FC2ブログ

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

蘇った、山百合

yuri190711-2.jpg
7月6日に、一輪目が咲いて今日で六日目。
毎朝、みごとな花を見せてくれている
・・・2019年7月11日、千葉・鎌ケ谷にて)




yuri190711-1.jpg
(まるで、山百合の花束)



この春、スクスク茎を伸ばしていた三本の百合。
そのうち、つぼみをたくさんつけて、
日増しにそれが大きくなっていった。
それがどんな百合なのか分からなかった。
昨年は新しい品種も植えたので、それかもしれない、と。

ところが、びっくり。
咲いたのはみごとな山百合だった!
確かに、昨年、同じ場所で咲いていたが、
もう今年は咲かない、と勝手に決めつけていた。

というのも、昨年のあの日。
忘れもしない、6月28日
念願叶って咲かせた山百合。
丈は短いものの、三本の茎に六つのつぼみをつけた。

その内の四輪が、その日開花。
うれしくてさっそく写真を撮った後、
猛烈な風にちぎられて、一輪は散ってしまい、
一輪は半分に。
あわてて残った茎を切って、室内に避難させた。
それ以来山百合の苦い思い出は、消えなかった。

それが、今年、こんなにみごとな姿で蘇ってくれたなんて、
言葉にできない喜びだ。
毎朝、麗しい姿と芳しい香りに癒され、
すっかり、苦い思い出も忘れそう。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
 | HOME |  ▲ page top