カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスツリー

christmas_tree091206-1.jpg
(冬の中山を彩るクリスマスツリー
今年は、どんな飾りつけがみられるのだろう・・・
2009年12月6日、千葉・中山競馬場にて)





骨折した右足は、もしかしたら入院して手術になるかもしれないと聞いて、
正直、昨日はかなり落ち込んだ。

でも冷静に考えてみれば、生身の身体だもの、4週間でギプスがとれて・・・なんて、
そんな計算どおりにはいかないのだろう、と思い直した。
来週の受診でどんな結果が出るか不安はあるが、今から心配ばかりしても仕方ない。

それに、骨折した身体も紛れもなく自分自身。
しっかり、この現実を受け入れて、できる範囲でできることをしよう!
そう考え直したら、随分気分がすっきりした。
なにより、足をひきずりながらでも動けることに感謝!

点灯が始まったという中山のクリスマスツリーも、観に行けますように。






スポンサーサイト

手術?!

骨折した右足にギプスを巻いて4週間目。
もしかして今日こそはずしてもらえるかも・・・期待と不安の入り混じった気持ちで
医院へ。

「ついてませんねぇ」。
レントゲンを見ながら、先生が一言。
ぐわーん!思いっきりショック!
確かに画像には、くっきりと離れた骨が写っている。
2週間前のレントゲンでは、しっかりついていたのにぃ~!

2枚を見比べながら、「この前のは撮る向きがよくなかったようで、本当は
ついていなかったんですねぇ」。
そ、そんなぁ。
その上、追い討ちをかけるように、あまりつかなようようであれば入院して
手術になるかもしれない、とも。

全く考えもしなかった、「入院」、「手術」という言葉に頭がぼうっ。
結局、もう少し様子をみるということで次の診察は1週間後となった。

今週の中山はやっぱり無理かなぁ。トホ・・・。








シンボリクリヨン命日

symboli_crillon031004-20.jpg
(今も佐原の空から、フォスターホースたちを見守ってくれているんだよね、クリヨン!
・・・2003年10月4日、千葉・佐原にて)




今日は、『イグレット軽種馬フォスターペアレントの会』のフォスターホースで
マイ里子でもあったシンボリクリヨンの命日。
2008年11月28日に、12歳で天国に逝ってしまったクリヨン。
あれから2年、短かったような長かったような時の流れ。

クリヨンと過ごせた時間は少なかったが、クリヨンとふれあうことで
さらに馬が愛おしく大切な存在になっていった。
今でも、クリヨンの温もりが鮮やかに蘇る。

クリヨンはあれからずっと、佐原の空からフォスターホースの仲間たちを
見守ってくれているのだろう。
どうかこれからも、みんなが元気で過ごせるようよろしくね!






祝!サクセスオネスティ

manryou101127-1.jpg
(昨年鉢にあげた万両が、今年もたくさんの実をつけてくれた。

少し前まで緑の玉だったのに、いつのまにか真っ赤に色づいて
寂しくなった庭を明るくしてくれる。
やがて真冬、実はひとつ残らず小鳥のお腹に収まることだろう
・・・2010年11月27日、千葉鎌ケ谷にて)




success_honesty091212-1.jpg
サクセスブロッケンの弟、サクセスオネスティが本日の東京10レース
『アプローズ賞』を優勝!偉大な兄に続け、と願う。
※写真は、『南総特別』2着時・・・2009年12月12日、千葉・中山競馬場にて。

★サクセスオネスティ
2006年4月14日、浦河生まれ。牡。鹿毛。
父クロフネ、母サクセスビューティ)







安らかに. . .サクラユタカオー

sakura_yutaka_o910113-1.jpg
(安らかに. . .サクラユタカオー・・・1991年1月13日、
北海道・静内にて)


サクラユタカオーが、11月23日、功労馬として余生を送っていたライディングヒルズ静内で、
老衰のため亡くなったことを知った。享年28歳。

また一頭、競馬を知り染めた頃に出会った名馬が星になってしまった。
静内に行っても、もう二度とユタカオーに会えないと思うと無性に寂しい。

ユタカオー、長い間元気な姿を見せてくれて本当にありがとう。
今はただ、どうか安らかにお眠りください。
気品あふれる美しい姿を、いつまでも心に焼きつけておきます. . .。

サクラユタカオーのご冥福を心よりお祈りいたします。

★サクラユタカオー
1982年4月29日、静内生まれ。牡。栗毛。
父テスコボーイ、母アンジェリカ。
2010年11月23日、老衰のため死去。享年28歳。



リフレッシュ

先日、日記に「骨折が治ったらやりたいこと」を書き出してみたら、十個くらいになった。
それを見ていたら、う?治らなくてもできそうなのがあることを発見!

