カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

秋の実り

pumpkin121030-1.jpg
(いつのまにか、朝顔のネットに実ったかぼちゃ。
これなら落ちずにすむ!?・・・2012年10月30日、
千葉・鎌ケ谷にて)




pumpkin121030-2.jpg
赤ちゃんかぼちゃも、いっちょ前の皮色になった)



syuumeigiku121030-1.jpg
(満開となった秋明菊。しばしの秋を楽しんでいるかのよう)



sakura121030-1.jpg
(あのぉ、そこに種を蒔きたいんですけどぉ。
プランターで、さくらがひなたぼっこ中)




takaramono3.jpg
((初仔<ハルカッコ>を慈しむハルカジョウ
遠く懐かしい、あの頃・・・2003年4月18日、
北海道・浦河にて。

★ハルカジョウ
1993年3月23日、新冠生まれ。牝。栗毛。
父ダイナサンキュー、母シノクロス)







野菜スープのストックが切れそうなので、今日はせっせとスープ作り。
野菜スープは、がんの再発予防の強力な助っ人。
かれこれ一年近く毎朝とっているが、野菜パワーのおかげか
すこぶる調子が良い(もちろん油断はできないけれど)。

大きなずんどうなべに、小さなサイの目状に刻んだ野菜を入れて、
粗塩とミネラルウオーターでコトコト煮込めばできあがる。
トマト、キャベツ、ニンジン、ピーマン、セロリ、ブロッコリー、
玉ねぎ、じゃがいも、かぼちゃ、すったにんにく、ショウガの絞り汁。

かぼちゃとじゃがいもは、ハルカジョウゆかりの日高の牧場さんから
この間送って頂いたもの。
ハルカジョウが移動した今も、毎年送ってくださる。

放牧地を見渡せる畑で、牧場仕事の合間を縫って丹精込めて
育てていた姿が浮かぶ。
今年も、ダンボール箱に秋の実りがぎっしり詰まっていた。

今年はまだ体調に自信がなくて、とうとう日高へは行けなかったが、
来春こそはとかぼちゃを刻みながら改めて思った。
ハルカジョウはいなくなってしまったけれど、日高はなくならないのだから。








★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg






にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村




祝!復活 エイシンフラッシュ

cyagu_uma121028-1.jpg
(いよいよ今日は、天皇賞・秋。
レースはもちろん、もうひとつ東北の伝統馬事芸能、
岩手県の「チャグチャグ馬コ」と福島県の「相馬野馬追」が
東京競馬場にやってくるというので楽しみだった
・・・2012年10月28日、東京競馬場にて。

美しく着飾った「チャグチャグ馬コ」。
予報より早く降りだした雨に、せっかくの晴れ姿も
ゆっくりお披露目できずに残念)




soumanomaoi121028-4.jpg
(古式床しい「相馬野馬追」)




soumanomaoi121028-3.jpg
(静かに響き渡るほら貝の音は、大震災を乗り越えようとする今、
ことさら胸に沁みた)




soumanomaoi121028-5.jpg
(この馬も元競走馬かな?
府中で走ったことがあるかもしれない。
第二の馬生が幸多いものでありますように)




soumanomaoi121028-6.jpg
(雨が激しくなってきたので、お披露目は中止。
ああ、本当に残念無念!)




cyagu_uma121028-2.jpg
(チャグ馬コたちとも、そろそろお別れ。
もっと、ゆっくり側にいたかったなぁ)




cyagu_uma121028-3.jpg
(いつか、岩手で観てみたい)




cyagu_uma121028-4.jpg
(また、競馬場でも会えますように!)

「チャグチャグ馬コ」と「相馬野馬追」の人馬は、
天皇賞のレースを前に、本馬場を行進した。
先導を務めたのは、宮城県出身で地方競馬の騎手を目指して修行中の
鈴木麻優<まゆ>さん。鈴木さんも被災したという。

一団が、天皇陛下と皇后陛下のおいでになるスタンド前でごあいさつする姿は
遠目から見ていても、胸が熱くなった。
一日も早い被災地の復興を祈らずにはいられない。




roze121028-1.jpg
(美しく咲いたバラも、雨に打たれて・・・)







