カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名馬ヴィクトワールピサ

pansy110227-1.jpg
(春のパドックを彩るパンジー・・・2011年2月27日、千葉・中山競馬場にて)




oshu_best110227-1.jpg
(8レース、4歳上500万下戦。
目だって良く見えた、オウシュウベスト。
9番人気3着にがんばった。

★オウシュウベスト
2007年3月6日、白老生まれ。牡。黒鹿毛。
父アルカセット、母グリーンヒルスター)




oshu_best110227-2.jpg
(気合たっぷり!)




oshu_best110227-3.jpg
(鞍上は、フランシス・ベリー騎手)





meiner_strum110227-1.jpg
(9レース『潮来特別』。
一番良く見えた、チーフベアハートの息子マイネルシュトルム。3着

★マイネルシュトルム
2006年4月15日、新冠生まれ。牡。栗毛。
父チーフベアハート、母スリリングディ)




i_am_marilyn110227-1.jpg
(10レース『アクアマリンステークス』。
大好きだったヒシアマゾンの孫に逢えて感激!アイアムマリリン。

★アイアムマリリン
2006年2月4日、千歳生まれ。牝。青鹿毛。
父マンハッタンカフェ、母ヒシシルバーメイド<母母Hishi Amazon>)




i_am_marilyn110227-2.jpg
(アマゾンの面影を重ねてみる)




i_am_marilyn110227-3.jpg
(パンジー色のバンテージ)




i_am_marilyn110227-4.jpg
(アイアムマリリンは3着にがんばった。
名牝ヒシアマゾンの血をしっかり伝えてほしい。
次は、どこで逢えるかな。楽しみです)





red_shooter110227-1.jpg
(11レース『中山記念』。

★レッドシューター
2005年3月31日、愛国生まれ。牡。鹿毛。
父REd Ransom、母Aspiration)




tosen_crown110227-1.jpg
(中山記念の連覇なるか!トーセンクラウン

★トーセンクラウン
2004年4月16日、三石生まれ。牡。鹿毛。
父オペラハウス、母ダンデーブレイヴ<ダンシングブレーヴ>)




maruka_bolt110227-1.jpg
(★マルカボルト
2007年2月19日、浦河生まれ。牡。黒鹿毛。
父ネオユニヴァース、母ラパシオン<ノーザンテースト>)




aroma_cafe110227-1.jpg
(マンハッタンカフェの息子、アロマカフェ

★アロマカフェ
2007年3月9日、新冠生まれ。牡。黒鹿毛。
父マンハッタンカフェ、母カリーノカフェ)




captain_thule110227-1.jpg
(★キャプテントゥーレ
2005年4月5日、千歳生まれ。牡。芦毛。
父アグネスタキオン、母エアトゥーレ)




llle_daval110227-1.jpg
(★リルダヴァル
2007年4月8日、安平生まれ。牡。栗毛。
父アグネスタキオン、母ヴェイルオブアヴァロン)




tosen_captain110227-1.jpg
(★トーセンキャプテン
2004年4月5日、千歳生まれ。牡。鹿毛。
父ジャングルポケット、母サンデーピクニック)




kyoei_storm110227-1.jpg
(美しい芦毛、キョウエイストームに期待!

★キョウエイストーム
2005年5月18日、三石生まれ。牡。芦毛。
父スウェプトオーヴァーボード、母レガシーパーパス)




red_shooter110227-2.jpg
(レッドシューター)




tosen_captain110227-2.jpg
(トーセンキャプテン)




reach_the_crown110227-1.jpg
(★リーチザクラウン
2006年2月5日、千歳生まれ。牡。青鹿毛。
父スペシャルウィーク、母クラウンピース)




victoire_pissa110227-2.jpg
(逞しさに風格を加えて、平成の名馬始動!、ヴィクトワールピサ


★ヴィクトワールピサ
2007年3月31日、千歳生まれ。牡。黒鹿毛。
父ネオユニヴァース、母ホワイトウォーターアフェア)




kyoei_storm110227-2.jpg
(甘えん坊?!キョウエイストーム)




kyoei_storm110227-3.jpg
(お尻も美しい!)




kyoei_storm110227-4.jpg
(さぁ、本馬場へ。
石橋脩騎手を背に、キョウエイストーム)




captain_thule110227-2.jpg
(小牧太騎手を背に、キャプテントゥーレ)




llle_daval110227-2.jpg
(内田博幸騎手を背に、リルダヴァル)




daishin_grow110227-1.jpg
(蛯名正義騎手を背に、ダイシングロウ。

★ダイシングロウ
2004年4月1日、門別生まれ。牡。黒鹿毛。
父ダンスインザダーク、母コウユーラヴ)




mikki_dream110227-1.jpg
(和田竜二騎手を背に、ミッキードリーム。

★ミッキードリーム
2007年2月5日、安平生まれ。牡。栗毛。
父キングカメハメハ、母フローリッドコート)




victoire_pissa110227-3.jpg
(ミルコ・デムーロ騎手を背に、ヴィクトワールピサ)




victoire_pissa110227-7.jpg
(レース。

後方から進んだヴィクトワールピサは道中グングン加速し、ゴール前で
逃げ粘るキャプテントゥーレをあっさり捉えて快勝!
グランプリ・ホースの貫禄をみせつけた。

3着には、リーチザクラウンが追い上げた。
期待のキョウエイストームは伸びきれず、残念)




victoire_pissa110227-5.jpg
(終わってみれば、皐月賞馬のワン・ツーだったぁ!)




victoire_pissa110227-6.jpg
(凱旋、ヴィクトワールピサ)





victoire_pissa110227-1.jpg
(第85回『中山記念』優勝馬、ヴィクトワールピサ。
ドバイの期待が膨らむ)




victoire_pissa110227-8.jpg
(世界へ羽ばたけ!ヴィクトワールピサ)











