カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

爽やか、柏葉紫陽花

ajisai140617-1.jpg
(白く大房の柏葉紫陽花<カシワバアジサイ>が、爽やか・・・2014年6月17日、
千葉・成田、宗吾霊堂にて)




ajisai140617-2.jpg
(白い花房が涼しげ)




ajisai140617-3.jpg
(ひと房でいいから、ほしいなぁ!?)





にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村





傘をさしたい?!鉄砲百合

yuri140612-1.jpg
(楽しみに待っていた鉄砲百合が雨の朝、開いた・・・2014年6月12日、
千葉・鎌ケ谷、自宅にて)

せっかく咲いたのに雨で花が汚れないかと、ちょっぴりハラハラ。
傘をさしてあげたくなる。

清楚な姿と芳しい香りにひかれて、数年前、数個の球根を鉢植えにした。
年々、花数が減ってきてしまったが、それでも両手で数え切れないほど
咲いてくれる。
今年こそ、花が終わったらちゃんと手入れをして来年に備えよう。






にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村



あでやかに、堀切の花菖蒲

hanasyoubu_h140610-1.jpg
(梅雨の晴れ間、あでやかさを増す花菖蒲・・・2014年6月10日、
東京・葛飾、堀切菖蒲園にて)




hanasyoubu_h140610-6.jpg
<千鳥(肥後)>




hanasyoubu_h140610-8.jpg
<峠の松(肥後)>




hanasyoubu_h140610-9.jpg
<さい楼の宴ーえんー(江戸)>




hanasyoubu_h140610-10.jpg
<初霞(伊勢)>




hanasyoubu_h140610-11.jpg
<池の漣ーさざなみー(肥後)>




hanasyoubu_h140610-12.jpg
<金鶏ーきんけいー(雑種)>



hanasyoubu_h140610-5.jpg
<舞扇(肥後)>




hanasyoubu_h140610-3.jpg
<小紫(江戸)>




hanasyoubu_h140610-4.jpg
<煙夕空(江戸)>




hanasyoubu_h140610-2.jpg




hanasyoubu_h140610-7.jpg
<浦安の舞(江戸)>







にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

梅雨の花、多彩に

ajisai140609-2.jpg
(今年は「墨田の花火」が花盛り・・・2014年6月9日、千葉・鎌ケ谷、自宅にて)




ajisai140609-1.jpg
(なんて粋なネーミングだろう)




ajisai140609-3.jpg
(こちらの額紫陽花も、風情がある)




ajisai140609-4.jpg
(ご近所の美しい紫陽花。
花のかたちも色も、申し分なし!)




hanasyoubu_p140609-1.jpg
(近くの花壇の花菖蒲も満開)




hanasyoubu_p140609-2.jpg
(みごとな花は、堀切菖蒲園にも負けてない!)




hanasyoubu_p140609-3.jpg
(可憐な花も、またいい)




hanasyoubu_p140609-4.jpg
(おしゃれな色使い)




hanasyoubu_p140609-5.jpg
(歌舞伎役者のよう)



hanasyoubu_p140609-9.jpg
(なんという色だろう、とても日本的な色)



hanasyoubu_p140609-7.jpg
(紫色にひかれる)




hanasyoubu_p140609-8.jpg
(地域で大切に守ってきた)




tachiaoi140609-1.jpg
(梅雨空を明るく彩る立葵<タチアオイ>)




tachiaoi140609-2.jpg
(モネも好んだという。

この季節になると、道端の植え込みなどから
茎をグングン伸ばして薄紙で作ったような赤やピンク、
白の花をたくさん咲かせる。

ご近所さんのような親しげなこの花が好きだ)







にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

小岩菖蒲園が水郷に?!

hanasyoubu_k140608-1.jpg
(二日続きの豪雨で通路にも水があふれ、まるで水郷の花菖蒲を見ているよう
・・・2014年6月8日、千葉・江戸川、小岩菖蒲園にて)




hanasyoubu_k140608-3.jpg





hanasyoubu_k140608-2.jpg




hanasyoubu_k140608-4.jpg
<寛政>



hanasyoubu_k140608-5.jpg
<紫衣の誉(江戸系)>



hanasyoubu_k140608-6.jpg
(わずかに花茎を残して、どっぷりと水没した株も多い。
銘花も哀れ。それでも、花は咲く)




hanasyoubu_k140608-7.jpg
<乙若丸(江戸系)>




hanasyoubu_k140608-8.jpg




hanasyoubu_k140608-14.jpg





hanasyoubu_k140608-9.jpg




hanasyoubu_k140608-10.jpg
<沖津白波(江戸系)>




hanasyoubu_k140608-11.jpg




hanasyoubu_k140608-12.jpg




hanasyoubu_k140608-13.jpg




hanasyoubu_k140608-15.jpg



hanasyoubu_k140608-16.jpg




hanasyoubu_k140608-17.jpg




hanasyoubu_k140608-19.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

小石川植物園の花菖蒲

hanasyoubu_s140603-1.jpg
(こちらもかなり咲いていた・・・2014年6月3日、東京・文京、小石川植物園にて)



hanasyoubu_s140603-2.jpg




hanasyoubu_s140603-3.jpg




hanasyoubu_s140603-4.jpg



hanasyoubu_s140603-6.jpg
(黙々と、手入れが続いていた)





