FC2ブログ

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

梅雨ならではの楽しみ

ajisai180528-1.jpg
(花びらが丸い、おたふく紫陽花。愛嬌のある、かわいい紫陽花
…2018年5月28日、東京・葛飾、堀切にて)



今日で5月も終わり、いよいよ明日から6月。
梅雨入りも間近い。
すっきりしない雨続きの日が始まるけど、
植物には恵みの雨。

ミニトマトは日に日にふくらみ、朝顔はつるを伸ばし、
紫陽花は色づき、百合は開き始めることだろう。
梅雨ならではの楽しみを味わいたい。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

梅雨の花色、紫露草

murasaki_tuyukusa180528-1.jpg
(赤紫の紫露草を見つけた。
紫、青紫、白、と、花菖蒲や紫陽花と同じように、やはり梅雨時の花色になっている
…2018年5月30日、東京・葛飾、堀切にて)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

木の丈は変われど、デュランタ

duranta180528-1.jpg
(堀切菖蒲園に向かう道沿いにある、デュランタ。
今年も涼やかな花を咲かせていた…2018年5月28日、東京・葛飾、堀切にて)


duranta180528-2.jpg
(昨年までは、はるか見上げるほどだった木が、
今年はバッサリ、半分になっていた。
それでも、花の美しさは相変わらず!)



昨夜、テレビから流れた、競馬に関わるショッキングなニュースに、
言葉がなかった。
あの人が、馬をあれほど大切にしてくれていた、あの人が・・・。

木も、人も、何もかも、変わらないものはない、ことをしみじみ・・・。
歳月は、良くも悪くも、変えていくものなのだろうか。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

花菖蒲あでやかに、堀切菖蒲園

banri_no_hibiki180528-2.jpg
「万里の響(ばんりのひびき)」 <江戸古花>

(まるで花束のように、びっしり花をつけていた
・・・2018年5月28日、東京・葛飾、堀切菖蒲園にて)