スポンサーサイト

河津桜

kawadu_sakura110226-1.jpg
(中山の春は、河津桜から・・・2011年2月26日、
千葉・中山競馬場にて)




kawadu_sakura110226-2.jpg
(今年も見ることができた)




kawadu_sakura110226-3.jpg
(花は、ちゃんと季節を覚えている)




terfel110226-1.jpg
(5レース、3歳未勝利戦。
返し馬に入る、ターフェル。鞍上は、内田博幸騎手。3着。

★ターフェル
2008年4月2日、日高生まれ。牡。栗毛。
父キングヘイロー、母イゾルデ)




echigo_ichie110226-1.jpg
(6レース、3歳新馬戦の第4コーナー。
優勝馬は、エチゴイチエ。鞍上は、三浦皇成騎手<中央の赤い帽色>。

★エチゴイチエ
2008年5月4日、千歳生まれ。牡。鹿毛。
父ネオユニヴァース、母ダンスフォーママ)




satono_tiger110226-2.jpg
9レース『水仙賞』の返し馬。
優勝馬サトノタイガー。鞍上は、的場勇人騎手。

★サトノタイガー
2008年4月15日、千歳生まれ。牡。黒鹿毛。
父キングカメハメハ、母ファビラスターン<母母カッティングエッジ>)




tosen_k_two110226-1.jpg
(新馬戦で良く見えたトーセンケイトゥーに期待したが・・・。
鞍上は、横山典弘騎手。

★トーセンケイトゥー
2008年4月2日、千歳生まれ。牡。栗毛。
父ハーツクライ、母ファイナルディスティネーション)





satono_tiger110226-1.jpg
(一斉に、スタート!)













雨のユリカジョウ

sakurasou110224-1.jpg
(船橋競馬場も春の装い。満開の桜草がお出迎え・・・2011年2月24日、
千葉・船橋競馬場にて)




sakurasou110224-2.jpg
(いっとき、朝からの雨もあがったのに・・・)




yurika_jo110224-1.jpg
ユリカジョウが、8レース『若武者争覇in船橋賞』に出走。

★ユリカジョウ
2006年3月23日、荻伏生まれ。牝。栗毛。
父シルバーチャーム、母ハルカジョウ<母母シノクロス>)




yurika_jo110224-2.jpg
(今度は船橋で逢えたね!ユリカちゃん)




yurika_jo110224-3.jpg
(今日こそ、良い結果が出ますように!)




yurika_jo110224-4.jpg
(パドックから降りだした雨が、レースでは本降りになってしまった。
横川怜央騎手の奮闘空しく、結果は14頭頭だての10着。
私の心にも雨が降りそうだ)





今日も船橋競馬場へ。
8レースのフレッシュジョーキーズシリーズ『若武者争覇in船橋賞』に、
ユリカジョウが出走する。

競馬場の門を入ると、ピンク、赤紫、白、と色とりどりの桜草のプランターが並び
春の装いだ。
朝からの雨もあがり陽も出てきた。
この分なら、8レースの頃には良い天気になるかな。

が、パドックが始まる頃から再びパラパラ。
今日もユリカジョウは青いめんこ、下にはチークピーシーズ。
今日こそ、がんばって良い結果をだしてほしい。

願いも空しく、ユリカジョウは今日も掲示板にすら載れず、
14頭だての10着。
ゲートが開くと同時に雨が強く降りだし、ゴールインを見届けたときは
私もずぶぬれになっていた。

家に帰って、濡れたものをハンガーにつっていく。
リュック、タオル、カメラの袋。なにもかも湿っぽい。
そして、最後に湿っぽくなった気持ちも・・・。

ユリカジョウが再び花を咲かせるのはいつになるのだろう。
早くユリカちゃんにも春がきますように!













ああ、モエレベオウルフ

moere_beowulf110222-1.jpg
(これが、先頭ゴールインだったら。
どんじりに敗れたモエレベオウルフ。一体、何が。鞍上は、森泰斗騎手
・・・2011年2月22日、千葉・船橋競馬場にて。

★モエレベオウルフ
2007年4月26日、浦河生まれ。牡。鹿毛。
父ゴールドヘイロー、母ミナミノガルチ





今日は月に一度の骨折の診察日。
午後1時の予約に合わせて、家を出る。
モエレベオウルフが出走する2時30分に発走の船橋競馬7レースには
絶対間に合わないと思いつつ、万が一に備えてカメラを持って。

診察は予定どおりに終了。
経過も順調で、あと1回の受診で終わりそうでほっ。
予約日は4月19日。皐月賞の翌週だ、とパッと頭にカレンダーが浮かぶ。

やっとのことで会計を終えて船橋駅行きのバス停へ。
もしかしたら、ぎりぎりレースに間に合いそうだ。
が、バス停には誰もいない。ガーン。
次のバスまでの10分が長い。

やっとのことで船橋駅に着き、京成船橋駅から今度は船橋競馬場行きの電車に。
ホームに着くと、車両のドアが今しも閉まりそう。
吸い込まれるように乗り込む。
胸が苦しい。どうやら電車に乗り込むまで息をしていなかったようだ!?