ガイドを片手に汗をふきふき、小石川後楽園から小一時間かかって
ようやく、お目当ての小石川植物園にたどりついた。
正式には、東京大学大学院理学系研究科付属植物園という。

閉園は午後4時30分というので、正味いられるのは1時間くらい。
広大な敷地に一歩足を踏み入れた途端、とても短時間で回りきれるものではない、と
呆然としそうになったが気をとり直して、奥まった日本庭園にある花菖蒲園へ。

植物の研究施設らしく、どの木、どの草花にも全て名札がついている。
思わず足を止めて確かめたくなるが、今日はがまん、がまん。

うっそうとした林を抜けると、白や紫の点々がみえてきた。
あぁ、花菖蒲がいっぱい咲いている!
涼しげな色合いに、それまでの疲れも消えていくよう。

菖蒲田では、黙々と花の手入れをする人たちの姿が。
花菖蒲は、人に手入れされてこそ美しく咲く。

風に揺れる花菖蒲を眺めながらまったりしていたら、4時のチャイム。
そろそろ出口に向かわないと・・・。
今度は早目に着いて、ゆっくり園内を巡ってみたい。

後楽園から植物園へと、小石川の花菖蒲をはしごして見たが、
花の美しさもさることながら、両園の存在に感動した。
都心によくもこんなに広く豊かな緑が残されたものだ!と。
後楽園は歴史と風格をかもしだし、植物園は自然味たっぷりに。

一日二カ所のはしごはかなりハードだったが、がんばって歩いてよかった。







小石川後楽園の花菖蒲

kamo140603-2.jpg
(入園した途端、いきなり、カモ親子に出会えた!ラッキー!・・・2014年6月3日、
東京・文京、小石川後楽園にて)




kamo140603-3.jpg
(もう一組の親子は、岸辺でえさを探して歩き回っていた。
子ガモたちのかわいい姿はいつまで見ていても、見飽きない)




今日は、小石川後楽園と小石川植物園の花菖蒲を見に出かけた。
どちらも初めての場所で、期待と不安でドキドキだったが、やっぱり
百聞は一見にしかず。
行ってみてよかった。

まず初めに訪ねた小石川後楽園では、二組のかわいいカモファミリーに出会えた。
園の中央に広がる池に目をやると、V字に波がたっていて、それがグングン近づいてきた。
あ、カモの親子だ!

池の端まで近づくと、かわいい子ガモたちがスイスイ、その後ろを見守るように
母さんガモが泳いでくるではないか!
子ガモは全部で七羽、ほんとちっちゃくてかわいい。

親子がたどりついた岸辺では、もう一組の親子がえさを探していた。
小さな頭を水に突っ込んでは、一生懸命何かを探している。
その愛苦しい姿は、いつまで見ていても見飽きない。

思いがけないうれしい出会いだったが、帰りまでに再びカモの親子たちを見ることはなかった。
やっぱり、どんなことも一期一会、出会いは大切にしなくちゃ・・・。




hanasyoubu140603-3.jpg
(花菖蒲は、思っていたよりかなり咲いていた)




hanasyoubu140603-4.jpg





hanasyoubu140603-1.jpg



hanasyoubu140603-2.jpg




kinbaika140603-1.jpg
(金梅花も鮮やかに)




hotarubukuro140603-1.jpg
(白い蛍袋は清楚)




美しく手入れされた園内を隅々まで歩き回って、お昼は庭園が一望できるお休み処で
「後楽園弁当」をおいしく頂く。
心も体も満たされて、次の目的地、小石川植物園へ!





はかなげな花も

pink140531-1.jpg
(アスチルベの仲間かな?ピンクの優しげな花・・・2014年5月31日、
千葉・野田、清水公園「花ファンタジア」にて)




pink140531-2.jpg
(豪華な花もいいが、はかなげな花も美しい)


はしりの花菖蒲

hanasyoubu140531-1.jpg
<郎風>

薔薇からバトンタッチするかのように、清水公園でも
花菖蒲が開き始めた・・・2014年5月31日、
千葉・野田、清水公園「花ファンタジア」にて)




hanasyoubu140531-2.jpg
<舞子の浜>





今日6月1日から、小岩菖蒲園で花菖蒲まつりが始まる。
三連闘?!で出かけるつもりだったが、朝から真夏のような暑さ。
もわもわとした熱気が家の中にまで入ってくる。

で、予定を急遽変更して、こたつぶとんを洗うことにしたが
水を含んだふとんのなんと重たいこと!
やっとの思いでベランダのてすりにかけて広げたが、疲労著しい。

炎天下の撮影に行くより、づかれだぁ~?!




 | HOME |  ▲ page top