カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

「プチぷよ」、品切れ~!

fuji170520-1.jpg
(これも、藤。丸くて、かわいい。

※写真は、2017年5月20日、千葉・八千代、京成バラ園にて)



今日は、夏野菜苗の定植。
と思っていたら、ミニトマトの苗が少ないことに気づき、
急遽、ちゃりんこを飛ばして、「房の駅」(鎌ケ谷の道の駅)へ。

去年、食べておいしかった「プチぷよ」を買い増しするつもりで
行ったが、いくら探しても、ない。
ほかのミニトマトはたくさん、あるのに・・・。

お店の人に聞いたら、「あ~、とても人気で品切れなんですよ。
5日頃には入る予定なんですけど」。
あぁ、買っておけばよかったぁ。

ぼやいても、後の祭り。
色々考えた結果、作ったことのある「アイコ」と初心者マークつきの品種を追加。

ベランダのプランターよっつに、三種類4個の苗を植えて、支柱を立てた。
夏になったら、ベランダいっぱいに実ったミニトマトが摘まめるのを、夢見て。

今夜は、満月。
あいにくのおぼろ月だったけど、お月様を見ているだけで、気持ちが落ち着く。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ハーブ類を定植

florence_ducher170520-1.jpg
薔薇「フローレンス デュセ」

(※写真は、2017年5月20日、千葉・八千代、京成バラ園にて)



今日は、昨日買ってきたハーブ類の苗の定植。
ハーブ用に用意した大型プランターみっつのうち、ふたつに、
すでに、パセリ、バジル、セロリが植わっていて、もう収穫もできるまでになっている。

そこへ、買い増ししたバジルとセロリを仲間入り。
バジルは、葉に触れるだけでいい香りがして、パスタが食べたくなる。
たくさん育ったら、たっぷりパスタに入れてみよう。

三つ目に、バジルとオレガノを植えて、完了。

明日は、野菜苗の定植。
なんちゃってファーマーも、忙しい?!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

夏野菜苗の買い出し

hippolyte170520-1.jpg
薔薇「ヒッポリテ」

(※写真は、2017年5月20日、千葉・八千代、京成バラ園にて)



だいぶ、風邪もよくなってきたので、今日は、やっと夏野菜の苗を買いに。
鎌ケ谷の道の駅にある苗が良いので、今年もそこで、ミニトマトのぷちぷよ、
ピーマン、おくらを調達。
今年は、ミニトマトでグリーンのカーテンをつくろうかと。

ついでに、ホームセンターへも行き、セロリとバジルの苗を買い増しし、
さらにほしかったオレガノの苗も見つけた。
これでセージがあれば完璧なんだけど、なかったので仕方ない。

欲しかった苗類が揃ったので、ひと安心。
明日は定植しよう。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

椿剪定して、スッキリ

shiran180427-1.jpg
「紫蘭(しらん)」

(よく見ると、花のひとつひとつが、ちゃんと蘭の形になっている
…2018年4月27日、千葉・鎌ケ谷にて)



sakura180427-1.jpg
(赤い薔薇も、もうすぐ咲きそうだね、さくら)



強烈な風邪をひいて、もう10日。
しつこい咳が、なかなか止まらない。
夜中も咳で起きてしまうので眠れず、疲れが抜けない。

それでも、どんどん季節は変わっていくので、やらなくちゃいけないことも色々。
今日は、思い切って、気になっていた椿の剪定をした。

冬から春にかけて、長いこと目を楽しませてくれた紅椿。
今は、新芽がびっしり伸びて木が重たそう。

のこぎりと鋏を手に、どこをどう切ろうか、あれこれ思案しながら
ギコギコ、チョキ、チョキ。

毎年剪定するようになって、コツも分かってきて、
なんとか、スッキリした。
これで、この冬もまた美しい花を咲かせてくれることだろう。

あぁ、自分もスッキリしたいよう~。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

摘みたての青菜で、にんにく炒め

purple_splash170520-1.jpg
薔薇「パープル スプラッシュ」 

(※写真は、2017年5月20日、千葉・八千代、
京成バラ園にて)