船橋競馬場駅着が発走20分前。
これなら発走には間に合う。
せっせと歩いて、競馬場へ。
パドックに着くと、ちょうど馬たちが本馬場へ出て行ったところだった。

ゴール板前にたどり着いたのが、発走5分前。
ターフ・ビジョンにモエレベオウルフの姿が大写しになっている。
ああ、間に合った~。

ゲートが開いて、好スタートをきったベオウルフはそのまま先行している様子。
いいぞ、いいぞ、とワクワクしていたら3コーナーを過ぎたあたりで
突然、ズルズルと下がってしまった。
ワッ、故障か!
直線では馬群のどこにもいない。
どこ、どこ。

殆どの馬がゴールを過ぎた後に、一頭ぽつんと現れた。
森泰斗騎手が下馬していないので、どうやらベオ君は無事のようだ。
脱鞍所に引き上げてきたときも、森騎手は乗ったまま。

となると、一体なぜあんな後退をしてしまったのか・・・。
原因は分からないが、故障していなかったのがせめてもの救い。
レースを重ねれば、照る日、曇る日、どしゃぶりの日、大雪の日があるのは当たり前。
無事に戻ってきてくれたことが本当にうれしい。

今日は本当に残念な結果となってしまったが、どうか立て直して
また元気な姿をみせてほしい。
私も、また必死に駆けつけるからね!モエレベオウルフ。







必勝!モエレベオウルフ

moere_beowulf110209-2.jpg
(明日こそ7勝目を!モエレベオウルフ

※写真はC1戦2着時。鞍上は、森泰斗騎手
・・・2011年2月9日、埼玉・浦和競馬場にて。

★モエレベオウルフ
2007年4月26日、浦河生まれ。牡。鹿毛。
父ゴールドヘイロー、母ミナミノガルチ




モエレベオウルフが明日22日の船橋競馬、7レースに出走するという知らせが
携帯に届いた。
えーっ、もう出るの?!しかも明日だなんて!
携帯をじっと見つめて、しばし固まってしまった。

明日は月に一度の骨折診察日。
ばっちり時間まで指定されているので変えられない。
しかも、ベオウルフの前走は2月9日だったから、次は早くても今月末だろうな、
などと勝手に予想していた。
中一週の出走は全く思ってもいなかった・・・。

どうして明日なんだろ。
たった一日ずれてくれていたら、行けたのに。グスン。
でも行かないほうが勝てる公算が高いかもしれない。
初めて応援に行ったら、6連勝をストップさせてしまったからなぁ。

それにベオウルフはまだまだこれから出世してくれると信じているから、
また近いうちに応援に行ける。
明日はじっと我慢して、心の中でエールを送ろう。

今度こそ7勝目をあげられますように!モエレベオウルフ。
ガルチ・ママもきっと雪の日高から応援してるよ!








トランセンド

diamond_ask110220-1.jpg
(4レース、3歳未勝利戦。
ダイヤモンドアスク、始動・・・2011年2月20日、東京競馬場にて。

★ダイヤモンドアスク
2008年4月27日、新ひだか生まれ。牝。黒鹿毛。
父ジャングルポケット、母フューチャサンデー<母母アスクローザ>)




diamond_ask110220-2.jpg
(武士沢友治騎手を背に、本馬場へ。

レースでは直線でほかの2頭と共に進路妨害の不利を受けたが、
立て直して追い上げ5着。まともだったらと残念でならない。
※1着入線馬は7着に降着)




cognizant110220-1.jpg
(5レース、3歳新馬戦優勝馬、カグニザント。

また一頭、すてきな新馬に出会えた。
気品あふれる面差し、静かな闘志を秘めた周回に目が離せなかった。
今後が楽しみ!

★カグニザント
2008年4月16日、安平生まれ。牡。黒鹿毛。
父ネオユニヴァース、母インコグニート)




crack_seed110220-1.jpg
(7レース、4歳上1000万下戦。
秋華賞以来だね!クラックシード
元気な姿に会えてうれしいです。

★クラックシード
2007年5月5日、白老生まれ。牝。黒鹿毛。
父キングカメハメハ、母ファビラスキャット)




crack_seed110220-2.jpg
(今年も、さらなる活躍を!)




oro_meister110220-2.jpg
(第28回『フェブラリーステークス』。

★オーロマイスター
2005年1月31日、三石生まれ。牡。鹿毛。
父ゴールドアリュール、母フェアリーワルツ)




cosmo_phantom110220-1.jpg
(★コスモファントム
2007年2月8日、米国生まれ。牡。鹿毛。
父Stephen Got Even、母Southern House)




daisho_jet110220-1.jpg
(★ダイショウジェット
2003年4月22日、浦河生まれ。牡。鹿毛。
父クリプティックラスカル、母デューティエコー)







             ~~~ この間更新中です ~~~





trransecend110220-1.jpg
(第28回『フェブラリーステークス』優勝馬、トランセンド。
人気どおりに、一番良く見えた。

★トランセンド
2006年3月9日、新冠生まれ。牡。鹿毛。
父ワイルドラッシュ、母シネマスコープ)









アパパネ回避

koubai110219-1.jpg
(チワワの額ほどの小庭にも、春がきました・・・2011年2月19日、
千葉・鎌ケ谷にて)




apapane101017-9.jpg
(万全の体調でターフに戻ってきてほしい!アパパネ~!
★写真は、秋華賞優勝時。鞍上は、蛯名正義騎手・・・2010年10月17日、
京都競馬場にて)




来週の中山は、いつにも増して楽しみだった。
中山記念にアパパネがエントリーしていたからだ。

アパパネの応援に出かけた秋華賞の帰りに骨折した足も、アパパネの始動に
あわせるように良くなった。
中山記念の後は、盛大に?!骨折の快復祝いをするつもりだった。

それなのに、それなのに、携帯に届いた残念な知らせ。
アパパネは熱発のため回避するという。
本当に残念でならないが、身体の回復が最優先。
体調を万全にして、いつもの元気いっぱいの姿を見せてほしいと願うばかり。

一日も早く元気になってね、アパパネちゃん!












