カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

簡単おいしい、「蒸し鶏」

shinkokusyoku170110-2.jpg
牡丹「新国色」

(※写真は、2017年1月10日、東京・上野東照宮ぼたん苑にて)



今夜のおかずは、あまり手をかけず、かつおいしいのがいいなぁ。
そこで、ピッとひらめいたのが、「蒸し鶏」。
冷凍庫に、鶏もも肉が2枚、冷蔵庫にミニ白菜のつかいかけと舞茸が1パック。

蒸し器の下段にたっぷりと水をはり、上段に大皿を入れて、
ばらした白菜を並べ、料理酒、ガーリックパウダー、塩、こしょうを振り、
その上に鶏肉を並べ、おなじように調味料を振り、
肉の上に舞茸を並べ、きのこの風味をつける。


始めは強火で蒸し、湯気が上がってきたら中火にして30分ほど蒸し、
様子をみて、さらに蒸してできあがり。
火にかける前は山盛りの白菜で、ふたも閉まらないほどだったけど、
火が通ればぺったんこ。

食べるときは、鍋ごとテーブルに載せ、
ポン酢にラー油をたらしたたれに、
鶏肉はスプーンで切り分けながら、白菜と舞茸もつけて。
肉は柔らかく、白菜もとろとろ、身体の芯からあったまるようだった。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

今夜は、鯵三昧

manryou150223-2.jpg
(お正月飾りにも活躍する、万両。
庭にやってくる鳥さんたちからのプレゼント。
今年も、あちこちでたくさんの実が色づいている。
※写真は、2015年2月23日、千葉・鎌ケ谷にて)



お正月用品の買い出しに行ったスーパーで、
またまた、鮮魚売り場に寄り道。
案の定、おいしそうなお魚さんと出会ってしまった。

新鮮ピチピチ、ちょうどよい大きさの鯵が、
三尾入りのパックで、しかも、うう、安い。
ヒト二人前、ネコ一人前にぴったり!

さて、どうやって食べようか。
焼く、蒸す、揚げる、あれこれ迷ったが、
やっぱり一番好きな刺身で、きまり。

早速、三枚におろして、5枚はたたきに。
1枚は、焼いてさくらに。

たたきは、シソの葉、かいわれ、わかめをつまに
チャッ、チャッと大皿に盛り付け。
これがなかなか、思うようにできない。
ま、お店じゃないから、いっかぁ。

アラは、ぶつ切りにしてアラ汁の土鍋仕立てに。
むいた皮も、腹骨も入れて、捨てるのはワタとゼイゴだけ。
あっ、これも後でなんちゃって菜園に埋めるので、
捨てる部分は全くなし!
野菜くずや魚のアラは、土に還って、
トマトやピーマンのよい肥料になるのです。

弱火でコトコト火を入れ、アクをとり、
料理酒、塩、仕上げにみそで味を調えたら、
最後にしょうがのしぼり汁を回しかけてできあがり。
食べるときに、笹打ちしておいた長ネギを加えてひと煮たちさせる。

今夜は、鯵三昧。
さくらも、きっとお皿から顔をあげないだろうな。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

祝!キタサンブラック、有馬記念

christmas_tree111211-2.jpg
(有馬記念の後に見上げるクリスマス・ツリーは、
格別の輝きを放っていた。今夜もきっと・・・。
※写真は、2011年12月11日、千葉・船橋、
中山競馬場にて)



有馬記念が終わった。

願ったとおりに、武豊騎手を背にキタサンブラックが見事に逃げ切り、
またひとつ、歴史に残る名馬伝説が始まった。
テレビ越しにも、黒光りする美しい馬体から放たれる、
オーラが伝わってきた。

今夜は、クリスマス・イブ。
キタサンブラックの優勝と前途を祝して、ワインで乾杯!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

オグリキャップ、感動のラストラン

oguri_cap901223-1.jpg
(人、人、人で埋め尽くされた、オグリキャップラストランの有馬記念
※写真は、1990年12月23日、千葉・船橋、中山競馬場にて)



朝、ラジオから、「今日は、1990年12月23日の有馬記念で
オグリキャップが有終の美を飾りました」、と流れてきた。

そうか、今日はオグリのラストランだったんだ。
あれから27年も経ったのかぁ。

当日の中山競馬場は、オグリキャップの引退レースを
ひと目見ようというファンで埋め尽くされていた。
もちろん、私もそのひとり。

パドックの前にある馬頭観音もぎっしり、柵からあふれるほどに。
なんと木にも人が登っていた。

レース前の本馬場も人、人、人。
スタンドから見下ろすと、巨大なマッチ箱にぎっしり詰まったマッチの
黒い頭がぐいーん、ぐいーん、と波打っているようだった。

燃え尽きたかにみえたオグリキャップは、名手、武豊騎手の
見事な手綱さばきで、先頭ゴールイン。
地鳴りのような大歓声は、今も耳に残っている。

明日はいよいよ有馬記念。
また一頭、伝説になる馬が誕生するのだろうか。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