           ~~~ この間、更新中です ~~~









eishin_flash121028-1.jpg
(『天皇賞・秋』を快勝したエイシンフラッシュ
みごとな走りで、ダービー馬の復活を果たした。

★エイシンフラッシュ
2007年3月27日、千歳生まれ。牡。黒鹿毛。
父King’s Best、母ムーンレディ)




eishin_flash121028-2.jpg
(相変わらずの馬っぷりの良さに、ほれぼれ)




eishin_flash121028-3.jpg
(鞍上は、初コンビのミルコ・デムーロ騎手)




eishin_flash121028-4.jpg
(レース。
イタリアの名手に導かれて、天皇賞馬に輝いた)




eishin_flash121028-5.jpg
(ミルコ・デムーロ騎手は人差し指を立てて、
ウイニングラン)




eishin_flash121028-6.jpg
(表彰式を終えて。
高貴な紫色の馬着がよく似合う)




eishin_flash121028-7.jpg
(さぁ、これでジャパンカップがますます楽しみになってきた。
更なる活躍を!エイシンフラッシュ)








★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg






にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村



祝!グランプリボス

grand_prix_boss120603-1.jpg
GⅠ馬の底力!
グランプリボスが、京都『スワンステークス』を快勝。
さぁ、次はGⅠ3勝目だっ。
※写真は、『安田記念』2着時。鞍上は、内田博幸騎手
・・・2012年6月3日、東京競馬場にて。

★グランプリボス
2008年3月28日、安平生まれ。牡。鹿毛。
父サクラバクシンオー、母ロージーミスト)







★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg






にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村



いざ!秋天

fenomeno120917-101.jpg
(秋天で、ダービー惜敗の悔しさを晴らすか!フェノーメノ
今週は黒いステゴが戴冠しますように。
※写真は、セントライト記念優勝時。
鞍上は、蛯名正義騎手・・・2012年9月17日、千葉・中山競馬場にて。

★フェノーメノ
2009年4月20日、平取生まれ。牡。青鹿毛。
父ステイゴールド、母ディラローシェ<Danehill>)




deep_brillante120527-1.jpg
ディープブリランテが電撃引退。
来年にはフェノーメノ、ゴールドシップとの激突を見られると思っていたのに、
残念すぎる。
※写真は、ダービー優勝時・・・2012年5月27日、東京競馬場にて。

★ディープブリランテ
2009年5月8日、新冠生まれ。牡。鹿毛。
父ディープインパクト、母ラヴアンドバブルズ)





今週末は、いよいよ秋の天皇賞。
絶好調の3歳馬フェノーメノが、古馬に挑戦状をたたきつける。
果たしてどんなレースを見せてくれるか楽しみは膨らむばかり。

と、ここまで書いてきて、ダービー馬ディープブリランテの電撃引退を知った。
屈腱炎で休養に入り、復帰は来秋と聞いていたのに、もう二度とターフに
戻ってこないなんて、なんというショック。

復帰後にフェノーメノ、ゴールドシップとの激突を楽しみにしていたのに。
今後は種牡馬になる予定とのこと。
ディープの後継として、良い仔をターフに送り出してほしい。

本当に競走馬との出会いは、一期一会。
出会うたびに、しっかり見届けなくては。







★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg






にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村


ゴールドシップ有馬記念へ

syuumeigiku121025-1.jpg
(京の都を想い出させる雅な花、秋明菊
<しゅうめいぎく>。

猛暑で葉は焼けてしまったが、清楚な白い花を
みせてくれた・・・2012年10月25日、
千葉・鎌ケ谷にて。

☆秋明菊の花言葉
‘忍耐’ ‘薄れゆく愛’ ‘多感なとき’)




bell_pepper121025-1.jpg
(ほったらかしなのに、秋になっても細々と実をつけてくれるピーマン。
ししとうみたいに小さいけれど、柔らかくて重宝している。
ありがたや。

ピーマンもがん予防に効果があるというので、毎朝の野菜スープ
欠かせない。

撮影協力:シーザリオ号)




gold_ship121021-3.jpg
(二冠馬ゴールドシップは、有馬記念に行く模様。
※写真は、菊花賞優勝時・・・2012年10月21日、
京都競馬場にて。

★ゴールドシップ
2009年3月6日、日高生まれ。牡。芦毛。
父ステイゴールド、母ポイントフラッグ<メジロマックイーン>)





京都から帰ってからも、菊花賞の余韻覚めやらず。
二周目向こう正面からの、ゴールドシップの豪快な追い上げ、
直線から一気に先頭に躍り出て、ゴールまで他馬に抜かせなかった
みごとな駆けっぷり。
まるで白いミスターシービーみたいだった。

さて次はどこへ出てくるのだろう。ジャパンカップか有馬記念か、
それとも年内は休養して春天に備えるのか。
あれこれと推測していたら、今朝のサンスポに‘ゴールドシップ次は有馬’と
見出しが。
有馬なら、歴戦の疲れをとって十分英気を養うことができるだろう。
関係者の賢明な選択にほっ。

さぁ、これで今年の有馬がグッと楽しみになってきた。
フェノーメノが天皇賞馬になって、オルフェーヴルとの三頭激突なんてことになったら
最高なんだけど。

ゴールドシップは今日から放牧に出るという。
ゆっくり疲れを癒して、また素晴らしい走りを見せてください。待ってます!








