カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

旨いアラ炊き、鯛めし

murasaki_tuyukusa180515-1.jpg
(紫露草の青花が、今年も咲き始めた
…2018年5月15日、千葉・鎌ケ谷にて)



花鯛、二段活用。
昨夜の薄造りに続き、今夜は、鯛めし。

炊く数時間前に米を研ぎ、出し昆布と一緒に土鍋にひたしておく。
炊く一時間前くらいに、冷蔵しておいた花鯛のアラに軽く塩を振り、
身を香ばしくするために、魚焼きグリルで焼く。

土鍋から昆布を取り出し、めんつゆを適量入れて、米とよく混ぜる。
そこへ、焼いたアラを並べ、その上に取り出しておいた昆布をかぶせて、
ガスのスイッチオン。

強火で火にかけて、吹いてきたら弱火にして15分くらい。
ご飯が炊けたのを確認したら、最後にやや強めで数分、おこげをつくる。

炊きあがったら、すぐに昆布とアラを取り出し、アラから身を分けて、
身だけ再び土鍋へ。
その間に、ご飯がほどよく蒸らせる。

さっくりと混ぜれば、鯛めしの出来上がり。
ほどよくおこげもできていて、香ばしい。

土鍋めしは、炊飯器と違って目が離せないのが困るけど、
できあがりのおいしさは格別。
これからも、季節ごとに、鯵めし、鰯めし、秋刀魚めし、と色々作れそう。
でも、鯛の旨さは、やはり格別だ。

次は、どんな鯛料理にしてみようかな。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

もう咲いた、白い紫陽花

ajisai180515-1.jpg
(紫陽花が早くも咲いた…2018年5月15日、
千葉・鎌ケ谷にて)



ajisai180515-2.jpg
(純白の花束のよう・・・)



挿し木して二年目。鉢植えから土に下ろして一年目。
実家から枝をもらってきた白い紫陽花が、早くも一輪だけ咲いた。
庭植えにしたせいか、今年はつぼみもたくさんつけて、
咲くのが楽しみだったけど、もう、咲くとはびっくり。

紫陽花も、桜、牡丹、薔薇などと同様に
今年は開花が早まっているようだ。
花好きには、慌ただしくて落ち着かない。

もう少し、ゆっくり咲いてくれないかなぁ。








にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

 | HOME |  ▲ page top