‘いつものカフェでコーヒーを飲み、いつもの本屋さんで本を探したい’
ゆっくり歩いていけば、なんとかできそうだぞ。

今日はそれを実行すべく、バスでカフェと本屋さんの入っている隣町のTデパートへ。
黄一色に輝く大銀杏、紅い桜の樹などなど、車窓を流れる景色はすっかり晩秋の彩り。
今年は紅葉狩りができなかったけど、プチ紅葉狩りって感じで楽しい。

カフェはデパートの6階、本屋さんは5階にあるのでエスカレーターへ。
タイミングを計ってギプスの右足を、そっとエスカレーターに乗せてみる。
なんだか流れが速く感じて、ちょっと怖い。
いつもは何気なく乗っているのに、こうも変わるのかと驚いた。

さて、街を見下ろすカフェで念願のコーヒータイム。
窓の外には真っ青な空が広がっている。
おお、この開放感がたまらない。

次は階下の本屋さんへ。
カレンダーや手帳が山積みになった店内は、すっかり歳末模様。
気のむくままにゆっくりのんびり、雑誌を手に取りハードカバーに目をやり、
文庫の見出しを読んでみる。
なんて楽しい時間。
本屋さんは、未知を知る楽しみにあふれたワンダーランドだ。

重さを気にしつつ、幾冊かの雑誌と文庫を購入。
これでしばらくはギプスライフの慰めができた。

最後は地下でスイーツ探し。
食料品売り場はかなりの人出で、ちょっと怖くなった。
お目当てのお菓子をいくつか買って、早目に退散。

久しぶりの遠出?!はやはり疲れたが、気分はすっかりリフレッシュ。
ギプスという足かせは、いつのまにか心にもかせをはめていたようで、
ここのところ気が晴れない日が続いていた。

来週はいよいよ中山。
ギプスがはずれてもはずれなくても、なんだか行けそうな気になってきた!?





エルコンドルパサー

el_condor_pasa981129-1.jpg
(第18回<1998年>『ジャパンカップ』優勝馬、エルコンドルパサー
・・・1998年11月29日、東京競馬場にて。

あっけなく空へ駆け抜けたエルコンドルパサー。
今も、天空を飛んでいるだろうか・・・。

★エルコンドルパサー
1995年3月17日、米国生まれ。牡。黒鹿毛。
父Kingmamb、母Saddlers Gal。
2002年7月16日、病死。享年7歳)




トウカイテイオー

tokai_teio091007-5.jpg
(第12回<1992年>『ジャパンカップ』優勝馬、トウカイテイオー
※写真は、名馬のお披露目で健在ぶりを示したときのテイオー
・・・2009年11月7日、東京競馬場にて。

★トウカイテイオー
1988年4月20日、新冠生まれ。牡。鹿毛。
父シンボリルドルフ、母トウカイナチュラル)




祝!ヤングアットハート

young_at_heart100919-1.jpg
(ヤンちゃん、おめでとう!
ヤングアットハートが、本日の東京10レース『晩秋特別』を快勝!
着実に一歩ずつ、オープン馬への道を!

※写真は、『セントライト記念』出走時。鞍上は、藤田伸二騎手
・・・2010年9月19日、千葉・中山競馬場にて。

★ヤングアットハート
2007年2月12日、千歳生まれ。牡。栗毛。
父フレンチデピュティ、母ニフティハート)





祝!テイラーバートン

taylor_burton100801-1.jpg
(京都10レース『宝ヶ池特別』を快勝したテイラーバートン
※写真は、函館競馬『かもめ島特別』2着時。鞍上は、四位洋文騎手
・・・2010年8月1日、北海道・函館競馬場にて。

今日は休み明けもなんのその、ミルコ・デムーロ騎手を背に力強い脚さばきで
見事一番人気に応えた。
`今年の3歳牝馬は強い!'ことを証明してくれたテイラーバートン。
今後の活躍が楽しみです!