四日ぶりに訪ねた堀切菖蒲園は、花がさらに咲き進み、
五、六分咲きといったところ。
紫、赤紫、青紫、青、白、桃と色とりどりの花菖蒲が、
あでやかに咲き競っている。

初めてみる花もあって、新たな出合いに心躍る。
まだまだ、つぼみの株もいっぱいあり、これからが本番。
次に訪ねたときには、どんな花に出合えるか楽しみは尽きない。



banri_no_hibiki180528-3.jpg
「万里の響」



ai_zoushi180528-1.jpg
「藍草紙(あいぞうし)」 <肥後系>



ai_zoushi180528-2.jpg
「藍草紙」



miyako_no_tatumi180528-1.jpg
「都の巽(たつみ)」 <江戸古花>



touksa_sen180528-1.jpg
「桃花仙(とうかせん)」 <肥後系>



hanasyoubu180528-4.jpg
「玉津島」 <肥後系>



ayasegawa180528-1.jpg
「綾瀬川」 <江戸系>



niji_no_tomoe180528-1.jpg
「霓の巴(にじのともえ)」 <江戸古花>



hanasyoubu180528-7.jpg




hanasyoubu180528-2.jpg



kakujyaku_rou180528-1.jpg
「鶴鵲楼(かくじゃくろう)」 <江戸古花>



kakujyaku_rou180528-2.jpg
「鶴鵲楼」 



tennyo_no_kanmuri180528-1.jpg
「天女の冠(かんむり)」 <江戸古花>



hanasyoubu180528-9.jpg




kokuryuu_no_tume180528-1.jpg
「黒竜の爪」 <江戸古花>



karyou_hinga180528-1.jpg
「迦陵頻伽(かりょうひんが)」 <江戸古花>



narumi_shibori180528-1.jpg
「鳴海絞り」 <江戸系>



nagaragawa180528-1.jpg
「長良川(ながらがわ)」 <江戸古花>



suiei180528-1.jpg
「翠映(すいえい)」 <江戸系>



goko_no_asobi180528-1.jpg
「五湖の遊(ごこのあそび)」 <江戸古花>



goko_no_asobi180528-2.jpg
「五湖の遊」 



ryouseki180528-1.jpg
「涼夕(りょうせき)」 <肥後系>



hanasyoubu180528-6.jpg



yuujyo_no_sugata180528-1.jpg
「遊女の姿」 <江戸古花>



aoimaturi180528-1.jpg
「葵祭(あおいまつり)」 <江戸系>



hanasyoubu180528-10.jpg



hanasyoubu180528-5.jpg
「追風(おいかぜ)」 <江戸系>



houou_kan180528-1.jpg
「鳳凰冠(ほうおうかん)」 <江戸系>




hanasyoubu180528-1.jpg



jyakago_no_nami180528-1.jpg
「蛇籠(じゃかご)の波」 <江戸古花>



daremachi_bana180528-1.jpg
「誰待花(だれまちばな)」 <肥後系>



daremachi_bana180528-2.jpg
「誰待花」 



urayasu_no_mai180528-1.jpg
「浦安の舞」 <江戸古花>



sakura_jishi180528-1.jpg
「桜獅子」 <伊勢系>



mizu_no_hikari180528-3.jpg
「水の光」 <江戸古花>



mizu_no_hikari180528-5.jpg
「水の光」



mizu_no_hikari180528-2.jpg
「水の光」



itako_no_yume180528-1.jpg
「潮来の夢」 <江戸古花>




shima_syoubu180528-1.jpg
「縞菖蒲(しましょうぶ)」 <江戸古花>



sakuragawa180528-1.jpg
「桜川」 <江戸古花>



kamata_nishiki180528-1.jpg
「鎌田錦」 <江戸古花>



cyousei_den180528-1.jpg
「長生殿(ちょうせいでん)」 <江戸古花>




tenkuu180528-1.jpg
「天空(てんくう)」 <江戸古花>



kansei180528-1.jpg
「寛政」 <江戸古花>



shin_kiyotaki180528-1.jpg
「新清滝」 <伊勢系>



jyanome_gasa180528-1.jpg
「蛇の目傘」 <江戸古花>



hanasyoubu180528-3.jpg





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村


見るのも、食べるのも楽しみ、ミニトマト

tomato180527-1.jpg
(ミニトマト。花が咲き、実がなって、少しずつ大きくなって、やがて赤くなる。
小さな命が、愛おしい…2018年5月27日、千葉・鎌ケ谷にて)



tomato180527-2.jpg
(誰に教わったわけでもないのに、ちゃんと丸くなる。かわいい)



ベランダのプランターに植えたミニトマト4本のうち、早くも1本が手すりに届いた。
あとのも、時間の問題。
脇芽も伸び始めたので、なんちゃってファーマーは、誘引作業におおわらわ。
って、ほどじゃないけど・・・。

真夏のベランダが、ミニトマトのカーテンになって、
緑の中に赤い実が顔をのぞかせる日が待ち遠しい。
もちろん、摘まんで食べるのも楽しみ。

その日のために、水やり、肥料やり、を、せっせ、せっせ。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ワクワク、朝顔の夏

ajisai180523-1.jpg
(白い紫陽花は、清楚…2018年5月26日、千葉・鎌ケ谷にて)



昨日、用事のついでに寄った花屋さんで、朝顔の苗を見つけてしまった。
今年は、種を蒔いたので買わないでおこうと思っていたが、無理。
結局、絞りの大輪を2色(紫、桃)、桔梗咲き2色(紫、桃)、
白いふちどりの曜白を3色(紫ふたつ、青、桃)、〆て8ポット。

今日はさっそく植え付け。
くもり空で風もなく、暑さもほどほどで、絶好のガーデニング日和。
階段に大鉢を並べた朝顔コーナーに、仲間入り。
22日に種を蒔いた大輪朝顔は、ピョコピョコ、顔を出し始めた。
まだ4日目というのに、早すぎっ!

支柱もしっかり立てて、準備完了。
この夏は、色とりどりの朝顔が楽しめるかな。
想像するだけで、ワクワクしてくる。

みんな、がんばって花を咲かせてね~っ!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

蛍袋から、蜂が

hotaru_bukuro180525-1.jpg
(蛍袋を眺めていたら、大きな丸っこい蜂が花の中から出てきて、びっくり。
蛍が出てきたら、もっと、びっくり?!…2018年5月25日、千葉・鎌ケ谷にて)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

紫陽花の径、堀切

ajisai180524-2.jpg
(堀切菖蒲園に続く、紫陽花の径。
さまざまな色と形の紫陽花が楽しめる・・・2018年5月24日、東京・葛飾、堀切にて)



ajisai180524-3.jpg



ajisai18052406.jpg



ajisai180524-4.jpg



ajisai180524-5.jpg





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

花菖蒲の季節に、堀切菖蒲園

aioi180524-1.jpg
(今年も、花菖蒲の季節が巡ってきた
…2018年5月24日、東京・葛飾、堀切菖蒲園にて)



hanasyoubu180524-2.jpg
「鶴鵲楼(かくじゃくろう)」 <江戸古花>



hanasyoubu180524-4.jpg



haruno_umi180524-1.jpg
「春の海」 <江戸系>



haruno_umi180524-2.jpg
「春の海」



sakura180524-1.jpg
「さくら」 


sakura180524-2.jpg
「さくら」 


oikaze180524-1.jpg
「追風(おいかぜ)」 <江戸系>



aioi180524-2.jpg
「相生(あいおい)」 <江戸系>



aioi180524-3.jpg
「相生(あいおい)」 



horikiri_no_yume180524-1.jpg
「堀切の夢」 <江戸系>



horikiri_no_yume180524-3.jpg
「堀切の夢」



horikiri_no_yume180524-2.jpg
「堀切の夢」



hanasyoubu180524-5.jpg




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

茱萸(ぐみ)、色づく

gumi180523-1.jpg
(お隣さんから伸びてきた、茱萸<ぐみ>が、赤く色づいた。
毎朝、小鳥たちがついばみにやってくる…2018年5月23日、千葉・鎌ケ谷にて)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

