズガーデンの馬房にて)




tokai_teio091007-7.jpg
(レースを想い出しているのかな?!)




a_shin_turbo091007-1.jpg
(9レース、3歳以上1000万下戦。エーシントゥルボー。牝、5歳。
父ブロードブラッシュ、母テネシーガール)




a_shin_turbo091007-2.jpg
(息を合わせて)




a_shin_turbo091007-3.jpg
(丹念な編み込み!)



silk_mobius091107-2.jpg
(11レース、武蔵野ステークス。
ステイゴールドの息子、シルクメビウス。牡、3歳。母チャンネルワン)




silk_mobius091107-1.jpg
(静かな闘志)




silk_mobius091107-3.jpg
(リフレッシュ効果を発揮してくれるか)




silk_mobius091107-4.jpg
(篤い声援に送られて・・・)





success_brocken091007-1.jpg
(サクセスブロッケン。牡、4歳。
父シンボリクリスエス、母サクセスビューティ。
1番人気だったが・・・)




success_brocken091007-2.jpg
(本馬馬場へ。気合十分だったが・・・大一番に期待を繋ぐ)





今日も府中へ。
開門ぎりぎり正門前に到着。

トウカイテイオーのお披露目があるせいか、すでに長蛇の列。
開門とほぼ同時にたどり着いたパドックのいつもの場所も、
最前列はすでに埋まり、ひとっこ一人入れる余地なし。
がっかりして、別の場所に移動。

ここは、ちょっと上から観ることになるのでアングルも微妙に変わる。
でも、新たなシーンが見られるかもしれないから、ま、いっか。
今日と明日の二日間、トウカイテイオーが府中にやってくる。
今日は昼休みにパドックでのお披露目後、ローズガーデンでの展示。
明日は展示のみ、とか。

レースが進むにつれ、人も増えていき、お昼休み直前には、
今日はダービーか、と思うほどの人出となった。
立冬とは思えないほどの陽気。逆光がビシビシ顔にあたる。
18年の前のダービーの日も暑かった・・・。
同じようにひたすらパドックにはりついていたあの日が蘇る。

そしてパドックを埋め尽くす人の期待が最高潮に達した瞬間、
いよいよテイオーが登場。

二人の人に手綱をひかれ姿を現したと思ったら、いきなり立ち止まり、
頭を高く上げてぐるりとパドックを見渡した。
現役時代を思い出したのだろうか。

ほかのどの馬とも違う高貴な雰囲気を持つトウカイテイオー。
パドックがテイオーの放つオーラに包まれた。

ビッグレースを勝つことも、優秀な産駒を輩出することも名馬の条件だが、
こうして健在でいてくれることも大切な条件かもしれない。

ふと、シャコーグレイドも一緒に出てきてくれたら、なんて思ってしまった。
テイオーとグレイド、1991年クラシック参戦後の道筋は大きく違ったけれど、
どちらも幸せな元競走馬に変わりはない。

そんなことを夢想している間にお披露目は終わり、潮が引くように人垣も消え
いつもの土曜日のパドックになった。
でも、やっぱりテイオーの登場で特別な土曜日ではあった・・・。







わたなべたかこ作品展

watanabe_takako091005-1.jpg
(『わたなべたかこ作品展』・・・東京・神田神保町
檜画廊にて、11月7日<土>まで開催)





今日は、神田神保町の「檜画廊」で開催中の、『わたなべたかこ作品展』に
出かけた。
わたなべさんは、以前同じ画廊で作品展を開催したことがきっかけで知り合った
方で、絵本などで活躍されている。

独特の表現で、現実からファンタジーまで生き生きと描くわたなべさんの絵が
好きで、すっかりファンになっていた。
殊にわたなべさんの描く馬に魅了され、その中の1点は、今もパソコンの横で
朝な夕な、目を楽しませてくれている。

楽しみにしていた個展も期待どおりの、わたなべワールドが展開。
絵本ごとに、画風がまるっきり変わるので、その理由を聞いてみたら
「物語によって、絵のイメージが決まるので、それぞれに変わってくるんですよ」
とのこと。
それだけ描き分けられるのがすごい。

わたなべさんも馬が好き。
こどもの頃は、馬の絵ばかり描いていたという。
いつか、その絵を見せていただけるというので、今から楽しみにしていよう、っと。









 | HOME |  ▲ page top