★テイラーバートン
2007年2月21日、千歳生まれ。牝。鹿毛。
父ジャングルポケット、母ブリリアントカット)



オグリキャップ

oguri_cap010129-1.jpg
(第6回<1989年>『マイルチャンピオンシップ』優勝馬、オグリキャップ
・・・2001年1月29日、北海道・新冠にて。

★オグリキャップ
1985年3月27日、三石生まれ。牡。芦毛。
父ダンシングキャップ、母ホワイトナルビー。
2010年7月3日、パドックで右後脚を複雑骨折し、安楽死の処置がとられた。
享年25歳)




oguri_cap010129-2.jpg
(今頃は天国で、のんびり草を食んでいることだろう。
オグリ、元気にしてる?)







パッシングショット

passing_shot901216-1.jpg
(第7回<1990年>『マイルチャンピオンシップ』優勝馬、パッシングショット
※写真は、『スプリンターズステークス』出走時・・・1990年12月16日、
千葉・中山競馬場にて。

繁殖にあがるため引退レースとなった『スプリンターズステークス』は、
2番人気を裏切り大きく出遅れて8着と惨敗。
それから2年後の春、パッシングショットは事故死してしまった。

‘有終の美は飾れなかったけど、まだこれからがある。お疲れさま’
アルバムに残ったコメントが悲しい。

★パッシングショット
1985年4月26日、浦河生まれ。牝。鹿毛。
父トウショウボーイ、母タカヨシピット。
1992年5月14日、事故死)




サッカーボーイ

soccer_boy000208-2.jpg
(第5回<1988年>『マイルチャンピオンシップ』優勝馬、サッカーボーイ
・・・2000年2月8日、北海道・門別にて。

★サッカーボーイ
1985年4月28日、白老生まれ。牡。栃栗毛。
父ディクタス、母ダイナサッシュ<ノーザンテースト>)




タカラスチール

suzume101116-2.jpg
(晩秋の光を浴びて・・・2010年11月16日、千葉・鎌ケ谷にて)




takara_steal920428-2.jpg
(第3回<1986年>『マイルチャンピオンシップ』優勝馬、タカラスチール
・・・1992年4月28日、北海道・静内にて。

現役時代は見ていないが、名牝に一目会いたくて
繁殖にあがったタカラスチールを訪ねた。
こっこを失くしていたスチールは黙々と草を食んでいたが、
仔を連れていない母馬はもの悲しく見えた。

その年の夏、10歳で生涯を閉じてしまったことを知ったとき、
寂しげな春の姿が浮かんだ。
この馬もまた、最初で最後の出会いになった忘れられない一頭だ。

★タカラスチール
1982年4月16日、静内生まれ。牝。黒鹿毛。
父スティールハート、母ルードーメン。
1992年8月15日、病死。享年10歳)




takara_steal920428-1.jpg
(スチールの牧場に咲いていた、黄色い野の花。
日高でしか見たことのない花だった)




骨折からひと月

秋華賞の帰りに右足を骨折してから、約ひと月。
ギプスを巻いて、今日は3週間目の診察日。
もしかしたら、もしかしたらギプスをはずしてもらえるかも、と
淡い期待を抱いて、右足の靴をバッグに忍ばせる。

「レントゲンの結果は、良好ですね。いい形になってきました」、先生は満足気。
そして、「ギプスがきれいですね。ふつうは、黄ばんできたり汚れるんですけどね」。
(ハイッ、この2週間、殆ど外出もせずに安静第一にしていましたぁ)。

続いて、「今日はギプスを巻き直しましょう」。
ガクッ、やっぱり駄目だったか。右足の靴も無駄になったかぁ・・・。
でも、順調に回復してきているようでなにより、なにより。

