カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

名残の薔薇

rose140531-1.jpg
(名残の薔薇が、それでも華やかに・・・2014年5月31日、千葉・野田、
清水公園「花ファンタジア」にて)




昨日の花菖蒲、まだまだ撮り足りなくて今日も花を求めて清水公園へ。
ここなら、お目当ての花がまだでも盛りを過ぎていても、なにかしら
別の花と出逢える。

今日も朝からギンギンの真夏日。
つば広の帽子と首に巻いたタオルが離せない。
花を撮るには強すぎる光線だけど、ぜいたくはいえない。

もう薔薇は終わっているだろうな、と思いつつ園内に一歩足を踏み入れたら、
まぁ、なんと色とりどりの薔薇で埋め尽くされている。
そばに寄ってみると、さすがにくたんとなっている花も多かったが、
それでも、探せばけっこう美しく咲いているのもある。

熱中症を気にしつつ、ぐるぐる。
たぶん今年最後の薔薇の撮り収めを味わったが、
ひととおり巡った後は、顔が真っ赤に日焼けしていた。とほ。




rose140531-2.jpg




rose140531-3.jpg




rose140531-4.jpg
<デステラント ローズ>




rose140531-8.jpg
<ラベンダー>




rose140531-5.jpg
<ビンゴ メディランド>




rose140531-10.jpg





rose140531-6.jpg
<オウギュスト ルノアール>




rose140531-7.jpg
<ローゼンドルフ シュパリースホッフ>




rose140531-9.jpg
<イントゥリーグ>




rose140531-11.jpg

来年も、美しい薔薇がみられますように・・・。







花菖蒲、咲き始める

suiren140530-1.jpg
(涼しげな睡蓮も・・・2014年5月30日、東京・江戸川、小岩菖蒲園にて)




もうすぐ六月、きっと花菖蒲も咲き始めたはず。
早起きして、久しぶりに江戸川河川敷に広がる小岩菖蒲園へ。

京成線江戸川駅からすぐの江戸川土手に上り、
遠くにみえる菖蒲園に目をやると、ちらほらと青や白の点々が。
よかった、咲いていた!
ひとつも花が咲いていなかったらどうしようと、実はちょっとドキドキしながら来た。

はやる気持ちを抑えながら近づいてみると、早咲きの花菖蒲があっちで、こっちで
朝露に濡れて開いていた。
早朝のせいか、まだ開ききっていない花も。
つんと伸びた茎の先には今にも咲きそうな蕾がついていて、
みんな開いたらさぞ美しいだろうなぁ、と想像してみる。




hanasyoubu140530-1.jpg



hanasyoubu140530-2.jpg




hanasyoubu140530-3.jpg




hanasyoubu140530-4.jpg




hanasyoubu140530-5.jpg




hanasyoubu140530-6.jpg




hanasyoubu140530-7.jpg




hanasyoubu140530-8.jpg




hanasyoubu140530-10.jpg




hanasyoubu140530-11.jpg
(絵も文字も美しい立て看板なので、思わずパチリ)




ajisai140530-1.jpg
(紫陽花も色づいてきた)




ajisai140530-2.jpg
(梅雨入りも間近い)




hotarubukuro140530-1.jpg
(帰宅したら、玄関先のほたるぶくろがお出迎え。
今年は、赤紫のほたるぶくろが良く咲いている・・・千葉・鎌ケ谷にて)




hotarubukuro140530-2.jpg
(蛍を閉じ込めてみたいな)




sakura20140530-1.jpg
(真夏のような日差しの下、さくらはじっと動かない。
視線の先には、とかげさん?!)


