カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

明日から三月

sakura170329-1.jpg
(三月になれば、梅も桜も次々に。

※写真は、2017年3月29日、東京・新宿御苑にて)



明日から三月。
家中のカレンダーをめくり、新しい月を待つ。

新聞で、日めくりを回数券に例えた俳句を目にして、心打たれた。
毎日一枚ずつ、天が与えてくれた回数券を使って一日を過ごす。
どう使うかは、その人次第。

その句に巡り合ってからは、ますます一日一日を大切にしようと思う。
さぁ、来月はどんな日々が待っているのだろう。楽しみ。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

東北早春の味満喫、宗八鰈、山ウド、生若芽

shinryoku170329-1.jpg
(イロハモミジは紅葉はもちろん、新緑も美しい。

※写真は、2017年3月29日、東京・新宿御苑にて)



今日は半日、船橋で用足し。
全ての用事を終えて締めは、やっぱり駅ビルの市場。
生きのいい魚と新鮮な野菜てんこもりの店は、素通りはできない。

生きのいい魚がずらりと並ぶ新潟直送鮮魚売り場で、
真っ先にかごに入れたのは、宮城産生若芽。
今の時期しか味わえない貴重な海藻だ。

そしていよいよ、夕食の主役を選ぶ。
端から端まで行きつ戻りつを繰り返し、どの魚にしようか悩む。
これから帰って捌くにはちょっとしんどいから、
楽に料理できる魚がいい。

おっ、目に留まったのは、宗八鰈(そうはちがれい)。
いなせなお兄さんが、「塩焼きが旨いよ~っ!」と、声を張り上げている。

買ったぁ~っ!
別の恰幅のいいお兄さんが、鰈を選んでくれた。
「一尾で二人分大丈夫ですか?」、
笑顔で「大丈夫ですよ~」。
(ほんとは、+ネコ一匹分なんだけど・・・)。

野菜売り場で、山うど発見!
生若芽と炊き合わせにしよう。

うろことワタを取ってもらった鰈は、軽く塩を振ってグリルへ。
なんとか、ぎりぎり入って、ほっ。

山ウドは、秋田県白神産。
ずこっと太くて、山の香りがいっぱい。
そのまま皮も剥かずに、ぶつ切りにしてから厚めのスライス。

土鍋に入れたら水をひたしてしばらくゆでて、めんつゆで味つけ。

生若芽はパックから出したら、ぱぁっと磯の香り。
波音が聞こえてくるようだ。

さっとゆがいて、食べやすい大きさに切り、うどが煮えた頃に加え
ひと煮立ちしたら、できあがり。

鰈の塩焼きは、旨味たっぷり。
山ウドと生若芽の炊き合わせは、ちょっぴりほろ苦く、早春の味。
ウドも若芽も、溶けそうなくらいに柔らかい。

もちろん、猫のさくらは、そばを張り付いて動かない。
好物の魚の中でも、とりわけ鰈がお気に入りなのだ。

新潟の宗八鰈、宮城の生若芽、秋田の山ウド。
東北の早春の味覚を満喫した。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

作ってみたかった、牛めし弁当

bentou180227-1.jpg
(作ってみたかった、牛めし弁当。
おいしかったです・・・2018年2月27日、千葉・鎌ケ谷にて)



今日は梅を観に行く予定で、お弁当を作ることに。
が、今一気分が乗らないので予定変更して、別の用足しに出かけることに。
お弁当は予定通りに持っていくことになった。

今日は、前から作ってみたかった牛めし弁当。
昨夜のうちに、牛の切り落としと玉ねぎを甘辛く煮付けて牛丼の具に。
ゆで卵をそのなべに入れて、煮玉子風にしておいた。

朝は、お弁当に牛丼の具をぎっしり乗せて、紅しょうがを散らし、
玉子と彩りのブロッコリーを添えてできあがり。
なんだか男子飯みたいで、ワイルド~!

しっかり味のしみた牛肉とご飯がおいしかったのは、もちろんでした。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

三月にも、ブルームーン

takatookohigan170329-1.jpg
早春の桜「高遠小彼岸(たかとおこひがん)」

(ガイドブックによれば、
長野県伊那市の高遠城址に数多く植栽されている桜で、
マメザクラとエドヒガンの種間雑種、とある。
長野の桜を東京で観られるのだから、ありがたい。

※写真は、2017年3月29日、東京・新宿御苑にて)



あと数日で、三月。
一月のスーパームーン以来、すっかりお月様ファンになってしまい、
先日、今年の満月を観られる日を調べてみた。

そうしたら、なんと三月は2日と31日の2度満月が現れ、
ブルームーンが観られるということが分かり、
今からワクワクしている。

ブルームーンとは、同じ月に満月が2度現れるときの
2度目の月のことをいう、とのこと。
めったにみられない現象なので、
ブルームーンを観られたら幸運が訪れるそうな。

一月は2日にスーパームーン、31日にブルームーン、
しかも皆既月食があり、見逃さないようにと、忙しかった!?