★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg






にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村






さくら7歳

sakura051218-4.jpg
(我が家に来てまもない、さくら
まだ、捨てられていた頃の不安が残っている
・・・2005年12月18日、千葉・鎌ケ谷にて)




sakura121024-1.jpg
(この10月で7歳になった。
さくらなしの暮らしは考えられない)




sakura121024-2.jpg
(すっかり我が家のお姫様)




sakura121024-3.jpg
(毎朝やってくる天敵のにゃんこにガンをつけている。
すっかり強気になりました)





さくらが10月13日で7歳になった。
捨て猫だったのを我が家に連れ帰ったのが、2005年の12月13日。
病院で診ていただいたら、生後二ヶ月くらいだというので
その日をバースデーにした。

もう、あれから7年か。
本当にあっという間だった。
飼い主の方は色々あったけど、さくらは何事もなくスクスク育って、
今はかけがえのない家族になった。

先日、ペットショップで誕生日のお祝いに首輪とキャットハウス用の敷物を買う。
首輪はワインカラーのサテン地にビーズが縫い付けられたもの。
さくらも熟女の仲間入りなので、ちょっとおしゃれにしてみた。

フリースでできた敷物をしいてあげると、早速前脚を交互にモフモフ。
これは、仔猫がおっぱいを飲むときに母猫のお腹を揉む仕草だそうで、
成猫になってもするらしい。

そろそろキャットフードもシニアタイプに切り替える頃だが、なんだか
さくらはシニアというイメージがまだピンとこないお転婆娘。
もうちょっと先でいいか。

19歳まで生きた先代猫のくりちゃんのように、さくらもこれからも
ずっと元気で長生きしてほしいと願うばかり。







★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg





にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村







祝!二冠 ゴールドシップ

kiku121021-1.jpg
(さぁ、菊花賞。
菊の懸崖も、この日に合わせたかのように満開になっていた
・・・2012年10月21日、京都競馬場にて)




shigeru_kogumaza121021-1.jpg
(4レース、2歳新馬戦。
シゲルコグマザ登場。晴れの姿に、胸が熱くなる。

★シゲルコグマザ
2010年4月19日生まれ。栗毛。牝。
父フォーティナイナーズサン、母ハルカジョウ
<母母シノクロス>)




shigeru_kogumaza121021-3.jpg
(栗毛、白いソックス、母さんと一緒だね)




shigeru_kogumaza121021-2.jpg
(小さい体と聞いていたけれど、
そんなに小さくは見えなかった)




shigeru_kogumaza121021-5.jpg
(デビューおめでとう!コグマザちゃん。
この日を、ずっとずっと待っていた)





shigeru_kogumaza121021-7.jpg
(空の上から、ハルカジョウが
きっと見守っていてくれる)




shigeru_kogumaza121021-4.jpg
(国分優作騎手を背に、本馬場へ。
レースは最後方に終わったが、まずはデビュー
できたことを素直に喜びたい。

少しずつレースを覚えて、
先頭ゴールインできる日がきますように!)




shinzan_zou121021-1.jpg
(偉大なり!シンザン)




shinzan_zou121021-2.jpg
(伝説のシンザン鉄)




kiku121021-2.jpg
(京都競馬場は、菊花一色)




meisho_kachidoki121021-1.jpg
(お昼休みのパドックでウォーミングアップ中、
誘導馬メイショウカチドキ。

★メイショウカチドキ
2000年4月6日、千歳生まれ。牡。鹿毛。
父エリシオ、母メイショウサブリナ)




meisho_kachidoki121021-2.jpg
(午後からは大役が待っている。
菊花賞は、誘導馬にも晴れ舞台)





gold_ship121021-1.jpg
(11レース『菊花賞』。
内田博幸騎手の渾身の手綱さばきに応えて、みごと、菊の大輪を咲かせた
ゴールドシップ<前から3頭目。帽色・白の芦毛>。

★ゴールドシップ
2009年3月6日、日高生まれ。牡。芦毛。
父ステイゴールド、母ポイントフラッグ<メジロマックイーン>)




gold_ship121021-2.jpg
(直線で先頭に躍り出たゴールドシップは、そのまま菊街道をまっしぐら。
皐月賞に続き、二冠目を戴冠した)




gold_ship121021-3.jpg
(栄光の馬着をまとって。
白い体に、モスグリーンがよく映える)




gold_ship121021-4.jpg
(さぁ、次はいよいよ古馬との対戦。
強い3歳世代のリーダーたれ!ゴールドシップ)





いよいよ、菊花賞当日。
何度予報を見ても、今日も明日もピカピカの晴れマーク。
これで安心して旅立てる。

京都はアパパネの秋華賞以来だから二年ぶり。
菊花賞は2000年のエアシャカール以来だから、なんと12年ぶりだぁ。
エアシャカールはすでになく、アパパネも引退してしまった。
時の流れのなんと早いこと・・・うかうかしちゃいられない。

今日はゴールドシップの戴冠ももちろんだけど、シゲルコグマザがデビューする
4レースの新馬戦も絶対見なくちゃ!