「北」で決まるか!有馬記念

orfevre131222-5.jpg
(後続に8馬身差をつけて、2013年有馬記念を圧勝した
希代の名馬、オルフェーヴル
※写真は、2013年12月22日、千葉・船橋、中山競馬場にて)



いよいよ、有馬記念。
枠順も発表になった。
注目の北島三郎の愛馬、キタサンブラックは1枠2番。
絶好枠を引き当てた。
鞍上は、もちろん武豊騎手。

有馬記念がラストランになる、キタサンブラック。
今年の一字「北」のとおり、先頭ゴールインするか!
あさってが待ち遠しい。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

久しぶりに、イカ天

sazanka101218-2.jpg
(街のあちこちでも、山茶花をよく見かける。
花の少ない冬に咲く、美しい花。
※写真は、2010年12月18日、千葉・船橋、中山競馬場にて)



スーパーに行ったら、つい寄ってしまう鮮魚売り場。
昨日は冷蔵庫にあるもので夕食を作るつもりでいたのに、
みごとなスルメイカを発見してしまい、急遽メニュー変更。

最近、不漁のせいか高騰気味のイカにがっかりしていたが、
値段も手頃。
なにより、その生きの良さ。
黒々とした上に、青光りしている。

さばく手間を考えるとちょっと躊躇したが、
誘惑には勝てず、2杯入りのパックをお買い上げ?!

昨夜は、身の部分だけ細く切って、いかそうめんに。
肉厚の身はもっちりと甘く、しょうがじょうゆに合うこと、合うこと。
ぺろりと平らげてしまった。

そして今夜は、久しぶりにイカのてんぷらに挑戦。
イカは下ごしらえに手間がかかる上に、揚げるとはねるのでやっかい。
イカ天を作るには、カクゴがいる。

イカ、舞茸、ブロッコリーの三種に特化して、調理スタート。
イカの胴、えんぺら、げそ、軟骨を食べやすい大きさに切り分けて、
そのひとつひとつに小麦粉をはたき、新聞紙に並べてスタンバイ。

どの部分も肉厚で大きい。
好物の軟骨も、げそも、えんぺらもみんなプリプリ。

ゴーグルをかけて、揚げ方始め!
中華鍋を火にかけ、その合間に衣作り。
玉子をとき冷水を混ぜ、小麦粉、片栗粉を加え、
ちょうどよい硬さになるよう追加の水で調節。

ほどよく温まった油に、順次タネを入れていき、
さっと揚げればできあがり。
殆どはねることもなく、ほっ。

余った衣に、刻みネギ、千切りの紅しょうが、花かつおを混ぜて
具入りの揚げ玉も作った。
冷凍庫に入れておけば、たぬきうどんなどに重宝するし
衣も無駄なく使えて一石二鳥。

キッチンに、揚げたイカの食欲をそそる匂いがあふれる。
夕飯が待ち遠しい~!?





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

あったまるぅ、サムゲタン風なべ

christmas_tree091227-2.jpg
あの頃は、寒風もなんのそのだったっけ。
※写真は、2009年12月27日、
千葉・船橋、中山競馬場にて)



骨付きチキンのぶつ切り、ごぼう、にんにく、しょうが、
このよっつが偶然揃ったので、今夜はサムゲタン風なべで決まり。
以前、韓国料理店で食べた味が忘れられず、とてもそのとおりには
作れないが、たまに、もどきを作る。
ごぼうは、高麗人参のつもり、ふ・・・。

土鍋にチキン、ぶつ切りのごぼう、一片ごとのにんにく、薄切りのしょうがを
入れて、ゆっくりアクをとりながら、気長にコトコト煮る。
良い味が出たところで、料理酒、塩、こしょうであじつけ、
仕上げにごま油を回しかけて、出来上がり。

食べるときは、。
コチュジャンとポン酢醤油に刻みネギ、ラー油を入れた手製のたれ、と
二種類のたれを用意。

もちろん、付け合わせは、キムチ。
にんにくとしょうがたっぷりでほかほかのおなべと辛いキムチで、
あったまるぅ。

残ったスープで、明日はクッパもいいな。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

まだまだ採れる、ミニトマト

tomato171215-1.jpg
ミニトマト「プチプヨ」 撮影協力:オグリキャップ号

(色づきは悪くなったけど、まだまだミニトマトが採れる
…2017年12月15日、千葉・鎌ケ谷にて)



