カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマニングローバル

被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・義援金募集掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg

kobushi110330-1.jpg
(空いちめんに辛夷<コブシ>の花
・・・2011年3月30日、千葉・鎌ケ谷にて)




shiro_suisen110330-1.jpg
(白い水仙も、今が盛り)




murasaki_hanana110330-1.jpg
(好きな花色、紫花菜)




aka_tubaki110330-1.jpg
(椿の紅も美しい)




asebi110330-1.jpg
(馬酔木<アセビ>)




kobushi110330-2.jpg
(あっ、また辛夷!)




yamanin_global010127-3.jpg
(第40回<1992年>日経賞に出走したヤマニングローバル
・・・2001年1月27日、北海道・静内にて。

デイリー杯<旧>3歳ステークス優勝直後に生命にかかわる骨折を負いながら、
脚にボルトを入れて復活。
アルゼンチン共和国杯、目黒記念を優勝したほか、天皇賞秋3着、高松宮杯3着など
古馬重賞戦線で活躍した。

★ヤマニングローバル
1987年4月11日、静内生まれ。牡。鹿毛。
父ミスターシービー<トウショウボーイ>、母ヤマニンペニー<Nijinsky>)




yamanin_global010127-4.jpg
(レースをあきらめないその走りっぷりには頭が下がった)




☆☆☆☆☆ 被災馬支援関連サイトのご紹介 ☆☆☆☆☆

 引退馬協会

 日本馬術連盟

 馬とあゆむSOMA

 ”世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所

 ヤスノ保育園

 ☆星ノ雷電王の「ときがわ日記」

hisaibashienkikin.jpg
(※→こちらをクリックしてください)


スポンサーサイト

キョウエイストーム

被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・義援金募集掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg

kyoei_storm110227-4.jpg
(今度こそ先頭ゴールインを!
第43回ダービー卿チャレンジトロフィー出走登録馬、キョウエイストーム

※写真は、中山記念出走時。
鞍上は、石橋脩騎手・・・2011年2月27日、千葉・中山競馬場にて。

★キョウエイストーム
2005年5月18日、三石生まれ。牡。芦毛。
父スウェプトオーヴァーボード、母レガシーパーパス)


ganbarou_nipponn4.jpg
(馬を愛する皆さん!力を合わせて被災馬を支援しましょう!@応援団長:ウイニングチケット)

☆☆☆☆☆ 被災馬支援関連サイトのご紹介 ☆☆☆☆☆

 引退馬協会

 日本馬術連盟

 馬とあゆむSOMA

 ”世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所

 ヤスノ保育園

 ☆星ノ雷電王の「ときがわ日記」

hisaibashienkikin.jpg
(※→こちらをクリックしてください)

安らかに.....ウエスタンビーナス

被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・義援金募集掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg

western_venus100801-1.jpg
(阪神のターフに散ったウエスタンビーナス

こころよりご冥福をお祈りします。
どうか安らかにお眠りください。

※写真は、UHB杯優勝時・・・2010年8月1日、
北海道・函館競馬場にて。

★ウエスタンビーナス
2003年4月18日、静内生まれ。牝。黒鹿毛。
父ボストンハーバー、母ウエスタンシャープ。

2011年3月27日、高松宮記念4コーナーで競走を中止。
右第1趾骨粉砕骨折を発症し、予後不良。享年8歳)




☆☆☆☆☆ 被災馬支援関連サイトのご紹介 ☆☆☆☆☆

 引退馬協会

 日本馬術連盟

 馬とあゆむSOMA

 ”世界でひとつ”ばんえい競馬の診療所

 ヤスノ保育園

 ☆星ノ雷電王の「ときがわ日記」


hisaibashienkikin.jpg
(※→こちらをクリックしてください)