ちなみに、二月は満月なし。
四月は30日、
五月は29日、
六月は28日、
七月も28日、
八月は26日、
九月は25日、
十月も25日、
十一月は23日、
十二月も23日。

ということは、今年のブルームーンは3月31日で見納め。
しっかり見届けて、幸運を祈ろうと思う。
どうか、お月様が観られますように、って、はやっ?!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

超簡単で美味、もやし鍋

yukiyanagi170325-1.jpg
(毎年、たくさんの花をつけてくれる雪柳。
今年も、小さなつぼみがびっしり。咲く日が待ち遠しい。

※写真は、2017年3月25日、千葉・鎌ケ谷にて)



天候不順による野菜の高騰が、まだまだ続いていて、お財布がいたい。
キャベツやレタスがひと玉400円以上、葉物も高いだけでなく、
ひと束の量がスカスカ。

今週末は、色々あって出ずっぱりだった。
その無理がたたって、今日はぐったり。体が全く動かない。
で、夕食は簡単なものに、でも、やっぱりおいしいものが食べたい。

と、冷蔵庫と冷凍庫を開けたり閉めたりして、あれこれ悩む。
あ、もやしと水菜がある。
そうだ、冷凍庫にあるしゃぶしゃぶ用の豚の薄切りと、鍋にしよう。
それも、とびきりシンプルに。

土鍋に湯を沸かし、塩と料理酒で味つけ。
そこへ、豚の薄切りをしゃぶしゃぶ、あくをこまめにとったら、
もやしを入れ、仕上げに水菜を乗せて、はい、できあがり。
さっぱりとポン酢、七味で食べてみたら、ほんとおいしい。
柔らかな味に、疲れも抜けていきそう・・・。

以前、鍋は具を三種類以上入れないこと、というのを聞いたことがあったが、
まさにそのとおり。
豚肉、もやし、水菜の味がよく分かり、実に旨い。

まだしばらくは野菜が高そうなので、
また、おいしいもやし料理を考えてみようっと。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

「4」は、幸せの、「し」

hyacinth180225-1.jpg
(つぼみをびっしりつけた、青紫とピンクのヒヤシンスの鉢ふたつ。
窓辺に置いておいたら、青紫が一斉に花開いた。
早春の香りが部屋中に広がる
・・・2018年2月25日、千葉・鎌ケ谷にて)



7年前に大病をして以来、「4」という数字がずっと苦手だった。
病院の採血室で、4番の席になると、めげた。
会計時に渡される番号に、4があると、ドキッとした。
4=「死」を連想してしまうからだ。

ところが、先日ふと、4はしあわせの「し」だと思えばいいんだ、
と気づいた。
そう思ったら、なんだか気分が軽くなった。

あ、自宅の電話、4が4個もある。
しあわせがいっぱい、ということかな?!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

河津桜、めじろ、坂川

kawaduzakura180224-2.jpg
(河津桜の花数が、日に日に増えてきた。満開が楽しみ
・・・2018年2月24日、千葉・松戸、坂川にて)



mejiro180224-1.jpg
(めじろたちは、早くも花をツンツン、ツンツン)



mejiro180224-12.jpg



mejiro180224-4.jpg



mejiro180224-10.jpg



kawaduzakura180224-1.jpg



mejiro180224-7.jpg



mejiro180224-11.jpg



kawaduzakura180224-7.jpg



mejiro180224-2.jpg



kawaduzakura180224-3.jpg



mejiro180224-13.jpg



mejiro180224-14.jpg



mejiro180224-3.jpg



mejjiro180224-5.jpg



mejiro180224-6.jpg



kawaduzakura180224-4.jpg



mejiro180224-9.jpg



kawaduzakura180224-5.jpg





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

寒桜、饗宴

kanhizakura170329-1.jpg
(寒桜、饗宴。

※写真は、2017年3月29日、東京・新宿御苑にて)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

早春に咲く、「横浜緋桜」

yokohama_hizakura170319-1.jpg
早春の桜「」横浜緋桜(よこはまひざくら)」

(ガイドブックによれば、
「兼六園熊谷<けんろくえんくまがい>」にカンヒザクラを
交配して育成されたもの、とのこと。

※写真は、2017年3月19日、東京・新宿御苑にて)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ひっそりと、寒桜

