カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年賀状

danon_venus121215-1.jpg
(9レース「ひいらぎ賞」。
アズマサンダースの娘、ダノンビーナス。5着。
・・・2012年12月15日、千葉・中山競馬場にて。

★ダノンビーナス
2010年3月28日、日高生まれ。牝。鹿毛。
父キングカメハメハ、母アズマサンダース)




sakura120523-1.jpg
(来年の年賀状に、さくらの名前も入れてみた。
※写真は、2012年5月23日、千葉・鎌ケ谷にて)





今日、やっと年賀状の注文を完了した。
毎年、その年の日高馬旅の中から写真を選んで年賀状にしてきたが、
20年以上通ってきた日高に、今年はとうとう一度も行けず。
賀状にできる写真がなかった。

ふっと浮かんだのは、昨年、一昨年の日高の春旅。
その中から新春にふさわしい絵柄をいくつか選んでプリントしてもらい、
一番良かった写真を賀状にした。
満開の桜をバックに佇む名馬の写真。
来年こそまた日高に行けますように、また逢えますように、との願いを込めて。

今は、お店のパソコンで自分で好きなように賀状が作れる。
いつものように手順に従って進めていたら、ペットの名前が入れられるという一項に
目が留まった。
じゃぁ、さくらの名前を入れてみようか。

さくら(猫 7歳) と入れた。
仕上がり見本を見たら、私の名前の下に並んで書かれている。
私の名前も、ひらがなで3文字。
知らない人が見たら、猫が二匹に見えるかも。
ま、いっかぁ。





★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村








スポンサーサイト

祝!ローエングリン産駒

kashino_walts121215-1.jpg
(3レース、2歳未勝利戦。
今日は浅いブリンカーを着けて、カシノワルツ
めんこの下には、父そっくりな星がある
・・・2012年12月15日、千葉・中山競馬場にて。

★カシノワルツ
2010年4月22日、新冠生まれ。牝。黒鹿毛。
父ローエングリン、母マキノワルツ<母母シノクロス>)




kashino_walts121215-3.jpg
(鞍上は、二本柳壮騎手。
レースは、ハナ差の4着。うぅ、あと一押し!
一日も早い初勝利をひたすら祈ってます!)





今日は昨日とは一転。
朝から真っ青な空が広がり、真冬とは思えない暖かさ。
中山のメインは、朝日杯フューチュリティステークスだ。

昨夜、ハンガーに吊るしておいた雨で濡れたリュックやカメラのカッパも
よく乾いた。
メインに間に合うように中山へ行きたかったが、やはり連闘はちょっときつい。
無理は禁物なので、今日はおとなしくテレビ観戦に切り替えた。

雨でよれよれになった昨日のレープロを手元に、グリーンチャンネルのパドックをチェック。
コディーノが断然の人気だけど、私の買いたい馬はロゴタイプ。
父ローエングリンは好きだった馬。そしてカシノワルツのパパでもある。
もう一頭ゴットフリートもローエングリン。グリンのワン・ツーだったりして。
まさか、なぁ。

コディーノは頭が小さくてバランスが良くて、キビキビしていて、すっごくいい。
いつもなら、きっと、こっちにするなぁ。
でも、今日はやっぱりロゴタイプ。
こちらもしっかり出来ていて、スッキリ仕上がっている。

朝日杯は7枠から外は来たことがないそうだ。
でも、そんなジンクスは関係なし。強い馬がいれば簡単に変わる。

レースはまるで筋書きどおりのように、ミルコ・デムーロ騎手の鮮やかな手綱に導かれて
ロゴタイプが先頭に躍り出て、その外から横山典弘騎手のコディーノが交わす勢いで
迫ってきた。
たいていは、そこであっさり交わされるはずなのに、ロゴタイプは交わさせない。
2頭のマッチレースが少し続いて、ロゴタイプがしっかり先頭でゴールインした。
3着は何?と確かめたら、しっかりクリストフ・スミヨン騎手のゴットフリートが来ていた。

今一歩でGⅠにたどりつけなかった父の想いを、息子たちがしっかり受け止めたような
今日の朝日杯。
またひとつ、競馬のドラマを観たような気がする。





★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村





雨に煙る、ヤングアットハート

habotan121215-1.jpg
(真珠のような雨粒が葉牡丹を飾って・・・2012年12月15日、
千葉・中山競馬場にて)




young_at_heart121215-1.jpg
(11レース「ディセンバーステークス」。
雨で白く煙るパドックに、ヤングアットハート登場。
やっと、出てきてくれたね!ヤンちゃん!)




young_at_heart121215-2.jpg
(あいにくの雨だね。でも、‘雨ニモ負ケズ’で行こう!)




young_at_heart121215-3.jpg
(騎乗合図がかかった。
でも、騎手は乗らず。ガクッ)




young_at_heart121215-4.jpg
(北村宏司騎手を背に、返し馬。
いつものしっかりしたフットワークに安心した)




young_at_heart121215-5.jpg
(レースは7着。久々でがんばった。
まずは無事に駆け抜けられたことに拍手!
近々、豪快な走りが見られますように!)