ありがとう!ヴィクトワールピサ

被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・義援金募集掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg

muscari110327-1.jpg
(枯れ草の中からムクムクと花首をもたげて、
今年もムスカリがかわいい顔を見せてくれた。

花言葉は、「通じ合う心」、「寛大な愛」、「明るい未来」
・・・2011年3月27日、千葉・鎌ケ谷にて)




victoire_pissa110227-6.jpg
(ドバイワールドカップ優勝おめでとう!
ヴィクトワールピサ
※写真は、中山記念優勝時。鞍上はドバイでも
ヴィクトを優勝に導いたミルコ・デムーロ騎手
・・・2011年2月27日、千葉・中山競馬場にて)


今朝、ドバイから信じられないような朗報が届いた。
ドバイワールドカップでヴィクトワールピサが優勝!
そして2着にもトランセンドががんばって、日本馬の初優勝そしてワン・ツーという快挙!

デムーロ騎手が、優勝インタビューで涙声で答えていた。
レースの朝、被災した日本のために祈っていたという。
ヴィクトはその祈りにしっかり応えたんだね。

ヴィクトワールピサ(ミルコ・デムーロ騎手、ドバイワールドカップ優勝)、
トランセンド(藤田伸二騎手、同レース2着)、ブエナビスタ(ライアン・ムーア騎手、
同レース8着)、
ルーラーシップ(クリストフ・スミヨン騎手、ドバイシーマクラシック6着)、
レーザーバレット(藤田伸二騎手、UAEダービー9着)。

大震災と戦う日本に、日本人に、日本の馬に計り知れない希望、勇気、元気を
届けてくれたチーム・ジャパンの人馬に、心からありがとう!



ganbarou_nipponn4.jpg
(馬を愛する皆さん!力を合わせて被災馬を支援しましょう!@応援団長:ウイニングチケット)

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibashienkikin.jpg




シャコーグレイド23歳

被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・義援金募集掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg

shakograde080726-5.jpg
(スポットライトを浴びて。八ヶ岳ホースショーに出演したシャコーグレイド
・・・2008年7月26日、山梨・北杜にて。

★シャコーグレイド
1988年3月27日、新冠生まれ。牡。黒鹿毛。
父ミスターシービー<トウショウボーイ>、母シュアンス<ダンディルート>)




あっ、明日はシャコーグレイドのバースデーだ!
3月11日の大震災以来、すっかり心の暦もめちゃくちゃになってしまって、
大事な馬の誕生日すら忘れ去っていた。

グレイドは今年23歳か。
すっかりごぶさたしているが、きっと相変わらず美しい瞳で人間を魅了していることだろう。

落ち着いたら今年こそ逢いに行きたいなぁ。
今年も元気でね、グレちゃん!


(※→こちらをクリックしてください)
hisaibashienkikin.jpg

がん馬ろう日本!

被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・義援金募集掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg

ganbarou_nipponn4.jpg
(馬を愛する皆さん!力を合わせて被災馬を支援しましょう!@応援団長:ウイニングチケット)

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibashienkikin.jpg




カグニザント

被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・義援金募集掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg

hisaibashienkikin.jpg

cognizant110220-1.jpg
(マイ・クラシック候補!
3月27日<日>阪神競馬12レース
被災地支援『毎日杯』出走予定馬、カグニザント
※写真は、新馬戦優勝時・・・2011年2月20日、東京競馬場にて。

★カグニザント
2008年4月16日、安平生まれ。牡。黒鹿毛。
父ネオユニヴァース、母インコグニート)




未曾有の大震災の影響を受けて、とうとう春の中山開催は無くなった。
皐月賞は、府中で行われるという。
スプリングステークスは明日26日の阪神。
なんか、もうバラバラだ。
でも仕方ない。競馬があるだけでよしとしなければ。

出走馬たちの動向も流動的で目が離せない。
そんな中、マイ・クラシック候補として注目しているカグニザントが
毎日杯に出走できることになった。

気品あふれる面差し、垢抜けた馬体、そして5馬身差で圧勝した新馬戦と
期待は膨らむばかり。

本当は先週の20日に出走が予定されていた。
ローテーションの変更で仕上げに狂いは出ないだろうか、と不安もあるが
きっとだいじょうぶ。
ずらずらーっと並んだ毎日杯登録組から、みごとにエントリーできたのだから
きっと強運も持ち合わせているはず。

二戦目はどんな走りをみせてくれるか、明日が楽しみだ。
被災地で疎開地で必死に耐えている仲間たちのためにも、がんばれカグニザント!