kanzakura170324-1.jpg
(ひっそりと春を待つ、寒桜。

※写真は、2017年3月24日、千葉・松戸、坂川にて)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

楽しみ、早咲き桜「陽光」

youkou170319-1.jpg
早春の桜「陽光」

(ガイドブックによれば、
カンヒザクラと「天城吉野(=オオシマザクラとエドヒガンを交雑)」
から作られた、とのこと。
新宿御苑で真っ先に名前を覚えた、お気に入りの桜。今年も楽しみ。

※写真は、2017年3月19日、東京・新宿御苑にて)



kanhizakura050322-11.jpg
父=「寒緋桜」

(2015年3月22日、千葉・野田、清水公園にて)



amagi_yoshino160329-7.jpg
母=「天城吉野」

(2016年3月29日、東京・皇居東御苑にて)



ooshimazakura160325-6.jpg
母父=「大島桜」

(2016年3月25日、東京・新宿御苑にて)



takatookohigan160325-12.jpg
母母=「エドヒガン」の写真が見当たらないので、
その血をひく「高遠小彼岸」

(2016年3月25日、東京・新宿御苑にて)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

三晩楽しんだ、真鯛

hananira170319-1.jpg
「花にら」

(青紫の花をみると、撮らずにいられない。

※写真は、2017年3月19日、東京・新宿御苑にて)



16日の金曜日に買った真鯛一尾。
さばいて、その夜はおさしみに、翌日の夜は、アラ煮にしておいしく食べた。
土鍋に煮汁とアラの残りが少々。
おいしいだしが出ているので捨てるのももったいなく、
ごぼうでも煮ようかとそのままに。

そして今日。
土鍋の蓋を開けてびっくり!
すっかり固まって、煮凝りになっていた。
ちょっとすくってなめてみたら、う、うまい。
身も骨も皮も、鯛の全ての旨味が出ているのだから、当たり前か。

すぐパックに詰めて、冷蔵庫へ。
夜、器に開けたら、きれいな長方形になっていて、
しかも、ぷるんぷるん。
少しずつ小鉢に取り分けて、あっというまにペロリ。

ちょっと値が張った真鯛だったけど、ヒトふたり、ネコいっぴきが
三晩に渡って楽しめたのだから、お得だったかも。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

坂川の河津桜、二、三分咲きに

kawaduzakura180217-1.jpg
(河津桜は、二、三分咲きに・・・2018年2月17日、千葉・松戸、坂川にて)



mejiro180217-1.jpg
(めじろも、満開を待ってる)



kawaduzakura180217-3.jpg
(今にも開きそうなつぼみが、びっしり)



kawaduzakura180217-2.jpg
(あぁ、満開が待ち遠しいなぁ)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

早咲きの梅見頃に、清水公園

ume180218-1.jpg
(早咲きの白梅、紅梅が見頃に・・・2018年2月18日、千葉・野田、清水公園梅林にて)



ume180218-2.jpg
(去年と比べて、開花が遅れているようだ)



ume180218-3.jpg



ume180218-5.jpg




ume180218-4.jpg



ume180218-7.jpg




ume180218-6.jpg




そろそろ梅が見頃になっているはず、と、久しぶりに清水公園へ。
が、早咲きの紅白の梅は満開になっていたものの、梅林の色づきはまだまだ。
去年も同じ頃に出かけたが、あの日は公園入口の枝垂れ梅をはじめ、
梅林でももっと色々な梅が咲いていた。

そんなことを思いながら歩いていたら、同じようにカメラを手にした人が
つぶやくともなく、「今年は遅いねぇ」、思わず相槌を打つ。
やはり、大雪と連日の厳しい寒気のせいか。
ま、自然は思うようにはいかない、よね。

でも、梅林の梅はどれもつぼみをびっしりつけて、今にもはじけそう。
満開の日が、楽しみ。

そして夜。
封を切ったのは、奈良の美酒「梅の宿」。
こちらは、すでに満開の味だった。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

