カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!天皇賞!トーセンジョーダン

tosen_jordan100731-1.jpg
(期待のトーセンジョーダンが、
本日の第144回天皇賞・秋に優勝。
とうとうビッグタイトルを手にした。
しかも、1分56秒1という日本レコードで!
次走はジャパンカップ?!さらなる飛躍を!

※写真は、漁火ステークス優勝時
鞍上はホワイト・ダグラス騎手
・・・2010年7月31日、北海道・函館競馬場にて。

★トーセンジョーダン
2006年2月4日、早来生まれ。牡。鹿毛。
父ジャングルポケット、母エヴリウィスパー)




今日は天皇賞。
どうしてもはずせない用時と重なって府中行きは断念。
出先のテレビでレース観戦。

パドックを周るエイシンフラッシュが、すっごく良くみえる。
フラッシュがとうとう天皇賞馬になるのか・・・。
でも、胸中はちょっと複雑。
ウチパクがフラッシュの背にいないなんて・・・。
やっぱり、エイシンフラッシュは内田博幸騎手の手綱さばきで勝ってほしい。

いよいよレース。
ああ、やっぱりフラッシュかと思った瞬間、外からすごい勢いで緑の帽色が飛んできた。
おおっ、トーセンジョーダンではないか。
そろそろビッグタイトルを獲ってほしいと願っていたが、やはり、ここでは荷が重いかと
単勝馬券を買うのをやめていた。

ニコラス・ピンナ騎手を背に、怒涛のごとく先頭ゴールイン。
とうとうGⅠ馬に輝いた。
しかも、走破タイムが1分56秒1という日本レコードで。
電光掲示板に赤々とともったレコードという文字が目に焼きついた。

競馬って、やっぱり走ってみなくちゃ分からない。
改めてそう思わせてくれた天皇賞・秋だった。

ただ、歓喜のジョーダンとは裏腹に、レース途中で大きくよれてコースをはずれた
名牝メイショウベルーガが気がかり。
故障でなければよいけれど・・・。
どうか、また元気な姿を見せてくれますように祈ります。









★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg







スポンサーサイト

祝!3勝目!リキアイクロフネ

rikiai_kurofune091206-1.jpg
ユキノサンライズの孫、リキアイクロフネ
本日の新潟4レース、500万下戦を優勝!
これで3勝目をあげた。着実に前進を!リキクロ君。

※写真は、2歳未勝利戦出走時・・・
20009年12月6日、千葉・中山競馬場にて。

★リキアイクロフネ
2007年4月20日、むかわ生まれ。牡。鹿毛。
クロフネ、母エイダイヒロイン<母母ユキノサンライズ>)








★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg






『猫めくり』

抗がん剤投与から一週間経つと、殆ど平常生活に戻れる。
今回もほぼ予定どおりに、やっと不快なむかつきから解放された。
抗がん剤の投与間隔は三週間なので、次回までの丸二週間は、
一番元気に動けるときだ。
貴重な二週間、その一日一日、一時間一時間、一分一分、一秒一秒、
大切に使わなくっちゃ。

今日はまず、抗がん剤をがんばった‘ごほうびランチ’をしに隣町へ。
そうだ!ついでに、来年のカレンダーやダイアリーもみつけてこよう。
もう、そんな時期なんだよね。

いきつけの書店には、一番目立つところに広い特設コーナーができていた。
カレンダーもダイアリーも、目をひくものばかりでなかなか決まらない。
あれこれ迷って、って迷うのも実に楽しかったが、カレンダーは野鳥の写真、
ダイアリーは結局いつもの定番に決めた。

そして今回は、バッグに入れて持ち歩けるよう小さなスケジュール帖も
初めて加えた。
病気関係の予定が減り、馬に会える予定が増えますように、と願いつつ。

もうひとつ、猫のカラー写真が日めくりで楽しめる『猫めくり2012』を
衝動買い。
ちょっと値が張ったが、これ一冊で一年間、毎日楽しめるのだから、
ま、いっか。

とても来年まで待ちきれないので、家に帰ってからさっそく開いてみる。
めくるたびに、目元や口元が緩み、あげくにゲラゲラと笑い出し、
はたまた、うっとりと見入ったり感心したり、の連続。
いやぁ、癒されること、癒されること。
猫の魅力満載の日めくりカレンダー、もしかしたら、抗がん剤より
効き目があるかも?!