被災馬INFOのおかげで

被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・義援金募集掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg

hisaibashienkikin.jpg

boke_aka110323-1.jpg
(今年は、紅い木瓜がたくさん蕾をつけた。
ひとつ、ひとつ、精一杯咲いている
・・・2011年3月23日、千葉・鎌ケ谷にて)



被災馬INFO](運営:NPO法人引退馬協会)に、続々と被災馬救援活動の情報が
届いている。
安否情報でお願いした南相馬市のひだまり牧舎の状況も、「被災馬INFO]の
ご尽力で分かった。

やはり、同牧舎スタッフの方が避難せずに馬たちのお世話を続けてくださっていた。
もちろん、原発の放射能汚染が心配なので手放しで喜べないが・・・。
一日も早い地震と原発事故の終息を祈るばかりだ。

きららちゃん(競走馬名シノチャン)、凛ちゃん(ヤマニンエクラタン)、
ジャスパー君(競走馬名ヤギリダイヤモンド)、どうか、どうか、がんばって!

湯たんぽ

被災馬のために・・・安否情報・支援活動・義援金募集
hisaibainfo-link.jpg
(※こちらをクリックしてください)

sakura060121-2.jpg
(さくらは、おばあちゃん子。くりは、ちょっぴり迷惑そうだったけど
・・・2006年1月21日、千葉・鎌ケ谷にて)



計画停電が始まり、少しでも節電するためにと頭をひねる。
ふっと、湯たんぽを思い出した。
押入れの奥にしまっていた湯たんぽふたつ。

先代猫のくりがおばあちゃんになった頃、留守中の暖のためにと
こたつに湯たんぽを入れた。
ところが二代目猫になったばかりのさくらが、ちゃっかりくりの湯たんぽを
独り占め。
仕方なく、さくらの分も買った。

くりが亡くなって4年。すっかり、湯たんぽも使わなくなっていた。

早速、ふたつの湯たんぽをこたつに入れて、上から毛布をかけてみた。
そっと足を湯たんぽの間に伸ばしてみたら、つっかえた。
うん?湯たんぽがもうひとつある?!柔らかくて、温かい。さくらのお尻だった。
湯たんぽに頭を載せ、もうひとつにはしっぽを伸ばして。
こたつの中には、湯たんぽ、毛たんぽ、湯たんぽの順に並んでいた。

湯たんぽの温かさは優しい。
湯たんぽを使い始めてから、殆ど電気を入れていない。
少しだけ生活を昔に戻すことで、節電ができることを実感した。


フジサイレンス

被災馬のために・・・安否情報・支援活動・義援金募集
hisaibainfo-link.jpg
(※こちらをクリックしてください)

diamond_ask100918-2.jpg
(応援馬ダイヤモンドアスクが、本日の阪神3レース、3歳未勝利戦で
大外からみごとな脚で先頭ゴールインを果たした。
写真は、2歳牝新馬戦時。鞍上は、武士沢友治騎手
・・・2010年9月18日、千葉・中山競馬場にて。

★ダイヤモンドアスク
2008年4月27日、新ひだか生まれ。牝。黒鹿毛。
父ジャングルポケット、母フューチャサンデー<母母アスクローザ>)




soumanomaoi100829-1.jpg
(昨年夏、大井競馬場で開かれた相馬野馬追のデモンストレーション。
優勝馬はフジサイレンス。
あの日、今日の悲惨な天災があることなど想像だにしなかった
・・・2010年8月29日、東京・大井競馬場にて。

★フジサイレンス
2000年4月16日、様似生まれ。牡。黒鹿毛。
父フジキセキ、母ダイワラブリー)




今週も、中山はやっていない。
今日は、唯一開催している阪神競馬を観る。
3レース、3歳未勝利戦に応援馬ダイヤモンドアスクが出走。
踏み込み良し!気配良し!
期待に応えてアスク嬢は、後方から大外を伸びて見事先頭ゴールイン!
暗く重苦しい気持ちに、ふっと明るい光がさした瞬間だった。