庭も、夏への衣替え

asagao170821-1.jpg
朝顔「残月」

(この夏も、朝顔をたくさん咲かせたい。

※写真は、2017年8月21日、千葉・鎌ケ谷にて)



今日は朝からピーカンの青空。
明日から雨なんて、うそみたい。

なんちゃって菜園&ガーデンも夏に衣替え。
盛りの過ぎた青菜類を抜いて、ミニトマトやピーマンの根元に敷いた。
敷き藁代わりになって、乾燥を防いでくれるし、
そのうち土に還って、いい肥料になるし、といいこと尽くし。
自然の巡り合わせは、ほんと無駄がない。

青菜類の後には、枝豆の種まき。
採れたての枝豆は、最高。
ビールがひときわおいしくなる。
鳩さんが掘り返すというので、入念に枯れ枝でガードして。

ベランダのラベンダーも、そろそろ終わり。
今年は朝顔を咲かせたいので鉢を移動して、
別の大鉢に、大輪朝顔を種まき。
さて、さて、種袋の写真のようなみごとな朝顔が咲くか、どうか。
七月になったら、入谷の朝顔市の鉢も仲間入りの予定。

うんざりするような真夏の暑さも、朝顔と百合のおかげで
涼しく過ごせる。

ベランダには、大小さまざまな菊の鉢も並べた。
どれもスクスク育って、こんもりしてきた。
どんな菊が咲くか咲いてみるまで分からないけど、菊もいい。
早くも秋への準備も万端?!

ひとしきり庭仕事が終わったら、首に巻いたタオルもシャツも
汗でぐっしょり。
お昼に食べたそうめんの、なんとおいしかったこと。
薬味は、庭で摘んだ青紫蘇もたっぷりと。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

百合開く、シュガーラブ

yuri180522-1.jpg
透かし百合「シュガーラブ」

(今年初めての百合が、ぽっかりと咲いた・・・2018年5月22日、千葉・鎌ケ谷にて)



朝、カーテンを開けたら、透かし百合の「シュガーラブ」が、
ほころび始めているのを発見!
真っ白な花の中から、ほんのりピンクがのぞいている。
小さいけど、名前のとおりかわいい百合だ。

朝食を終えて、また庭に目をやったら、
ラブちゃんがぽっかりと開いている。
今年初めての百合。
瑞々しい花姿に、感動した。

鉄砲百合、ピンクの鉄砲百合、山百合、鹿の子百合、
マレロ、ル・レーヴ、マルコ・ポーロ、スターゲザー、
カサブランカ、そばかすカサブランカ、イエローカサブランカ。

ほかの百合たちも、つぼみをつけ始めていたり、
つぼみが膨らみ始めていたり。
これから、暑い夏に向けて花開き、
ちょっぴり涼しさを漂わせてくれるに違いない。

夏生まれの私にとって、真夏に咲く百合は
特別に愛おしく思える。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

お気に入り、赤紫の石竹

sekichiku180521-1.jpg
(赤紫の色が気に入って大切に育てている、石竹。
今年もちゃんと咲き始めた…2018年5月21日、
千葉・鎌ケ谷にて)



sekichiku180521-2.jpg
(春に鉢から庭に下ろしたせいか、よく茂り花数も増えた。
まだまだつぼみもあるので、しばらくは楽しめそう)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

さらに薔薇香る、京成バラ園

pashmina180520-1.jpg
フロリバンダ ローズ(中輪、四季咲き)
「パシュミナ」 <2008年、ドイツ・コルデス>

(一週間ぶり、今年三度目に訪れたバラ園は、ますます花盛り。
遅咲きの薔薇も咲き揃って、広大な園内は薔薇の香りでむせかえるよう
・・・2018年5月20日、千葉・八千代、京成バラ園にて)