12月も半ばだというのに、まだまだ庭のミニトマトがなっている。
採れ始めたのが7月初めだから、半年近くもなっていることに。
ちっちゃなミニトマトの、どこにそんなパワーがあるのだろう。
植物の生命力に驚くばかり。

せっかくなってくれているミニトマト、最後の一粒まで
大切に食べたい。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

小さな喜びを、スクラップブック

scrapbook171214-1.jpg
(好きなもので埋まったスクラップブック「お気に入り帖」
…2017年12月14日、千葉・鎌ケ谷にて)



残しておきたい新聞記事や写真などをスクラップするようになって、
だいぶ経ったが、スクラップブックに熱心に切り貼りするようになったのは、
やはり、6年前に大病を経験してから。

スクラップブックは4種類。
興味のある記事や漫画、それに猫めくりの写真などを
貼った「お気に入り帖」、

料理、食材など食べ物にまつわる記事類を貼った「食楽帖」、

心身の養生から住まいや衣類などのメンテナンスまで、
幅広い意味での養生に関する記事を貼った「養生帖」、

読売新聞の俳壇歌壇を貼った「四季の歌暦」。

毎朝のスクラップは楽しく、頭の体操にもなっている。
大きさも形もさまざまなスクラップを、どう貼ったら
見やすいか、とあれこれ頭をひねる。
ピタッと紙面に収まったときは、ささやかな達成感を味わう。

最近めっきり増えたのは、パンダのシャンシャン(香香)の記事。
どんな小さなのも見逃さずに、ぺたっ。
見開きいっぱいにシャンシャンになったこともある。

新聞には毎日のようにしんどくなるニュースがあふれているけど、
そんな中から、小さな喜びを切り取って、これからも貼り続けよう。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

今年の一字は、「治」

tubaki161213-1.jpg
(椿が色づき始めると、そろそろメジロたちもやってくる。
早く、来ないかなぁ。
写真は、2016年12月13日、千葉・鎌ケ谷にて)



2017年の世相を表す、今年の漢字一字が「北」に決まった。
トップ10は以下、「政」「不」「核」「新」「選」「乱」「変」「倫」「暴」。
そういえば、明るいニュースが少なかった。

不快なニュースを見聴きしたくなくて、テレビやラジオのスイッチを切ったことも、
しばしば。
愛くるしいパンダのシャンシャン(香香)に、どれほど癒されたことだろう。

はて、私の一字はなんだろう。
この一年をあれこれ振り返ってみて、ハタ!とひらめいた。
それは、治療の「治」。

1月に喉(のど)の手術、10月から11月にかけて眼の手術と
一年に二度も手術をしてしまったから。
かなりめげたけれど、治すためなのだから、とそのたびに
自分に言い聞かせて、手術に臨んだ。

現代医学の進歩はすごい。
その恩恵を受けて、喉(のど)も眼も良くなった。
おかげで、心地よい暮らしをおくれるようになったことに
改めて、感謝、感謝。

2018年は、世相も私も、明るい一字を選べますように。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

関所(乳がん検診)、無事通過

cyclamen171212-1.jpg
(うれしい日には、お花。
病院帰りに、シクラメンを買った・・・2017年12月12日、千葉・鎌ケ谷にて)



今日は、二か月に一度の、そして今年最後の、乳がんの術後検診日。
いつの頃からか、この日を「関所」、ドクターを「お代官様」と呼ぶようになった。

名前を呼ばれて診察室に入るときの緊張感は、あれから6年経っても
ちっとも変わらない。
きっとだいじょうぶに違いない、とは思いつつ、血液検査の結果がシロと
出るまでは安心できないのだ。

ドクターが笑顔で、「検査結果も良好ですよ」。
神の声のように聞こえる。。

かくして、今日の関所も無事通過。
これで、晴れ晴れと新年が迎えられる。
次は来年2月。
ふた月ごとに命が繋がっていくような感覚だけど、
それだけに、一日一日が愛おしく大切に思える。

病院から一歩外に出たら、うららかな冬晴れ。
なにもかもが、きらきら輝いてみえた。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ちらほら、日本水仙

suisen141214-3.jpg
(大好きな冬の花、日本水仙が咲き始めた。
※写真は、2014年12月14日、千葉・市川、中山法華経寺にて)