馬に癒され、馬に励まされる。
いつも、そうだ。
今日もまた。

被災地福島から数頭の馬たちが疎開できたことを、「被災馬INFO」で知る。
その一頭、フジサイレンスは昨年夏の大井競馬場で見ていた。
大井競馬夏の風物詩「相馬野馬追」の優勝馬だった。
あの日、今日の悲惨な天災があることなど想像だにしなかった。

大井で勇壮な姿を見せてくれたスリーコジーン、マッチレスバロー、スズノネイビー、
パルエクスプレス、トミケンマイルズ、マイネルメテオール、ブリッツブリッツ。
みんな無事だっただろうか。

騎手の皆さんはご無事だっただろうか。
ほら貝を吹いていた方、陣頭指揮に当たっていた方、本陣の皆様はご無事だっただろうか。

競馬場で頑張った競走馬たちが第二の新天地として移っていった相馬。
ダイヤモンドアスクの姿に、相馬の馬たちがだぶって胸がいっぱいになった。
どうか、どうか一頭でも多くの馬が命を永らえていますように・・・。

「被災馬INFO」が開設

被災馬の情報サイト「被災馬INFO」オープン!
hisaibainfo-link.jpg
(※こちらをクリックしてください)

NPO法人引退馬協会(イグレット軽種馬フォスターペアレントの会)が、
東北関東大震災で被災した馬たちの情報を掲載する「被災馬INFO」を開設しました。

同サイトでは、
★被災馬の安否情報
★支援を必要としている側の情報
★支援できる側の情報
★被災馬支援基金への募金
 
 などを掲載しています。

同サイトを通して、被災した馬たちが一頭でも多く救われるよう願っています。
私も早速、ひだまり牧舎の安否情報をお願いしました。
朗報が届くのを祈っています。

被災地支援競馬

mayano_top_gun980710-1.jpg
(第45回<1997年>『阪神大賞典』優勝馬、マヤノトップガン
・・・1998年7月10日、北海道・新冠にて。

前年、同レース2着に続き、阪神大震災復興支援競走と銘打って行われた
宝塚記念に優勝。
震災で大きな被害を受けた阪神ゆかりのオーナー・サイドを含め、
被災地を勇気づけた。

★マヤノトップガン
1992年3月24日、新冠生まれ。牡。栗毛。
父ブライアンズタイム、母アルプミープリーズ)




大震災以来久しぶりに中央競馬が開催された。

「東北関東大震災被災地支援競馬」と銘打って、今週と来週、阪神と小倉競馬場で行うという。
JRAはもとより、馬主会、調教師会、騎手会など競馬サークルからの義援金、
競馬場等での募金などさまざまな形で支援が行われるというから心強い。

願わくば更に、馬に関わるビッグなプロ集団として、現地で困窮している被災馬たちに
一刻も早く、温かな手を差し延べてほしい。
家に泣く泣く残してきた馬たちを案じる被災者の方が、どれほどたくさんいることだろう。

テレビに映し出されたターフの緑、疾走する馬たちが目にまぶしく切ない。
震災が起きるまでは毎週末、競馬を観られることが当たり前だった。
それがどれほどすばらしいことだったのか、競馬のなかった先週に思い知らされた。

また当たり前のように競馬があるように、被災地が復興して当たり前のように、
人と馬が共に暮す風景が蘇ることを願わずにはいられない。

絶対あきらめない

未曾有の大震災から、一週間が経ってしまった。

今日も、ひだまり牧舎の情報はなし。
毎朝、まっさきにブログを見ているが、3月11日以降更新はない。
地震前日の、おいしそうに水を飲む凛ちゃんの姿に胸がつかれるが、
きっと、きっと、またこの姿が見られると信じている。

あきらめない、絶対あきらめないことを肝に銘じている。
希望を捨てて絶望にとりつかれたら、その時に本当に希望は消える。
絶対、最悪の想像をしないよう自分に言い聞かせている。