マイネルウーノ

meiner_uno091206-1.jpg
ミスターシービーの孫マイネルウーノが、
2月19日<土>東京競馬8レース、4歳上500万下戦で復帰!
※写真は、2歳新馬戦出走時・・・2009年12月6日、
千葉・中山競馬場にて。

★マイネルウーノ
2007年5月26日、青森生まれ。牡。鹿毛。
父オペラハウス、母ゴーゴーイチ<ミスターシービー>)






クラックシード

crack_seed100911-3.jpg
クラックシードが、2月20日<日>東京競馬7レース、4歳上1000万下戦で
始動!
※写真は、紫苑ステークス2着時。鞍上は、伊藤工真騎手・・・2010年9月11日、
千葉・中山競馬場にて。

★クラックシード
2007年5月5日、白老生まれ。牝。黒鹿毛。
父キングカメハメハ、母ファビラスキャット)






センゴクシルバー

sengoku_silver080613-3.jpg
(第44回<1994年>『ダイヤモンドステークス』優勝馬、センゴクシルバー
・・・2008年6月13日、根岸競馬記念公苑にて。

★センゴクシルバー
1989年4月7日、浦河生まれ。牡。芦毛。
父ディカードレム、母センゴククリスタル)




アグネスデジタル

tubaki110215-1.jpg
(3年ぶりの積雪に、椿も雪化粧・・・2011年2月15日、千葉・鎌ケ谷にて)




agnes_digital090126-2.jpg
(第19回<2002年>『フェブラリーステークス』優勝馬
アグネスデジタル・・・2009年12月6日、北海道・新冠にて。

★アグネスデジタル
1997年5月15日、米国生まれ。牡。栗毛。
父Crafty Prospector、母Chancey Squaw)






シルクメビウス

silk_mobius091107-1.jpg
『フェブラリーステークス』出走予定馬、シルクメビウス
※写真は、『武蔵野ステークス』出走時
・・・2009年11月7日、東京競馬場にて。

★シルクメビウス
2006年4月16日、門別生まれ。牡。鹿毛。
父ステイゴールド、母チャンネルワン)






復調!ディープサウンド

attirant110213-1.jpg
(2レース、3歳牝新馬戦。
優勝馬アティロン・・・2011年2月13日、東京競馬場にて。

★アティロン
2008年3月24日、新冠生まれ。牝。鹿毛。
父サクラプレジデント、母チヨノビンコ)




sister_moon110213-1.jpg
(アッミラーレの娘、シスタームーン。

★シスタームーン
2008年4月15日、新ひだか生まれ。牝。青鹿毛。
父アッミラーレ、母レーヴドアクトレス)




nokaze110213-1.jpg
(★ノカゼ
2008年4月22日、新冠生まれ。牝。鹿毛。
父サクラプレジデント、母エレガントダンサー)




payador110213-1.jpg
(一番良く見えたパヤドール。2着に敗れて残念!
鞍上は、横山典弘騎手)




machikane_ryuusei110213-2.jpg
(競馬場は、美しい誘導馬たちに逢えるのも大きな楽しみ。
左から、マチカネリュウセイユーワビスケット

★マチカネリュウセイ
1999年5月3日、米国生まれ。牡。芦毛。
父EL Prado、母Above Mystery。

★ユーワビスケット
2002年2月1日、米国生まれ。牡。芦毛。
父Cozzene、母Free Fantasy)




orionza_joketsu110213-1.jpg
(木幡初広騎手を背に、オリオンザジョケツ。

★オリオンザジョケツ
2008年3月20日、新冠生まれ。牝。鹿毛。
父コマンダーインチーフ、母マルゼンラッド<ミルジョージ>)




payador110213-2.jpg
(次は先頭ゴールインを!パヤドール)




loverly_defar110213-1.jpg
(3レース、3歳未勝利戦。
一番良く見えた、ラヴァリーデファー。

★ラヴァリーデファー
2008年5月4日、浦河生まれ。牡。栗毛。
父アグネスフライト、母パリモニー)




loverly_defar110213-2.jpg
(素顔で本馬場へ。鞍上は、田中勝春騎手)




out_hit110213-1.jpg
(村田一誠騎手を背に、アウトヒット。

★アウトヒット
2008年3月25日、日高生まれ。牡。鹿毛。
父ティンバーカントリー、母ホホエミ)




takeden_yellow110213-1.jpg
(大庭和弥騎手を背に、タケデンイエロー。

★タケデンイエロー
2008年3月31日、浦河生まれ。セン。栗毛。
父アメリカンボス、母タケデンプレイズ)




tomiken_vessel110213-1.jpg
(アドマイヤコジーンの息子、トミケンベッセル。3着。
鞍上は、ミルコ・デムーロ騎手。

★トミケンベッセル
2008年4月21日、平取生まれ。牡。鹿毛。
父アドマイヤコジーン、母センターシャイネン<ブライアンズタイム>)




soul_of_h110213-1.jpg
(フランシス・ベリー騎手を背に、ソウルオブエイチ。2着。

★ソウルオブエイチ
2008年1月13日、大樹生まれ。牡。鹿毛。
父キングカメハメハ、母スターリーヘヴン)




loverly_defar110213-3.jpg
(次走に期待!ラヴァリーデファー)
 




success_silhouette110213-1.jpg
(5レース、3歳牝未勝利戦。
今日こそ勝ちあがれ!サクセスシルエット
・・・2011年2月13日、東京競馬場にて。

★サクセスシルエット
2008年3月19日、浦河生まれ。牝。鹿毛。
父ディープインパクト、母フェアレストケープ)




success_silhouette110213-2.jpg
(気合を秘めて・・・)




success_silhouette110213-3.jpg
(笑顔で本馬場へ。鞍上は、北村宏司騎手)




cafe_venetian110213-1.jpg
(誘導馬、カフェベネチアン。

★カフェベネチアン
2000年3月29日、米国生まれ。牡。芦毛。
父Unbridled’s Song、母Astaire Case)




machikane_ryuusei110213-1.jpg
(左から、カフェベネチアン、ユーワビスケット、マチカネリュウセイ)




success_silhouette110213-4.jpg
(レース。
サクセスシルエットは好スタート。
直線で追い上げたものの届かず、3着。次走に期待します)




tsukuba_king110213-1.jpg
(7レース、4歳上500万下戦。
デビュー戦で馬っぷりの良さにほれたツクバキング
今日も抜群にかっこいい!