薔薇、まっ盛り!

rose140519-1.jpg
<ジャクリーヌ デュ プレ>

(広大な敷地が、色とりどりの薔薇で埋め尽くされていた・・・2014年5月19日、
千葉・八千代、京成バラ園にて)


rose140519-2.jpg
<ラプソディー インブルー>


rose140519-4.jpg
<エドガー ドガ>


rose140519-5.jpg
<エドガー ドガ>


rose140519-6.jpg
<ヨハン シュトラウス>


rose140519-7.jpg
<シーザー>


rose140519-8.jpg
<ゴルデルゼ>


rose140519-9.jpg
<ロイヤル ボニカ>


rose140519-10.jpg
<ロイヤル ボニカ>


pat_austin140519-1.jpg
<パット オースティン>


r_rugosa_alba140519-1.jpg
<ロサ ルゴサ アルバ>


night_owl140519-1.jpg
<ツル ナイトオール>


scabrosa140519-1.jpg
<スカブローサ>


ko_hamanasu140519-1.jpg
<コハマナス(佐渡産)>


ko_hamanasu140519-2.jpg
<コハマナス(佐渡産)>


rose140519-11.jpg
(林の奥で満開になっていた薔薇。
ネームプレートが茂った枝に覆われていたのか、名前が分からず残念!)


rose140519-12.jpg
(色も形も、ほんと愛らしい)


tasogare_cl140519-1.jpg
<ツル.たそがれ>


nur_mahal140519-1.jpg
<ヌル マハル>


r_canina140519-1.jpg
<ロサ カニーナ>


nostalgie140519-1.jpg
<ノスタルジィ>


peace140519-1.jpg
<ピース>


prince_de_monaco140519-1.jpg
<ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ>


prince_de_monaco140519-2.jpg
<ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ>


kotone140519-1.jpg
<琴音(ことね)>


kotone140519-4.jpg
<琴音(ことね)>


kotone140519-3.jpg
<琴音(ことね)>


kotone140519-5.jpg
<琴音(ことね)>


manyo140519-2.jpg
<万葉>


purple_tiger140519-1.jpg
<パープル タイガー>


karen140419-1.jpg
<かれん>


kirari140519-1.jpg
<きらり>


carefree_wonder140519-1.jpg
<ケアフリー ワンダー>


carefree_wonder140519-2.jpg
<ケアフリー ワンダー>


carefree_wonder140519-3.jpg
<ケアフリー ワンダー>


carefree_wonder140519-4.jpg
<ケアフリー ワンダー>


lavender_dream140519-1.jpg
<ラベンダー ドリーム>


lavender_dream140519-2.jpg
<ラベンダー ドリーム>


lavender_dream140519-3.jpg
<ラベンダー ドリーム>


sophies_perpetual140519-1.jpg
<ソフィーズ パーペチュアル>


pegasus140519-1.jpg
<ペガサス>


pegasus140519-2.jpg
<ペガサス>


charles_darwin140519-1.jpg
<チャールズ ダーウィン>


ambridge_rose140519-1.jpg
<アンブリッジ ローズ>


peace140519-2.jpg
<ピース>


waon140519-1.jpg
<和音(わおん)>


blue_river140519-1.jpg
<ブルー リバー>


tokonatsu140519-1.jpg
<常夏(とこなつ)>


white_masterpiece140519-1.jpg
<ホワイト マスターピース>


kibo140519-1.jpg
<希望>


urara140519-1.jpg
<ピンク=ツル.うらら、赤=エクスプルワ>


umilo140519-1.jpg
<ウーメロ>


sweet_drift140519-1.jpg
<スウィート ドリフト>


edgar_degas140519-1.jpg
<エドガー ドガ>


edgar_degas140519-2.jpg
<エドガー ドガ>


edgar_degas140519-3.jpg
<エドガー ドガ>


edgar_degas140519-4.jpg
<エドガー ドガ>


edgar_degas140519-5.jpg
<エドガー ドガ>


alpine_sunset140519-1.jpg
<アルパイン サンセット>



さわやか、白い花たち

shiroi_hana140510-1.jpg
(初夏にふさわしい白い花が目立つようになってきた・・・2014年5月10日、
千葉・野田、清水公園「花ファンタジア」にて)




shiroi_hana140510-2.jpg




shiroi_hana140510-3.jpg




shiroi_hana140510-4.jpg




shiroi_hana140510-5.jpg






またひとつ、タニウツギ

tani_utugi140510-1.jpg
(一瞬、姫りんごかと見間違った、タニウツギ・・・2014年5月10日、千葉・野田、
清水公園「花ファンタジア」にて)




tani_utugi140510-2.jpg
(淡いサーモンピンクと白い花色も、かれんな花姿も愛らしい)




tani_utugi140510-3.jpg
(またひとつ、美しい花に出会えた)