気温上昇と共に、なんちゃって菜園の青菜類もグングン伸びて、
早く摘んでよう、と言ってるみたい。

しつこい風邪はなかなか治まらないが、摘み菜くらいはできる。
良く伸びた春菊と小松菜を摘んだら、あっという間に大ざるいっぱいになった。

そうだ、今夜はこれで青菜炒めにしよう。
いつだったか、中華飯店で食べた青菜炒めがとてもおいしかった。
にんにくをスライスして、熱くした中華鍋にごま油をひき、
青菜と一緒に投入。
強火で手早く炒めて、色が変わったら、塩、こしょう、鶏ガラスープの素で味つけ。

うん、しゃきしゃきしてうまい!
新鮮な青菜をたくさん食べて、風邪を追い出そう!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

黄薔薇、ほころぶ

rose180425-1.jpg
(昨年、京成バラ園で買ってきた黄色のミニバラがほころび始めた。
ミニとはいえ、けっこう花は大きく、つぼみをつけた枝もたくさんあって
開花が待ち遠しい・・・2018年4月25日、千葉・鎌ケ谷にて)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

旨い!鰤(ぶり)カマのスペアリブ風

utugi170520-1.jpg
(うつぎも、そろそろかな?

※写真は、2017年5月20日、千葉・八千代、京成バラ園にて)



昨日、行きつけのスーパーに久しぶりに出かけたら、
またまた、みごとな鰤(ぶり)カマを発見!
しかも、パックに、ぎっしり3カマも。
ヒトふたりとネコ一匹にぴったり!

ルンルン気分で帰り道、さて、どうやって食べようかと思案。
塩焼きはこの間やったし、ちょっと違う感じにしたい。
そこで、思いついたのが、スペアリブ風。

しょうが、にんにくをたっぷりすり、料理酒、しょうゆを加えて
漬け汁を作り、鰤カマを漬けて、一晩冷蔵庫へ。
味が良く染みるように、ときどき、ひっくり返して。

そして、今日。
例のグリルパンをレンジの魚焼きに入れて温めた後、
ごま油を塗り、そこへ鰤カマを並べた。
なんとか、3枚が収まって、ほっ。

弱目の中火で、まず皮目をこんがり焼いてから返し、
身の方も、焦げ目がつくまで焼く。
そして、漬け汁をたっぷりと回しかけ、さらに焼いて
いい色になったら、できあがり。

香ばしい香りが、キッチンに広がり、お腹がなる。
猫のさくらも、ウロウロ、ソワソワ落ち着かない。

骨の間の身を、宝探しのようにつつき出して、一口、
うーん、旨い!魚のスペアリブも、いける。
庭から採ってきたばかりのラディッシュを丸かじりしながら、
身がたっぷりついた鰤カマを堪能した。

さくらも、たれのしみていない白い身をたっぷり。
もちろん、しばしの間、お皿から顔が上がらない。

鰤カマのスペアリブ風、わが家の定番になりそう。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

今年は、薔薇も

rose170520-1.jpg
(今年は、薔薇も早いんだろうな。

※写真は、2017年5月20日、千葉・八千代、京成バラ園にて)



rose170520-2.jpg
(想うだけで、薔薇の甘い香りが漂ってきそう)



rose170520-3.jpg
(今年も、色々な美しい薔薇に出合えますように!)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

花盛り、フレンチラベンダー

lavender180422-2.jpg
「フレンチ ラベンダー」

(気温がグングン上がるにつれ、花も満開に・・・2018年4月22日、千葉・鎌ケ谷にて)



lavender180422-4.jpg
(うさぎの耳みたいな、花穂の先に伸びる苞)


lavender180422-3.jpg
(うさぎさんが、いっぱい)



lavender180422-1.jpg
(ちょっと触れるだけで、いい香り)


sakura180422-1.jpg
(くんくん、あんまりおいしそうな匂いじゃないワ@さくら)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