朝4時起きで7時の新幹線に乗り、競馬場に着いたのは3レースのパドックが
始まる直前だった。
なんとか滑り込みセーフだけど、パドック最前列が空いているはずもなく、
二列目でスタンバイ。

と、ちょっと先にどこかで見たことのある人が!
あ、府中や中山で顔なじみになった人だ。
秋華賞に行くことは聞いていたが、まさか今日も来ているとは。
若さとスタミナがうらやましい!?

早速、ごあいさつすると、どうぞ、どうぞと隣を空けてくれた。
うう、うれしすぎる。
それでは、次のレースだけ、とお言葉に甘えることにした。

と、馬友達からメール。
‘カシノワルツ、13番人気の3着、素晴らしいよ’。
えーっ、ほんと!?
東京1レース未勝利戦に出ていたワルツちゃん、がんばった。
この調子でコグマザちゃんもがんばれ。

いよいよ、4レースの出走馬たちが出てきた。
シゲルコグマザは8番目に登場。
黒いめんこをしている。

きれいな栗毛がお日様に映えて金色に輝いてみえる。
後脚だけだった母ハルカジョウと違い、四本ともソックスをはいているが
栗毛、ソックスはそっくり。

事前のコメントでは、小さい馬と云われていたが、そんなに小さく感じない。
でも、やっぱりまだレースに臨むには可憐で、とにかく無事に完走してほしいと
祈らずにいられない。

レースは予想どおり、最後方のままに終わったが、まだ競走馬としてスタートしたばかり。
少しずつレースを覚えて、いつか先頭ゴールインできることを信じている。

菊花賞は、夢見たとおり、内田博幸騎手の渾身の手綱さばきに応えて、
ゴールドシップの完勝だった。
レースを終えて表彰式に臨む姿も落ち着いていて、すでに名馬の風格を感じた。

ここに、フェノーメノがいたら、ディープブリランテがいたら、と思ったりもしたが
3頭の激突は後の楽しみにしよう。

牝馬の三冠レースもすてきだが、やはり牡馬も味わい深い。
来年も来たくなった。
でも、ゴールドシップが春天に出てきたら、そっちも来たいし。
今から、悩むなぁ!?







★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg






にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村





シノクロスの孫たち

kashino_walts120922-2.jpg
(明日の東京1レース、2歳未勝利戦に出走。
一日も早い未勝利脱出を!カシノワルツ
※写真は、2歳未勝利戦8着時・・・2012年9月22日、
千葉・中山競馬場にて。

★カシノワルツ
2010年4月22日、新冠生まれ。牝。黒鹿毛。
父ローエングリン、母マキノワルツ<母母シノクロス>)




haruka_joe110611-5.jpg
(明日の京都4レース、2歳新馬戦に出走。
こちらも祖母はシノクロス。
デビューを飾れ!シゲルコグマザ・・・2011年6月11日、北海道・浦河にて。

★シゲルコグマザ
2010年4月19日生まれ。栗毛。牝。
父フォーティナイナーズサン、母ハルカジョウ
<母母シノクロス>)




shino_cross100511-3.jpg
(名牝シノクロスの血が、末永く伝わりますように
・・・2010年5月11日、北海道・新冠にて。

★シノクロス
1985年4月19日、新冠生まれ。牝。芦毛。
父シービークロス、母シノフラワー)





明日は、東京1レース2歳未勝利戦にカシノワルツ、
京都4レース2歳新馬戦にシゲルコグマザと、
シノクロスの孫たちが東西で出走してくる。

東京の結果は、淀に着くか着かないあたりで知ることになるだろう。
馬っぷりの良いワルツなら、今度こそきっと良い結果を出せるはず。
こんなときは体が二つ欲しくなる。

コグマザは、まだ勝ち負けは無理そうなコメントだったけど、
競馬は走ってみなければ分からない。
だから望みは捨てていない。

ワルツもコグマザも、おばあちゃんが最優秀2歳牝馬だったことを
知っているのかな?!
祖母シノクロスの血を絶やさないためにも、どうか良い走りを
してくれますように。