今日は、3レースの2歳未勝利戦ににカシノワルツ、メイン「ディセンバーステークス」に
ヤングアットハートが出走してくるというので、這ってでも行くことに。
天気予報どおり、お昼頃から降り出し気がつけば競馬場は雨に煙ってまっ白。

カシノワルツは見どころ十分だったが、あと一歩で3着をはずす。
ほんと、はがゆい子だ。
ちょっとしたことでブレイクしそうなんだけど。

一方、4月以来のヤングアットハート。
ずっと出走してくるのを待っていたが、やっと姿を見せてくれる。
脚元に不安を抱えながらの競走生活と知り、どうか無事に駆けてほしいと願う。

その上、ブログにコメントを頂いたヤンちゃんの一口馬主さんによれば、
顔に雨があたるだけで嫌気がさして走る気をなくしてしまうとのこと。
あんなにたくましそうなのに、そんなデリケートなハートの持ち主だったとは意外。

レースの間だけでも雨が落ちませんようにという祈りも空しく、
むしろ雨粒が増えたような感じ。
同じ勝負服が3人もいるので、雨でただでさえ見ずらい中、
必死にヤンちゃんの姿を探す。

掲示板には載れなかったが、そう大崩れすることなく7着。
久々なのだから、よく頑張ったと思う。
次はピッカピカの青空の下で、また豪快な走りを見たい。





★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村





今年の一字は‘穏’

miyabi_farnese121209-1.jpg
(10レース「美浦ステークス」。
父譲りの気品あふれるミヤビファルネーゼ・・・2012年12月9日、
千葉・中山競馬場にて。

★ミヤビファルネーゼ
2008年3月28日、浦河生まれ。牡。黒鹿毛。
父ロージズインメイ、母タフグレイス<母母システィーナ>)





昨日、今年の世相を表す漢字に‘金’が選ばれたというニュースを見た。
ロンドン五輪での活躍、山中伸弥教授のノーベル賞受賞などなどが
その理由らしい。
なるほどと納得。

振り返ってみて、我が身の今年を表す漢字とは・・・。
浮かんできたのは、‘穏’。平穏の穏。穏やか。
病気と真正面から向き合った昨年と比べて、
今年は穏やかに一年を過ごすことができそうだ。
もちろん油断はできないが、順調に元の体に戻りつつある。

なんでもない普通の暮らし、当たり前の日常がどれほど貴重で大切なものか
身に沁みた。
以前のように動き回ることはできないが、可能なかぎり
大好きな馬たちに逢うこともできた。

来年もその先も、平穏な日々が続きますようにと願わずにはいられない。





★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村





額に輝く星、オーバーザトップ

over_the_top121209-2.jpg
(6レース、2歳新馬戦。
一番落ち着いていて良くみえた、オーバーザトップ
・・・2012年12月9日、千葉・中山競馬場にて。

★オーバーザトップ
2010年2月18日、新ひだか生まれ。牡。黒鹿毛。
父ディープインパクト、母スイートフラッグ)




over_the_top121209-1.jpg
(オッズを見たら、なんと一番人気。どおりで。
父をしのぐ走りを見せるか)




over_the_top121209-3.jpg
(鞍上は、横山典弘騎手)




over_the_top121209-4.jpg
(レースは素顔で。
額に輝く星ひとつ、オーバーザトップ。

蛯名正義騎手鞍上のヒカルペガサス<帽色・桃>に交わされて、2着。
うぅっ、残念!次走は、きっと先頭ゴールインを!)