さくらに似た猫を探すのも楽しい。
こんな楽しい日めくりを、来年までとっておくなんてもったいない。
明日からも毎日、パラッとめくって楽しもうっと。

ダイアリーには2014年までのカレンダーが載っていた。
今まではその日が来ることを当たり前に思っていたけど、今は違う。
びっしり詰まった日にちを見つめながら、3年後まで、
元気でいられるだろうか、とふと思う。
いえ、絶対元気でいよう。いられるよう、しっかり養生しよう。

『猫めくり』の写真は、みんな公募。
そうだ、来年はさくらの写真を応募してみようかな。
あぁ、アタシって親ばか~?!








★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg








祝!三冠!オルフェーヴル

orfevre110424-4.jpg
(史上7頭目の三冠馬に輝いたオルフェーヴル
圧巻の走りに感動した。
※写真は、皐月賞優勝時・・・2011年4月24日、千葉・中山競馬場にて。

★オルフェーヴル
2008年5月14日、白老生まれ。牡。栗毛。
父ステイゴールド、母オリエンタルアート<メジロマックイーン>)




退院後の復帰初戦は、オルフェーヴルの三冠を見届けに淀へ行くつもりでいた。
が、やはりそう予定どおりにはいかないものだ。
週始めに受けた抗がん剤の副作用がやっと抜けたというものの、とても
旅行できるような体力は戻っていなかった。

今日はおとなしくテレビ観戦。
心配されていた雨もすっかりあがり、京都競馬場もピカピカの青空。
パドックに現れたオルフェーヴルの栗毛も金色に輝いている。
二冠馬となって貫禄も出てきた。

前を歩くウインバリアシオンも力強く見えるが、オルフェの前には出られないだろうな。
ちらっと、後ろを振り向くバリ君。
バリ君はオルフェのことが好きなんじゃないか。一緒に走れるだけでうれしいみたい。
なんて、勝っ手な想像をして楽しんでいる。

レースは、予想どおりオルフェーヴルの完勝。
最後はグイッと後続を離し、全くの一人旅状態。
圧巻の走りに感動した。
と、一頭ぐんぐん駆け寄ってくる馬が!
おお、ウインバリアシオンではないか。
あまりのイメージどおりのレース運びに目をみはった。

第72代菊花賞馬オルフェーヴルは、セントライト、シンザン、ミスターシービー、
シンボリルドルフ、ナリタブライアン、ディープインパクトに続いて
史上7頭目の三冠馬に輝いた。
テレビ越しだったが、その瞬間を見届けられた喜びは大きい。









★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg








ピラカンサ

pyracantha111019-1.jpg
(お隣から伸びているピラカンサが色づいた。
そろそろ小鳥たちもやってくるかな
・・・2011年10月19日、千葉・鎌ケ谷にて)




sakuras111019-1.jpg
(あっ、やってきたのはにゃんこでした。
さくら、小鳥を狙っちゃだめだよ)









★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg









祝!9勝目サユリ

sayuri100810-1.jpg
(今日、9勝目をあげたサユリちゃん!
力強い走りに励まされます。

※写真は、4歳上C2戦優勝時・・・2010年8月10日、
千葉・船橋競馬場にて

★サユリ
2005年3月22日、静内生まれ。牝。鹿毛。
父スターオブコジーン、母グルノーブル)





朝、サンスポを開くと国枝調教師のコメント。
アパパネ惨敗の敗因は、やはり太目残りだったようだ。
怪我や病気でなくて本当によかった。
予定通り、エリ女を目指すという。
では、私も予定通り淀へ♪

私も久々の遠出で疲れを心配したが、特に大きなダメージはなくて、ほっ。
今日は術後初めての抗がん剤点滴。
半日病院のベッドで過ごす。
昨日の疲れを癒すのにちょうどいい。
できることなら、もう抗がん剤はしたくないけど安心のためには仕方ないか。

今日から浦和競馬も始まっている。
サユリちゃんの応援に行きたいなぁ、でも無理だなぁ。
と、携帯に応援馬メール着信。
サユリがメープル特別を快勝!