★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg





にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村





最後の贈り物

haruka_joe110611-2.jpg
ハルカジョウの‘最後の贈り物’、
シゲルコグマザが菊の日に淀でデビューする
・・・2011年6月11日、北海道・浦河にて。


★シゲルコグマザ
2010年4月19日生まれ。栗毛。牝。
父フォーティナイナーズサン、母ハルカジョウ
<母母シノクロス>)





ハルカジョウの末娘が、シゲルコグマザという愛らしい名前を
もらったことを知ったのは、馬友達Bさんのおかげだった。
それ以来、ずっと、ずっとデビューの日を待っていた。

登録した携帯に調教開始のお知らせが来て、それからポツポツと
調教のタイムが届いて、そろそろかなぁ。
ゴールドシップの応援に出かける淀で、デビューしてくれたら最高だけど
そうはうまくいかないよなぁ。

それが今朝、サンスポの土日出走馬に、な、なんと名前が出ているではないか!
10月21日(日)4レース、2歳新馬戦。鞍上は、国分優作騎手。
土曜日でもなく、来週でもなく、まさに菊観戦の日にデビューしてくるなんて。
当日は朝7時の新幹線だから、なんとかパドックには間に合うだろう。

めったに行けない京都競馬場で、ハルカの愛娘のデビューを見られるなんて。
本当に夢のようだ。
単なる偶然なのかもしれないが、素直に天に感謝したい。
淀で、ハルカジョウからの最後の贈り物をしっかりと受け止めてきたい。

なんだか菊花賞より新馬戦が、私のメイン・レースになりそう!?
もちろん、ゴールドシップ&ウチパクが大輪の白菊を咲かせてくれると
信じている。







★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

コスモスの丘

cosmos121016-1.jpg
(ちょうど見頃に出逢えた・・・2012年10月16日、
千葉・印西牧の原‘コスモスの丘’にて)




cosmos121016-2.jpg
(みんな、笑ってるみたい)




cosmos121016-3.jpg
(コスモス色に染まりそう)





今日は朝から抜けるような青空。
昨日の天気予報どおり、良いお天気になりそう。
こんな日は家にじっとしていられない。

どこへ行こう?そうだ、コスモスを観に行こう!
北総線印西牧の原駅から歩いてすぐのところに、コスモスの丘がある。
ちょうど今頃は見頃じゃないかしら。

予想したとおり、駅から見渡せる丘のてっぺんがうっすらピンクに色づいている。
たどりついてみると、あたり一面、濃淡のピンク、赤紫、白と色とりどりの
コスモスが風に揺れていた。
まだ蕾もたくさんあって、ちょうど見頃。

雲ひとつない真っ青な空の下に広がるコスモスの群れ。
まぶたの裏までコスモス色に染まりそう。
昨年の今頃を思えば夢のようだ。

あの頃は、手術後の抗がん剤で心身共に衰弱していた。
一年後にこうして、空の下をスタスタと歩けるなんて本当に夢のよう。
改めて、命が繋がったことに感謝しなくちゃ。

そんな想いを知ってか知らずか、コスモスたちはみんな、笑っているようにみえた。






★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




シャインケニー

roze121014-1.jpg
(ローズガーデンでは、秋のバラが咲いていた・・・2012年10月14日、
東京競馬場にて)




shine_kenny121014-1.jpg
(4レース、2歳新馬戦。
つぶらな瞳のかわいい女の子みっけ!
私的、ポスト・アパパネ?!
アグネスデジタルの娘、シャインケニー。

★シャインケニー
2010年4月26日、浦河生まれ。牝。鹿毛。
父アグネスデジタル、母シアトルギャル)




shine_kenny121014-2.jpg
(江田照男騎手を背に、本馬場へ)




sakura_grand_reve121014-3.jpg
(レース。
好スタートを切り先頭へ。
そのまま逃げ切るかに見えたが、直線でサクラグランレーヴと
サークルオブライフに交わされて3着。残念!
次走も応援に行くよ~っ!ケニーちゃん)




sakura_grand_reve121014-2.jpg
(口取りに向かうサクラグランレーヴ。
一番人気に応えた。

★サクラグランレーヴ
2010年3月19日、新ひだか生まれ。牡。鹿毛。
父アルデバランⅡ、母サクラエンプレス)




tennousyou121014-1.jpg
(今年はどんなレースになるのだろう。楽しみな天皇賞)




denko_octopus121014-1.jpg
(9レース『東京ハイジャンプ』。
優勝馬、デンコウオクトパス。
父さん、そっくり!