初収穫、ラディッシュ

seri180421-1.jpg
(いくらでも生えてくる、ありがたい野菜、芹とにら
・・・2018年4月21日、千葉・鎌ケ谷にて)


radish180422-1.jpg
(ラディッシュは、初収穫。真っ赤な丸い実がほんと、かわいい・・・4月22日)
撮影協力:アパパネ号



連日の真夏のような暑さに、病み上がりの身はグッタリ。
でも、そんなことは言っていられない。
陽気の良さに、花も野菜もグングン育っている。

昨日は、芹、三つ葉、にら、アスパラ、小松菜を収穫。
芹は、昨日あんなに採ったのに、朝見たら、もう茂っている。
どれも、勝手にどんどん育ってくれる、ありがたい野菜たち。

芹は、おひたし、天ぷら、玉子焼きに、三つ葉は海老やイカとかき揚げに、
にらは、きくらげと玉子でチャンプルー。
アスパラは、パスタに、小松菜は煮びたしに。

そして今朝は、3月7日に種まきしたプランターのラディッシュを初収穫。
二十日大根ともいうくらいだから、すぐに育つかと思ったが・・・。
赤くて丸い実が土から顔を出す様子が、ほんと、かわいい。

大きさはバラバラだけど、夕餉の一品に。
生のまま、マヨをつけて、かぶりつこう。
もちろん、葉っぱも。

新鮮な野菜を口にすると、自然のエネルギーが染みてくるようだ。
たくさん食べて、しつこい風邪をぶっ飛ばしたい!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ほんとの猫だったら・・・

turigane_suisen180420-1.jpg
「釣鐘水仙」

(青い花も咲きだして、ピンクと共にパステルカラーの
花園をつくりだしている・・・2018年4月20日、
千葉・鎌ケ谷にて)



sakura180421-1.jpg
(さくらの、あご乗せ用に買ったぬいぐるみ。
初めは蹴散らかしていたけど、最近では、ぺったり・・・4月21日)


sakura180421-2.jpg
(ほんとの猫だったら、もっと良かったのに、ネ)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

初めて、強烈な風邪

tutuji180420-1.jpg
(色が気に入って、ずっと前に、お寺の植木市で買った躑躅。
寝込む数日前は、つぼみがいっぱいあったのに、久しぶりに今朝見たら
どの花も満開・・・2018年4月20日、千葉・鎌ケ谷にて)



tutji180420-1.jpg
「久留米躑躅(くるめつつじ)」

(こちらは、ホームセンターで買ったはず。
小花の覆輪が、かわいい)



tutuji180420-3.jpg
「山躑躅(やまつつじ)」

(亡き弟が、引っ越しして間もない頃に裏山から運んでくれた思い出の躑躅)



tutji180420-4.jpg
(毎年、サーモンピンクの花群が玄関前を明るくしてくれている)



tutuji180420-5.jpg
(山躑躅と久留米躑躅が、仲良く咲く)





三日前の夜中、いきなり、喉が痛くなり、頭を締め付けるように
しつこい頭痛も始まって寝ていられなくなった。
朝方まで、そんな状態が続き、食欲もゼロ。
ひたすら布団にくるまるだけ。

昨日になって、やっと両方の痛みも少しずつ治まった。
代わって、今度は鼻水と咳が止まらない。

そしてまた夜中に、左耳が痛くなって眠れなくなった。
ああ、明日は耳鼻科に行くしかないか。
ところがなぜか朝になったら、痛みもなくなったので
様子をみることにした。

風邪は時々引くけど、たいていは全身倦怠で一日、二日
おとなしくしていれば治った。
こんな強烈な風邪は初めて。

特に無理しているわけでもないのになぁ。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ぽっかりと開いた、姫萱草

hime_kanzou180417-1.jpg
(姫萱草が一輪、ぽっかりと花開いた・・・2018年4月17日、千葉・鎌ケ谷にて)