★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村




澄んだ瞳の、シンボリジャズ

synboli_jazz121209-1.jpg
(新馬戦で、魅力的な馬に出逢えたらラッキー!
今日の5レースでは、澄んだ瞳のシンボリジャズに惹かれた
・・・2012年12月9日、千葉・中山競馬場にて。

★シンボリジャズ
2010年3月25日、日高生まれ。牡。鹿毛。
父タイキシャトル、母スイートケンメア)




synboli_jazz121209-2.jpg
(若馬らしい初々しさにあふれている)




synboli_jazz121209-3.jpg
(全身を大きく使った伸びやかな周回にも好感がもてた)




synboli_jazz121209-4.jpg
(田辺裕信騎手を背に、本馬場へ。
レース結果は2番人気、3着と残念・・・。
でも、きっと初勝利は近い。
次はどこで逢えるかな)





★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村




ノロウイルス!?

neko_taisho121209-1.jpg
(3レース、2歳未勝利戦。
また逢えたね!ネコタイショウ。
・・・2012年12月9日、千葉。中山競馬場にて。

★ネコタイショウ
2010年4月6日、浦河生まれ。牡。鹿毛。
父サムライハート、母パシェンテ
<ダンシングブレーヴ>)




neko_taisho121209-2.jpg
(発走間近。一番ドキドキする時間。
鞍上は、石橋脩騎手)




neko_taisho121209-3.jpg
(どうか初勝利を挙げられますように!)




neko_taisho121209-4.jpg
(レース。
先頭集団でがんばり、そのまま抜け出すかと期待したが、最後左右から
差されて4着。
もうひとがんばりだね、美猫君!)





シルクフォーチュンのカペラステークス快勝に歓喜した昨日から一夜明けた
今朝、とんでもないことになった。
いつもどおりラジオ体操もしっかりやって、生ジュースも飲んで野菜スープもとって、
バナナも食べて、ほっと一息。

と、お腹が痛くなってきた。
たまに食後にそうなることはあるので気にせずにいたら、痛みは増すばかり。
苦しさに横になったが、ちっともよくならない。
それどころか横になっているのも辛いので、こたつに丸くなってお腹を抱え込む。
しばらくそうしていたが、一向に収まらない。

するうち、今度は吐き気。今朝食べたものを全部吐いてしまった。
うわぁ~、これって巷で噂のノロウイルス!?
今年は大流行の兆しと聞いてはいたが、流行に疎いアタシが早々とのっかるとは。

抵抗力の弱い子どもやお年寄りがかかりやすいというが、昨年の手術と抗がん剤で
私の体もかなり抵抗力が落ちているのだろうか。
でも、外出するときはマスク。
帰ってきたら、しっかりうがいと手洗いしもているのになぁ。

絶え間なく襲ってくる腹痛に息もできない。
上天気にきらきらと輝いている窓ガラスがうらめしくみえる。
お昼過ぎても収まらなかったら病院に行くしかないな。
そう覚悟を決めたあたりから少しずつ楽になっていった。

気がつくと少し寝ていたようだ。
時計の針は正午を過ぎていた。
ようやく腹痛も吐き気も収まり、息ができるようになった。

ああ、やっと峠を越したみたいだ。
安堵が全身に広がる。
そうしたら現金なもので急にお腹が空いてきた。

ごはんに梅干を入れておかゆをつくってみたが、
やはりほんの少ししか食べられなかった。
それでもお腹が落ち着く。

ココロに余裕が出たところで、布団の中で今週の出走馬情報を携帯チェック。
おおっ!ヤングアットハートがディセンバーステークスにエントリーしている!
今度こそ前走のように除外されずに出走できますように。
さぁ、土曜日までしっかり筋トレして体力をつけておかなくちゃ!?






★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村




祝!重賞3勝 シルクフォーチュン

silk_fortune121209-1.jpg
(シノクロスの牧場出身、シルクフォーチュンが、カペラステークスを快勝!
これで重賞3勝目!・・・2012年12月9日、千葉・中山競馬場にて。

★シルクフォーチュン
2006年2月14日、新冠生まれ。牡。鹿毛。
父ゴールドアリュール、母シルクエスペランサ)





シルクフォーチュンが、今日の中山メイン、GⅢ「カペラステークス」を快勝した。
久しぶりにパドックで観たフォーチュン、すっごく垢抜けた容姿になっていて
びっくり。
いつのまに、こんなイイオトコになっていたんだろ!?
正直、初めて観たときは地味な印象だったのに、重賞を二つも勝つとやはり
変わってくるんだな、と感嘆しきり。

ただ、パドックの出入り口に来るとしきりに後ろを振り向く。
まるで、もう帰りたいよう、と訴えているみたいに。
それが気になって、果たして走る気はあるのだろうか?!