地方競馬情報サイトのリプレイを見る。
御神本訓史騎手を背に、大外からポンとハナに立つと
そのまま逃げ粘り、力強い走りで2着馬に2馬身半の差をつけて
ゴールに飛び込んだ。
これで9勝目!本当によく頑張っている。

サユリちゃんの頑張りに、私も力をもらえた。
ありがとう!サユリちゃん。










★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg










あぁ~っ、パパネ~っ!

yuwa_biscuit111016-1.jpg
(5月以来5ヶ月ぶりの競馬場。何もかも新鮮にみえる。
美しい誘導馬たちにも再会
・・・2011年10月16日、東京競馬場にて)

ユーワビスケット
2002年2月1日、米国生まれ。牡。芦毛。
父Cozzene 母Free Fantasy)




yuwa_biscuit111016-2.jpg
(年々、白さを増してきたビスケット君)




cosmo_andromeda111016-1.jpg
(9レース、2歳牝、500万下戦『サフラン賞』。

かわいい女の仔だなと思ったら、大好きなロージズインメイの娘だった。
ていねいに編みこんだたてがみもよく似合ってる。

★コスモアンドロメダ
2009年5月11日、新冠生まれ。牝。黒鹿毛。
父ロージズインメイ、母ダイイチビビッド<母母ダイイチルビー>)




cosmo_andromeda111016-2.jpg
(祖母は、名牝ダイイチルビー。
3着にがんばった。これからの活躍が楽しみです)



machikane_ryuusei111016-1.jpg
(大好きなマチカネリュウセイにも会えた。
相変わらず、まじめにお仕事中。

★マチカネリュウセイ
1999年5月3日、米国生まれ。牡。芦毛。
父El Prado、母Above Mystery)




success_brocken111016-1.jpg
(メインレースの前に、サクセスブロッケン登場。
誘導馬としてターフに現れる日も、きっと間近い。

★サクセスブロッケン
2005年5月5日、浦河生まれ。牡。青鹿毛。
父シンボリクリスエス、母サクセスビューティ)




success_brocken111016-2.jpg
(GⅠの晴れ舞台を誘導できる日を待っています!)




apapane111016-2.jpg
(11レース、第59回府中牝馬ステークス<GⅡ>。
アパパネ登場!
また女っぷりをあげて、貫禄たっぷり。

★アパパネ
2007年4月20日、安平生まれ。牝。鹿毛。
父キングカメハメハ、母ソルティビッド)





apapane111016-1.jpg
(でも愛くるしさは変わらない。
ピンクのヘアバンドもよく似合ってるよ)




apapane111016-3.jpg
(名パートナー蛯名正義騎手を背に、本馬場へ)




apapane111016-4.jpg
(蛯名さ~ん、アパパネの秋初戦、がんばってくださ~い!)




apapane111016-5.jpg
(エリザベス女王杯に向けて、良いレースができますように)




apapane111016-6.jpg
(返し馬。
さぁ、今日はどんな走りで魅せてくれるだろうか)




machikane_ryuusei111016-2.jpg
(メインの誘導を終えて。
先頭から、タイキエニグマ、キモンホワイト、マチカネリュウセイ。

★タイキエニグマ
2001年4月20日、米国生まれ。牡。芦毛。
父Rubiano、母Certain Secret。

★キモンホワイト
2005年5月22日、門別生まれ。牡。芦毛。
父ワイルドラッシュ、母オイワケトモエ)




ずっと前からカレンダーをみつめていた10月16日。
アパパネの秋初戦、府中牝馬ステークスの日、そして
私の復帰初戦日?!でもある。
いよいよ、その日になった。

久しぶりに出してきたカメラとレンズ。
白レンズを持っていきたかったが、あまりの重さに断念。
やはり左腕の筋力がげっそりと落ちている。
軽いレンズに替えて、極力荷物も少なくして、いざ出発!

5月のヴィクトリアマイルから5ヶ月、そして6月の病気発症以来、
4ヶ月ぶりの府中競馬場。
府中までの道のりも競馬場も、なにもかも新鮮にみえる。
病気になって以来、隣町へ行くのが精一杯で一度も遠出していなかったのだから。

久々すぎて、心境は浦島たろ子状態だったが、馬仲間が笑顔で迎えてくれて
不安もいっぺんで吹き飛んだ。
馬に会えるのはもちろんだけど、こうしてゆっくり同じ時間を楽しめる
馬友達って、本当にいいな。

今日はメインまで体力温存をしないといけないので、ひたすらパドックにはりつく。
つもりが、あまりの暑さにこげてしまいそうで、馬が出てこないときはスタンドの
ひさしに避難。
お天気になったのはうれしいが、ここまで晴れなくってもねぇ。