水仙、そして山雀、四十雀、アンデルセン公園

suisen180217-1.jpg
(思いがけずに、日本水仙の群落に出合えた・・・2018年2月17日、
千葉・ふなばしアンデルセン公園にて)



suisen180217-2.jpg
(もう今年は、
美しい日本水仙は見られないと思っていたのに)



suisen180217-4.jpg
(清々しい香りも、日本水仙ならでは)



yamagara180217-2.jpg
(いきなり、小鳥がそばに飛んできた。後で調べたら、山雀<やまがら>)




yamagara180217-1.jpg
(名前は知っていたけど、こんな間近で見たのは初めて。
かわいい!)



shijyuukara180217-1.jpg
(四十雀<しじゅうから>も山雀と一緒に群れていた。
四十雀は庭でも見かける、かわいいおなじみさん)



shijyuukara180217-2.jpg
(葦の茂みで、四十雀の群れが、プチプチ、プチプチ、何かをついばんでいた)



今日は、早春のアンデルセン公園へ。
やはり、梅も桜もまだ、まだ、と、ちょっとうつむき加減に歩いていたら、
なんと、日本水仙の群落。
えーっ、アンデルセン公園に日本水仙があったの?!

それだけでも驚いたのに、さらに、今年は大雪のせいで、
どこへ行っても水仙は花茎が折れて悲しい姿になっていたのに、
ここの花は、凛と咲いている。
よく見れば、やはり長い茎の花は折れ曲がっていたけど、それでも
雪の後に咲いたのか、短い茎の花は美しい。

雑木林の落ち葉から伸びた日本水仙を延々たどって歩いていったら、
いつしか水辺にたどり着いた。
と、いきなり、目の前の落ち葉の上に、小さなかわいい野鳥。
四十雀(しじゅうから)でもない、尉鶲(じょうびたき)でもない。
初めて見る鳥だ。
後で調べたら、山雀(やまがら)だった。
一緒に、四十雀の群れも飛んでいる。

日本水仙と山雀、思いがけない出合いの一日になった。
山雀ちゃん、また、会いたいな!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ぶちゃいくでも、鯛のさしみ

matumushisou180215-1.jpg
「西洋松虫草」

(薄紫の花色とレースのドイリーみたいな花姿に惹かれて
・・・2018年2月15日、千葉・鎌ケ谷にて)



長い間工事中だった船橋の駅ビルが、先週リニューアルオープンした。
たまたまその日に居合わせたので、ちょっと寄ってみようとしたが、
ものすごい人出で、早々に引き上げた。

そろそろ落ち着いた頃と、今日、改めて出かけてみた。
なにより、新鮮な魚と野菜売り場が充実しているのが魅力。
特に鮮魚売り場は、新潟直送ということで、生きのいいのが丸ごとずらりと並んでいる。

鯵(あじ)、鰤(ぶり)、鰯(いわし)、めばる、さより、太刀魚などなど、
そして松葉蟹まで勢ぞろい。
今夜は久しぶりに、丸ごと捌いて、さしみにする予定。
あれこれ迷ったけど、やはり、今日はご祝儀気分で真鯛を調達。
いなせなお兄さんに、うろことわたをとってもらって。

魚の捌き方の本とにらめっこしながら、出刃を握りしめ、みごとな鯛と格闘?!
骨が固くて、皮も厚い。
とても、スーパーで見かけるようなスパッとしたさくにはならない。

でも、みかけはぶちゃいくでも、味はいい!
紫蘇の葉を敷き詰めた大皿に、そぎ切りした切り身を並べて、はい、できあがり。
そして、身がたっぷりついたアラは、明日の出番。
さて、どんな風に料理しようかな。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

天国のくりちゃんへ

sakura051220-1.jpg
(わが家に来てまもない頃のさくらは、大好きなくりおばあちゃんに
べったりだった。

写真は、2005年12月20日、千葉・鎌ケ谷にて)



sakura060121-1.jpg
(雪が降った日に・・・写真は、2006年1月21日)



sakura060121-2.jpg
(くりおばあちゃん、あったか~い)




sakura060125-1.jpg
(仲良く並んで・・・2006年1月25日)



今日は、2007年に19歳で天国へ旅立った、先代猫くりちゃんの命日。
くりちゃんと同じように捨て猫だったさくらは、
くりにそっくりな雉猫の雌だったので、引き取ることに決めたのだった。