薔薇に乾杯!

rose140514-1.jpg
<ブルー パーフューム>
(まだ先と思っていたのに、薔薇はほぼ満開!
・・・2014年5月14日、千葉・習志野、谷津バラ園にて)



rose140514-2.jpg
<ブルー パーフューム>


rose140514-10.jpg
<ブルー パーフューム>


rose140514-9.jpg
<ロイヤル ハイネス>


rose140514-3.jpg
<ブラック ティー>


rose140514-4.jpg
<ブラック ティー>


rose140514-11.jpg
<香気>


rose140514-12.jpg
<デンディ ベス>


rose140514-13.jpg


rose140514-14.jpg
<アリンカ>


rose140514-15.jpg
<ピカソ>


rose140514-16.jpg
<イザベル デ オルティツ>


rose140514-17.jpg
<春の舞>


rose140514-5.jpg
<パルテノン>


rose140514-6.jpg
<ファースト ラブ>


rose140514-18.jpg
<初恋>


rose140514-7.jpg
<ドクター ファウスト>


rose140514-19.jpg


rose140514-20.jpg
<ローズ オオサカ>


rose140514-21.jpg
<ゴールド シャッツ>


rose140514-8.jpg
<アポジェー>


rose140514-22.jpg
<ダブル ディライト>


rose140514-23.jpg
<香澄>


rose140514-24.jpg
<メモリアム>


rose140514-25.jpg


rose140514-26.jpg
<ラ フランス>


rose140514-27.jpg
<フー ペルネー デュシエ>


rose140514-28.jpg
<ブラス バンド>


rose140514-29.jpg
<キャンディ ストライプ>


rose140514-30.jpg
<コッペリア>


rose140514-31.jpg
<ゴールド ハニー>


rose140514-32.jpg
<ファースト F. ルネッサンス>


rose140514-33.jpg
<スヴニール ドゥ アンネ フランク>


rose140514-34.jpg
<スヴニール ドゥ アンネ フランク>


rose140514-35.jpg
<ブルー パーフューム>


rose140514-36.jpg


rose140514-37.jpg


rose140514-38.jpg
<グレース ドゥ モナコ>


rose140514-39.jpg
<ラ レーヌ ヴィクトリア>


rose140514-40.jpg
<ツル プレジデント L . サンゴール>


rose140514-41.jpg
<ツル プレジデント L . サンゴール>


rose140514-42.jpg
<夕霧>


rose140514-43.jpg
<カリフォルニア ドリーミング>


rose140514-44.jpg


rose140514-45.jpg


rose140514-46.jpg


rose140514-47.jpg
<ほのか>


rose140514-48.jpg


           ~~~ この後、更新中です ~~~




生きていれば

nise_akashia140510-1.jpg
(ピンクの藤のような、ニセアカシア。初めて見る花木だった・・・2014年5月10日、
千葉・野田、清水公園「花ファンタジア」にて)




nise_akashia140510-2.jpg
(青空に伸び伸びと枝を広げ、美しい花房が風に揺れていた)




nise_akashia140510-3.jpg
(あとで調べてみたら、藤と同じマメ科だから、ま、親戚筋かな?!
またひとつ、美しい花を知った)





今日は2カ月ぶりの、乳がんの定期検診日。
いつもながら、診察が終わるまではなんとなく気が重い。
食べものに気をつけ、よく体を動かし、穏やかな気持ちで日々過ごすように
心がけているものの。