お昼には4階の「深大寺そば」で、念願のげそ天そばも食べてエネルギー充填!
窓から見下ろすホースリンクには芦毛が一頭。
周りをとりかこむ人たちに顔を伸ばしている。随分と懐こそうなお馬さん。
その先のローズガーデンには、秋のバラもみえる。
行って見たいが今日はがまん、がまん。

パドックで見る馬は本当にいい。
テレビでばかり見ていたここ数ヶ月はもう、うんざりだった。
画面越しでは馬を感じることができない。
パドックに立っていると馬の肌の感触、鼻息、蹄の音、さまざまな表情が
びびっと伝わってくる。

さぁ、いよいよ府中牝馬S。
アパパネは4番手に登場。
うーん、相変わらずかわいい。
でも随分貫禄もついてムチムチの身体ははちきれそう。
今日は、あまりお口パクパクをしてないみたい。

蛯名さんが騎乗すると、見慣れた名コンビのできあがり。
(蛯名さん、エリ女へ向けてよろしくお願いしま~す!)
目の前を通り過ぎるとき、そっとつぶやいてみた。

レースは、イタリアンレッドが優勝した。
アパパネは中段で伸びきれず、そのまま馬群に沈んだ。
後ろから数えたほうがよさそうな着順だった。
今日は勝てないかもしれないとは思ってはいたが、まさかここまで惨敗するとは・・・。

やはり太目残りだったのだろうか。
それとも、どこか怪我でもしたのだろうか。
心配を抱いたまま競馬場を後にしたが、アパパネのことだからきっと大丈夫。
本番のエリ女では、アパパネらしい強さを見せつけてくれるに違いない。

やっぱり淀にいくしかないか!?









★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg





じゃがいも

今年も、浦河の牧場さんから、手作りのじゃがいもを頂いた。
ダンボール箱を開けると、丸々とふとったじゃがいもがぎっしり。

日高の青空の下、放牧地が見渡せる畑で育ったじゃがいも。
馬たちの鼻息やいななき、蹄の音まで聞こえてきそうな気がする。

ある馬が現役を引退して、繁殖入りした先がその牧場さんだった。
行き先を探し探して、ようやくの思いで分かった行き先。
その馬も、その後移動して、今はどこにもいない。
私の胸の中で息づいているだけ・・・。

馬はいなくなったけど、牧場さんとのおつきあいは今も続いている。
あの子の置き土産か。
じゃがいもが届くたびに、懐かしく、切なく、かわいらしかった栗毛を思い出す。








★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg





スプラウト



※写真は、携帯画像です。

(ぐんぐん伸びる、豆苗の芽。収穫も間近い!?
・・・2011年10月13日、千葉・鎌ケ谷にて)




野菜の新芽スプラウトが、体に良いというので野菜売り場でみつけるたびに
買ってきては毎朝のサラダにトッピング。
スプラウトといえばカイワレダイコンがぱっと思い浮かぶが、最近は
ブロッコリーやそばの新芽もよくみかける。

先日は、グリーンピースのスプラウト、豆苗を買ってみた。
袋に残った根を水栽培するとまた芽が伸びてくると書いてあったので、
早速チャレンジ。
一週間ほどすると、本当にぐんぐん伸びてきた。

ちっちゃな双葉を少しずつ広げて上へ上へと伸びる姿をみていると、
思わず、がんばって!と声をかけたくなる。
それにほんの一握りの緑が生き生きと芽吹いているだけで、
こっちまで元気が出てくる。

生きているって、本当にすばらしい。







★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg





にんにく、しょうが、ねぎ

今日は朝からせっせと、薬味野菜のストック作り。
がんになって、いかに食べ物の選択が大切かということを知った。

とりわけ、料理に欠かせないにんにく、しょうが、ねぎは
単なる薬味ではなく、それぞれに大切な働きをしていることも分かった。
がん予防にもがん改善にも重要な役目を果たしている。

ねぎは元々切らさずにいたが、にんにくとしょうがは、冷蔵庫の隅で
しなびていたこともしばしば。
そんなに大事な野菜とも知らずに・・・反省。

がんになってからは、この三種は切らさずにきたが、入院、手術で
しばらく途切れていた。
久しぶりのストック作りに包丁を持つ手も軽くなる。

しょうがはおろして、ガーゼでこした汁を製氷皿で凍らせる。
にんにくは、きれいに皮をむいて水気をふきとり、びんに入れ、
しょうゆにひたして冷蔵庫へ。
ねぎは刻んで密閉容器に入れて冷凍庫へ。

これで、しばらくは毎日欠かさず使えるぞ!