春の初めに戻ったような寒い朝、ぽっかりと姫萱草の花が一輪咲いた。
どんよりとした空の下、鮮やかな黄色がまぶしい。

春先に庭の土を掘り返していたら、見慣れない球根がいくつか出てきた。
おまけに、新芽がすでに伸びているのもある。
気になったので、とりあえず鉢に植えてみた。

水を切らさずにやっていたら、細長い葉がスクスク伸びて、
ある日、つぼみがついているのに気づいた。
あ、姫萱草だ。

ずっと以前、百合のような花が気に入って、
お寺の植木市で買ったことを思い出した。
この数年、どこかへ紛れて気づかないままだったのか。

つぼみは、まだいくつかあるので楽しみ。
これからは大切に育てて、増やしてみたい。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

強風去った翌朝は

turigane_suisen180416-1.jpg
(ピンクの釣鐘水仙が、満開に…2018年4月16日、千葉・鎌ケ谷にて)



turigane_suisen180416-2.jpg
「釣鐘水仙(つりがねすいせん)」



syakunage180416-1.jpg
西洋石楠花「桜狩」

(三年前、牡丹を観に出かけた西新井大師で買った鉢植えを
庭に下ろしたら、今年も咲いてくれた。
昨日の強風で、花びらが少し傷んでかわいそう)



hime_utugi180416-1.jpg
「姫うつぎも、可憐な花を開き始めた)



sakura180416-1.jpg
(うちの、耳付き姫は、毎日、満開)



sakura180416-3.jpg
(う~ん、いいかおりだにゃぁ~@さくら)



turigane_suisen180416-3.jpg
「釣鐘水仙」

(原産地は、南ヨーロッパ。
明治43年頃に渡来したと知り、そんなに前から日本で咲いていたのかと驚いた)



frenchi_lavender180416-1.jpg
(フレンチラベンダーも、咲き始めた。
花穂の上につく苞が、うさぎの耳みたいでがかわいい)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

清楚、白い華鬘草

kemansou180413-1.jpg
「華鬘草(けまんそう)」

(白花は、初めて観た。清楚な美しさ
・・・2018年4月13日、東京・上野東照宮「ぼたん苑」にて)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

好きな花で、プチ花園

blue_bell180414-1.jpg
(好きな花を少しずつ集めていたら、プチ花園になっていた
・・・2018年4月14日、千葉・鎌ケ谷にて)



linaria180414-1.jpg
「リナリア」



blue_bell180414-2.jpg
「釣鐘水仙(つりがねすいせん)」





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

牡丹満開、上野東照宮

botan180413-3.jpg
(開苑からまだ三日目だというのに、春牡丹はすでに満開
・・・2018年4月13日、東京・上野東照宮「ぼたん苑」にて)



hana_asobi180413-1.jpg
「花遊(はなあそび)」



shimanishiki180413-1.jpg
「島錦(しまにしき)」




tama_fuyou180413-1.jpg
「玉芙蓉(たまふよう)」



shikou_den180413-1.jpg
「紫紅殿(しこうでん)」



botan180413-6.jpg
(牡丹には、日傘がよく似合う)