pashmina180520-2.jpg
「パシュミナ」



pashmina180520-3.jpg
「パシュミナ」



pashmina180520-4.jpg
「パシュミナ」



shiun_cl180520-1.jpg
「つる紫雲」 <1984年以降>



scented_air180520-1.jpg
フロリバンダ ローズ(中輪、四季咲き)
「センティッド エアー」 
<2010年、オランダ:インタープランツ>



scented_air180520-2.jpg
「センティッド エアー」 

※花名は、‘香りに満ちた空間’の意味



scented_air180520-3.jpg
「センティッド エアー」 



scented_air180520-4.jpg
「センティッド エアー」 



veilchenblau180520-1.jpg
ランブラー ローズ(つる、一季咲き)
「ハイルヘンブラウ」 <1909年、ドイツ:Schmidt>



shinoburedo180520-1.jpg
フロリバンダ ローズ(中輪、四季咲き)
「しのぶれど」 <2006年、日本:京成バラ園芸:武内俊介>



perennial_blue180520-1.jpg
クライミング ローズ(つる)
「ペレニアル ブルー」 <2008年、ドイツ:タンタウ>



perennial_blue180520-2.jpg
「ペレニアル ブルー」





amethyst_babylon180520-1.jpg
クライミング ローズ(つる)
「アメジスト バビロン」 <2013年、オランダ:インタープランツ>



framboise_vanille180520-1.jpg
クライミング ローズ(つる)
「フランボワーズ バニーユ」
<2010年、フランス:メイアン>



princess_may180520-1.jpg
ハイブリッド パーペチュアル ローズ(さまざまなオールドローズの交配種)
「プリンセス メイ」 <1893年、イギリス:Paul>



jasmina180520-1.jpg
クライミング ローズ(つる)
「ジャスミーナ」 <2005年、ドイツ:コルデス>



jasmina180520-5.jpg
「ジャスミーナ」 



pierre_de_ronsard180520-1.jpg
クライミング ローズ(つる)
「ピエール ドゥ ロンサール」 <1986年、フランス:メイアン>

※花名は、「バラの詩人」と呼ばれた、16世紀フランス詩人の名前から



scepterd_isle180520-1.jpg
シュラブ ローズ(半つる)
イングリッシュ ローズ「セプタード アイル」
<1996年、イギリス:デビッド オースチン>



qyeen_mother180520-1.jpg
フロリバンダ ローズ(中輪、四季咲き)
「クイーン マザー」 <1998年、ドイツ:コルデス>



raubritter180520-1.jpg
シュラブ ローズ(半つる)
「ローブリッター」 <1936年、ドイツ:コルデス>



lovely_meilland180520-1.jpg
シュラブ ローズ(半つる)
「ラブリー メイアン」 <2000年、フランス:メイアン>



yumeka180520-3.jpg
フロリバンダ ローズ(中輪、四季咲き)
「夢香」 <2007年、日本:京成バラ園芸・武内俊介>



bony180520-1.jpg
クライミング ローズ(つる)
「ボニー」 <1998年、ドイツ:コルデス>



hans_gonewein180520-1.jpg
フロリバンダ ローズ(中輪、四季咲き)
「ハンス ゲーネバイン」 <2009年、ドイツ:タンタウ>

※花名は、著名なバラ園芸家の名前から



hans_gonewein180520-2.jpg
「ハンス ゲーネバイン」



history180520-1.jpg
ハイブリッド ティー ローズ(大輪、四季咲き)
「ヒストリー」 <2003年、ドイツ:タンタウ>



bailando180520-1.jpg
フロリバンダ ローズ(中輪、四季咲き)
「バイランド」 <2008年、ドイツ:タンタウ>



bailando180520-2.jpg
「バイランド」



alexandra_of_kent180520-1.jpg
シュラブ ローズ(半つる)
イングリッシュ ローズ 「アレキサンダー オブ ケント」
<2008年、イギリス:デビッド オースチン>



alexandre_of_kent180520-2.jpg
「アレキサンダー オブ ケント」



acropolis_romantica180520-1.jpg
フロリバンダ ローズ(中輪、四季咲き)
「アクロポリス ロマンティカ」 
<2005年、フランス:メイアン>



acropolis_romantica180520-3.jpg
「アクロポリス ロマンティカ」



acropolis_romantica180520-2.jpg
「アクロポリス ロマンティカ」



acropolis_romantica180520-4.jpg
「アクロポリス ロマンティカ」



netsujo180520-1.jpg
ハイブリッド ティー ローズ(大輪、四季咲き)
「熱情」 <1993年、日本:京成バラ園芸、平林浩>



magnetic_eyes180520-1.jpg
クライミング ローズ(つる)
「マグネティック アイズ」 <2014年、イギリス:ディクソン>

※花名は、‘魅惑的なまなざし’の意味



benjamin_britten180520-1.jpg
シュラブ ローズ(半つる)
イングリッシュ ローズ「ベンジャミン ブリテン」
<2002年、イギリス:デビッド オースチン>


wildeve180520-1.jpg
シュラブ ローズ(半つる)
イングリッシュ ローズ 「ワイルド イヴ」 
<2004年、イギリス:デビッド オースチン>



umilo180520-1.jpg
シュラブ ローズ(半つる)
「ウーメロ」 <1996年、フランス:メイアン>



william_moris180520-1.jpg
シュラブ ローズ(半つる)
イングリッシュ ローズ「ウィリアム モリス」
<1998年、イギリス:デビッド オースチン>




ryokko180520-1.jpg
フロリバンダ ローズ(中輪、四季咲き)
「緑光(りょっこう)」 
<1991年、日本:京成バラ園芸・鈴木省三>



ryokuen180520-1.jpg
(バラ園の奥には、緑あふれる庭園が広がる)