★ツクバキング
2007年3月16日、日高生まれ。セン。黒鹿毛。
父キングカメハメハ、母ウェディングシルク)




tsukuba_king110213-2.jpg
(惜敗続きにピリオドを打ち、今日こそ突き抜けてくれると
期待したが・・・)




kimon_white110213-1.jpg
(誘導馬、キモンホワイト。
偶然にも、ツクバキングと同じ牧場さんの出身だった。

★キモンホワイト
2005年5月22日、門別生まれ。牡。芦毛。
父ワイルドラッシュ、母オイワケトモエ)




kimon_white110213-2.jpg
(いつかキミも、名前のように真っ白になるのかな)




gold_sparkle110213-1.jpg
(8レース、4歳上500万下戦。
アントニー・クラストゥス騎手を背に、ゴールドスパークル。

★ゴールドスパークル
2006年4月11日、新ひだか生まれ。牡。栗毛。
父ステイゴールド、母ミノリスパークル<プルラリズム>)




gold_sparkle110213-2.jpg
(一番人気に応えた、
クラストゥス騎手とゴールドスパークル)




miorichan110213-1.jpg
(10レース『雲雀ステークス』。
お久しぶり、ミオリチャン

★ミオリチャン
2007年5月4日、千歳生まれ。牝。芦毛。
父スウェプトオーヴァーボード、母ミスアルダント)




miorichan110213-2.jpg
(明日はバレンタイン・デー。
ミオリチャンはだれにチョコあげるの?!)




double_o_seven110213-1.jpg
(11レース、第45回『共同通信杯』<トキノミノル記念>。

船橋競馬から参戦!ダブルオーセブン。
人気薄を跳ね除けて、5着に健闘。

★ダブルオーセブン
2008年2月28日、日高生まれ。牡。黒鹿毛。
父ダイタクサージャン、母マックスエイト)




miyabi_farnese110213-2.jpg
ロージズインメイの息子、ミヤビファルネーゼ。

★ミヤビファルネーゼ
2008年3月28日、浦河生まれ。牡。黒鹿毛。
父ロージズインメイ、母タフグレイス<システィーナ>)






robin_foot110213-1.jpg
ゼンノエルシドの息子、ロビンフット。

★ロビンフット
2008年3月11日、新冠生まれ。牡。青鹿毛。
父ゼンノエルシド、母サンディフォルス)





deep_sound110213-1.jpg
(マイ・クラシック候補、ディープサウンド
3着に粘り、ホープフル・ステークス惨敗の悪夢を払拭した。
改めて、クラシックへの視界が開けてきたぞ!

★ディープサウンド
2008年3月8日、千歳生まれ。牡。鹿毛。
父ディープインパクト、母ジョセット)




nakayama_knight110213-1.jpg
(優勝馬、ナカヤマナイト。

★ナカヤマナイト
2008年3月24日、日高生まれ。牡。栗毛。
ステイゴールド、母フィジーガール)




nakayama_knight110213-2.jpg
(本馬場入場&返し馬。
柴田善臣騎手を背に、ナカヤマナイト)




tatsu_mi_ryu110213-1.jpg
チーフベアハートの息子、タツミリュウ。
鞍上は、江田照男騎手。

★タツミリュウ
2008年3月25日、浦河生まれ。牡。栗毛。
父チーフベアハート、母メイショウユウゼン)




only_the_brave110213-1.jpg
(アントニー・クラストゥス騎手を背に、オンリーザブレイヴ。

★オンリーザブレイヴ
2008年3月6日、千歳生まれ。牡。鹿毛。
父ディープインパクト、母プラウドビューティー)




double_o_seven110213-2.jpg
(大井競馬の戸崎圭太騎手を背に、ダブルオーセブン)




miyabi_farnese110213-1.jpg
(吉田豊騎手を背に、ミヤビファルネーゼ)





belshazzar110213-1.jpg
(ミルコ・デムーロ騎手を背に、ベルシャザール。

★ベルシャザール
2008年4月25日、千歳生まれ。牡。鹿毛。
父キングカメハメハ、母ジョセット)




big_romance110213-1.jpg
(田中勝春騎手を背に、ビッグロマンス。

★ビッグロマンス
2008年3月27日、新冠生まれ。牡。黒鹿毛。
父グラスワンダー、母グリーンヒルマック<ダンシングブレーヴ>)




robin_foot110213-2.jpg
(後藤浩輝騎手を背に、ロビンフット)




danon_ballade110213-1.jpg
(武豊騎手を背に、ダノンバラード。

★ダノンバラード
2008年2月19日、新ひだか生まれ。牡。黒鹿毛。
父ディープインパクト、母レディバラード)




danon_ballade110213-2.jpg
(一番人気に応えられず・・・。リベンジに期待します!)




deep_sound110213-2.jpg
(クラシックへ、ひた走れ!
蛯名正義騎手を背に、ディープサウンド)





祝!ロングスローイン

long_throw_in101218-1.jpg
ハンソデバンドの半弟ロングスローインが、
本日の東京競馬5レース、3歳未勝利戦を勝ち上がった。
※写真は、3歳未勝利戦2着時・・・2010年12月18日、
千葉・中山競馬場にて。

★ロングスローイン
2008年4月3日、苫小牧生まれ。牡。鹿毛。
父ジャングルポケット、母クラウンアスリート)




明日は、クラシック前哨戦『共同通信杯』。
奇しくも、昨年の優勝馬ハンソデバンドの半弟ロングスローインが三戦目にして
3歳未勝利戦を勝ち上がった。

共同通信杯を快勝し、そのままクラシック路線に名を刻むかと楽しみにしていた
ハンソデバンドはその後は、鳴かず飛ばず。
いまだターフにも戻ってこない。一体、どうしちゃったんだろ。

おーい、ハンソデ君、早く戻っておいで。
兄弟で活躍する姿を早く見たいよぉ~!