菊も紅葉もそろそろ終わり、いよいよ冬。
花がめっきり少なくなる季節に、それでも、健気に咲く花もある。
山茶花、椿、梅、そして、水仙。

水仙の中でもとりわけ、凛とした日本水仙が好き。
寒さの中、うつむき加減に歩くときに見かけたりすると、
すっと背筋を伸ばしたくなる。

そんな日本水仙が、街のあちこちでちらほら咲き始めた。
冬の楽しみが、またひとつ・・・。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

わくわく、待ち合わせ

christmas_tree111211-3.jpg
(12月は、街が華やぐ月。待ち合わせも、より楽しい
※写真は、2011年12月11日、
千葉・船橋、中山競馬場にて)



今日は、デパートの正面入り口で待ち合わせ。
華やかなクリスマス・ツリーが飾られ、店内もクリスマス・ムード。
待ち合わせコーナーは、宝飾品の売り場にあり、
美しいアクセサリーがきらきら。
待っている時間も楽しい。

行き交う買い物客ウオッチングも飽きない。
おしゃれにマフラーを巻いている人、
颯爽と歩く人、すてきなコートの人、眺めているだけで、わくわく。

なによりも楽しいのは、待ち人が来たときのうれしそうな笑顔。
次々に、それまで手持ちぶさたにしていた人が、連れだって去っていく。
約束の時間が近づいてきた。
そろそろ、私の待ち人も来るかな?!




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

もふもふのマフラー

amimono171207-1.jpg
(編みあがりが楽しみだなっし~!@ふなっしー
・・・2017年12月7日、千葉・鎌ケ谷にて)



手編みのマフラー、二本目も編み目が目立たない変わり糸。
編み棒もグッと太くなり、「サクサク編めますよ」というお店の人の言葉に
その気になったけど。
実際、編みだしたら、ループ状の毛糸がからみついて四苦八苦。

ま、これもいい経験と編み続けたらやっとコツがつかめてきた。
ふたつ渡された毛糸玉のひとつ目を編み終えて、いよいよあと半分。
編地を触ってみると、もふもふと柔らかくてあったかく、
猫のさくらをなでているみたい。

クリスマスの頃には編みあがるかな?!
あ、お揃いの帽子も編まなくっちゃ。ふーっ





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

野菜スープづくり

tomato170708-1.jpg
ミニトマト「プチプヨ」

(12月だというのに、まだまだミニトマトが毎日のように
採れる。そのたびに冷凍しておいたら、
大きな袋いっぱいになった。今日は、いよいよ出番です。
写真は、2017年7月8日、千葉・鎌ケ谷にて)



今日は半日かけて、朝食用の野菜スープづくり。
身体に良いからと、2011年の大病を機に始めたスープづくりだけど、
試行錯誤を重ねて、納得のいく味が出るようになった。

つくり方は、いたって簡単。
山盛りのにんじん、玉ねぎ、じゃがいも、白菜(いつもはキャベツ)、
ブロッコリーを細かいさいの目に刻んで、
冷凍しておいたミニトマトをミキサーにかけて、水も加えて
ずんどうなべでゆっくり火を通すだけ。

冷めたら保存パックに小分けして冷凍。
朝、なべで解凍して、季節ごとに夏ならとうもろこし、
秋冬はかぼちゃを加え、塩、コンソメ、カレー粉で味つけ。

カップに、乾燥したガーリックとハーブ(バジル、セージ、パセリ、オレガノ)を
振り入れ、スープを注いで完了。
ハーブは夏なら庭で育てた生を使う。

野菜スープは、にんじん、りんご、レモン、はちみつでつくる野菜ジュースと共に
私にとっての元気の素。
今日もなべいっぱいにできたので、今月いっぱいくらいは持ちそう。
さぁ、慌ただしい年末もこれで乗り切るぞ!?





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村


匂いもごちそう、ぶり大根

sakura150313-1.jpg
(さくらも、魚が大好物。今夜は、ぶりだよう~…2015年3月13日、千葉・鎌ケ谷にて)



久しぶりに行ったスーパーで、おいしそうなぶりのアラをみつけた。
アラはもちろん、きれいな切り身もけっこうあって、おいしそう。
即、今夜はこの冬初めての、ぶり大根に決定。


夕方、土鍋に大根を並べコトコト茹でて
柔らかくなったところで、料理酒、みりん、しょうゆ、
しょうがの薄切りを煮立て、ぶりを並べる。
それから再び、コトコト煮て味が染みたところで火を止めて
後は、食卓へ。