6時の早朝開園には間に合わなかったが、それでも7時過ぎからお昼前まで、
むせかえるほどの薔薇の香りの中を歩き回った。
ランチは、バラ園の奥につながる、いつもの緑の庭園で。

梢からはウグイスのさえずり、
足元を流れる小川にはせせらぎの音。
風にのって、薔薇の甘い香り。

最高のランチタイムになった。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

夏野菜、スクスク

jyagaimo180519-1.jpg
(じゃがいもの花が咲きだした。
埋めたのが、メークインだったか?男爵だったか?
…2018年5月19日、千葉・鎌ケ谷にて)


jyaygaimo180519-2.jpg
(よく見ると、薄紫と白の絞りになっている。おしゃれ~!
ネットで調べてみたら、どうもメークインのよう。
土の下では、おいもがスクスク育っているかな?!)





tomato180519-1.jpg
(ミニトマトは実り始めた。緑の真珠みたいで、かわいい!
これは、たぶん「プチぷよ」。柔らかくて甘い)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

デュランタ、涼し気

duranta170531-1.jpg
(青紫のデュランタの花が、なんとも涼し気。

※写真は、2017年5月31日、東京・葛飾、堀切にて)



sakura180518-2.jpg
(猫のさくらがまた、ノートパソコンの上に乗るようになった。
丸くなって寝るようになったら、ど、どうしよう
…2018年5月18日、千葉・鎌ケ谷にて)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

つる薔薇は、40年近いつきあいに

rose180517-1.jpg
(40年近いつきあいになる、ピンクのつる薔薇。
花の直径を測ってみたら、7センチ以上あった
・・・2018年5月17日、千葉・鎌ケ谷にて)



sakura180517-1.jpg
(猫のさくらとは、12年のつきあい)


sakura180517-2.jpg
(これからも、一年でも長くつきあえますように!)



今年も、淡いピンクのつる薔薇が咲き始めて
庭を明るくしている。
ここへ越して来たときに頂いた薔薇だから、
もう40年近いつきあいになるのか・・・。

庭の片隅に植えて以来、伸びすぎたシュートを切るくらいで、
手入れはほとんどしたことがない。
病気にもならず、虫にもくわれず、毎年咲いてくれる
ほんと、ありがたい薔薇だ。

今年は特に花つきがよく、花も大きいような気がする。
直径を測ってみたら、どれも7センチ以上あった。
まだまだつぼみもたくさんあるので、しばらくは楽しめそう。

ただ残念なのは、名前が分からないこと。
薔薇図鑑などで色々調べてみたが、同じような花は見当たらない。
いっそ、好きに名付けちゃおうかな。
愛猫さくらにちなんで、‘ロサ サクラ’なんて。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ミニバラも、好き

rose180515-1.jpg
(大輪の薔薇も魅力的だけど、かわいいミニバラも好き
・・・2018年5月15日、千葉・鎌ケ谷にて)


rose180515-5.jpg
(先日仲間入りした、ミニバラ。サーモンピンクがいい)



rose180515-2.jpg
(プレゼントされたミニバラ。赤もすてき)



rose180515-3.jpg
(ピンクのバラも、かわいい)



多彩な色と形で魅了される薔薇。
でも、育てるのは大変そう。
そこで、みごとな薔薇はバラ園で楽しむことにして、
もっぱら、手軽に育てられるミニバラを手元に置いている。

小さくても、どれも、きちんと薔薇の形をしているミニバラ。
とても、かわいい。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

旨いアラ炊き、鯛めし

murasaki_tuyukusa180515-1.jpg
(紫露草の青花が、今年も咲き始めた
…2018年5月15日、千葉・鎌ケ谷にて)



花鯛、二段活用。
昨夜の薄造りに続き、今夜は、鯛めし。

炊く数時間前に米を研ぎ、出し昆布と一緒に土鍋にひたしておく。
炊く一時間前くらいに、冷蔵しておいた花鯛のアラに軽く塩を振り、
身を香ばしくするために、魚焼きグリルで焼く。

土鍋から昆布を取り出し、めんつゆを適量入れて、米とよく混ぜる。
そこへ、焼いたアラを並べ、その上に取り出しておいた昆布をかぶせて、
ガスのスイッチオン。

強火で火にかけて、吹いてきたら弱火にして15分くらい。
ご飯が炊けたのを確認したら、最後にやや強めで数分、おこげをつくる。

炊きあがったら、すぐに昆布とアラを取り出し、アラから身を分けて、
身だけ再び土鍋へ。
その間に、ご飯がほどよく蒸らせる。

さっくりと混ぜれば、鯛めしの出来上がり。
ほどよくおこげもできていて、香ばしい。

土鍋めしは、炊飯器と違って目が離せないのが困るけど、
できあがりのおいしさは格別。
これからも、季節ごとに、鯵めし、鰯めし、秋刀魚めし、と色々作れそう。
でも、鯛の旨さは、やはり格別だ。

