カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

脱!パラボラ

sakura130124-1.jpg
(今日は待ちに待った、さくらの抜糸。
首のパラボラも取ってもらい、心ゆくまで毛づくろい中
・・・2013年1月24日、千葉・鎌ケ谷にて)




sakura130124-2.jpg
(猫にとって、体を舐めることがどれほど大事なことか、
今回の怪我でしみじみ実感した)




sakura130124-3.jpg
(目いっぱい、肉球もパーにして。
ニャンテ、イイキモチ@さくら)




さくらが左脚の付け根を怪我してしまい、縫合してもらってから
ちょうど2週間。
今日は、待ちに待った抜糸の日だ。
動物病院の開院時間めがけて飛んでいく。

診察台に乗せられたさくらは観念したのかおとなしい。
傷口の具合を確かめて、先生がはさみで糸をパッチン、パッチン。
2週間首に巻きつけていたパラボラアンテナ?!もはずしてくれた。
「はい、もういいですよ」。
あっけないほどの早さで診察は終了。

家に戻り、キャリーバッグを開けるとそろっと出てきた。
そして、ひだまりの中で全身の毛づくろい開始。
耳の先から尻尾の先まで、それはそれは念入りに舐め回している。

パラボラのせいで、この2週間毛づくろいができなかった分を
必死で取り戻そうとしているかのように・・・。
ときどき体を拭いてやってはいたが、こころなしか毛並みも悪くなっていた。

猫が毛づくろいをするのは単なる習性ではなくて、元気に生きていく上で
絶対欠かせないものなんだと、しみじみと実感した。

首からパラボラが取れて、本当によかったね、さくら!
この2週間、私も自分の首にパラボラが巻きついているような
重苦しい気分だった。
またパラボラのお世話にならないよう、もう、あんまりお転婆しないでよね。

毛づくろいに夢中のさくらには、‘猫耳東風’・・・。









初検診

mejiro130119-1.jpg
(体操選手より体が柔らかい!?メジロ
・・・2013年1月19日、千葉・鎌ケ谷にて)




mejiro130119-2.jpg
(あらよっ、と)




mejiro130119-3.jpg
(ちょっと休憩)




sakura130119-1.jpg
(陽気につられて、さくらも日向ぼっこ。
ウーン、外の空気はおいしいニャア@さくら)






大雪の翌日15日は、今年初の定期検診だった。

その日が近づくに連れて次第に気が重くなっていったが、
ちゃんと薬は飲んでいるし、体に良いことは続けているし
きっと何でもない、と言い聞かせて。

ドキドキしながら診察室に入る。
各種検査の結果は異状なし。
ホッと胸をなでおろす。
今年も、ドキドキとホッの繰り返しで過ぎていくのだろう。

次の検診はひな祭りの頃。
その日に備えて、油断せず心配せず、養生に励もうっと。





祝!8勝目 モエレベオウルフ

moere_beowulf121203-4.jpg
(ミナミノガルチの息子モエレベオウルフが、
本日、浦和競馬9レースで待望の8勝目を挙げた。

空の上から、きっと母さんも微笑んでいることだろう。
おめでとう!べオ君!精一杯の拍手を贈ります!
※写真は、2012年12月3日、千葉・船橋競馬場にて。

★モエレベオウルフ
2007年4月26日、浦河生まれ。牡。鹿毛。
父ゴールドヘイロー、母ミナミノガルチ)





モエレベウルフが今日、浦和競馬に出走するというのに、
体調今一で浦和まで行く元気がない。
どうも風邪をひいたらしい。

待ちかねた結果が携帯に届いた。
‘モエレベオウルフは1着になりました’
心から願っていたこととはいえ、実際にそのとおりになったとは・・・。
じわぁっと喜びがこみ上げてくる。

早速、リプレイを見る。
好スタートで二番手に取り付くと、そのまま快調に飛ばし
最後はきっちり半馬身差で抜け出して先頭ゴールイン。
大雪の影響か、田んぼのようなびちゃびちゃの馬場もものともせずに、
きっちりと答えを出してくれた。

今日も、おっきなまぶたみたいなブリンカー。
それがよかったのかなぁ!?

優勝を見届けられなかったのは残念だけど、とにかくうれしい。
8勝目おめでとう!モエレベオウルフ!
今年もますますの活躍を期待しています!






★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村





初雪は大雪

pyracantha130114-1.jpg
(平成25年の成人の日は、関東に初雪、そして大雪となった。
中山競馬も5レース以降が21日に順延。京成杯もお預けとなった。

ピラカンサも雪化粧・・・2013年1月14日、千葉・鎌ケ谷にて)




namaeshirazu130114-1.jpg
(雨宿りならぬ雪宿り?!
スズメより大きくヒヨドリより小さい。
あなたのお名前は?)