むくんでいた足が元に戻ったせいでユルユルになったギプスをはずすために、
カッターがうなりだした。ドキッ。
「絶対切れませんから大丈夫ですよ」。
私の不安を静めるように、先生は自分の手のひらにあてながら説明してくれたが、
それでも足の周りを、ブイーン、ブイーンと這うカッターにいい気持ちはしない。

緊張の数分がやっと過ぎて、今度は新しいギプスの巻き直し。
初めてのときも感じたが、さすが職業柄とはいえ手際のよさに感心しきり。
ぴたっと足を包み込み、どこにも違和感がない。

「次はまた2週間後に来てください」。
ああ、また足かせライフが続くのかぁ。とほほ。
だいたい4週間はギプスを巻くらしい。
ま、じたばたしても始まらない。
じっくり、ゆっくり治るまで骨折とつきあうしかない。

それにしても、中山初日の復帰はちょっと微妙になってきたぞ。
朝日杯には何とか間に合いますように!





クロフネ

kurofune010527-1.jpg
(第6回<2001年>『武蔵野ステークス』優勝馬、クロフネ
※写真は、『ダービー』出走時・・・2001年5月27日、東京競馬場にて。

★クロフネ
1998年3月31日、米国生まれ。牡。芦毛。
父フレンチデピュティ、母ブルーアヴェニュー)




安らかに. . .レーヴドリアン

reve_dorien100418-1.jpg
(安らかに. . .レーヴドリアン。

※写真は、『皐月賞』出走時。、鞍上は、藤岡佑介騎手
・・・2010年4月18日、千葉・中山競馬場にて。

★レーヴドリアン
2007年3月30日、安平生まれ。牡。芦毛。
父スペシャルウィーク、母レーヴドスカー。
2010年11月11日、病死。享年3歳)




reve_dorien100530-2.jpg
(ダービーでも元気な姿を見せてくれたのに. . .
・・・2010年5月30日、東京競馬場にて)




reve_dorien100530-1.jpg
(藤岡佑介騎手を背に、本場場へ向かう。
最後の見納めになってしまうなんて. . .)




今年のクラシック戦線でがんばった、芦毛のレーヴドリアンが亡くなった。

今朝、いつものようにサンスポを開いたら紙面の中段に、黒枠の囲み記事。
‘レーヴドリアン急死’の見出しに吸い寄せられるように記事を読んだ。
それによると、レーヴドリアンは疝痛を発症し、手術を受けるなどして
療養中だったが、病状が悪化。
昨日、とうとう亡くなったという。

福寿草特別を勝利し、皐月賞(9着)、ダービー(11着)に出走し、
菊花賞では4着にがんばった。
来年の活躍が楽しみだっただけに、本当に残念でならない。

どうか安らかに. . .レーヴドリアン。
心よりご冥福をお祈りします。



キョウエイタップ

kyoei_tap901014-1.jpg
(第15回<1990年>『エリザベス女王杯』優勝馬、キョウエイタップ。
※写真は、『牝馬東京タイムズ杯』出走時・・・1990年10月14日、東京競馬場にて。

★キョウエイタップ
1987年3月17日、様似生まれ。牝。鹿毛。
父タップオンウッド、母キョウエイレッド)




kyoei_tap901014-2.jpg
(18頭の出走馬中、一番良くみえたが9着。
がっかりしていたら、なんと翌月の‘エリ女’を勝って女王様になってしまった!





メジロラモーヌ

mejiro_ramonu920911-1.jpg
(第11回<1986年>『エリザベス女王杯』優勝馬、メジロラモーヌ。
当歳は、後のメジロテンオー(父リアルシャダイ)
・・・1992年9月11日、北海道・伊達にて。

競馬を始めてから、初めて出会った三冠牝馬。
素顔のラモーヌは、こっこをかわいがる優しい母だった。

★メジロラモーヌ
1983年4月9日、伊達生まれ。牝。青鹿毛。
父モガミ、母メジロヒリュウ。
2005年9月22日逝去。享年22歳)





エリモシック

erimo_chic971012-1.jpg
(第22回『エリザベス女王杯』優勝馬、エリモシック
※写真は、『府中牝馬ステークス』4着時。
鞍上は、的場均騎手(現・調教師)。
的場騎手は馬をリラックスさせるためか、鞍上で
よく口笛を吹いていた・・・1997年10月12日、東京競馬場にて。