次は、どんな鯛料理にしてみようかな。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

もう咲いた、白い紫陽花

ajisai180515-1.jpg
(紫陽花が早くも咲いた…2018年5月15日、
千葉・鎌ケ谷にて)



ajisai180515-2.jpg
(純白の花束のよう・・・)



挿し木して二年目。鉢植えから土に下ろして一年目。
実家から枝をもらってきた白い紫陽花が、早くも一輪だけ咲いた。
庭植えにしたせいか、今年はつぼみもたくさんつけて、
咲くのが楽しみだったけど、もう、咲くとはびっくり。

紫陽花も、桜、牡丹、薔薇などと同様に
今年は開花が早まっているようだ。
花好きには、慌ただしくて落ち着かない。

もう少し、ゆっくり咲いてくれないかなぁ。








にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

まったり甘い、花鯛の薄造り

hanasyoubu170531-3.jpg
「翠映(すいえい)」 <江戸系>

(そろそろ、花菖蒲も観に行きたい。

※写真は、2017年5月31日、東京・葛飾、堀切菖蒲園にて)



久しぶりに出かけた、近所のスーパー。
メモを片手に買わなくちゃいけないものを買って、
さて、やっぱり、鮮魚コーナーは素通りできない。

そこで、いきなり、型のいい花鯛を見つけてしまった。
それも、二尾。
エイ、とばかり、買い物かごに入れて、
うろことワタを取ってもらって、帰る。

鯛めしもいいか、と思ったが、やはり、生で食べたい。
出刃を握りしめ、三枚におろし、薄造りにして、
庭で摘んだ紫蘇の葉を敷き詰めた大皿に並べる。

アラは、明日、鯛めしに。
お造りにするときに出た腹骨や皮は、アラ汁にして、
やはり庭で摘んだ三つ葉を吸い口に、食事の締めに。

相変わらず、ぶちゃいくなお造りになったけど、味は最高。
まったり甘くて、わさび醤油が効く。
アラ汁も、いい味が出て心身ともにあったまった。

猫のさくらにも、もちろん、お裾分け。
三枚におろした身を、専用のプレートで焼いて。

明日も味わえると思うと、鯛も、決して高嶺の花じゃない。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

雨上がりの朝に

sakura180514-1.jpg
(雨も上がり、さくらは朝の見回り中…2018年5月14日、千葉・鎌ケ谷にて)



linaria180514-1.jpg
(宿根リナリアも、たっぷり雨粒をまとって)



linaria180514-2.jpg
(強風にあおられ、大雨に打たれ、それでもしなやかに咲き続ける)



roberia180514-1.jpg
(ベランダのロベリアも、雨に濡れている)



roberia180514-2.jpg
(ロベリアも、今、花盛り)



rose180514-1.jpg
(サーモンピンクのミニバラも咲き始めた。
小さくても、ちゃんと薔薇の形をしている)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

いい匂い、イカ入り葱焼き

horikiri_no_yume170531-1.jpg
花菖蒲「堀切の夢」 <江戸系>

(※写真は、2017年5月31日、東京・葛飾、堀切菖蒲園にて)



今日は、朝からどんより。
昨日のバラ園疲れもあって、いまいち、動きが鈍い。
夕飯は簡単にしよう。
で、でも、やっぱりおいしいのがいいなぁ。

ということで、食材のストックを頭の中でシュミレーション。
冷凍のイカの一夜干し(八戸産)、昨日買った万能葱が
す、すーっと浮かぶ。
そうだ、葱焼きにしよう!

イカを解凍し、細めの千切りにして、葱はみじん切り。
小麦粉、水、玉子でベースをつくり、そこへイカと葱を加えて
塩、胡椒して、よく混ぜる。

温めたフライパンにごま油をひき、お玉でネタを広げ、
弱目の火でじっくり、表裏を焼いて出来上がり。
イカと葱の、食欲をそそるいい匂い。

熱々に、青のり、おかか、醤油をふりかけ、ぱくっ。
ビールに、ほんと、よく合う。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

花も香りもいっぱい、京成バラ園

condesa_de_sastago180512-2.jpg
薔薇「コンデサ デ サスタゴ」 <1932年、スペイン:Dot>

(一週間ぶりに訪れたバラ園は、さらに咲き進み、色とりどりの花と香りがいっぱい。
人出もいっぱい!・・・2018年5月12日、千葉・八千代、京成バラ園にて)



condesa_de_sastago180512-1.jpg
「コンデサ デ サスタゴ」



condesa_de_sastago180512-3.jpg
「コンデサ デ サスタゴ」



condesa_de_sastago180512-4.jpg
「コンデサ デ サスタゴ」



condesa_de_sastago180512-5.jpg
「コンデサ デ サスタゴ」



comtessa180512-1.jpg
「コンテッサ」 <2006年、ドイツ:タンタウ>



jubilee_celebration180512-1.jpg
イングリッシュ ローズ 「ジュビリー セレブレーション」
<2002年、イギリス:デビッド・オースチン>