爪を出さない、かみつかない、むぎゅっと抱きしめても嫌がらない、
ほんと、くりちゃんはいい子だった。
それに比べて、さくらは・・・。

一緒に暮らしたのは1年ちょっとだったけど、くりおばあちゃんが大好きで
いつもぺったり甘えていた。

あの日も、暖かな冬の陽が、窓辺に横たわる
くりちゃんを包み込むように、優しく降り注いでいた。

くりちゃん、天国で元気にしていますか?
どうか、これからもさくらのことを見守っていてくださいね。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ちょっぴり、春らしい庭に

boke170319-3.jpg
(白から紅へとグラデーションの美しい木瓜に出合った。

※写真は、2017年3月19日、東京・新宿御苑にて)


boke170319-1.jpg



boke170319-2.jpg



昨日、関所(定期検診)も無事通過したので、
今日はゆっくり、春の花苗や春野菜の種を探しに、ホームセンターへ。
気温も上がり、歩くのも気持ちがいい。

種は春まきの袋がびっしり並んでいて、選ぶのに迷うほど。
結局、小松菜、春菊、ほうれん草、ラディッシュ、小葱、枝豆を買う。

花苗はほしかったパンジーやビオラが今一。
この冬の厳しい寒さでいじけてしまったようで、手が出ない。
代わりに、紫とピンクのヒヤシンス、花かんざし、松雪草、プリムラを買う。

思いがけない予定外も。
秋に植えられなかった百合の球根があった。
説明書を見ると、4月くらいまでなら大丈夫そう。
ずっと植えてみたかった山百合をみつけたので、思いきって3球買う。

開花は7月とある。
大輪の山百合が咲いたら、さぞ華やかだろうなぁ。
どうか、無事咲いてくれますように。

午後から早速、植え替え。
山百合は、枯れてしまった木瓜の跡に埋めた。
花苗は鉢に入れて、日のよくあたる場所へ。
これで、ちょっぴり春らしくなってきた。

3時のおやつは、途中の和菓子屋さんで買った‘めじろ餅’。
黄緑の黄な粉にまぶされたお餅は、
柔らかくて、ほわほわで、ほんと、めじろみたい。

さぁ、3月になったら、野菜の種まきを始めよう。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

7年目の春

tubaki180213-1.jpg
(今朝も、開いたばかりの紅椿がいくつも、しべをきちんと揃えて咲いている。
甘い花芯は、めじろやひよどりたちの大好物。
見つからないうちに、パチリ・・・2018年2月13日、千葉・鎌ケ谷にて)



今日は、二か月に一度、そして今年初の胸の定期検診日。
診察だけで血液検査もないので、気分的には楽。

ドクターに新年のごあいさつをしたら、
「血色もいいし、体調もよさそうですね」と笑顔。

次は4月中旬。
春真っ盛りの頃だ。

あれから7年目の春を無事迎えられたことに、心から感謝です。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

紅梅満開、河津桜つぼみ、坂川周辺

suisen180212-1.jpg
(大雪にも折れず、咲いている水仙
・・・2018年2月12日、千葉・松戸、坂川にて)



kawaduzakura180212-1.jpg
(河津桜は、かなり咲いているのではと思ってきたけど、
まだ、ちらほら)



kawaduzakura180212-3.jpg
(こんなにいっぱい花をつけている枝は、珍しい)



kawaduzakura180212-2.jpg
(初々しい)



ume180212-1.jpg
(戸定邸<とじょうてい>の紅梅は、今や盛りに)



ume180212-4.jpg



ume180212-2.jpg



ume180212-5.jpg



ume180212-3.jpg





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

柳川風、牡蠣豆腐

izu_tagaaka170311-1.jpg
桜「伊豆多賀赤」

(千葉県有数の桜の名所、清水公園の早春を彩る「伊豆多賀赤」。

※写真は、2017年3月11日、千葉・野田にて)



冬の味覚、牡蠣は今しか出回らないので、せっせと食べたいけど、生牡蠣は日持ちがしない。
そこで、常に冷凍品をストック。これで、いつでも食べられる♪

今夜は、どうしても食べられないどじょうに替えて、冷凍牡蠣で柳川風鍋を作ってみた。

まずは、泥付きごぼうをよく洗い、なるべく薄いささがきにして
土鍋に入れて水を張る。水は、寄せ鍋より少な目に。
そこへ、、豚バラの薄切りを少し、しらたきを入れて強火にかける。
今日の鍋は濃厚な味にしたいので、豚バラはその隠し味に。