しばらくして、キッチンに行ってみたら、煮魚のいい匂い。
そうだ、料理は匂いもごちそうなんだ!と改めて実感。

一切れ取り置いたぶりは、トースターで焼いて、さくらに。

今夜は、ヒトもネコも、ぶり三昧。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

片づけて、スッキリ

kouyou141206-9.jpg
(近場の紅葉も、そろそろ見納めか
・・・2014年12月6日、千葉・野田、清水公園にて)



ポストに入っていた古紙回収のちらしを見たら、雑誌や本も回収してくれるという。
思いきって、部屋の一角を占めていた山のような古雑誌と古本を出した。
雑誌の背表紙をみたら、最初が1990年代で最後が2006年とある。
おお、16年以分、しかも10年以上前からここにあったのかぁ。
その内出そうと思いつつ、あっという間にこんなに経っていたなんて。トホホ。

ついでに、本棚回りも片づけ、
ヨレヨレになったぬいぐるみ類もゴミに出すことにした。
どんな小さなものでも、目があるものは捨てられないたちで、
逆に道端に落ちていたりすると拾ってくるほど。

そんなぬいぐるみもかなりたまって、ここらでなんとかしないと。
かといって、人形供養に持っていくのもなかなかできない。
あるとき、そういうものは、捨てる時に少し塩をまいてお清めをすればよい、と知った。
そのとおりに、ぬいぐるみの上から塩をパラパラまいて、最後のお別れ。

年代と共に、興味も関心も変わる。
今が、ちょうどその変わり目かもしれない。
スッキリ片付いた部屋の、なんと、すがすがしいこと。

あ、明日は髪も切ってもらって自分もスッキリしよう、っと。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

明太子おにぎり弁当

bentou171203-1.jpg
(久しぶりに、お昼はお弁当。この後、ぜんぶお腹に収まりましたぁ
・・・2017年12月3日、千葉・鎌ケ谷にて)



sakura171203-1.jpg
(うららかな冬の陽に、さくらはうとうと、うとうと。
この後、爆睡してましたぁ)



福岡から、今年も明太子が飛んできた。感謝、感謝。
明太子といえば、やっぱりおにぎり。
さっそく、今日のお昼は明太子おにぎり弁当に決定。

ちょうど、というか、今日は家にこもってやりたいことがぎっしり。
お昼を作っているひまもなさそうなので、朝のうちにせっせ、せっせと弁当作り。
おかずは、定番の、ウインナ、ゆで卵、ブロッコリー。

部屋の奥まで差し込むうららかな日和を、ちょっぴりうらめしく見ながら、
せっせ、せっせと作業に勤しむ。
一段落した後で食べた後の、明太子おにぎりのなんとおいしかったこと。

さくらは、マイハウスで日向ぼこ。
暖かな日差しに、うとうと、うとうと・・・。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

椿、ほころぶ

tubaki171202-1.jpg
(38年前に植えた紅椿。今年もほころび始めた。
今年もつぼみがたくさん、来春まで咲き続けてくれるだろう
・・・2017年12月2日、千葉・鎌ケ谷にて)



kiku171202-3.jpg
(盛りは過ぎたが、菊もまだまだ)



kiku171202-1.jpg
(なんとも秋らしい花色。
ろくに世話してもいないのに、ちゃんと咲いてくれている)


kiku171202-4.jpg
(蜂さんたちは、せっせとお仕事中)



kiku171202-2.jpg
(湯島天神菊まつりで求めた赤い小菊の鉢に咲きだした、
丸くてかわいい黄色の菊。何か得した気分!?)


manryou171202-1.jpg
(小鳥が運んできた万両も、赤い実をぎっしり。
冬が終わる頃には、すっかり実がなくなる)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

12月の色は

niccolo_paganini160529-1.jpg
薔薇「ニコロ パガニーニ」

(今年12月の壁掛けカレンダーは、赤い薔薇
・・・2016年5月29日、千葉・八千代、京成バラ園にて)


sakura050322-11.jpg
「寒緋桜」

(卓上カレンダーも、赤い桜・・・2015年3月22日、千葉・野田、清水公園にて)



xmas171201-1.jpg
(クリスマスグッズは、もちろん赤がいっぱい・・・2017年12月1日、千葉・鎌ケ谷にて)



今日からいよいよ12月。
カレンダーも最後の一枚になった。
春夏秋冬、12か月には、それぞれの色を感じるけど
12月の色は、もちろん、「赤」。
寒い季節に赤い色をみるだけで、ほっこり暖かくなりそう。






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村




 | HOME |  ▲ page top