※花名は、エリザベス女王陛下即位50周年を記念して命名された



jubilee_celebration180512-2.jpg
「ジュビリー セレブレーション」



kaoruno180512-1.jpg
「薫乃」 <2008年、日本:京成バラ園芸・武内俊介>



baby_romantica180512-1.jpg
「ベビー ロマンティカ」 <2003年、フランス:メイアン>



baby_romantica180512-2.jpg
「ベビー ロマンティカ」



baby_romantica180512-3.jpg
「ベビー ロマンティカ」



kaikyo180512-1.jpg
「快挙」 <2011年、日本:京成バラ園芸・武内俊介>



caffe_latte180512-1.jpg
「カフェ ラテ」 <2005年、オランダ:デルイター>



caffe_latte180512-2.jpg
「カフェ ラテ」



caffe_latte180512-3.jpg
「カフェ ラテ」



blanc_pierre_de_ronsard180512-1.jpg
「ブラン ピエール ドゥ ロンサール」 <2005年、フランス:メイアン>



blanc_pierre_de_ronsard180512-3.jpg
「ブラン ピエール ドゥ ロンサール」



blanc_pierre_de_ronsard180512-2.jpg
「ブラン ピエール ドゥ ロンサール」



rainy_blue180512-1.jpg
「レイニー ブルー」 <2012年、ドイツ:タンタウ>



rainy_blue180512-3.jpg
「レイニー ブルー」



rainy_blue180512-2.jpg
「レイニー ブルー」



le_comte_fersen180512-1.jpg
「フェルゼン伯爵」 <2009年、フランス:メイアン>



le_comte_fersen180512-4.jpg
「フェルゼン伯爵」



le_comte_fersen180512-2.jpg
「フェルゼン伯爵」
 


lavender_pinocchio180512-1.jpg
「ラベンダー ピノキオ」 <1948年、Boerner>



secret_perfume180512-1.jpg
「シークレット パヒューム」 <2009年、アメリカ:J&P>



tom_wood180512-1.jpg
ハイブリッド パーペチュアル ローズ
「トム ウッド」 <1896年、Dickson>



blue_light180512-1.jpg
「ブルー ライト」 <1995年、日本:伊東良順>



purple_splash180512-1.jpg
「パープル スプラッシュ」



yumeka180512-1.jpg
「夢香」 <2007年、日本:京成バラ園芸・武内俊介>



yumeka180512-7.jpg
「夢香」



yumeka180512-3.jpg
「夢香」



yumeka180512-4.jpg
「夢香」



yumeka180512-5.jpg
「夢香」



yumeka180512-6.jpg
「夢香」



yumeka180512-8.jpg
「夢香」



hp_rose180512-1.jpg
(さまざまなオールドローズの交配によって生まれた
「ハイブリッド パーペチュアル」の薔薇たち)



champion_of_the_world180512-1.jpg
ハイブリッド パーペチュアル ローズ
「チャンピオン オブ ザ ワールド」
<1894年、Woodhouse>



orchid_romance180512-1.jpg
「オーキッド ロマンス」 <2011年、フランス:メイアン>



othello180512-1.jpg
イングリッシュ ローズ「オセロ」
<198年、イギリス:デビッド・オースチン>


intrigue180512-1.jpg
「イントゥリーグ」 <1984年、アメリカ:J&P>



tuscany_superb180512-1.jpg
ガリカ ローズ
「タスカニー スパーブ」 <1850年以前>



damask_rose180512-1.jpg
(ダマスク ローズ)



raubritter180512-1.jpg
シュラブ ローズ
「ローブリッタ」 <1936年、ドイツ:コルデス>



raubritter180512-2.jpg
「ローブリッタ」



raubritter180512-3.jpg
「ローブリッタ」



fancy_ruffle180512-1.jpg
「ファンシー ラッフル」 <2015年、オランダ:インタープランツ>



r_damascena180512-1.jpg
ダマスク ローズ
「ロサ ダマッセナ」 <1560年以前>



r_damascena180512-2.jpg
「ロサ ダマッセナ」



history180512-1.jpg
ハイブリッド ティー ローズ(四季咲き大輪系)
「ヒストリー」<2003年、ドイツ:タンタウ>



ispahan180512-1.jpg
ダマスク ローズ
「イスパハン」 <1832年以前>



ispahan180512-2.jpg
「イスパハン」



yoru_no_shirabe180512-1.jpg
「夜の調べ」 <1956年、日本:京成バラ園芸・鈴木省三>






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

剪定して、気分もすっきり

kamobanri170524-1.jpg
花菖蒲「加茂万里(かもばんり)」 <江戸系>

(今年は、花菖蒲の見頃も早まるのかな。

※写真は、2017年5月24日、
東京・葛飾、堀切菖蒲園にて)


