カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山つつじに感謝!

yama_tutuji140430-1.jpg
(今年も、山つつじが開花した・・・2014年4月30日、千葉・鎌ケ谷にて)




おとといまで蕾だった山つつじが、昨日、一斉に開花。
今朝は久しぶりの雨にしっとりとぬれて、朱の花が鮮やかさを増している。
派手過ぎない花色が、なんともいい。

特に手入れもしないのに毎年、今頃になるとちゃんと咲いてくれる山つつじ。
新居に入ったときに植えたから、気がつけばもう三十年以上!
改めて数えてみて、びっくりした。
そんなに長い間、咲いてくれていたとは・・・。

毎年咲くのが当たり前のようにきたけれど、ほんとはそんなことはないんだよね。
黙々と咲き続けてくれている山つつじに、改めて感謝しなくっちゃ。



スポンサーサイト

想い届いて、山藤

fuji140429-2.jpg
(思いがけずに見ることができた山藤
・・・2014年4月29日、千葉・松戸、千駄堀にて)




晴れ間は望めないが雨は落ちないという予報を信じて、
松戸の「21世紀の森と広場」へ。
広大な森と広場は新緑が目にしみる。
満々と水を湛えた千駄堀には、白鷺の優美な姿も。

森の奥に目をやると淡い薄紫のかたまり。
あ、山藤だ。
人に手入れされた藤棚のみごとな藤もいいが、ひっそりと
山中に咲く山藤も風情捨てがたい。

でも、あまりに遠く高くて短いレンズではとても届かない。

あきらめかけての帰り道。
手の届きそうなところに山藤の一群れ。
美しい花房をたわわにつけて、静かに咲いていた。

なんだか胸がいっぱいになって、夢中でシャッターを切った。
想いが天に届いたか・・・。



八重藤の下で

fuji140426-1.jpg
(遠目にも紫が鮮やかな藤。そばに行ってみたら、甘い香りを漂わせていた
・・・2014年4月26日、千葉・野田、清水公園「花ファンタジア」にて)




fuji140426-2.jpg
(おっ、八重の藤みっけ!初めてみた。名前もそのまま、‘八重藤’)


牡丹ネモフィラも堪能して、そろそろ帰り道。
菖蒲田のある池沿いに歩いていたら、珍しい藤を見つけた。
花のひとつひとつがぷっくりとふくらんでいるかのようで、なんとも愛らしい。
その名も「八重藤」。初めて見た。まだまだ知らない花ってあるんだな。

カメラを向けてシャッターを切ろうとしたら、あれ、切れない!
あせって液晶を見たら、電池マークがチカチカ、ゼロになっていた。
いつもなら、電池の消耗具合をチェックしながら撮るのに、今日は
撮るのに夢中で一度も見なかった。

電池を交換していたら、頭上の柳で小鳥がいい声でさえずっている。
すれ違った女性に、「いい声ですね」と声をかけたら、「ホオジロかしら」。
お返しに、八重藤を指差したら、その人もここにはよく来るけど初めて見た、と
喜んだ。

それから話が弾んで、花のこと、鳥のこと、いっとき楽しいおしゃべり。
また出会えたら声をかけてくださいね、と約束して別れた。
ここで電池が切れたから出会えたのかもしれない。


fuji140426-3.jpg
(花のひとつひとつが、ぷっくりとふくらんでいるかのようで
なんとも愛らしい八重藤)




fuji140426-4.jpg
(さらに行くと、今度は可憐なピンクの藤を見つけた。
名前は分からなかった。
さっき出会った人も見たかしら)











★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg






花の海、ネモフィラ

nemophila140426-1.jpg
(満開のネモフィラ。
そよかぜに揺れるさまは、穏やかに波が揺れるような花の海・・・2014年4月26日、
千葉・野田、清水公園「花ファンタジア」にて)


朝からたっぷり牡丹を見て回ったあとは、ネモフィラ畑を見渡せるベンチで早お昼。
青空をそっくり映しこんだような爽やかな花畑を前に広げるお弁当は、
コンビニで買ってきたのも極上の味!?