まして今朝はしとしとと雨が降り続いている。
どきどきしながら、先生の口から前回の検査結果を知らされるのを待つ。
「結果は良好ですね」、先生の笑顔にほっ。

今日は採血もお休み。
ルンルン気分で外に出る。
うっすらと空が明るくなっていて、雨もほとんどあがっていた。

また次の検診まで、養生に努めて毎日を大切に生きていこう。
生きていれば、美しい花も見ることができる。




都忘れの群生

miyakowasure140510-1.jpg
(お寺の境内に、大好きな都忘れが群生していて感激した・・・2014年5月10日、
千葉・野田、慈光山金乗院にて)




清水公園の芍薬を見たくて来たが、まずは公園入り口にあるお寺さんへ。
今日も美しい花に出会えますように、と手を合わせるつもりだった。
と、境内へ一歩足を踏み入れた途端、可憐な都忘れの群生に出会った。

ひっそりと咲く薄紫の都忘れは、好きな花のひとつ。
庭にも少しあるが、なかなか増えない。
気をつけていないと、周囲の草花の陰に隠れてしまいそうな内気な花。

それだけに、こんなにたくさんの都忘れを見られて胸がいっぱいになった。




miyakowasure140510-2.jpg
(はかなげな風情がいい)




miyakowasure140510-3.jpg
(まるで、苔むした大木に守られているようだった)







灯りのように、石楠花

syakunage140510-1.jpg
(頭上はるかに、ピンクの灯りをともしたような石楠花・・・2014年5月10日、
清水公園にて)


園内の林を歩いていたら、おもいがけずに出会えた石楠花の大木。
背丈をはるかに越える枝先にびっしりと、美しいピンクの花を咲かせて、
その一角だけがまるで灯りをともしたように明るく輝いていた。


syakunage140510-2.jpg


syakunage140510-3.jpg


syakunage140510-4.jpg





健気に、芍薬

syakuyaku140510-1.jpg
(昨日の暴風雨にもめげず、美しく咲いた芍薬・・・2014年5月10日、
千葉・野田、清水公園「花ファンタジア」にて)




syakuyaku140510-2.jpg
(寄り添うように・・・)




syakuyaku140510-5.jpg
(嵐にもまれて、かなり倒れかけている。
中には、花をつけたまま根元から折れているのもあって、かわいそう)




syakuyaku140510-6.jpg
(それでも、健気に咲く)




syakuyaku140510-7.jpg
(穏やかな日が続きますように・・・)




syakuyaku140510-8.jpg
(なんて華やか!)




syakuyaku140510-9.jpg
(牡丹のような、薔薇のような、はたまたカーネーションのような)




syakuyaku140510-10.jpg
(芍薬らしい芍薬)




syakuyaku140510-11.jpg
(初夏の光をいっぱいに浴びて)





気心のしれた薔薇

rose140509-1.jpg
(庭の薔薇も満開・・・2014年5月9日、千葉・鎌ケ谷にて)




薔薇を育てるのは難しくて、何本も苗木を枯らしてしまった。
なのに、この赤い薔薇は特別な手入れもしないのに、
毎年、たくさんの花をつけてくれる。

もう三十年以上のつきあいか。
あきのこない花色と花姿がいい。
気心の知れた友達みたいな薔薇・・・。



懐こいカモさん

kisyoubu140507-1.jpg
(緑がまぶしい・・・2014年5月7日、千葉・市川、じゅんさい池にて)




里見公園で早咲きの薔薇を愛でた後、少し足を延ばしてじゅんさい池へ。
新緑に包まれた池は、静かに水をたたえていた。



kamo140507-1.jpg
(やけに懐こいカモさん)




kamo140507-2.jpg
(なんとも美しい青緑)




kamo140507-3.jpg
(マイペースでお散歩中)




kisyoubu140507-2.jpg
(じゅんさい池は、黄菖蒲の盛り)






薔薇色な一日

roze140507-1.jpg
(<ヘレン トローベル>

姿良し、香り良し、薔薇の魅力は尽きない・・・2014年5月4日、
千葉・市川、里見公園にて)




roze140507-2.jpg
(<ローズいちかわ>)


roze140507-3.jpg
(<スパニッシュ ビューテイー>

昨年初めて見て、すっかりファンになった薔薇。
昨年同様、美しい姿に出会えて感激!)


roze140507-4.jpg


roze140507-5.jpg


roze140507-6.jpg


roze140507-7.jpg


roze140507-8.jpg








名前を知りたい花

hime_kanzou140505-1.jpg
(今年は花数が多いので、少し切って活けてみた・・・2014年5月5日、
千葉・鎌ケ谷にて)




ずっと、キツネノカミソリだとばかり思っていた花。
ゆうすげにも似ていて、可憐な風情がいい。
ネットで確認してみたら、似ているけど違う花だった。
あれ~、なんていう名前だっけ?!