エアジョーダン

air_jordan920216-1.jpg
(第26回<1992年>『共同通信杯』優勝馬、エアジョーダン
・・・1992年2月16日、東京競馬場にて。

★エアジョーダン
1989年3月31日、門別生まれ。牡。鹿毛。
父アンバーシャダイ、母アンブラッセ<テスコボーイ>)






大物感十分に見えたエアジョーダン。
ダービーはこの馬!と夢を膨らませたが、次の若葉賞がラストランとなってしまった。
数年前、繋養先のノーザンホースパークで元気な姿を見られてうれしかった。





ありがとう!グラールストーン

kirameku.jpg
(グラちゃん、たくさんの楽しい想い出をありがとう!
・・・2003年2月9日、千葉・佐原にて。

★グラールストーン
1989年4月8日、浦河生まれ。牡。栗毛。
父ノーリュート、母ウラカワミユキ。
2011年2月5日、腸捻転のため死去。享年22歳)





「イグレット軽種馬フォスターペアレントの会」のフォスターホース、
グラールストーンが2月5日、亡くなっていたことを知った。
突然の訃報にとまどうばかり。
繋養先の佐原で元気にしているとばかり思っていた。

前日から腹痛が始まり、手術したものの手の施しようがなく安楽死と
なったという。死因は、腸捻転。享年22歳。

フォスターホース第1号のグラールストーン。
私が会員になったのも、グラが会代表のNさんと一緒に写っていた新聞記事が
きっかけだった。

大好物のりんごとニンジンをぶら下げて、馬房の前へいくと
鼻をならして喜んでくれたグラ。
まじめに会員さんを乗せていたグラ。
牝馬を見ると、ボボボボ~ッとうれしそうに鳴いていたグラ。
栗毛のイケメンだったのに、なぜか癒し系だったグラ。

佐原にグラがいなくなるなんて、想像もしていなかった。
ぽっかりと穴が空いたような寂しさだ。

でも、グラールストーンが残してくれた足跡は、そのまま引退競走馬の幸せな歩みだった。
会のスタッフの皆さんの篤い思いと会員の皆さんの温かな気持ちに支えられて、
グラは幸せな歳月を送ることができた。

私もグラちゃんと出会えて、本当に幸せだった。
たくさんの楽しい想い出をありがとう!と心から伝えたい。
グラちゃん、どうか安らかにお眠りください。




        ~~~   グラールストーンの想い出   ~~~



grail_stone020725_1.jpg
(初めて出会った日・・・2002年7月25日)






grail_stone020810_1.jpg
(夏の花が咲き乱れるパドックに佇んでいた・・・2002年8月10日)






grail_stone020810_2.jpg
(横顔・・・2002年8月10日)






grail_stone020921-1.jpg
(大好きな日光浴・・・2002年9月21日)






grail_stone020921-2.jpg
(ぼぼぼぼ~っ・・・2002年9月21日)






grail_stone020921-3.jpg
(おすまし・・・2002年9月21日)






grail_stone020921-4.jpg
(お手入れ・・・2002年9月21日)






grail_stone020921-5.jpg
(いい気持ち・・・2002年9月21日)






ryokuin.jpg
(緑に包まれて・・・2002年10月13日)






unaji.jpg
(キュートなうなじ・・・2003年2月9日)






grail_stone030209-1.jpg
(ぷっくりな横顔・・・2003年2月9日)






grail_stone030209-2.jpg
(まじめにレッスン・・・2003年2月9日)






grail_stone030209-3.jpg
(シアワセ・・・2003年2月9日)






grail_stone030209-4.jpg
(癒し系・・・2003年2月9日)






grail_stone030209-5.jpg
(いななき・・・2003年2月9日)






grail_stone030209-6.jpg
(友達と・・・2003年2月9日)






shiawase.jpg
(人間を信じていた・・・2003年5月5日)






sakutei.jpg
(削蹄中・・・2003年6月21日)






grail_stone031102-1.jpg
(食欲旺盛!?・・・2003年11月2日)






grail_stone031102-2.jpg
(ナニカ、ゴヨウデスカ?・・・2003年11月2日)






grail_stone031102-3.jpg
(しっかり拭いてね・・・2003年11月2日)






grail_stone031102-4.jpg
(至福のとき・・・2003年11月2日)






grail_stone071207-1.jpg
(冬色に染まって・・・2007年12月7日)






grail_stone071207-2.jpg
(穏やかな時間が流れて・・・2007年12月7日)






grail_stone071207-3.jpg
(馬場へ・・・2007年12月7日)






grail_stone071207-4.jpg
(きめ細やかなケアが長生きの秘訣だった・・・2007年12月7日)






grail_stone071207-5.jpg
(乗り運動は欠かせない・・・2007年12月7日)






grail_stone090430-1.jpg
(春の陽を浴びながら・・・2009年4月30日)



                   改めて、グラールストーンのご冥福をお祈りいたします。


















あと一歩!モエレベオウルフ

moere_beowulf110209-1.jpg
(浦和競馬9レース、C1戦。
森泰斗騎手を背に逃げ切れるかと思われたが、直線で交わされて無念の2着。
7勝目まで、あと一歩!がんばれ!モエレベオウルフ!・・・2011年2月9日、
埼玉・浦和競馬場にて。

