FC2ブログ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

便りを開くときは

kamo181215-1.jpg
(冬の楽しみは、水鳥に出合えることもそのひとつ
・・・2018年12月15日、千葉・船橋、ふなばしアンデルセン公園にて)



昨日の朝、出がけに郵便受けを覗くと一通の封書。
友達からだった。

友からの便りやメールは、できるだけゆっくり、落ち着い場所で
開くようにしている。
今日はアンデルセン公園に行くので、そうだ、あの池のほとりの
テラスで開封しようと、バッグに入れた。

開園と同時に入り、てくてく歩いて池のほとりへ。
ボート乗り場に隣接したカフェのテラスに座ると、
冬木立に囲まれた池が一望できる。
側の梢には、小鳥たちが飛び交い、かわいい鳴き声。

冬の陽を浴びてきらきら輝く水面を、
越冬中の鴨さんたちが、並んでスーイスイ。
小さなカイツブリは、しきりと潜ったり浮いたり。

男の子二人を乗せたボートを、お父さんが池に漕ぎ出した。

淹れたての熱いコーヒーを飲みながら、便りを開く。
ささやかだけど、大切にしたいひとときだった。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

優しさ沁みて、じゃがいも

tubaki181207-1.jpg
「紅椿」

(寒くなるにつれ、花数も増えてきた
・・・2018年12月7日、千葉・鎌ケ谷にて)



先日、友達から小包が届いた。
箱を開けると、心尽くしのプレゼントが色々。
中でも、色々な種類のじゃがいもがぎっしり。

早速、今夜はフライドポテトに。
フライドガーリックチキンを作るので、付け合わせにぴったり!

細長いのや真ん丸や紫色のや、みんな皮ごと縦四つ割にして、
じっくり時間をかけて揚げた。
いい色になり、竹串を刺して芯まで柔らかくなったのを確認したら、
できあがり。

粗塩をパラパラッと振りかけ、チキン、フライドにんにくと一緒に
パクパク。
うーん、どれも香ばしくて美味。

とりわけ、ポテトは友達の優しさがジワッと沁みていた。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

冬咲きチューリップ愛らしく、アンデルセン公園

tulip181215-10.jpg
(真冬にチューリップ!思いがけないサプライズに、うれしい驚き
・・・2018年、12月15日、千葉・船橋、ふなばしアンデルセン公園にて)



tulip181215-12.jpg


tulip181215-11.jpg


tulip181215-1.jpg


tulip181215-5.jpg


tulip181215-2.jpg


tulip181215-3.jpg


tulip181215-9.jpg


tulip181215-6.jpg


tulip181215-8.jpg


tulip181215-15.jpg


tulip181215-14.jpg


tulip181215-13.jpg



日本水仙を観に行ったアンデルセン公園で、色とりどりのチューリップに
出合ってしまった。
水仙はまだ咲き初めだけど、チューリップは満開。
えーっ、真冬にチューリップ?!

後で、アンデルセン公園のサイトを見て、
冬咲きのチューリップで、「アイス チューリップ」と知った。
’特殊な処理をした球根を使って、真冬に咲かせる‘とのこと。

花の少ない冬に目を楽しませてくれるのだから、うれしいけど・・・。
あ、冬牡丹もすっかり、冬の風物詩になっていたっけ。
チューリップも、春、冬の二度咲きが当たり前になってきたのかな。

園の特等地にカーブを描きながら、びっしり植え込まれた
チューリップは圧巻。
ふっくらとした花姿が、なんとも愛らしい。

20種類4万株が、新春1月末頃まで楽しめるという。
大好きな日本水仙も、同じ時期が見頃。
この冬は、水仙とチューリップを観にせっせと通わなくちゃ。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

 | HOME |  ▲ page top