カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

黄色の菜の花、春の色

nanohana150129-2.jpg
(菜の花の温かな黄色は、春の色・・・2015年1月29日、千葉・松戸、
千駄堀「21世紀の森と広場」にて)




nanohana150129-1.jpg
(菜の花は、おさななじみのように親しい花)




nanohana150129-3.jpg
(おかっぱ頭で、原っぱを駆け回っていた頃を想い出す)










にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村



高杉晋作も愛した、梅

ume150124-1.jpg
(白梅がほころび始めていた。春はもうすぐ♪・・・2015年1月24日、東京・江戸川、
葛西臨海公園にて)




ume150124-2.jpg
(梅といえば、もちろん菅原道真。
そして、幕末の英傑、高杉晋作も愛した花という)




ume150124-3.jpg
(かわいい蕾が開くたびに、春が近づいてくる)





日本水仙を観に出かけた葛西臨海公園には、けっこう梅の木もあった。
殆どはまだ固い蕾だったが、歩き回るうちに、白い点々をちらほらつけた木を発見!
白梅だ。
清楚な花姿と雅な香りにうっとり。

その昔、左遷された菅原道真を慕って飛んでいったという梅。
優しげな風情なのに、芯は強い女性を思わせる。

心酔してやまない幕末の英傑、高杉晋作も梅をこよなく愛したという。
命を賭して幕末の嵐の中を駆け抜けた晋作の目に、
梅の花はどんな風に映っていたのだろう。

晋作のいみな(実名)は、「春風<はるかぜ>」。
詩を吟じつつ、梅に優しく吹いていたかったのかもしれない。









にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村



水仙の香りあふれて、葛西臨海公園

suisen150124-2.jpg
(大観覧車の下に広がる日本水仙の群落。
あたり一面、清清しい香りがあふれていた・・・2015年1月24日、東京・江戸川、
葛西臨海公園にて)




suisen150124-3.jpg
(間近で、こんなにたくさんの水仙を観られるなんて!)




suisen150124-4.jpg
(大好きな香りを、思いっきり吸い込んでみた)




suisen150124-5.jpg
(甘い香りは、空にも吸い込まれていくのかな)




suisen150124-6.jpg
(前日の強風にも耐えて、健気に咲いていた)




suisen150124-7.jpg
(清楚な花姿をみているだけで、
こちらまで清らかな気持ちになる)




suisen150124-1.jpg
(しゃがみ込んで、じぃっと見上げていると、
なんだか水仙の仲間になった気分!?)




suisen150124-9.jpg
(それはムリよぉ~@水仙たち。
やっぱり~@アタシ)




suisen150124-11.jpg
(仲間になれなくても、そばにいるだけで幸せです。
また近いうち、今度はお日様が出ているときに来るからね)





大好きな日本水仙の群落を観に行きたいとおもいつつ、
今年もなかなか実現できない。
と、近場の葛西臨海公園で日本水仙の群落があり、見頃だという。
水族園に行ったことはあるけど、水仙も咲くとは知らなかった。

さっそく出かけてみたが、前日の強風でみんな倒れちゃったんじゃないかと
ちょっぴり心配も。
公園の案内所で教えて頂いた大観覧車のそばへ行ってみると、
遠目からも水仙の白い花が一面に広がってみえる。

近づくと、水仙の清清しく甘い香りがあふれるほど。
中には倒れている株もあったが、ほとんどはすっくと背筋を伸ばし、
可憐な花を咲かせていた。

これでお日様が出てくれたら、もっと花が美しくみえるだろうに、と
厚い雲が広がる空をちょっぴりうらめしく見上げる。
でも、昨日みたいな風が吹き荒れていないだけいい。

おもいがけず、身近な場所でこんなにたくさんの日本水仙を見られるなんて、
なんという幸せだろう!
やっぱり、思いきって来て見てよかった。
ぜひまた、近いうちに愛らしい花たちに会いに来よう。
今度は、お日様が出ている日に、ね。









にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村



冬牡丹を堪能、上野東照宮

ueno_botan150120-20.jpg
(暖かな大寒の一日、華麗な冬牡丹を堪能した・・・2015年1月20日、
東京・台東、上野東照宮ぼたん苑にて)



ueno_botan150120-2.jpg




ueno_botan150120-1.jpg




ueno_botan150120-3.jpg




ueno_botan150120-4.jpg




ueno_botan150120-5.jpg




ueno_botan150120-6.jpg
(「島錦<しまにしき>」
初めてみた、絞りの牡丹。その美しさにみとれてしまった)




ueno_botan150120-7.jpg




ueno_botan150120-8.jpg




ueno_botan150120-9.jpg




ueno_botan150120-10.jpg




ueno_botan150120-11.jpg
(人の顔より大きい!?大迫力の一輪)




ueno_botan150120-12.jpg




ueno_botan150120-13.jpg




ueno_botan150120-14.jpg




ueno_botan150120-15.jpg




ueno_botan150120-16.jpg




ueno_botan150120-17.jpg




ueno_botan150120-18.jpg




ueno_botan150120-19.jpg



ueno_botan150120-21.jpg




ueno_botan150120-22.jpg




ueno_botan150120-23.jpg
(寒牡丹「戸川寒<とがわかん>」
葉はまだ見えなくて、花だけがぽっかりと咲いている)




ueno_botan150120-27.jpg




ueno_botan150120-28.jpg





ueno_botan150120-26.jpg
(そろそろ花巡りも終わりというときに、また「島錦」に出会えた。
一目惚れした牡丹を、しっかり目に焼きつけて帰ろう)




ueno_botan150120-29.jpg
(出口には、すてきなのれん。部屋に架けたいなぁ!?)





暦の上では大寒というのに、暖かで風もない。
こんな日は、花歩きに絶好なのに、梅も椿もまだのようで
さて、どこへ行こう。
と思案していたら、ふっと浮かんだのは上野の冬牡丹。
ちょうど時期のはず。

ただ、ずっと前に行ったときは物凄い混雑で
ゆっくり花を観るどころではなかった。
観光地なのだから仕方ないけど、それを思うと二の足・・・。
でも、やっぱり行ってみよう!

上野公園に着くと、冬牡丹の美しい看板がお出迎え。
まずは、東照宮にお参りして、かわいい牡丹が織り込まれた花守りを頂く。
ぼたん苑に入ると、色とりどりの牡丹が菰のおうちの中、華やかな姿で佇んでいる。
苑内はほどよい人出で、ゆっくり、たっぷり花を楽しむことができた。

花巡りの最後は、茶店で一休み。
快い疲れを、甘酒とおだんごが癒してくれた。

やっぱり思い切って来てみてよかった。
とにかく行かなくては始まらない、と今年も早々に実感。
これからの季節、どんな花と出会えるか、楽しみがぷくぷくとふくらむ。







にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村



撮り初めは、冬牡丹

                      新年のごあいさつ

      おかげさまで、術後四度目のお正月を元気に迎えることができました。
      もちろん油断はできませんが、今年も体調管理に気を配りつつ
      無理せず、ゆっくりとカメラを持っての花歩きを楽しみたいと願っています。

      ひととき、美しい花たちに会いに来ていただければ幸いです。

                                   平成27年(2015)1月6日

             チモシーファーム管理人 チモシー




botan140105-1.jpg
(あっ、牡丹!・・・2015年1月5日、
千葉・野田、清水公園内「慈光院金乗院」にて)




botan140105-2.jpg
(春に華やかな姿を見せてくれた牡丹。新年に見られるとは思ってもいなかった。
こいつぁ、春から・・・!)




botan140105-3.jpg
(花ファンタジアでは、菰<こも>に囲まれた
冬牡丹がお出迎え)




botan140105-4.jpg
(こちらも思ってもいなかった出会いで、なんだかお年玉をもらった気分)




botan140105-5.jpg
(冬枯れた園庭に、冬牡丹がひときわ鮮やか)




新しい一年が始まって六日目。
真新しいダイアリーは、ほとんどがまだ真っ白。
これから、どんな出会いが待っているのかと思うだけでワクワクしてくる。










にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村



 | HOME |  ▲ page top