煮立ったら、ていにねいにアクをすくい火を弱めてしばらく煮る。
ごぼうが柔らかくなったら、みりん、めんつゆ、しょうゆを濃い目に入れて、
再び一煮立ち。

そこへ、薄めの奴に切った豆腐を並べ、さらに牡蠣をその上に並べて
また強火にする。
煮立ったら、またアクがでるので、ていねいにとり、さらに弱目の中火ですこし煮る。

全体に煮汁がしみたら、仕上げに、ざく切りした水菜と長葱のみじん切りを入れて
色が変わったら、溶き玉子をまわしかけて、出来上がり。

煮汁を味見してみたら、牡蠣、豚バラ、ごぼうの出しが溶け合って、実に美味!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

せっせと、畑づくり

nasu17-625-1.jpg
(今年も、おいしい野菜が実りますように。

※写真は、2017年6月25日、千葉・鎌ケ谷にて)



今日も、庭仕事。
春夏野菜のための畑づくりに精を出す。
といっても、なんちゃって菜園としては、全くの自己流だけど。

ネットをはずし、支柱を抜いて、土を覆う枯れ草をどけて、
シャベルで土を起こし、お日様に当てた。

枯れ草をどけたら、とかげがねぼけまなこで飛び出してきて動かない。
冬眠中だったのかな?!
ごめん、ごめん、あわててスコップに乗せて奥の方へ置いたら、
自分で草の中へもぐりこんでいった。
お詫びの印に、その上から柔らかい草をかけてあげる。

頭上には、めじろたちの鈴を振ったような鳴き声。
手を止めてみていると、けっこう、めじろもワイルド。
激しく飛び交って、みかん争奪戦を繰り広げている。
やっぱり自然で生きるのは厳しい。
勝ち残っためじろが、満足そうにみかんをついばむ。

一通り手入れを終えた畑を眺めながら、春夏野菜が青々と茂り、
たわたに実ったミニトマトやピーマン、なすの姿を想像してみる。
なかなか思うようにはいかないけど、思い描いてみることは楽しい。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村


まばゆいほどに、白木蓮

hakumokuren170319-2.jpg
(長年訪れているのに、こんなみごとな白木蓮の大木が
あるとは知らなかった。

※写真は、2017年3月19日、東京・新宿御苑にて)



hakumokuren170319-3.jpg
(新宿御苑の主か!)



hakumokuren170319-1.jpg
(まばゆいほどの白)



hakumokuren170319-4.jpg



hakumokuren170319-5.jpg





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

「福の日」に福寿草、新宿御苑

fukujyusou180209-3.jpg
(「福の日」に福寿草に出合えたなんて、いいことありそう♪
・・・2018年2月9日、東京・新宿御苑にて)



fukujyusou180209-5.jpg
(ふかふかの落ち葉に包まれて)


kanzakura180209-2.jpg
(桜の名所、新宿御苑を彩る、早咲きの「寒桜」。
ガイドブックによれば、約65種、1300本の桜が、早春、盛春、晩春と
咲き続けるというから、桜好きにはたまらない)



mejiro180209-2.jpg
(ほころび始めた花に、早くもめじろが)



mejiro180209-1.jpg
(さくら、だぁ~いすき@めじろ)



mejiro180209-3.jpg
(花を求めて、枝から枝へ)



ume180209-2.jpg
(梅林では、紅梅がちらほら。白梅はまだ固い蕾)


ume180209-1.jpg
(愛らし、紅梅)



ume180209-5.jpg



suisen180209-1.jpg
(傷まし、水仙。
それでも、咲く、香る)



今日2月9日は、語呂合わせで「福の日」。
しかも、大安。
しかも、今日は高気圧が張り出して全国的に晴。
風もなく、穏やかという。

ということで、早春の花を見つけに、新宿御苑へ。
予想はしていたけど、やはり花はほとんどなく、
梅も桜も固い蕾。

と、足元を見たら、黄色のかたまりが明るくみえる。
あ、福寿草!
「福の日」に福寿草と出合えるなんて、なんだかうれしい。

さらに歩き続けると、遠目にピンクの雲。
早咲きの寒桜の大木。
近づいてみれば、まだほとんど蕾。
それでも、少しずつ花も開きかけている。

枝から枝へせわしげに飛び交っているのは、めじろたち。
まだ、花は開ききっていないというのに、小さな体いっぱいに
うれしさがにじみ出ている。

そして、今日一番楽しみにしていたのは、水仙の群落。
とりわけ、ペーパーホワイトの真っ白な花が見られるのを楽しみしてきた。
が、去年の光景は全くみえない。

株ごと潰れて、せっかく咲いた花も地面に張り付いている。
あの大雪に潰されてしまったのか・・・。
その傷ましい姿をみていたら、咲いているのが当たり前ではない、
ということを改めて思い知らされた。