が、レースが始まったらそんなことは杞憂だった。
いつものごとく後方からじんわりと進んで、直線、大外から一気にごぼう抜き。
今日も‘砂のミスターシービー’をやってくれた。
はまったときのフォーチュンの凄い脚を目のあたりにして、思わず
カメラも忘れそう。
凄いよ、凄いよ、凄すぎる。ブツブツとつぶやいてしまった。

シルクフォーチュンの走りをみせつけられて、やっぱり競馬からは離れられそうにない。






★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村







お久しぶり! モエレベオウルフ

kouyou121203-1.jpg
(名残りの紅葉・・・2012年12月5日、千葉・船橋競馬場にて)




ichi121203-1.jpg
(らち沿いの植え込みに、かわいい実をつけたイチイが。
秋の日高を想い出させる)




moere_beowulf121203-1.jpg
モエレベオウルフが、船橋競馬初日に
夏以来の出走。

★モエレベオウルフ
2007年4月26日、浦河生まれ。牡。鹿毛。
父ゴールドヘイロー、母ミナミノガルチ)




moere_beowulf121203-2.jpg
(お久しぶり!べオ君。
今日のブリンカーは、おっきなまぶたみたいだね)




moere_beowulf121203-3.jpg
(前走は真夏のナイター競馬だったのに、今日は真冬のような寒さ)




moere_beowulf121203-4.jpg
(ふいに顔を上げたモエレベオウルフ。
一瞬だったけど、つぶらな瞳が見えた!
母ミナミノガルチが重なる)





moere_beowulf121203-5.jpg
(今日のパートナーは、大井の坂井英光騎手)




moere_beowulf121203-6.jpg
(坂井騎手を背に、返し馬)




moere_beowulf121203-7.jpg
(レース。
逃げ切るかと期待したが、ゴール前でどっとかぶされて、5着)





シゲルコグマザ登録抹消の知らせにどんと落ち込んでしまった。
その後に届いたモエレベオウルフの船橋競馬出走。
いつもならぶっ飛んで行くのに、なんだか虚しさに襲われて
でかける気にもなれずにいた。

が、今度はハルカフジ勝利の吉報。
胸の中は目まぐるしく回って、やっぱり行かなくちゃ!

ということで、今日は初日の船橋競馬へ。
8月の大井以来、ぱったりとお知らせのこなくなったべオ君の出走情報。
気がつけば今年も終わりかけていた。

前走は真夏のナイター競馬、今日は真冬のような寒さ。
名残りの紅葉も震えているかのようだ。

6レース、C2戦3枠3番。
パドックの馬たちが真っ先に姿を現す位置にスタンバって、登場を待つ。
手がかじかんで、シャッターがちゃんと押せるかしら?!

今日もブリンカーをつけて、べオ君登場。
体重もプラスになっていて、落ち着きも十分。
途中、ふいに顔を上げた。
ほんの一瞬だったけど、つぶらな瞳をはっきりみた。
鼻先まで続く流星と共に、母ミナミノガルチの面影が重なる。

レースはいつものように好スタートを切り、そのまま逃げ切るかと期待したが
ゴール前でどっとかぶされて、結局5着。
でも久々で掲示板に載れれば良しとしよう。

年内にもう一戦するのか?
それとも船橋の新春競馬で走り初めか。
また元気な姿に逢えることを楽しみにしています!





★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村





祝!3勝目 ハルカフジ

harukakko091013-6.jpg
(とうとう3勝目!りっぱだよ!ハルカフジ。
※写真は、1歳当時・・・2009年10月13日、
北海道・浦河の育成牧場にて。

★ハルカフジ
2008年3月26日、新冠生まれ。牡。鹿毛。
父ルールオブロー、母ハルカッコ<母ハルカジョウ>
<母母シノクロス>)


ハルカフジが今日、とうとう3勝目を挙げた。
阪神7レース500万下戦。
実はハルカフジが出走していることすら知らなかった。

昨日、シゲルコグマザが11月29日付けで中央登録を抹消されたという
お知らせが届いた。
冬の中山開幕、クリスマスツリーも楽しみ。
いそいそと支度を済ませてその後に届いた知らせに、
何もかも色褪せてしまった。

菊花賞の日にデビューしたコグマザ。
まだ2戦しかしていない。
なのに、もう抹消?!
確かに成績は振るわなかったけれど、早すぎる・・・。

恐らくは決定的な理由があっての抹消、とは理解できるけれど、
それでも、改めて競馬の非情さに胸が塞がった。

そこへ飛び込んできたハルカフジの勝利。
それを知ったのも馬友達からのお祝いメールだった。

悲しみのどん底から歓喜の頂点へ。
大げさだけど、そんな気分だった。
ハルカジョウの孫ハルカフジ、ハルカジョウの娘シゲルコグマザ。

なんだか、空の上からハルカジョウがほほえみかけてくれたような気がする。






★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村



 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。