★エリモシック
1993年3月19日、えりも生まれ。牝。青鹿毛。
父ダンシングブレーヴ、母エリモシューテング<テスコボーイ>)




リワードウイング

ryward_wing020529-5.jpg
(第10回<1985年>『エリザベス女王杯』優勝馬、リワードウイング
・・・2002年5月29日、北海道・浦河「うらかわ優駿ビレッジAERU」にて。

リワードウイングの現役時代は見ていなかったが、グリーングラスの娘として
名前はしっかり覚えていた。

繁殖を引退してこの年の2月、浦河のアエルに移動。
ゆったりと草をはむ姿に感激したことが、つい昨日のようだ。

★リワードウイング
1982年4月26日、浦河生まれ。牝。栗毛。
父グリーングラス、母フクインデアナ。
2008年1月15日、老衰のため死去。享年26歳)




ryward_wing020529-4.jpg
(最初で最後になってしまった出会いだったけれど、
美しい栗毛をずっと忘れない)



ryward_wing020529-3.jpg
(今も、こうしてアエルで草をはんでいるような気がする・・・)





祝!トーセンジョーダン

tosen_jordan100731-2.jpg
(重賞初制覇!
第48回『アルゼンチン共和国杯』優勝馬、トーセンジョーダン
※写真は、『漁火ステークス』優勝時・・・2010年7月31日、北海道・函館競馬場にて。

★トーセンジョーダン
2006年2月4日、早来生まれ。牡。鹿毛。
父ジャングルポケット、母エヴリウィスパー)






祝!ディープサウンド

deep_sound100911-4.jpg
(クラシックが見えてきた!
本日11月6日の東京競馬『百日草特別』を快勝した、デイープサウンド
※写真は、2歳未勝利戦優勝時。鞍上は、後藤浩輝騎手・・・2010年9月11日、
千葉・中山競馬場にて。

★ディープサウンド
2008年3月8日、千歳生まれ。牡。鹿毛。
父ディープインパクト、母ジョセット)



すずめ

suzume101105-1.jpg
(全身うぶ毛だらけの、すずめのひな・・・2010年11月5日、千葉・鎌ケ谷にて)




suzume101105-2.jpg
(こちらも、まだ若いすずめのよう)




suzume101105-3.jpg
(せっせと、羽づくろい)





今日も朝からうららかな小春日和。
動けない身にはうらめしくもあるが、せめて日光浴をと
光の差し込む窓辺で外気にあたってみる。
一日30分は日光に当たるとカルシウムができるらしいし。

日光浴のついでに、ソファーにもたれたままカメラを構えてみる。
被写体は、庭にひっきりなしにやってくるすずめたち。
白レンズにテレコンをつけての撮影は、やっぱり不自由な身にはしんどい。

でも、たまにこうしてカメラを持っていないと、いざ馬を撮れるようになったときに
うまくいかないかもしれない。
足は安静だけど手はなんともないのだから、がんばってみよう!
すずめさん、モデルよろしくね。






松葉杖

matubadue101104-1.jpg
(足になってくれている松葉杖は、大切な相棒。
大好きだったエアジハード君も、いつも一緒
・・・2010年11月4日、千葉・鎌ケ谷にて)




右足の骨折から2週間あまり。
今日はどうしてもはずせない用時があって、バスで駅前へ。
バスに乗るのも街中を歩くのも松葉杖は不安だったが、
そろりそろり、ゆっくりゆっくり、亀のようなスピードで
移動してみたら、なんとかなった。

通りのガラス窓に映る松葉杖姿は、なんとも情けなかったが
これが現実。目を背けずしっかり見た。

小一時間の外出だったが、やはりとても疲れてしまった。
慣れない松葉杖、そして全然動いていないので体力がないせいだろう。
それでも、松葉杖で外出できたのは大きな一歩。
次に出かけるときは、もっと元気に歩けるに違いない。

中山競馬初日の復帰?!を目指して、がんばろっと!