★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村



メジロとピラカンサ

mejiro130113-1.jpg
(メジロはピラカンサも好物のようです・・・2013年1月13日、
千葉・鎌ケ谷にて)





さくら受難

mejiro130111-1.jpg
(早春の使者メジロ。今朝も冬枯れの庭に飛んできてくれた。
毎日、かわいい姿に癒されている・・・2013年1月11日、千葉・鎌ケ谷にて)




sakura130112-2.jpg
(お腹を傷つけてしまったさくら。しばらくは、この格好です
・・・2013年1月12日、千葉・鎌ケ谷にて)



元旦のブログに、元気ですと書いたばかりのさくらに災難が・・・。

1月9日の夜。そろそろ寝ようかというとき。
さくらを抱き上げようとしたら、お腹に違和感。
ん?持ち上げてよく見ると、あーっ、傷がある。
左脚の付け根あたりに、大豆くらいの穴が開いて中の肉が見えているではないか。

えーっ、いつ、どうして?
全然痛がる様子もなく、今日も家中をかっ飛んでいたのに。
怪我ならまだいいけど、悪性のできものだったりしたらどうしよう。
すぐにも病院に連れて行きたいが夜も遅いし、痛がっているわけでもないので
落ち着いて明日にしよう。
とは思うものの、心配で中々寝つけない。

翌朝、早速動物病院へ。
さくらの傷口をじいっと見つめていたドクター。
「外傷ですね。裂けているのですぐ縫いましょう」。
腫瘍などでなく、まずは胸をなでおろした。

「それにしても、お腹の内側にかぎ裂きをつけるとは。
体の外側ならよくあるのですが・・・」ドクターも思案顔。
一体、いつ、どこで、どんなことで傷を作ったのか。
もしかしたら、本人も自覚していないのでは?!

小一時間ほどで縫合は終わり、入院もなく連れて帰れることになった。
沈静剤と麻酔剤でぐったりとしたさくらが痛々しい。
この七年間、病院に来たのは避妊手術と予防注射だけ。
どれほど、緊張したことだろう。その上、痛い目にあって。
でも、これで治るのだからがまん、がまん。

傷口をなめないようにと、パラボラアンテナみたいな首輪をつけられた。
抜糸までの約二週間、二十四時間つけているように指示される。

今日で三日目。
かなり首輪にも慣れて、いつものようにスタスタと歩き回れるようになったが、
あちこちにパラボラのふちがつかえて思うようにいかない。
かわいそうだけど、とにかく今はがまん、がまん。

いつのまにか、呼び名が、「さくら」から「パラちゃん」になってしまった。
パラボラをつけている間はひとりにできないので、しばらく家を空けることもできない。
競馬場にも行けないのはちょっと残念。

カレンダーを見たら、あぁっ、シルクフォーチュンの連覇が掛かっている
根岸ステークスにも行けない!?
私も、さくらの傷が治るまではがまん、がまん、か。グス。






★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村




初競馬

kashino_walts130106-1.jpg
(5レース、3歳未勝利戦。
新年早々、カシノワルツの元気な姿を見られた
・・・2013年1月6日、千葉・中山競馬場にて。

★カシノワルツ
2010年4月22日、新冠生まれ。牝。黒鹿毛。
父ローエングリン、母マキノワルツ<母母シノクロス>)




kashino_walts130106-2.jpg
(二本柳壮騎手を背に、返し馬)





金杯にヤングアットハートが出るというので年末から楽しみにしていたのに、
直前になって回避。
ヤンちゃんはやはり脚の具合があまり良くないようで、心配だ。
なんとか立て直して、再び元気な姿をターフに見せてほしいと切に願う。

今年は絶対に金杯に行くぞ!と張り切っていたが、いきなりこけた。
が、捨てる神あれば拾う神あり!?
今日、カシノワルツが中山で走るというので、いそいそと出かけた。

昨日の金杯は凄い混みようだったみたいだけど、重賞もない今日は静か。
ハイセイコーの像に新年のごあいさつをして、馬頭観音にお線香をあげて
手を合わせ、馬たちの無事を祈る。

パドックに現れたカシノワルツは相変わらず馬体を大きくみせて、いい感じ。
どうしてこれで勝てないのかなぁ。
今日こそ!と期待したが、いつもよりいいところなく馬群に沈んだ。

年明け競馬は馬も人もリズムが狂って中々調子が出ないもの。
今日のところは、元気な姿を見られただけでもよしとしようか。





★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村








明日ありと

sakura130101-1.jpg
(私もさくらも、元気に新年を迎えることができました。
感謝、感謝です・・・2013年1月1日、千葉・鎌ケ谷にて)





西暦2013年、平成25年の幕が開いた。
世相は色々あるけれど、穏やかな日和の元旦となった。

術後二度目のお正月。
昨年は手術と抗がん剤で弱りきった心身を回復させるための
懸命の一年だった。

食事、運動、心の安定に努めた日々は長かったような短かったような。
おかげで体調も良く心穏やかに新年を迎えることができて、
ただひたすら感謝を込めて、天に向かって手を合わせるばかり。

今年も油断することなく、またいたずらに心配することなく、
大好きな馬たちを想い、小さな命に目を注いで、
一日を一生と思って大切に過ごしていきたいと願う。

      明日ありと思う心の仇桜
        夜半に嵐の吹かぬものかは
  
                 - 親鸞聖人 -





★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村





 | HOME |  ▲ page top