五日目にしてやっと雨があがり、朝からお日様ピカピカ。
気分も上昇。
太陽の光を浴びると、生き返った気持ちになる。

いい気分になったところで、
八つ手、青木、むくげ、つつじ、紫陽花などなど、
気になっていた玄関周りの植裁を剪定して、スッキリ。
風通しのよくなった植木を見ていたら、気持ちもすっきりした。

さ、明日は一週間ぶりに京成バラ園へ。
もう、遅咲きの薔薇も満開だったりして?!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

鶏鍋から雑炊へ

jubile_du_prince_de_monaco_170520-1.jpg
「ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ」 <2000年、フランス:メイアン>

(※写真は、2017年5月20日、千葉・八千代、京成バラ園にて)


連休が終わった途端、季節は逆戻り。
厚着をして、こたつをつけ。
夕飯もあったかいのがいいなぁ。

ということで思いついたのが、鶏の手羽中の鍋。
大ざるいっぱいに、春菊と芹を摘んで、鍋の御供に。

土鍋に鶏を入れ、たっぷり水をはり、コトコト煮て、
火が通ったら、塩、こしょう、料理酒を入れて、再びコトコト。
肉が柔らかくなったら、山のような春菊と芹を加えて、
火が通ったら、出来上がり。

昨夜は、よく煮えて骨からホロホロとはがれる鶏肉と
スープで味のしみた青菜で、体の芯からあったまった。

今日は、スープだけになった土鍋を見ていたら、
そうだ、お昼はこれで雑炊にしよう!
今日の御供は、小松菜。
ちょっと摘んだだけで、大ざるにあふれた。

数時間前にお米を鍋に入れて置き、たっぷり水分を吸ったら、
一気に強火にかけ、吹いてきたら、弱火にして、
細かく刻んだ小松菜を投入。

15分ほど煮て、お米が柔らかくなったのを確かめたら、
玉子を割り入れ、ざっくりと混ぜて、また10分ほど蒸らしてできあがり。

鶏のスープで炊いた雑炊は、肉なしでも、十分いいお味。
鶏鍋の翌日は雑炊、なんだか、定番になりそう!?






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

お日様が恋しい!

sopphi_de_marsitly170520-1.jpg
モス ローズ 「ソフィード マーシリー」 <1963年、フランス:Robert&Moreau>

(※写真は、2017年5月20日、千葉・八千代、京成バラ園にて)



もう三日連続で、雨、雨、それも冷たい雨。
気温も3月から4月並みという。
テンションは下がりっぱなし。

植えてまもない夏野菜の苗たちも、
風邪をひかないかと心配になる。

あぁ、お日様が恋しいよう!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

甘い香りに引き込まれ、京成バラ園

rose180505-1.jpg
(香料をとるための薔薇。
ワイルドな枝ぶりと甘い香りに引き込まれる
・・・2018年5月5日、千葉・八千代、京成バラ園にて)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

かわいい藤も、京成バラ園

fuji180505-2.jpg
(今年も、薄紫のボンボンみたいな藤を観ることができた
…2018年5月5日、千葉・八千代、京成バラ園にて)


fuji180505-1.jpg
(薔薇はもちろんだけど、実はこの藤を観るのも毎年の楽しみ)


fuji180505-4.jpg
(藤も、今年は開花が早い)


fuji180505-3.jpg
(楽しみにしていた名所の藤を観そびれてしまったが、
こうしてかわいい藤に出合えたことに、感謝)






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

グングン伸びる野菜たち

yasai180506-1.jpg
(プランターのセロリ、パセリ、バジルも茂り始めた
…2018年5月6日、千葉・鎌ケ谷にて) ※撮影協力:クロフネ号



日に日に、なんちゃって菜園の野菜たちもグングン育ってきて、
収穫におおわらわ?!
小松菜、春菊、芹、にらは、摘んでも摘んでも、後から後から伸びてきて
うれしい悲鳴。
毎日のように、山のような青菜を食べているので、気分は青虫さん。

プランターのハーブ類も、負けじと伸びて、今朝は、セロリ、パセリ、バジルを収穫。
セロリとパセリの茎は、細かく刻んで朝の野菜スープに煮込み、
パセリとバジルは、これも刻んで冷凍庫へ。
少しずつ、スープに散らして使う。

探していたコモンセージも、昨日、京成バラ園で見つけたので、近いうちに
なんちゃってハーブ園に仲間入り。
植えて間もないオレガノは、まだまだ小さいがそのうち伸びてくるだろう。

これで、バジル、パセリ、セージ、オレガノ、と四種のイタリアン・ハーブミックスが
作れる。
今年の夏も生ハーブで、暑さを乗り切れますように・・・。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

 | HOME |  » ▲ page top