夜、早速、料理に全員集合。
今夜のメニューは、最近のマイ・ブーム、韓国料理のチャプチェ。
といっても自己流だけど。

ごま油をひいたフライパンに、薄く切ったさつまあげとねぎを入れて
軽く炒めてから、もやしとすったにんにくと凍ったしょうが汁を入れて炒め、
最後にゆでた韓国春雨を入れて炒め、天然塩、こしょうで味付け。

仕上げは、にんにくしょうゆをさっとからませて出来上がり。
コチュジャンみそを少しずつからめながら食べた。
うーん、美味、美味!

おいしく食べて、がんの出番をなくせたら最高だ。
にんにくさん、しょうがさん、ねぎさん、これからもしっかり、
体内パトロールよろしくね!









★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg





日にち薬

昨日の雨もあがり、今朝は爽やかな秋晴れ。
いつのまにか季節は10月に入っていた。

今月の競馬ブックのカレンダーは、アパパネの秋華賞。
JRAのカレンダーは9月のままで、めくれずにいる。
アパパネちゃんの勇姿をずっと見ていたいから。

9月6日の手術から、今日でちょうどひと月。
一日ごとに傷も癒え、体調も少しずつ戻ってきた。
心身共に痛みが消えなかった頃には、もう治らないかもしれないと
心細さでいっぱいだったのに、この頃は次第に痛みのことも
忘れがちになってきた。

時間は日にち薬というけれど、本当にそのとおりだ。
体の痛みも心の痛みも、時間と共に和らいでいく。

この分なら、来月のエリ女には無理なく行けそう。
もしかしたら、その前の府中牝馬Sにも?!
アパパネの調教はばっちりらしい。

おっと、あまり調子に乗っているとまた傷がぶり返すかもしれない。
あわてず、ゆっくり、じっくり、元のペースに戻さなくっちゃ。









★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg





祝・重賞連勝!シビルウォー

civil_war110508-2.jpg

おみごと!重賞連勝、シビルウォー。
※写真は、ブリリアントステークス出走時
・・・2011年5月8日、東京競馬場にて。

★シビルウォー
2005年1月31日、千歳生まれ。牡。鹿毛。
父ウォーエンブレム、母チケットトゥダンス)



期待のシビルウォーが本日の金沢競馬、交流GⅢ白山大賞典を
快勝し、8月のブリーダーズゴールドカップに続き重賞連勝を果たした。
充実一途のシビル。ますますの活躍が楽しみだ。







★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




祝・初勝利!ハルカフジ

harukakko091013-2.jpg
(ハルカフジが最後の最後に、とうとう未勝利を脱出した!

※写真は、日高でおけいこに励んでいた1歳時代
・・・2009年10月13日、浦河・BTCにて。


★ハルカフジ
2008年3月26日、新冠生まれ。牡。鹿毛。
父ルールオブロー、
母ハルカッコ<母母ハルカジョウ、母母母シノクロス>)



ハルカッコの息子、ハルカフジがとうとう1勝をあげて未勝利を脱出した。
今日の阪神競馬3レース、3歳未勝利戦。
もう後がない最後の最後の未勝利戦。
正直、勝てるとは思えなかった。
母と同じように1勝もあげられないまま、ひっそりと競馬場を去っていくのだろうか・・・。

それでもレースだけは見届けなくては。
ハルカフジは4番人気。そこそこ人気だ。
先行勢の内に控えるように直線を向いたが、どうも動きがスムーズじゃない。
果たして突き抜けることができるのか、と見ていたら、川須騎手がさっと
ハルカフジを外に出した。
おっ!と見る間もなく、そのままグイッと伸びたところがゴールだった。

フジ君が勝った!とうとう勝てた!
夢のようだ。
勝利を信じてあげなかった自分が恥ずかしい。
おめでとう!ハルカフジ。本当におめでとう!

これからもひとつずつ勝ち星を積み上げて、着実に駆け続けてください。
そう、心から願います。
ハルカッコの果たせなかった夢を背に乗せて・・・。



 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。