きららちゃん、凛ちゃん、ジャスパー君が励ましあって耐えている姿が浮かぶ。
きっと、きっと救援の手が届くはず。
きっと、きっと祈りが届くはず。








義援金

被災している方たちのために、被災している馬たちのために、今、
自分にできることは何だろう。
ずっと考えてみた結果は、やはり義援金を送ることしかない、ことにいきついた。

郵便局から、人のために日赤へ、馬のために「NPO法人 馬とあゆむSOMA」
送金した。
「馬とあゆむSOMA」は、ひだまり牧舎のブログで知ったばかり。
相馬中村神社に事務局があり、今は被災した馬たちの救援に奔走されているようだ。

一人ひとりの金額はささやかでも、みんなの気持ちが集まればきっと
大きな力になれることを信じて・・・。

きららちゃん(競走馬名シノチャン)、凛ちゃん(競走馬名ヤマニンエクラタン)、
ジャスパー君(競走馬名ヤギリダイヤモンド)、みんなの無事を祈って・・・。


★被災馬たちのために、義援金を!★

相馬の被災馬たちを救うために奔走している
「NPO法人 馬とあゆむSOMA」では、
馬たちの飼い葉代や治療費などに役立てるために義援金を募っています。
馬を愛する皆様のお気持ちをぜひお届けください!

<義援金振込先>

ゆうちょ

記号
18250

番号
32028071


特定非営利活動法人馬とあゆむSOMA






相馬 被災 馬

競走馬のふるさと案内所のサイトに、‘被災地に繋養されている功労馬の
安否について’の一報が載った。

それによると、一時連絡がとれず安否が心配されていた原町区原町区下高平字谷中の
松浦ライディングセンターに繋養馬たちは無事、という知らせがあったとのこと。
現地はもちろん、手放しで喜べる状況ではないが、とにかく生きていてくれたことに
感謝したい。

被災した馬のためにできることはなんだろう。
‘相馬 被災 馬’をキーワードにネットを検索してみたら、いくつかの情報を
得ることができた。
どれも生々しい現地の状況が伝わってきて、胸がしめつけられる。

その中にあっても、馬たちを救い、ケアして、安全な土地へ移動させることが
始まっているところもあるようで、一筋の光明をみる思いだ。







被災馬

未曾有の大地震と大津波で、たくさんの馬たちも被災しているはず。
シノチャンのいる相馬はもとより、東北各地の被災状況を知りたいが、
なかなか分からない。

どうしたらいいのだろう、と悩んだ末、昨夜、「競走馬のふるさと案内所」のサイトに
‘どんなことでもよいから被災馬の情報を発信してほしい’旨のお願いをメールしてみた。

きっと同じようなメールがたくさん届いていることだろう。
一頭でも多くの馬たちの無事を知りたい。



「無事」の一報

シノチャンのオーナーさんから、ずっと、ずっと待っていたメールが届いた。

ひだまり牧舎のスタッフの方から、「無事」との一報が届いたとのこと。
よかった!本当によかった!

ただ、現地の詳しい状況は全く分からないので、手放しでは喜べない。
地震、津波、そして原発被爆の不安の中で、必死に耐えているであろうことを思うと辛い。

シノチャン、凛ちゃん、ジャスパー君、仲良く励ましあってがんばって生き抜いてね。
みんな、みんな、あなたたちの無事をひたすら祈っています。






東北関東大震災

suisen110313-1.jpg
(生きていたんだね!
植えたことも忘れていた黄水仙が、いつのまにか
ぽっかり咲いていた・・・2011年3月13日、
千葉・鎌ケ谷にて)





地震から三日目。
名称がまた変わって、いつのまにか「東北関東大震災」と呼ばれている。
マグニチュードも8.8より大きい9.0に変更。
世界的にも大きな地震だったとのこと。

きららちゃんたちの安否は、いまだ不明。
とうとう原発の被爆者も出てきて、不安は募るばかり。

重苦しい気分で庭に目をやったら、片隅が明るい。
小さな黄水仙が咲いているではないか。
ここのところ庭に出る気にもなれずにいたので、花が咲いているのも知らなかった。