★デンコウオクトパス
2007年4月12日、新ひだか生まれ。牡。鹿毛。
父マヤノトップガン、母シルキーマニッシュ)




denko_octopus121014-2.jpg
(レース。
西谷誠騎手を背に、みごと障害をクリア、3,110メートルを
コース・レコードで完走した)




denko_octopus121014-3.jpg
(6月の東京ジャンプステークスに続き、
これで重賞二勝目)




denko_octopus121014-4.jpg
(栄光の手綱を握り締めて)




denko_octopus121014-5.jpg
(暮れの中山大障害へ大きくはばたくか!デンコウオクトパス)





先週から始まった府中。
今日やっと行くことができた。
昨日のように今日も麗らかな秋日和、と思い込んで行ったらとんでもない。
薄着の身には風が冷たく、おまけに雨もぽつり、ぽつり。

なんだか落ち着かない日になってしまったが、それでも久しぶりに
たくさんの馬を間近に見られて大満足。
場内は西で秋華賞があるせいか、いつもの熱気が消え、静かだ。

新馬戦では、シャインケニーというかわいい牝馬をみつけてうれしくなった。
つぶらな瞳、垢抜けした馬体、きびきびした動き、
パドックを周回する姿に目が吸い寄せられる。

アパパネを初めて見たときも、こんな気持ちだったなぁ。
もしかして、シャインケニーは、ポスト・アパパネになるかも?!
レースは残念ながら3着と敗れ新馬勝ちはできなかったが、そういえば
アパパネも初戦は3着だった。

ジャンプレースの重賞『東京ハイジャンプ』は、マヤノトップガンの息子
デンコウオクトパスが、6月の『東京ジャンプステークス』に続き優勝。
レコードで重賞二勝目を飾った。
暮れの中山大障害が楽しみになってきた。

ジャンプレースはいつ観てもドキドキ、ハラハラ。
今日も3頭が落馬したり競走中止したり、残念な結果になった。
後で、どの人馬も異常なしと知りほっとしたが。
空馬が必死に障害を飛び、懸命に駆ける姿はいつ見ても切なく胸が熱くなる。

さて、ターフビジョンに大写しになった秋華賞。
ヴィルシーナ、トーセンベニザクラ、アイスフォーリス、ミッドサマーフェア、
ずっと応援してきた馬たちの応援馬券を握り締めて祈る。

レースはチェリーメデューサの大逃げにどっと沸いたが、
ヴィルシーナが交わしにかかった外からジェンティルドンナが強襲。
ほとんど馬体が重なって見えたが、どうもジェンティルの勝利が濃厚。
それでも一縷の望みを抱いて画面をみつめる。

その判定の長いこと。
やっと着順が掲示され、1着に14番の馬番が出た。
ヴィルシーナはハナ差の2着。
ああ、またしても!なんと大きなハナ差だろう。
なんとか最後の一冠はとらせてあげたかった。

2012年10月14日、4頭目の三冠牝馬が誕生した。
ジェンティルドンナ、また一頭、競馬史に残る名牝が現れた。







★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg





にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



明日は秋華賞

apapane101017-9.jpg
アパパネのいない競馬は寂しい。
※写真は、秋華賞優勝そして牝馬三冠達成時・・・2010年10月17日、
京都競馬場にて。
鞍上は、名パートナーだった蛯名正義騎手。

★アパパネ
2007年4月20日、安平生まれ。牝。鹿毛。
父キングカメハメハ、母ソルティビッド)





アパパネが突然引退してしまってから、なんだか気の抜けた
ビールみたいになってしまった。

午後3時頃、競馬中継をつけたら、府中牝馬ステークスのパドック。
ああ、そんな時期なんだ。
エイシンリターンズ、アニメイトバイオ、アプリコットフィズ、レインボーダリア
・・・アパパネの同期たちがずらり登場。
思わずアパパネの姿を探してしまう。

一年前。アパパネに一目逢いたくて、手術後の弱った体で這うように
たどりついた東京競馬場が懐かしく想い出される。
現役ならきっと今日も元気な姿を見せてくれたことだろう。
そして私は、来月のエリザベス女王杯に夢を膨らませていただろう。

明日は牝馬クラシックの最終章、秋華賞。
二年前、アパパネの三冠をしっかり目に焼きつけた京都競馬場。
あの日のことも絶対忘れられない。

改めて、ここ数年はアパパネと共に一喜一憂していたんだなぁと
思い知らされる。
もう、恐らくアパパネのような牝馬には出逢えないだろう。







★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg







秋の花といえば

cosmos121009-1.jpg
(秋の花といえば、やっぱりコスモス・・・2012年10月9日、
千葉・鎌ケ谷にて)