aboukyuu-180413-1.jpg
「阿房宮(あぼうきゅう)」



rinpou180413-1.jpg
「麟鳳(りんぽう)」



rinpou180413-2.jpg
「麟鳳(りんぽう)」



gyokurou_syun180413-1.jpg
「玉楼春(ぎょくろうしゅん)」



gyokurou_syun180413-2.jpg
「玉楼春」



shimadu_beni180413-1.jpg
「島津紅(しまづべに)」



tokiwadu180413-1.jpg
「常盤津(ときわづ)」


yachiyo_tubaki180413-1.jpg
「八千代椿(やちよつばき)」



yachiyo_tubaki180413-2.jpg
「八千代椿」




botan180413-5.jpg
「八千代椿」



oukan180413-2.jpg
「黄冠(おうかん)」



jyushi180413-1.jpg
「寿紫(じゅし)」



jyushi180413-2.jpg
「寿紫」



kensyun_mon180413-1.jpg
「建春門(けんしゅんもん)」



aurora180413-1.jpg
「オーロラ」



hyakka_den180413-1.jpg
「百花殿(ひゃっかでん)」」



yae_zakura180413-1.jpg
「八重桜(やえざくら)」



yae_zakura180413-2.jpg
「八重桜」



botan180413-4.jpg
(丹精込めて育てられた‘百花の王’を愛でる、至福のひとときだった)



今日は上野で、仲良し三人組の二人で、プチ女子会。
東照宮で春牡丹を堪能し、お昼はむせかえるような新緑の公園で
エキナカで買ったお弁当を広げた。

不忍池をぶらぶらと歩いた後は、アメ横で一献。
桜鯛のおつくり、ホタルイカの酢味噌和え、子持ち昆布の串揚げ
なんぞをつまみながら、
女ふたり、「くどき上手」をさしつ、さされつ。

帰り際にエキナカで食べた、パンダ焼きの、
なんて柔らかくて甘かったこと。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
(tnnaw

浅利と筍の、山海鍋

fuji0502-1.jpg
(白藤もまた、なんとも優美。

※写真は、2017年5月7日、千葉・八千代、京成バラ園にて)



今夜は、浅利と筍の料理。
浅利は砂をはかせ、筍はぬかで茹で、
さて、どう料理しよう。

あれこれ頭をひねった挙句、思いついたのは
ふたつの素材を一緒にした鍋。

薄味のつゆに、まず薄く薄くスライスした筍を入れ、
煮立ったところで、浅利を投入。
貝のふたが全部あいたところで、アクをとり、
仕上げは、庭の芹畑で摘んだ芹をたっぷり。

浅利の旨味と筍の風味がマッチして、なんともいい味。
残った汁に、冷ごはん、刻み葱を煮立て、
溶き玉子をまわしかければ、雑炊のできあがり。
こちらも、旨味がしみて、しみじみいい味でした。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ハーブ苗はこれから?!

kodemari180412-1.jpg
(今年は、小手毬もたくさんの花をつけてくれている
・・・2018年4月12日、千葉・鎌ケ谷にて)



そろそろハーブの苗が出ているはずと、ホームセンターへ。
が、野菜苗はたくさんあるのにハーブ類はちょっぴり。
オレガノとセージがほしいんだけど、まだ早かったかな。

あきらめて、見て回っていたら野菜コーナーに、
瑞々しいセロリの苗を見つけた。
セロリは茎が伸びたらそのつどかいておけば、
次々に新しい茎が出てくるので、しばらく重宝する。

ハーブ類は次にして、やっぱり花苗も少し調達。
紫、青、ピンクのロベリアと初めて見た香りなでしこ。
なるほど、ほんのり甘い香り。

それぞれ鉢植えにして、花鉢の仲間入り。
マーガレットはどんどん花を増やし、
ラベンダーやブルーベルも花が咲きだし、
ネメシアやリナリア、花かんざしは花盛り。
新入りもよろしくネ!

ハーブはまた近いうちに、探しにいってみよう。
きっと、これからどんどん出回るはず。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

上野「ぼたん苑」、開苑

nikuni_no_akebono170414-1.jpg
牡丹「御国の曙(みくにのあけぼの)」

(※写真は、2017年4月14日、東京・上野東照宮「ぼたん苑」にて)



季節の花は、桜から牡丹、藤へ。
お風呂用の手ぬぐいも、桜から牡丹に替えた。

今日から、いよいよ上野東照宮ぼたん苑も開苑。
牡丹も桜同様、開花が早まっているようだ。

なのに、朝から強風吹きまくり。
せっかく咲き始めた牡丹が、風になぶられていると思うと
落ち着かない。

今年はどんな牡丹に出合えるか、楽しみ、楽しみ。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

金魚も、大切な家族

kingyo180410-1.jpg
(金魚の金ちゃんも、大切な家族の一員・・・2018年4月10日、千葉・鎌ケ谷にて)



