FC2ブログ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

鯵(あじ)を食べ尽くす、アラ汁

tamatushima170606-1.jpg
花菖蒲 「玉津島(たまつしま)」 <肥後系>

(※写真は、2017年6月6日、東京・葛飾、堀切菖蒲園にて)



今夜は簡単な夕飯にしようと、冷凍庫を開けたら、大きめのパック。
あれ、なんだっけ?
そうだ、鯵(あじ)のアラだ。

数日前、鯵5尾を三枚におろして、その日は刺身や天ぷらにした。
そのときの頭、中骨、皮、腹骨だ。
捨てたのは、ギザギザのぜいごとワタのみ。
それもすぐに庭土に埋めたので、そのうち、良い肥料になることだろう。
二回に渡って、身も骨も料理するので、鯵を食べ尽くすことになる。

今夜はもちろん、アラ汁に決まり。
薄ら肌寒いので、ちょうどいい。
大根、にんじん、こんにゃくを薄く切り、キャベツも切って用意。

土鍋に凍ったままのアラを入れ水を張り、強火で火を通す。
あくが浮いてきたら、中火にしてていねいにすくい、野菜を投入。
料理酒、塩を適量入れて、しばらく、コトコト。

柔らかく煮えたところで味見。うん、鯵がいい味だしてる。
再び蓋をして、もう少し煮てから、味噌を溶き入れ、
しょうがの絞り汁を回しかけてできあがり。

食べるときには、刻んだ小葱と七味を散らして、と。
さてさて、お味はいかに。
猫のさくらもお相伴に預かれるかな?!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

紫蘇(しそ)たっぷり、トマトソースのパスタ

taremachi_bana170606-3.jpg
花菖蒲 「誰待花(たれまちばな)」 <肥後系>

(※写真は、2017年6月6日、東京・葛飾、堀切菖蒲園にて)



朝、庭に出たら、無意識に紫蘇の葉を摘んでいた。
春に芹畑だったところは、今や紫蘇畑と化し、
さらに庭中、あちこちに勝手に生えている。

ほっておくと、虫にやられるので、きれいなうちに摘みたい。
と思うので、ついつい、摘んでしまう。
植え込みから、きれいな葉をみつけたりすると
宝探しをしているみたいで、うれしくなる。

紫蘇の葉はビタミン豊富で、殺菌作用もあるという。
やっぱり、せっせと食べなくちゃ。

片手に分厚くなった紫蘇を見たら、
そうだ、パスタに入れてみよう、とひらめいた。
千切りにした紫蘇を、パスタとからめて食べればおいしかろう。

ランチは、パスタに決まり。
トマトがたくさんあるので、トマトソース味にしよう。
やはり、にんにくもたくさんあるので、今日は丸ごとひとつを
みじん切りに。

オリーブ油をひいたフライパンに
鷹の爪と炒め、そこに薄切りしたウインナと玉ねぎも加えて
じっくり、甘い匂いがするまで炒める。

そこへ、ざく切りにしたトマト、パスタの茹で汁、塩、こしょう、
ブイヨンを加えて、コトコト、トマトの形がなくなるまで煮る。
途中で味見をしたら、イマイチ、パンチ不足。
で、トマトケチャップを少し入れたら、味がしまった。

茹であがったパスタの上に、たっぷりトマトソースをかけ、
その上に、たっぷりの千切り紫蘇をふんわりとのせて、できあがり。

山のようにあった紫蘇も、パスタにからめながら食べたら、
あっという間になくなった。
紫蘇の風味がトマト味にもよく合う。

さて、次はどんな紫蘇活用料理にしようか?!
まだまだ、紫蘇は伸びている。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

 | HOME |  ▲ page top