FC2ブログ

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

大寒に楽しく、寒鯖、ホッケの仕込み

ume180218-5.jpg
(今日は、大寒。そろそろ早咲きの梅の便りも聞こえて来る頃
・・・2018年2月18日、千葉・野田、清水公園梅林にて)



用事で出かけた船橋。
帰りは、やっぱり新鮮な魚が丸ごと並ぶ
駅ビルの中にある生鮮市場へ。

真っ先に目に飛び込んできたのは、黒々とした生若芽。
よし、今夜は、昨夜の豚のしゃぶしゃぶ鍋の汁で、
若芽のしゃぶしゃぶに決まり。
メインは、魚屋さん特製、安くておいしい牡蠣フライ。

さて、今日はどんな魚に出合えるか。
ワクワクしながら見ると、パンパンに身がはちきれそうな
寒鯖に目が留まった。
早速二尾、ワタだけ取ってもらう。
これで、いよいよ念願の鯖の三枚おろしができる!

と、魚売り場の端っこに生のホッケを発見!
干物用に背開きになっている。
ホッケの干物はよく食べるけど、生のホッケには
お目にかかったことがない。
うれしくなって、こちらも二枚、即お買い上げ。

家に戻ったらお昼を過ぎていたが、まずは
ホッケの干物作り。
身をきれいに洗って、薄めの塩水に30分ひたす。

この間にお昼をさ、さっと済ませ、タイマーの音と共に
専用の洗濯ハンガーに、二枚のホッケを吊るす。
大きいので、先日の寒鰯のようにしっぽを挟むだけでは
落ちてしまいそう。
あれこれ思案して、左右のエラにピンチをひっかけることを
思いついた。
やってみると、これなら落ちそうにない。
まるで、洗濯物みたいに、ホッケの開きがゆ~らゆら。

鯖は思ったより、簡単に三枚におろせた。
頼りにしている魚の捌き方本によれば、
鯖は身が柔らかいので扱いに注意とある。

それを頭に叩き込んで、丁寧に丁寧に包丁を入れた。
おろし終えて、中骨に残る身がかなり少なくなったことに気づく。
ちょっぴり、包丁さばきも慣れてきたのかな?!

おろし終えた中骨も頭もアラ汁用に、即、冷凍。

一尾は、塩焼き用に冷凍。
もう一尾は、味噌、料理酒、味醂をよく溶かした味噌だれに
漬け込んで。
鯖と味噌の相性は抜群だから、きっとおいしいはず。

夜。
しゃぶしゃぶにした生若芽は、磯の香りたっぷりで、
鍋に放つと、鮮やかな緑色に変身。
牡蠣フライと共に、海の味覚を堪能した。

そして夕食後、たっぷり半日干されていい色になった
ホッケを取り込んで、本日の仕込みはおしまい。
魚を丸ごと捌いて、どう料理しようかと
あれこれ考えるひとときは、実に楽しい。

次は、本に出ていた締め鯖を作ってみたいなぁ~。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

 | HOME |  ▲ page top