植えたこともすっかり忘れていた黄水仙。
しっかり根をはって花を咲かせたんだね!生きていたんだね!
鮮やかな黄色の小さな花が六輪、柔らかな春の日差しを浴びて、
まるでほほえんでいるかのよう。

人も動物も植物も、命あるもの全てを根こそぎさらっていった津波に
行き場のない悲しみを抱えていた。
手のひらにのるほどの小さな花が、そんな気持ちに明るい光を与えてくれた。

きららちゃんたちも、きっと、絶対、生きている!






東日本巨大地震

ずっと、かなり強い余震が続いている。
万一に備えて、昨夜は着替えずに寝た。

寝たといっても、ずっとテレビを見て床に入ってからはラジオをつけて
やっと眠りについたのは日付けがかわってから。
夜中中強い余震が続き、それも早朝の大きな揺れで覚まされた。

一夜明けて、地震の惨状はさらに酷いものになっていた。
地震の名称も「東日本巨大地震」と変わっていた。
さらには、最も恐れていた原発が地震の影響で故障し、放射能もれの危険が
深まっている。

その後、きららちゃんのオーナーさんからご連絡はない。
それどころではないのだろう。
そう分かっていても、馬たちの安否が気になり落ち着かない。

テレビ、ラジオ、新聞、ネットとあらゆる情報網で相馬地方の状況を探すが、
どれもひどい惨状を伝えるばかりで、胸が潰れる思いだ。

相馬は野馬追いの里。
人と馬が家族のように暮してきた。
きららちゃんたちはもとより、一頭でも多くの馬が被災していないことを祈るばかりだ。






東北地方太平洋沖地震

午後3時前のこと。
部屋が、カタカタと鳴り出し、少しずつ揺れ始めた。
あ、いつもの地震か。
そう、タカをくくっていたら、揺れがどんどん大きくなり、
部屋全体がギシギシ音をたて始めた。

ウワッ、これは大きいぞ!
真っ先に、ゆさゆさと揺れ始めたテレビを押さえる。
テレビが壊れたら、地震の情報も見られない。
同時に、すぐ側の水槽の水がバチャ、バチャと音をたて、金魚がもまれている。
あわてて、今度は水槽を押さえにかかる。

猫のさくらも安全なケージに入れなければ!
が、揺れとテレビや水槽を押さえるので精一杯。
ひたすら、揺れが収まるのを待つこと数分。
やっとさくらをケージへ入れて、ほっ。

こんな大きな地震は今までで初めて。
ガラスの電気スタンドは、棚から落ちて木っ端微塵。
本棚に載せていたミニ・コンポも落下して一緒に落ちたCDを砕いていた。
本棚の扉は開き、中のものが散乱。
食器棚は無事かと安堵したら、中で小皿や器が転がっていた。

自室は、やはり棚から落下した馬のぬいぐるみやパネルなどが散乱して
足の踏み場もない。
パソコンは異常なし、と思ったら、机の中央に置いていたたモニターが
机の端まで横滑りしていた。

テレビをつけると、地震の惨状が次々に映し出されていた。
震源は三陸沖、マグニチュードが8.8、とてつもない大きな地震だ。
「東北地方太平洋沖地震」とのこと。
東北から関東にかけての太平洋沿岸一帯がメチャクチャだ。
真っ先に心配になったのは、福島の相馬にいるシノチャンこときららちゃんの安否だ。

夕方、つけっぱなしにしていたテレビから、大津波が陸地を這ってみるみる地上のものを
何もかも飲み込んで進んでいく恐ろしい映像が飛び込んできた。
相馬を襲った津波は中でも大きく、沿岸一帯の集落を飲み込んだという。
原町区にある、きららちゃんたちが暮す「ひだまり牧舎」は無事だろうか。