最近、金魚の水槽の濾過機がうまく回らない。
今朝もダメなので、水槽の蓋を開けてみたら、思わず絶句!
黒くどろどろとした苔みたいなのが、いっぱい漂っていて、
水草にもからみついている。

どおりで、濾過機が回らなかったはず。
一刻も早く水をきれいにしてあげなくちゃ。

なんとか水槽をきれいにして、琉金の金ちゃんを戻す。
澄んだ水の中で、つぶらな目をくりくりさせながら、
ゆらゆら優雅に泳ぐ姿に、ほっと胸をなでおろした。

買ったときは浅利くらいだったに、今では北寄貝くらいに大きくなって
ゆったりと泳ぐ姿に癒されている。
大切な家族の一員だ。


それにしても、朝に夕に金ちゃんを見ているのに、
異変に気がつかなかったなんて・・・自分のうかつさに落ち込む。
でも、元気でいてくれたから、よしとしよう。

金ちゃん、これからは気をつけるからね。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

桜フィナーレ、新宿御苑

kanzan180409-1.jpg
桜「関山(かんざん)」

(晩春を華やかに彩る桜。
「関山」が満開になれば、桜の季節もいよいよフィナーレ
・・・2018年4月9日、東京・新宿御苑にて)



kanzan180409-2.jpg
「関山」

(紅色八重のぽってりした花が、つい、
道明寺餅にみえてしまう!?)



kanzan180409-3.jpg
「関山」

(千駄ヶ谷門を入ってすぐの、芝生広場に咲き誇る「関山」。
開門と同時に滑り込んだせいか、ほんの束の間だけ人の姿がなく、
大木の全身を撮ることができた。奇跡的!)



ichihara_tora_no_o180409-1.jpg
「市原虎の尾」

(広大な御苑の中でたった一本だけ、桜園地に咲く貴重な桜)




ichihara_tora_no_o180409-2.jpg
(花は、白色中輪八重)




kenrokuen_kiku_zakura180409-2.jpg
「兼六園菊桜」

(この桜も、ずっと観てみたかった。
なんて、かわいい桜)


kenrokuen_kiku_zakura180409-3.jpg
「兼六園菊桜」

(ガイドブックによれば、
金沢の兼六園に国の天然記念物に指定された原木があった、とのこと。
この桜も、桜園地から続く池の向かいにたった一本だけある)



kenrokuen_kiku_zakura180409-1.jpg
「兼六園菊桜」

(花は淡紅色で中心部は濃い、菊咲き)



baigoji_juzukake_zakura180409-2.jpg
「梅護寺数珠掛桜(ばいごじじゅずかけざくら)」

(この桜も写真でしか知らず、ずっと実物を観たいと思ってきた。
由緒ありげな名前といい、個性的な花姿といい、なんて魅力的)



baigoji_juzukake_zakura180409-3.jpg
「梅護寺数珠掛桜」

(花は淡紅色の菊咲きで、ひとつの花に100枚以上の
花弁をつけるという)



baigoji_juzukake_zakura180409-4.jpg
「梅護寺数珠掛桜」

(ガイドブックによれば、
新潟県京ヶ瀬村の梅護寺に国の天然記念物に指定された原木があった、とのこと)



baigoji_juzukake_zakura180409-1.jpg
「梅護寺数珠掛桜」

(本当に、ひとつひとつの花が愛らしくて、いつまでもみつめていたかった)



kanzashi_zakura180409-1.jpg
「簪桜(かんざしざくら)」

(名前のとおり、髷に挿したくなるような美しい桜。
花は薄い淡紅色の菊咲き)



kanzashi_zakura180409-3.jpg
「簪桜」

(この桜もたった一本、イギリス風景式庭園の大欅の
近くに咲く。
極めて貴重な存在と、ガイドブックにもある)


kanzashi_zakura180409-2.jpg
「簪桜」

(ガイドブックによれば、
宮城県塩釜市の塩竈神社に原木がある‘塩釜桜’に似ている、とのこと。

今日は風が強くて、なかなか思うように撮れなかった。
来年は、穏やかな日にゆっくり出合いたい)



kanzan180409-4.jpg
「関山」

(いよいよ桜も見納め。
そう思うと寂しくなるが、今年もさまざまな桜に出合えたことに感謝。
桜さん、ありがとう~!)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

