FC2ブログ

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

やっと完成、手編みマフラー&帽子

teami180203-1.jpg
(暮れから編み始めたマフラーと帽子が、やっと完成した。
フーッ・・・2018年2月3日、千葉・鎌ケ谷にて)



初めて編んだマフラーと帽子が、まぁまぁの出来だったので
気をよくして、もう一組編み始めたのが、去年12月の始め。

ところが、ループ状の毛糸だったので、初心者には手強い。
途中で何度も止めようかと思い、しばしほったらかしの日々も。
でも、やっぱり気になる。やりかけで止めてしまうのは気分が悪い。

それで気を取り直して、なんとか完成させることができ、ホッ。
よれよれの出来上がりだけど、モフモフであったかい。
天気予報では、10日くらいまでまだまだ厳しい寒さが続くという。
早速、出番がありそう!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

滋味あふれる、割り干し大根の五目煮

panzy170305-1.jpg
(パンジーは、かわいい春の使者。

※写真は、2017年3月5日、千葉・鎌ケ谷にて)



前回ほどではないが、昨夜からの雪が朝になっても止まない。
こんな日は、キッチンにこもってゆっくり煮物でもしよう。

で、今日は割り干し大根の五目煮を作ることにした。
切り干し大根の親分みたいな割り干し大根。
偶然、スーパーの乾物売り場で見つけ、どんなものか買ってみた。
切り干しと同じように煮物にしてみたら、滋味あふれる旨さ。

袋に書いてあるとおり、まず下ごしらえ。
水でさっと洗い、煮物用の深鍋に入れてかぶるくらいに水を張り、
30分ほどつけておく。
鍋の水は、割り干しの旨味がしみ出ていて、
煮るときに使うので捨てない。

その間に、油揚げは熱湯で油抜きして細切り、
ごぼうとにんじんは、割り干しに合わせて大きめのささがき、
つきこんは食べやすい大きさに切り、
椎茸は細切り。

ついでに・・・。
ごぼうもにんじんも、野菜専用のたわしでよく洗うだけで、皮はむかない。
ごぼうは泥つきで、袋から出したら黒々とした畑の土が
びっしりついていたので、洗い流してしまうのがもったいなく、
ボールの中でゴシゴシ。
その泥水は、プランターに撒いた。

戻した割り干しは食べやすい大きさに切り、鍋に戻し
5分ほど茹でてから、軽く絞っておく。

フライパンにごま油をひき、まず、油揚げ、ごぼう、にんじんをよく炒め、
さらに、割り干し、椎茸、つきこんも加えて炒める。

大鍋にフライパンの材料をあけて火にかけ、ぐつぐつ煮えてきたら、
みりん、めんつゆ、しょうゆで味つけして、
割り干しに味がよくしみるようにときどき箸で混ぜて、さらに少し煮る。

これで出来上がり。
食べるときまで、できれば半日くらいおいて全体に味をしみこませる。

明日は節分。
ということで、今夜の主菜は、魔除けにも使われる鰯の丸干し。
滋養たっぷりの焼き魚と煮物で、一日早い厄払いをしよう、っと。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

椿に、無情の雪

tubaki180202-1.jpg

(せっかく開き始めた椿に、またまた無情の雪。
早く止んでくれますように…2018年2月2日、千葉・鎌ケ谷にて)

tubaki180202-2.jpg





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

冬の定番、豚と白菜のしょうが鍋

syuzenji_kanzakura170304-3.jpg
「修善寺寒桜」

(池のほとりに咲く、みごとな「修善寺寒桜」。
この春も観られますように。

※写真は、2017年3月4日、東京・新宿御苑にて)



syuzenji_kanzakura170304-2.jpg
「大寒桜」

(うつむき加減に咲く花が、なんともかわいい)

syuzenji_kanzakura170304-4.jpg



ドラマチックな皆既月食から一夜明けて、今日は冷たい雨。
夜にはまた、雪が降り始めるという。
もし一日ずれていたら観られなかったと思うと、
幸運に感謝せずにはいられない。

夕方からしんしんと冷えてきたので、今夜は久しぶりにお鍋にしよう。
冬の定番、豚と白菜のしょうが鍋。飽きない味だ。

ざく切りにした白菜をぎっしり土鍋に並べ、その上に
小房に分けたえのき茸、その上に薄切りの豚肉を広げ、
水を注いで、まず強火にかける。

アクが出てきたら丹念にとり、弱火にして、料理酒、塩、こしょう、
しょうがのしぼり汁を加え、コトコト煮る。
柔らかくなったら、味をみて醤油を回しかけ、仕上げに
ざく切りにした仙台せりを加えて出来上がり。

あったかいお鍋で、お腹の中からあったまろう、っと。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

«  | HOME |  ▲ page top