★モエレベオウルフ
2007年4月26日、浦河生まれ。牡。鹿毛。
父ゴールドヘイロー、母ミナミノガルチ










エリモダンディー17歳

erimo_dandy971102-101.jpg
エリモダンディーは三冠全てに出走、小さな身体でがんばった。
※写真は、『菊花賞』出走時・・・1997年11月2日、京都競馬場にて。

★エリモダンディー
1994年5月11日、えりも生まれ。牡。黒鹿毛。
父ブライアンズタイム、母エリモフローレンス<イルドブルボン>)




今日2月8日は、1998年に4歳で亡くなったエリモダンディーの命日。
お線香をあげ手を合わせ、(天国で元気にやってるかい)と声をかける。

デビュー戦は396キロ、その後も410キロ前後を推移していた小さな馬。
同厩舎の偉大な先輩、ナリタブライアンと同じブライアンズタイムを父に持ち、
雰囲気が良く似ていたせいか、小さなナリタブライアン=「小ブー<(こぶー)」と
呼ばれていたそうな。

全身バネのような身体で、後方からグイグイ押し上げて自分より大きな馬たちを
なぎ倒した。

健在なら、今年17歳。
ダービーを一緒に走ったメジロブライト、サイレンススズカも逝ってしまったが、
サニーブライアン、シルクジャスティスは静かに余生を送っている。
17歳になったダンディーの姿は想像できないが、きっと、若いときと
そんなに変わらないような気がする。
特にやんちゃな目つきは・・・。

これからも毎年、ダンディーは心の中で歳を重ねるだろう。
20歳になっても、30歳になっても・・・。












フューチャサンデー三代

future_sunday000105-1.jpg
(第35回<2000年>『クイーンカップ』優勝馬、フューチャサンデー。
父譲りの馬っぷりの良さに注目した。
※写真は、新馬戦優勝時・・・2000年1月5日、千葉・中山競馬場にて。

★フューチャサンデー
1997年4月28日、新冠生まれ。牝。青鹿毛。
父サンデーサイレンス、母アスクローザ)




diamond_ask100918-1.jpg
(フューチャサンデーの娘、ダイアモンドアスク
額の星は、母譲り。一日も早い復帰を願っています。
※写真は、新馬戦出走時・・・2010年9月19日、
千葉・中山競馬場にて。

★ダイヤモンドアスク
2008年4月27日、新ひだか生まれ。牝。黒鹿毛。
父ジャングルポケット、母フューチャサンデー)




ask_rosier920202-1.jpg
(フューチャサンデーの母、そしてダイアモンドアスクの祖母、アスクローザ。
※写真は、『クイーンカップ』出走時・・・1992年2月2日、東京競馬場にて。

★アスクローザ
1989年3月20日、新冠生まれ。牝。鹿毛。
父リアルシャダイ、母オオミーアキノ<ノーザンテースト>)









祈る復活!ショウワモダン

showa_modern100606-6.jpg
(あの素晴らしい走りをもう一度!ショウワモダン
※写真は、『安田記念』優勝時。鞍上は、後藤浩輝騎手・・・2010年6月6日、
東京競馬場にて。

★ショウワモダン
2004年3月31日、千歳生まれ。牡。鹿毛。
父エアジハード、母ユメシバイ)




朝、目が覚めると、なんだか昨日のことが夢のよう。
ゆっくり思い返してみる。
夢じゃない!確かにハルカフジに逢えた!
京都競馬場に行った。
パドックで目の前を、ハルカッコの息子が周回していた。

テレビをつけ、競馬中継を観る。
大写しになった京都競馬場。
昨日、胸いっぱいになりながらパドックにはりついていたのが、
もう随分前のことのように思える。

今日は、府中で『東京新聞杯』。
ショウワモダンの復活を見届けに行くはずだった。
パドックを周回するモダンは活気があって、随分調子よさそう。
60キロの酷量もきっと克服してくれるに違いない。

が、期待も空しく結果はブービー。
優勝は、スマイルジャック。

出るのはため息ばかりなり。
まだ、『安田記念』当時の勢いは戻っていないようだ。
でも、今年はまだ始まったばかり。
調教の調子も良かったというから、あきらめるのは早い。

一日も早い復活を祈っています!ショウワモダン!




祝デビュー!ハルカフジ

padock110205-1.jpg
(色とりどりのパンジーに飾られて、パドックは春の装い・・・2011年2月5日、
京都競馬場にて)




haruka_fuji110205-1.jpg
(4レース、3歳新馬戦のパドックが始まった。
15番目に、ハルカフジ登場。
あっ、厩舎めんこをしていない、素顔だ。

★ハルカフジ
2008年3月26日、新冠生まれ。牡。鹿毛。
父ルールオブロー、
母ハルカッコ<母母ハルカジョウ、母母母シノクロス>)




haruka_fuji110205-2.jpg
(すっかり競走馬らしくなって・・・)




haruka_fuji110205-3.jpg
(顔つきも)




haruka_fuji110205-4.jpg
(ハルカフジ、デビューおめでとう!
この日をずっと、ずっと待っていたよ)




haruka_fuji110205-5.jpg
(騎乗合図がかかったが、騎手が乗らずに残念!)




haruka_fuji110205-6.jpg
(力いっぱい、がんばれ!
きっと、ハルカッコ・ママも応援してるよ)




haruka_fuji110205-7.jpg
(藤岡佑介騎手を背に、本馬場入場&返し馬)




haruka_fuji110205-8.jpg
(レース。好スタートで先頭集団へ)




haruka_fuji110205-9.jpg
(ゴール前直線。
13番人気で6着にがんばった!)