大変な状況に置かれているはずのオーナーさんにご迷惑をかけてはいけないと
思い悩んだが、どうしても心配で落ち着かない。
夜、思い切って福島市内にお住まいのオーナーさんにメール。
すぐに返信がきて、オーナーさんは幸いご無事と分かり安心したが、牧舎の様子は分からず
心配しているという。

きららちゃん、凛ちゃん、ジャスパー君、どうか無事でいてくれますように。
祈ることしかできないが、きっと大丈夫と信じたい。








コスモネモシン

cosmo_nemo_shin091212-1.jpg
(第29回『中山牝馬ステークス』出走予定馬、コスモネモシン
※写真は、2歳牝未勝利戦優勝時・・・2009年12月12日、千葉・中山競馬場にて。

★コスモネモシン
2007年3月11日、様似生まれ。牝。青鹿毛。
父ゼンノロブロイ、母デュプレ)







ディアアレトゥーサ

dear_arethusa101017-4.jpg
(第29回『中山牝馬ステークス』出走予定馬、ディアアレトゥーサ
※写真は、秋華賞出走時。鞍上は、安藤勝己騎手・・・2010年10月17日、
京都競馬場にて。

★ディアアレトゥーサ
2007年4月27日、むかわ生まれ。牝。黒鹿毛。
父トーセンダンス、母ディアウィンク)






ギンザボナンザ

ginza_bonanza100313-2.jpg
(よっつ目の花、開きますように!
第29回『中山牝馬ステークス』出走予定馬、
ギンザボナンザ
※写真は、アネモネステークス優勝時
・・・2010年3月13日、千葉・中山競馬場にて。

★ギンザボナンザ
2007年2月4日、安平生まれ。牝。青毛。
父ゼンノロブロイ、母アルウェン)







祝!マイネルネオス

meiner_neos100926-2.jpg
(おめでとう、ネオス!
ジャンプレースで活躍中のマイネルネオスが、本日の中山4レース、
4歳上オープン戦で念願の障害3勝目をあげた。
※写真は、障害3歳上オープン戦3着時・・・2010年9月26日、
千葉・中山競馬場にて。

★マイネルネオス
2003年3月30日、新冠生まれ。牡。鹿毛。
父ステイゴールド、母マイネプリテンダー)




upper_east100926-2.jpg
(期待のアッパーイーストが、本日の中山メイン『弥生賞』で5着に健闘!
※写真は、3歳新馬戦優勝時。鞍上は、蛯名正義騎手・・・2010年9月26日、
千葉・中山競馬場にて。

★アッパーイースト
2008年2月4日、千歳生まれ。牡。黒鹿毛。
父マンハッタンカフェ、母ココパシオン)




週明けにひいた風邪が治らず、とうとう一週間グズグズと過ごしてしまった。
週末には治ると思っていたが、とても競馬場に行く元気が出てこず、
今週の中山はパス。

今日は、弥生賞。
期待のアッパーイーストがいよいよ出てくる。
障害戦のマイネルネオスも、なんとか先頭ゴールインしてほしい。

ネオス君は、期待に応えて障害3勝目をあげた。
アッパー君は、相変わらずやんちゃぶりを発揮していたが、
馬っぷりはますますあがったように見える。

レースでは、好スタートを切ると終始先行し、直線ではもしかして!とまで
思わせたが、ゴール前、どっとかぶされてしまった。
それでもブービー人気を跳ね返して、5着と掲示板に載ったのだからりっぱ。

皐月には間に合わなくてもダービーがあるさ。
ますますアッパー君の走りから目が離せない。

ああ、今日はやっぱり這ってでも中山へ行きたかったぁぁぁ。






キンシャサノキセキ始動

kinshasa_no_kiseki101003-1.jpg
キンシャシャノキセキが始動!

本日の中山メイン、第6回『オーシャンステークス』で
最重量59キロを背負って、優勝馬ダッシャーゴーゴーに
迫った。

※写真は、スプリンターズステークス2着時
・・・2010年10月3日、東京競馬場にて。


★キンシャサノキセキ
2003年9月24日、オーストラリア生まれ。牡。鹿毛。
父Fuji Kiseki、母Keltshaan)







 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。