祝!モエレベオウルフ

minamino_gulch100123-11.jpg
(孝行息子モエレベオウルフの吉報は、母ミナミノガルチ
届いただろうか・・・2010年1月23日、北海道・新ひだかにて)




今日は、ダート競馬の祭典『JBC』
(=ジャパン・ブリーディングファームズ・カップ)の日。

今年は地元、船橋競馬場で開かれるとあって、ずっと前から楽しみにしていたのに・・・。
窓の外は朝から爽やかな秋空。
祝日とも重なって、きっとすごい人出になるだろう。
私もその一人になるはずだったのに・・・。
しかも、3レースにミナミノガルチの3歳モエレベオウルフが出走してくるのに・・・。
右足のギプスが、今日はさすがにうらめしい。

が、いじけていても始まらない。
気をとり直して、サンスポに目をやると、門別から船橋に参戦したとばかり思っていた
ベオウルフが、船橋に転厩していたことを発見!
おお、それならまた近いうちに応援に駆けつけられるではないか!

気持ちも晴々とスタートを待って、いよいよ11時20分。
耳をダンボにして電話サービスのレース実況を聴く。
好スタートで先行したベオウルフはそのまま快走し、直線では2着以下を突き放して
「転入初戦を快勝しましたぁ!」。
アナウンサーの声が受話器から高らかに響き渡った。

ああ、勝った。
一番人気だったとはいえ、勝つのはやっぱりすごい。
これで三連勝。
孝行息子の活躍でガルチ・ママの肩身も広くなるだろうと思うだけで、口元が緩んでくる。
吉報は真歌にも届いただろうか。

JBCスプリントは、期待に応えて名牝シンウインドの息子サマーウインドが快勝した。
JBCクラシックは、武豊騎手鞍上のスマートファルコンが戸崎圭太騎手鞍上の
フリオーソを7馬身突き放して圧勝。
優勝インタビューの武騎手の笑顔がなんともさわやか。

テレビの画面ごしにも現場の熱気が伝わってくるような、今日の船橋競馬場。
JBCもすばらしかったが、船橋競馬の記念すべき日にモエレベオウルフが
三連勝を果たし、転入初戦を飾れたことに大感激。
忘れられない日になりそうだ。

ベオウルフの次走は、絶対ライブで観たい!





シンウインド

shin_wind001216-1.jpg
(第10回『JBCスプリント』出走予定馬、サマーウインドの母シンウインド。
※写真は、『スプリンターズステークス』出走時・・・2000年12月16日、
千葉・中山競馬場にて。

オグリキャップ、サッカーボーイなどなど常にトップクラスの牡馬たちと
互角に戦った、美しい黒鹿毛が大好きだった。

★シンウインド
1984年4月7日、鵡川生まれ。牝。黒鹿毛。
父ウエスタンウインド、母ソロナエビス)




足が着けたぁ

sakura101101-1.jpg
さくら@アウトドア・・・2010年11月1日、千葉・鎌ケ谷にて)




sakura101101-2.jpg
(さくら@インドア。
※葉陰に潜むツシマヤマネコではありません。念のため...)




右足首の骨折から、ちょうど2週間。
今日は待ちに待った?!再診日。
きっとよくなっているだろうと、はりきって整形外科へ。

レントゲンを見た先生、
「うむ、まだ腫れがひいてませんね。
でもなんとかギプスを巻けるかな。
足が着けないと不便だものね」。

そ、そーなんです。もう、しんどくてしんどくて。
必死に目ですがる。

処置室で、白い包帯みたいなのをグルグル巻きにして、
はい、終わり。
えっ、石膏を流し込むんじゃないの?!
なぜかそう思い込んでいたので、拍子抜け。

でも、家に戻った頃にはガチガチに固まって、やっぱりギプスだぁ。
医学は日々進歩してるんだなぁ、とカンドーしてしまった。

足が着けるので、松葉杖も一本で事足りるようになった。
うれしくて、家の中をそろりそろりと歩き回ってみる。
ぎごちない歩みではあるけれど、足が着けなかったころとは大違い。

すごく身体が楽になった。
それと一緒に気分も軽くなってきた。
病は気から、ってほんとだな。

次の診察は2週間後。
それまで、少しでもいいから良くなっていますように。
ジャパンカップには行けるかな!?って、やっぱり無理だろうなぁぁぁぁぁ。




 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。