FC2ブログ

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

鶏鍋から雑炊へ

jubile_du_prince_de_monaco_170520-1.jpg
「ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ」 <2000年、フランス:メイアン>

(※写真は、2017年5月20日、千葉・八千代、京成バラ園にて)


連休が終わった途端、季節は逆戻り。
厚着をして、こたつをつけ。
夕飯もあったかいのがいいなぁ。

ということで思いついたのが、鶏の手羽中の鍋。
大ざるいっぱいに、春菊と芹を摘んで、鍋の御供に。

土鍋に鶏を入れ、たっぷり水をはり、コトコト煮て、
火が通ったら、塩、こしょう、料理酒を入れて、再びコトコト。
肉が柔らかくなったら、山のような春菊と芹を加えて、
火が通ったら、出来上がり。

昨夜は、よく煮えて骨からホロホロとはがれる鶏肉と
スープで味のしみた青菜で、体の芯からあったまった。

今日は、スープだけになった土鍋を見ていたら、
そうだ、お昼はこれで雑炊にしよう!
今日の御供は、小松菜。
ちょっと摘んだだけで、大ざるにあふれた。

数時間前にお米を鍋に入れて置き、たっぷり水分を吸ったら、
一気に強火にかけ、吹いてきたら、弱火にして、
細かく刻んだ小松菜を投入。

15分ほど煮て、お米が柔らかくなったのを確かめたら、
玉子を割り入れ、ざっくりと混ぜて、また10分ほど蒸らしてできあがり。

鶏のスープで炊いた雑炊は、肉なしでも、十分いいお味。
鶏鍋の翌日は雑炊、なんだか、定番になりそう!?






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

 | HOME |  ▲ page top