haruka_fuji110205-10.jpg
(レースを終えて)




haruka_fuji110205-11.jpg
(藤岡騎手が、ハルカフジの肩をポンポンとたたいて
ねぎらっていた)




nanohana110205-1.jpg
(場内の花壇には、菜の花が満開。
ハルカフジの馬具の色がだぶってくる。
フジ君も一日も早く、花を咲かせられますように)






今日、いよいよハルカフジがデビューする。

4時きっちりに目覚ましが鳴って、パパッと支度して
4時30分に迎えのタクシーに乗って、6時発の新幹線で京都へ。
馬に逢うためなら、どんなに早くてもOK!全く、現金なアタシ。

新幹線に揺られて爆睡していたが、ふっと目が覚めて窓の外を見ると
一面の雪景色。
ドキッ、まさか京都も大雪?!競馬が中止なんてないよね?!
急に不安になったが、京都へ近づくに連れて雪も消え一安心。

アパパネの秋華賞以来の京都競馬場。
道中、入念にストレッチをしながら着いたので、足の具合もOK。
スタスタと歩いて、正門にたどり着いたら、きっちり開門に間に合った。

ハルカフジの出走は4レース。
それまで、しっかりパドックにはりつく。
お日様が出ていなくて残念だが、外にずっといても寒くないのは
ありがたい。
でも、できれば光がほしかったなぁ、なんてつい欲張りな気持ちもぽちっと。

3レースが終わり、いよいよ4レースのパドックが始まった。
馬番15のフジ君、厩舎カラーの黄色の馬具をつけて15頭目に
行儀良く姿を現した。
あっ、母のハルカッコもつけていた厩舎のめんこをつけていない。
素顔が見られてラッキー!

推定460キロと聞いていたが、今日の馬体重は456キロ。
460でも大きいほうではないと思っていたが、それも切っていたので
ちょっと心配になった。

でも、ゆったりと気持ち良さそうに周回する姿にそんな心配も消えた。
すっかり競走馬らしい顔と身体になって、感無量。
感じは、母より父のルールオブローに似ているような。
目の前に来るたびに、心の中で(がんばって走るんだよ)と声をかける。

騎乗合図がかかったが、藤岡祐介騎手は乗らず、ちょっと残念。
パドックを見渡しても、騎手はパラパラ。
騎手が乗ってこその競走馬。
せめて新馬戦くらいは、全員が騎乗してほしいものだ。

レースはスタンド前からスタート。
二度、目の前で姿を見られるのでうれしい。
大外なので心配したが、好スタートを切るとスイスイと先頭集団へ。
4コーナーでは雁行し、おっ、勝ち負けか!とリキが入ったが
結局6着。

掲示板に載れたらよかったのに、とつい欲がでた。
でも大崩れせずに、良くがんばった。
後で知ったけど、16頭中13番人気だったという。

レースを終えて引き上げてきたフジ君、藤岡騎手に首をポンポンとたたかれて。
馬をねぎらう姿は、いつ見ても気持ちがいい。

レースが終わり出走馬が引き上げ、静寂の戻った馬場。
自分が走ったかのようにすっかり全身の力が抜けて、スタンドに座り込む。
頭上にはどこまでも広い空。

見上げていたら、空の中からハルカッコの姿が見えてきた。
優しいまなざしで、こちらをじっと見ている。
やっぱり、一人息子を精一杯応援していたんだね。
じわっと涙が滲んだ。







ハルカフジ

rose110204-1.jpg
(ハルカフジのデビューを祝って、バラを飾ってみた。
花色は、枠色8に合わせてピンクに・・・2011年2月4日、千葉・鎌ケ谷にて)




harukakko090520-1.jpg
(デビュー、おめでとう!
ハルカッコ・ママもきっと見守ってくれてるよ
・・・2009年5月20日、北海道・新冠にて)




立春の朝。
いつものように、サンスポの週末出走馬欄を見ていたら、
京都4レース新馬戦に、ハルカフジの名前を発見!
おおっ、いよいよデビューだ。
昨夜、恵方巻きを食べて豆まきをしたご利益が早くも現れた!?

それにしても、調教が進んでいたのでそろそろとは思っていたが明日とは。
ココロの準備ができていなかったので、ちょっとあせる。

まずは落ち着いて、落ち着いて。
4レースなら日帰りで間に合うし、お天気もだいじょうぶそうだ。
そうと決まったら、行動開始。
新幹線の切符を買って、荷造りをして準備完了。

秋華賞以来の京都競馬場。
あの日骨折した右足も殆ど治った。
骨折してまもない頃だったら絶対行けなかった、ハルカフジのデビュー戦。
なんというグッドタイミングだろう。

新潟競馬場へ、ハルカッコのデビューを見届けに行った5年前を切なく想い出す。
どうか無事にそして良い結果がでますように・・・。
きっと、ハルカッコも遠いところから息子の晴れ姿を見守っているに違いない。





ショウワモダン

showa_modern100606-1.jpg
(また、この笑顔が見たい!
第61回『東京新聞杯』出走予定馬、ショウワモダン
※写真は、『安田記念』優勝時。鞍上は、後藤浩輝騎手
・・・2010年6月6日、東京競馬場にて。

2004年3月31日、千歳生まれ。牡。鹿毛。
父エアジハード、母ユメシバイ)







シルポート

silport100926-1.jpg
(第61回『東京新聞杯』出走予定馬、シルポート
※写真は、『オールカマー』出走時
・・・2010年9月26日、千葉・中山競馬場にて。


★シルポート
2005年3月24日、静内生まれ。牡。鹿毛。
父ホワイトマズル、母スペランツァ)







 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。