桜花賞馬、アーモンドアイ

hyakkasen170414-1.jpg
牡丹「百花撰」

(華麗な牡丹に、吸い込まれそう・・・。

※写真は、2017年4月14日、東京・上野東照宮「ぼたん苑」にて)



今日は風も収まり、麗らか。
気になっていた庭仕事を、片っ端から片づけた。

つんつん伸び始めた色々な百合を支柱にゆわえ、梅、雪柳の剪定。
物置で芽を出していたじゃがいもを土に埋め、菫を移植。
じゃがいもには、埋める予定がなかったので困った。
結局、枝豆を蒔く予定だった最後の空きスペースに埋めるしかなかった。
枝豆はどこに撒こう。

なかなか予定通りにはいかないもの。
ま、いいか。
そのうち、落ち着くところに落ち着くはず。

気がつけば、桜花賞の発走時刻。
応援馬券を買っておいたアーモンドアイが、ライラックもリリーも蹴散らして
ミスターシービーのような末脚を繰り出して圧勝。

だれかに、猫のさくらの目が「アーモンドアイね」と言われたことが、
頭の方隅に残っていたこともあってか、
大好きだったアパパネと同じ厩舎だったせいか、
応援せずにいられなかった。

こうなったら、アパパネのように牝馬三冠を達成できますようにと願うばかり。

福島競馬では、そのアパパネの長男坊が一番人気で3着。
こちらは、ちと残念だったけど。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

新物トリオで、野菜スープ

hanakisoi170414-1.jpg
牡丹「花競(はなきそい)」

(そろそろ、春牡丹。

※写真は、2017年4月14日、東京・上野東照宮「ぼたん苑」にて)



朝食に欠かせない野菜スープのストックが、底をついたので、
スープ作り。
冷蔵庫にある野菜をチェックしたら、新にんじん、新キャベツ、新玉ねぎ。
うわぁ、全部、新物だ。
これで、新じゃががあれば完璧なんだけど。

全ての野菜を細かい角切りに刻んで、ずんどう鍋でことこと煮るだけ。
色々試行錯誤した結果、このスープをベースに、食べるときに味つけし、
トマトやブロッコリー、セロリ、カボチャ、コーンなどを加えるようになった。
追加する野菜によって味が変わるので、飽きない。

弱火で小一時間、甘い香りが漂う。
スープを味見してみたら、やはり甘い。
新物だけなので、ひときわフレッシュな甘さだ。

保存パックに詰めたら、十数個分。
冷凍庫の半分は占領されてしまった。
でも、私にとって野菜スープは命を繋ぐスープ。
大病から7年、スープのおかげもあって、元気でいられる。感謝。

なるべく早く、新じゃがも買いに行かなくっちゃ。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

白い桜、「鬱金(うこん)」

ukon170414-1.jpg
桜「鬱金(うこん)」

(晩春を彩る、白い桜。

※写真は、2017年4月14日、東京・上野、五條天神社にて)



ukon170414-3.jpg
桜「鬱金」



ukon170414-2.jpg
桜「鬱金」



毎日、何かしら季節の花をブログにアップするようにしている。
今日は、そろそろ咲いているはず(もう咲いているかな)の
晩春の白い桜「鬱金」にしようと思っていたら、
ラジオから「今日4月6日は、語呂合わせで‘白の日’」と聴こえてきた。
おぉ、なんとタイムリー!