それでも、折れた株から美しい花を咲かせている日本水仙を見つけた。
花には傷ひとつない。
水仙独特の清々しい香りも漂ってきた。

咲いてくれて、ありがとう。
次は、どうか穏やかな季節に咲けますように・・・。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村


春、夏に向けて、庭仕事

suisen170311-1.jpg
(ミニ水仙の黄色い花群れが、あたりを明るくしていた。
庭にも少しあるはずだけど、まだ芽が出てこない。

※写真は、2017年3月11日、千葉・野田、清水公園「花ファンタジア」にて)



blue_bell110425-1.jpg
(ブルーベル・・・2011年4月25日、千葉・鎌ケ谷にて)


hyacinthus130319-1.jpg
(ヒヤシンス…2013年3月19日)


muscari130326-2.jpg
(ムスカリ・・・2013年3月26日)



今日は風もなく暖かなので、庭仕事。

チワワの額ほどの庭だけど、春、夏に向けて、
今の内に手入れしておきたいことが山積み。
冬枯れて彩りのない庭を見ながら、
頭の中に春の花や夏野菜の実りを思い浮かべてみるだけで、
ワクワクしてくる。

よく見れば、ブルーベル、クロッカス、ヒヤシンス、ムスカリ、など
春の球根花の芽が、土を持ち上げて出てきている。
誰が教えたわけじゃないのに、ちゃんと季節を覚えて生きている。
えらいなぁ!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

山伏茸入り、中華風うま煮

yamabushitake18027-2.jpg
(初めて料理した、山伏茸。きのこ界のゆるキャラみたい
・・・2018年2月7日、千葉・鎌ケ谷にて)



昨日、銀座の山形県アンテナショップでみつけた、山伏茸(やまぶしたけ)。
わ、白いたわしみたい!
でも、どんな味がするか興味津々、ひとつ買ってみた。

どんな風に食べたら一番おいしいか色々迷ったけど、
茸だから中華風炒め物がよさそう。
ということで、豚バラの薄切り、白菜、長葱、にんじんと
うま煮を作ることに。

袋から出したら、真っ白くてほわほわのかたまりが現れた。
びっしりからみあっているそうめんみたいな表面がユーモラス。
なんだか、きのこ界のゆるキャラみたいだ。

大きさを測ってみたら、幅10センチ、長さ12センチ、厚み6センチ。
おとうふ1丁分くらいの大きさ。

食べやすい大きさに切って、ほかの野菜と一緒に
塩、こしょう、ガーリックパウダー、鶏がらスープの素、料理酒、醤油で
炒め煮にして、仕上げに片栗粉でとろみをつけて出来上がり。

火を通したら、くたっとなっている。
味見してみたら、ほかの茸にはない不思議な食感、
でも、くせがなく、うま煮の味をしっかり吸っておいしい!

初めての食材は、いつもワクワクする。
また見つけたら、今度は違う料理で味わってみよう。
この形を活かして、丸ごとステーキなんて、どうかな?!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

紅椿、明るく

tubaki180207-1 (2)
(立春を過ぎて、紅椿が次々に開き始め、花のない庭を明るくしてくれている
・・・2018年2月7日、千葉・鎌ケ谷にて)



mejiro180207-1.jpg
(椿の木があるから、めじろもやってくる)



mejiro180207-3.jpg
(みかんも好きだけど、ほんとは椿の花芯が大好物。
ほんとは、食べてほしくないんだけどぉ~)




mejiro180207-2.jpg
(みかん、甘いでしょ)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

楽しい、アンテナショップ巡り

nemesia170305-1.jpg
(最近のお気に入り、ネメシア。
去年はよく咲いてくれて、今年も青々と葉が茂っている。
寒さに負けずに、咲いてくれるだろうか。

※写真は、2017年3月5日、千葉・鎌ケ谷にて)



ueui180206-1.jpg
(山形県のアンテナショップ「おいしい山形プラザ」でみつけた、山菜のうるい。
おひたしにするつもりだけど、あまりに瑞々しい色合いなのでパチリ
・・・2018年2月6日、千葉・鎌ケ谷にて)



今日は、久しぶりに銀座ウオーク。
銀座1丁目にある、高知県、山形県、広島県の
アンテナショップ巡りを楽しんだ。

アンテナショップでは地元特産の珍しい食材が見られるので、楽しい。
ちょうどお昼時だったので、高知のレストランでランチ。
切り口が輝くように美しい鰹のたたきを始め、珍しい野菜や魚の皿鉢が並ぶ。

さらに、メニューをみていたら、銘酒「司牡丹」の立春朝搾りが飲めるという。
めったに出合えない縁起物なので、味わってみた。美味!