近所の花屋さんに秋の鉢花があふれていた。
吸い寄せられるように、買い物帰りの足を止める。
小菊、けいとう、なでしこ、萩、すすき・・・
色とりどりの草花は、見ているだけで秋を感じさせてくれる。

どれか買って帰りたいなぁ。
どれにしよう。
目が留まったのは、ピンクや赤紫、白のコスモス。
秋といえば、やっぱりコスモス。

コスモスを見るたびに、旅先で、知らない土地で、秋風に揺れていた
優しい姿を想い出す。
どこかへコスモスを見に行きたいなぁ。






★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




かぼちゃの赤ちゃん

pumpkin121008-1.jpg
(かぼちゃの赤ちゃん、ただ今成長中・・・2012年10月8日、
千葉・鎌ケ谷にて)





良い土にしようと庭に埋めておいた野菜くず。
この夏、かぼちゃの芽があちこちで顔を出し、あれよあれよという間に
つるを伸ばしチワワの額ほどの庭をはい回っている。

気がつくと、花の終わったあとに小さな実がついていた。
毎日少しずつ大きくなって、今はテニスボールほどに。
ちゃんとかぼちゃらしい模様もついてきて、なんとも愛らしい。

このまま大きくなるのだろうか、それとも・・・。
期待と祈りを込めて、毎朝、かぼちゃの赤ちゃんにエールをおくっている。






★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg







たかがめだか、されどめだか

medaka121007-1.jpg
(毎朝、めだかに元気をもらっている・・・2012年10月7日、
千葉・鎌ケ谷にて)





今年の夏、めだかが飼いたくなってペットショップで10匹買った。
ベランダにポリバケツを置いて、専用の砂を敷き、ホテイアオイを浮かべて
めだかを入れて準備完了。

が、数日でほとんどが死に生き残ったのはたった一匹。
何がいけなかったのだろう。
死なせてしまっためだかちゃんたちに手を合わせた。

ある日、一匹だけ泳ぎ回っている水面を見ていたら、
なんだかあちこちで水が動いている。
よおく見ると、ふたつの目がやたらはっきり張りついた糸くずみたいのが
数匹泳いでいるではないか!

おお、めだかの稚魚だっ!
数えてみたら6匹いる。
生き残っためだかが産んだのだろうか?
それとも卵を産んだ後に親は死んでしまったのだろうか?

口が聞けたら生き残っためだかに聞いてみたかったが、無理。
糸くずたちは日に日に成長して、酷暑も乗り越えて今では
かなりめだからしくなってきた。
生き残っためだかは、めだかの学校の先生か子沢山の母さんみたいにみえる。

めだかたちに餌をやることも朝の日課に加わった。
ちっちゃな体を揺らしながら水面に顔をのぞかせるめだかたちを、
無心に眺めるほんのひとときのなんと心落ち着くこと。

たかがめだか、されどめだか。
小さなめだかたちから元気をもらっている。






★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




カボス実る

super_moon120513-1.jpg
(祝!スーパームーン
本日の東京競馬8レースで、待望の2勝目を挙げた。
馬っぷりの良さから、更なる飛躍が期待できそう!

※写真は、3歳500万下戦2着時。
鞍上は、内田博幸騎手・・・2012年5月13日、
東京競馬場にて。

★スーパームーン
2009年4月28日、千歳生まれ。牡。青鹿毛。
父ブライアンズタイム、母フェアリーバラード)




yuzu111120-1.jpg
(今年も実家の庭には、カボスや柚子が実った。
※写真は、昨年届いたときのもの・・・2011年11月20日、
千葉・鎌ケ谷にて)





朝一番、茨城に住む実家の母から電話。
「カボスがたくさんできたけど、取りに来る?」

高齢の両親が心配で月に一度は顔を出すようにしているが、
先月はお彼岸の時だったから、そう間がない。
今月は、下旬に予定している京都旅行の後におみやげ持参で行くつもりでいた。

そう話すと母は少しがっかりした様子。
「分かった、分かった、じゃ、来週にでも行くよ」。
ほっとして電話が切れた。

毎秋、実家に行くたびに庭に実るカボスや柚子をもらって帰るのが楽しみだ。
時には、宅急便が届くことも。

カボスや柚子はちょっとした料理の彩り程度だったが
昨年、病気してからは必需品になった。
レモンががんに効くというので、今も毎日欠かさず摂っている。
カボスや柚子もレモンの代わりにあるいは一緒に。

年老いた父が、大きそうな実を探してひとつひとつ採ってくれる姿が
今から目に浮かぶ。
いくつになっても娘は娘、親は親なんだ。
そして両親も私も、昨年願ったとおりカボスや柚子が実る季節を
元気に迎えられたことが本当にうれしくありがたい。

「大きなリュックを背負っておいで~」と母。
は~い!





