FC2ブログ

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

クリヨンの命日に

symboli_crillion080522-3.jpg
(元気いっぱいだったシンボリクリヨン・・・
2008年5月22日、千葉・佐原にて)





一年前の今日、2008年11月28日。
シンボリクリヨンが12歳の命を閉じた日。

今日も府中へ行く予定だった。
応援したい馬がたくさん出ていた。
なのに、昨日から身も心もずんと重く沈んで、とてもそんな気になれない。
なぜなんだろう。
もちろん、クリヨンの命日であることは分かっていたが。

晴れない気持ちのまま、終日、ひたすら庭の草むしりに費やした。
しっとりと濡れた土から、一本ずつ草を引き抜く。
頭の中には、クリヨンの美しい瞳が浮かんでは消える。

夜。
なんだか、頭がすっきりしてきた。
時計を見ると、7時30分過ぎ。
あぁ、昨年の今頃、FPの会北海道分室のKさんからの訃報が届いた時刻だ。
この時間を境に、身も心もすっきりした。

同じような体験は、エリモダンディーが逝った1998年2月8日にもあった。
訳が分からないもやもやな状況。
翌日になって、ダンディーが天国へ逝ったことを知った。
日経新春杯で骨折して闘病中だったダンディーが、命の灯を消した日・・・。

理屈ではとても説明できない現象。
魂が、私の魂に働きかけてきたとしか思えない現象。

クリヨン、天国の住み心地はいかが?
きっと、たくさんの仲間に囲まれて幸せな時間を過ごしているんだろうね。
早すぎた死はいまだに悲しいけれど、でも、君の存在は後に続く引退競走馬たちの
りっぱなお手本になっているよ。

だから、こころおきなく天国で駆け回ってね!
ありがとう、シンボリクリヨン!










 | HOME |  ▲ page top