おみやげに買ってきたのは、高知・四万十のせり、山形のうるい、
白いたわしみたいな山伏茸、かわいい生なめこ、
それに、高知の鰹角煮、鰹だし醤油と四万十川のりの佃煮、などなど。

うるいは、瑞々しい山菜でおひたしにするとおいしいという。
鰹だし醤油をかけてみようかな。

山伏茸は中華風に炒めてもおいしそう。
明日、じっくり調理法を考えてみよう。

三か所目の広島県にもおいしそうなのがいっぱいあり、
その上、広島焼きやラーメンのお店もいい匂いだった。
が、お腹はいっぱい、両手は高知と山形の買いものでいっぱいだったので、
泣く泣く、諦めた。
次のお楽しみに、とっておこう、っと。

夕食は、簡単に、ということでお土産の中からセレクト。
鰹の角煮をメインディッシュに、うるいのおひたしに鰹のだし醤油がけ、
四万十川のりの佃煮で、決まり。

うるいをおひたしにするために袋から出してみたら、
あまりの瑞々しい色合いに手が止まり、まずはカメラでパチリ。
食べやすい長さに切って、熱湯でさっと茹でて鉢へ。

鰹ものりもおいしかったけど、一番の感動はうるいだった。
鰹だし醤油をかけても、のりをちょんちょんとつけても、
そしてそのままでもシャキシャキとして、くせがなく、甘みがある。
もう、すっかり大ファンになってしまった。

うるいは、今までも見かけたことはあったが、食べ方が分からず手が出なかった。
なんと、もったいないことを・・・。

さて、明日の山伏茸はどんな味なのかな。今から、楽しみ♪





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

さくらのタンケン

panzy170305-2.jpg
(今年はまだ一株も、パンジーやビオラを植えていないので、
ベランダが寂しい~!

※写真は、2017年3月5日、千葉・鎌ケ谷にて)



sakura180205-1.jpg
(おてんば娘さくらは、カーテンレールの上をタンケン中!
…2018年2月5日、千葉・鎌ケ谷にて)


sakura180205-2.jpg
(高いところだって、ちっともこわくないもん@さくら)



どこからか、さくらの鳴き声。
声をたどっていったら、カーテンレールの上で鳴いている。

てっきり、降りれなくなったのかと手を伸ばしたら、
スイスイと歩き出して、キャットタワーへ移動。
そしてまた、カーテンレールの上を行ったり来たり。

なぁんだ、降りれるんじゃない。
でも、じゃぁあ、さっきはなんで鳴いていたのかな?





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

鶏手羽先とにんにくの竜田揚げ、煮玉子添え

nekoyanagi170311-1.jpg
(朝、目が覚めた途端、今日は立春だぁと気づいたら、
それだけでウキウキしてきた。
光の春のはじまり、はじまり~♪

※写真は、2017年3月11日、千葉・野田、清水公園「花ファンタジア」にて)



今夜は立春を祝って、って全く関係ない献立だけど、好物を作ることにした。
メニューは、鶏手羽先とにんにくの立田揚げに、煮玉子添え、キャベツたっぷり。

まず、つけだれに入れるにんくをすりおろして、といつもの手順で手が止まった。
まてよ、一片ずつ切り離したにんにくは、このまま鶏と味つけして揚げたらどうかしら。
にんにくを交互に刺した焼き鳥を、ふと思い出した。
即、実行。

ビニール袋に鶏とにんにくを入れて、そこへ料理酒と醤油を適量。
まんべんなく味がしみるように、袋をよくモミモミして冷蔵庫に一晩置く。

煮玉子は、半熟の茹で玉子をつくり、やはりビニール袋に入れて、
そこへみりんとめんつゆを適量。
鶏と同じように味をなじませて、冷蔵庫へ。

一晩経ったら、調理開始。
油を中火と弱火の間くらいの火加減で熱し、
そこへ、片栗粉をまぶしたにんにく、鶏の順で揚げる。

味見してみたら、鶏にはにんにくの味がしっかりついて、
揚げたにんにくは、ほっくりして、どちらも美味。

できるだけ細く千切りにしたキャベツをたっぷり大皿に広げ、
その上に揚げたての鶏とにんにく、半分に切った煮玉子を盛りつけて出来上がり。

早く、食べた~い!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

 | HOME |  » ▲ page top