★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




`船橋競馬場の馬人(うまびと)たち'

moere_pink_dia120905-1.jpg
(競馬サークルの素顔が楽しかった
『ふれあい写真展ー船橋競馬場の馬人たちー』。
※写真は、パドックの様子。馬名は、モエレピンクダイヤ
・・・2012年9月5日、千葉・船橋競馬場にて。

★モエレピンクダイヤ
2009年4月29日、三石生まれ。牝。鹿毛。
父ゴールドヘイロー、母イブキピンクレディ<ノーザンテースト>)





今日は、船橋市市民ギャラリーで開催中の『ふれあい写真展
ー船橋競馬場の馬人(うまびと)たちー』へ。

船橋競馬場は地理的に近いこともあって、親近感の強い競馬場。
この写真展は、競馬サークルの人たちが競馬サークルの人と馬を撮ったと
いうので、とても楽しみにしていた。

厩務員さんや装蹄師さん、職員さんや競馬ライターさんなど仕事仲間が撮った
写真だけに、どの写真からも親しさが伝わってくる。
騎手や厩舎の人たちのカメラに向けるまなざしのなんと優しいこと。
レースでは決して見せない素顔がそこにあった。
レースを離れた馬たちの表情も柔らかい。

特に気に入ったのは猫のいる写真。
この写真展を企画した船橋競馬の厩務員で写真家の津乗健太さんによるもので、
どれも、思わず頬が緩む。
厩舎の事務室らしきところで、きちんと並びストーブを囲む三匹の猫の後姿には
参った。

肩の力を抜いて、アットホームな見せ方をした写真展。
船橋競馬に一段と親しみがわいた。

※メモ
同写真展は、10月7日(日)まで。
問い合わせ先は、船橋市市民ギャラリー<電話047-420-2111>まで。





★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




近代競馬150周年記念切手

kinenkitte121002-1.jpg
(もったいなくて、とても使えそうにない!?
『近代競馬150周年』記念切手が、本日発売開始された
・・・2012年10月2日、千葉・鎌ケ谷にて)





楽しみに待っていたJRAの記念切手が、いよいよ今日発売開始。
郵便局が開くのを待ちかねて、早速買い求めに行く。
近代競馬150周年を記念して、これまでの三冠馬十頭の勇姿が収められている。
もちろんアパパネも!

古い年代順に、セントライト、シンザン、ミスターシービー、シンボリルドルフ、
メジロラモーヌ、ナリタブライアン、スティルインラブ、ディープインパクト、
アパパネ、オルフェーヴル。

セントライトとシンボリルドルフを除く八頭は競馬場で、牧場で
しっかり目に焼きつけてきた。
薄い切手シートはそのまま私にとっても競馬の歴史そのもの。
もったいなくて、とても使えそうにないなぁ。






★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




菊と秋天

gold_ship120527-1.jpg
ゴールドシップは神戸新聞杯を快勝して、菊へ視界良好!
※写真は、ダービー5着時。鞍上は、内田博幸騎手
・・・2012年5月27日、東京競馬場にて。

★ゴールドシップ
2009年3月6日、日高生まれ。牡。芦毛。
父ステイゴールド、母ポイントフラッグ<メジロマックイーン>)





fenomeno120917-101.jpg
フェノーメノはセントライト記念を快勝して、秋天へ路線変更。
3歳パワーを見せつけるか!
※写真はセントライト記念優勝時。鞍上は、蛯名正義騎手
・・・2012年9月17日、千葉・中山競馬場にて。

★フェノーメノ
2009年4月20日、平取生まれ。牡。青鹿毛。
父ステイゴールド、母ディラローシェ<Danehill>)





昨夜は一晩中、台風17号の吹き荒れる音にまんじりともせず。
一夜明けると、うそのような青空。
が、庭に出てみるとその爪痕があちこちに。
鉢が転がり、草がなぎ倒されていた。
一番心配だった彼岸花は無残にも根こそぎ倒されて。
たった数日の命だった。花に嵐、なんて無情な。

どよんとうつむき加減になりそうだが、さ、気分を変えて。
十月といえばいよいよ秋華賞、菊花賞、秋の天皇賞と目白押し。
ゴールドシップ、フェノーメノ、ディープブリランテの三つ巴が観たくて、
21日の京都行きも予約した。

が、フェノーメノがセントライト記念優勝後に秋天へ路線変更。
菊で見られないのは残念だが、これで秋天の楽しみも膨らんだ。






★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




 | HOME |  ▲ page top