よちよち歩きの男の子がママと一緒に、ネモフィラ畑にやってきた。
思い切り小さな両手を空に向かって広げて、畝の間をニコニコと一歩ずつ
一生懸命歩いている。
歩くことがうれしくて仕方ないといった顔だ。

ときおり立ち止まっては、ネモフィラの花たちをなでなで。
こんなに小さくても、美しいもの、かわいいものをいとおしむことができるのか、と
ちょっと感動。

ネモフィラに埋もれそうな小さな男の子の姿、まるでメルヘンを見ているみたいだった。


nemophila140426-2.jpg
(青空をそっくり映しこんだような爽やかさ。ネモフィラ・ブルーと名づけたくなった)




nemophila140426-3.jpg
(おっと、よく見たらピンク系の花色も。色違いもかわいらしさをひきたてている)











★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg











牡丹ざんまい

botan140426-1.jpg
(ピンクの牡丹が好き・・・2014年4月26日、
千葉・野田、清水公園「花ファンタジア」にて)


牡丹がそろそろ見頃を迎えるはず、と電車で一時間弱の清水公園「花ファンタジア」へ。
9時の開門と同時に、牡丹園へまっしぐら。
遠目からもちらほらと赤やピンクが目につく。
まだまだ蕾が多かったが、それでもけっこう花を開いている株もあって、ほっ。




botan140426-2.jpg
(薄紙のような花びらも美しい)


朝から初夏のような陽気で、お日様ピカピカ。
晴れているのはうれしいが、花を撮るにはちょっときつい。
花曇のような柔らかな日差しがいいなぁ、などとつぶやきつつ
園内を回る。




botan140426-3.jpg
(牡丹といえば、華麗な赤紫色)




botan140426-4.jpg
(蕾も花開いたさまも、全て美しい)



係りの方が大きな袋を持ちながら、せっせと萎んだ花柄を摘んでいた。
花が美しく見えるのは、こうしたお世話のたまものと感謝、感謝。



botan140426-5.jpg
(赤とピンクの咲き分け)


この株は背が高いので、園内の一角にある花見台から望遠レンズで撮ってみた。




botan140426-6.jpg
(初夏の陽光を浴びて咲き誇る)




botan140426-7.jpg
(お寺の牡丹は、また風情がいい・・・清水公園内、
慈光山金乗院にて)

帰り道、いつもお参りするお寺さんによってみたら、
こちらの牡丹は満開。
公園の牡丹とはまた一味も二味も違う美しさに、また
しばしときを忘れた。



botan140426-8.jpg
(みんなでおしゃべりしているみたい)




botan140426-9.jpg
(真紅の花色も美しい)




botan140426-10.jpg
(牡丹には、やはり和風なバックがよく似合う)


牡丹園のはしごをして、半日、こころゆくまで牡丹ざんまい。
なのに、帰りの電車では、また別のところで牡丹を見たいなと
次の行き先を思案。
「百花の王」と讃えられる牡丹の魅力は尽きない。











★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg






桜、桜、桜

sakura140401-2.jpg
(皇居周辺の桜も、今が見頃・・・2014年4月1日、東京・千代田にて)




sakura140401-3.jpg
(お濠には、桜がよく似合う)




sakura140401-4.jpg
(満開)




sakura140401-5.jpg
(千鳥ヶ淵)




sakura140401-6.jpg
(見渡すかぎり、桜、桜)




sakura140401-7.jpg
(空いっぱいに、桜)




murasaki_hanana140401-1.jpg
(紫花菜も真っ盛り)




murasaki_hanana140401-2.jpg
(高貴な花色は、皇居にふさわしい)



akabana_mitsumata140401-1.jpg
(赤花三椏<あかばなみつまた>も、満開)




akabana_mitsumata140401-2.jpg
(玉かんざしのような花はよく見ると、かわいい小花の集まりだった)




sakura140401-8.jpg
(山桜の仲間か。清楚な美しさ)




mitsuba_tsutsuji140401-1.jpg
(三葉躑躅<みつばつつじ>も鮮やかに)




sakura140401-1.jpg
(地面すれすれまで枝を伸ばした桜。まるで、レースのカーテンみたい!)



sakura140401-9.jpg
(つぼみ良し、花良し、そして花吹雪良し。桜、すべて良し)




 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。