数年前、植木市で買ったひと株。
庭の隅に植えておいたら少しずつ大きくなって、
今年はたくさん花をつけてくれた。

名前が分からずにごめんね。
なんとか調べるからね。


☆ 追記:5月9日 ☆

さっそく、友達が調べて教えてくれました。感謝、感謝です。
‘ヒメカンゾウ’という名前でした。
かわいい花姿にぴったりの名前です。

庭の花は終わっていましたが花瓶に挿した花の、
最後の蕾が今日咲いています。
一日花なので、今年はこれで見納め。
来年もたくさん咲いてくれますように・・・。



名残の牡丹

botan140504-1.jpg
(‘牡丹大師’に咲き残っていた、名残の牡丹
・・・2014年5月4日、東京・足立、西新井大師にて)

華麗な牡丹をもう一度見たくて、関東有数の牡丹寺として知られる西新井大師へ
初めて行ってみた。
手元のガイドには5月初旬までが見頃とあったので、まだきっと咲いているはず。

と楽しみにお寺さんの門をくぐったら、牡丹園は殆ど緑一色。
よくみると花首がきれいに切られていた。
牡丹は終わっていたか・・・がっかりしつつも気をとり直して、よく見て回ると
幾株かはまだ美しい花をつけていた。
咲いてくれていてありがとう!と感謝しつつ、心を込めてシャッターを切る。

境内には五箇所ほど牡丹園があったが、どこも同じように花は終わっていた。
が、萎れた花や落ちた花びらは全く見られず、よく手入れされていることが分かる。

参道のおだんごやさんで一服しながら聞いてみると、見頃は4月という。
「年々、早まっているような感じですよ」とのこと。
ここにも温暖化の影響が?!

来年は事前にちゃんと調べてから、見頃に再訪したい。
よく手入れされた牡丹園、さぞ美しいだろうな。


botan140504-2.jpg


botan140504-3.jpg


botan140504-4.jpg


botan140504-5.jpg


botan140504-6.jpg


botan140504-7.jpg
(御神輿に描かれた牡丹)


botan140504-8.jpg


botan140504-9.jpg


kyoboku140504-1.jpg
(お寺さんの主か!?巨木が空いっぱいに枝を広げていた。
よく見ると、あちこちにはうろがあって、そこから小鳥がピューッと飛び出す)



kotori140504-1.jpg
(巨木の住民は、四十雀<シジュウカラ>。
苔むした根元に着地すると、せっせとお食事タイム。
口いっぱいに苔をほおばって、満足気)




botan140504-10.jpg


botan140504-11.jpg


botan140504-12.jpg
(今年の牡丹は、これで見納め。たぶん・・・。
まだ咲き始めだったり、終わりかけていたり、となかなか見頃に出会えなくて残念だったけど、
それでも、美しい花を見ることはできた。
また、来年。楽しみが増えた)








祝!春天連覇! フェノーメノ

fenomeno140329-2.jpg
フェノーメノが、春天連覇の快挙!
※写真は、日経賞5着時。鞍上は、蛯名正義騎手
・・・2014年3月29日、千葉・中山競馬場にて。

★フェノーメノ
2009年4月20日、平取・追分ファーム生まれ
牡、青鹿毛
父ステイゴールド、母ディラローシェ
母父Danehill、母母Sea Port
サンデーレーシング、美浦・戸田博文厩舎)





今はただ胸がいっぱい。
フェノーメノが連覇するとは・・・。
その名のとおり、正真正銘の‘怪物’だ!













 | HOME |  ▲ page top