「鬱金」は、新宿御苑で覚えた桜。
クリームがかった白い花が、なんとも優雅。
昨年、上野で満開の樹に出合えたときは、とても感激した。
今年は、どっちで観られるかなぁ。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

スイートピーも、紫系

sweet_pea170507-2.jpg
(スイートピーも、紫系に惹かれる。

※写真は、2017年5月7日、千葉・八千代、京成バラ園にて)



sweet_pea170507-1.jpg
(今年も観られるかな)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

カルボナーラ風、春キャベツパスタ

asparagus180404-1.jpg
(十年以上も毎年出てくる、アスパラガス。
早速、ランチに変身しましたぁ…2018年4月4日、
千葉・鎌ケ谷にて)



なんちゃって菜園のアスパラガスコーナーに、今年も新物が顔を出した。
まだ三、四本だけど、今日のお昼はアスパラガスを入れた
パスタが食べたくなった。
ちょうど、春キャベツも買ったばかり。

新玉ねぎ、春キャベツ、そしてアスパラも食べやすい大きさに切って、
スモークチキンのスライスと一緒に、オリーブ油をひいたフライパンで
鷹の爪、にんにくパウダー、チキンブイヨン、塩、こしょうと手早く炒めた。

茹で上がったパスタを加え、茹で汁も少し加えて、
火を止めてから溶き卵をからめれば出来上がり。

玉ねぎもキャベツもアスパラも、柔らかくて甘く、春の味。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

猫のさくら、菜園チェ~ック

sakura180404-1.jpg
(陽気につられて、さくらもよく庭に出るようになってきた。
今朝は、なんちゃって菜園をチェ~ック?!
・・・2018年4月4日、千葉・鎌ケ谷にて)



sakura180404-2.jpg
(ラディッシュの育ち具合はどうかにゃ?@さくら)



sakura180404-3.jpg
(ほうれん草や春菊も伸びてきたにゃ@さくら)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

燕、鶯、利根運河

nanohana180403-1.jpg
(予想どおり、桜はほとんど散ってしまい、土手は菜の花の盛り
・・・2018年4月3日、千葉・流山、利根運河にて)



kamo180403-1.jpg
(初夏のような陽気に、鴨さんたちも、まったり)



sagi180403-1.jpg
(白鷺さんは、気持ちよさそうに水の中)



桜吹雪の舞い散る土手を歩いていくと、
あちらからも、こちらからも鶯の鳴き声。
姿は見えねど、透き通った美声が運河の水に乗って流れてくる。

と、いきなり黒くて小さな鳥が目の前を横切った。
あっ、燕!
今年もここで出合えた。

いよいよ、自然は初夏へと模様替え。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

自然の循環に、感動

beniyutaka170414-1.jpg
桜「紅豊(べにゆたか)」

(そろそろ咲き始める頃かな。

※写真は、2017年4月14日、東京・上野、不忍池にて)



今日もお天気が良いので、半日庭仕事。
こんなに晴が続くのは珍しく、しかも桜満開の時期と重なるのは
なかなかないらしい。
どおりで、今年は何回も花見に行けたはずだ。

桜に浮かれている間に、庭はすっかり初夏へ。
球根類はすっかり花が終わったので、お礼肥をあげて、と。

大小さまざまな百合が芽吹いてきたので、支柱も立てた。
といっても、今は踏みつけないように目印として。
太い芽には太い支柱を、細い芽には細い支柱を挿した。
茎が伸びてきたら、次はひもでゆわえて。

百合は手間がかかるけど、咲いたときの美しさを思えば、
なんてことはない。

一通り草むしりをして、最後は、いつもの残菜埋め。
空き地に穴を掘り、野菜くずや玉子の殻を埋めた。
ひと月もすれば、すっかり土に還り、掘り返すと玉子の殻で分かる。
自然のみごとな循環には、感動するばかり。

その土が花や野菜をよく育ててくれるのだから、ありがたい。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

 | HOME |  » ▲ page top