FC2ブログ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

うさぎ顔のビオラに、ほっこり

viola191118-1.jpg
ラビット咲きビオラ「バニーイヤー」

(どんよりした朝も、うさぎ顔のビオラにほっこり
・・・2019年11月18日、千葉・鎌ケ谷にて)



viola191118-3.jpg
「バニーイヤー」



viola191118-2.jpg
「バニーイヤー」



viola191118-4.jpg
「ブルーラビット」



viola191118-5.jpg
「ブルーラビット」



viola191118-10.jpg
「ブルーラビット」

(朝の内は冷たい雨まで降っていたのに、お昼前には
お日様が出てきて、うさぎさんたちも楽しそう)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ラビット咲きのビオラも

kiku191117-2.jpg
(チワワの額ほどの庭も、プチ菊まつり!?
・・・2019年11月17日、千葉・鎌ケ谷にて)


kiku191117-3.jpg




kiku191117-1.jpg



今日も、朝から秋晴れ。
絶好のガーデニング日和だ。
また、花苗の買い出しにでかけよう!

ホームセンターの花苗売り場は、一段と
品数が増えていて、どれにしようか、あれこれ迷う。

うさぎの耳のように花びらが長い、ラビット咲きのビオラも
かわいくて、初めて買ってみた。

ビオラ、ネメシア、乙女桜などなど、自転車の前と後ろに
ぎっしり苗を積んで帰る。

お昼もそこそこに、即、定植。
プランター2個に、鉢が5個。
それをまた、あーでもない、こーでもない、と
頭を悩ましながら、先住の鉢と並べ替えたりして。

最近、どうも腰が痛いと思っていたが、
重い鉢やプランターを抱えて、庭とベランダを
右往左往しているのだから無理もないか。

やっと配置も決まって並べ終えてみたら、ベランダは
足の踏み場もないほど。
でも、きれいな花を観られるのだから、がまん、がまん。

かわいいラビットちゃんたちも、わが家を気に入って、
たくさん友達が増えてくれたら、うれしいな。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

菊も盛りに、亀戸天神

kiku191115-1.jpg
(亀戸中央公園の山茶花を観た帰り、亀戸天神菊まつりにも行ってみた。
境内を色とりどりに飾る大小の菊は、ちょうど盛りに
・・・2019年11月15日、東京・江東、亀戸天満宮にて)



kiku191115-3.jpg



kiku191115-7.jpg



kiku191115-2.jpg



kiku191115-4.jpg



kiku191115-10.jpg



kiku191115-5.jpg



kiku191115-9.jpg



kiku191115-8.jpg



kiku191115-6.jpg



kiku191115-11.jpg



kiku191115-12.jpg





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

早咲き山茶花満開に、亀戸中央公園

sazanka191115-1.jpg
「昭和の栄(さかえ)」

※カンツバキ系 秋から冬 濃桃色 千重咲 中輪
 枝張り良く旺盛 花つきが良く花形も派手な近代的品種

(楽しみに待っていた山茶花。
思ったよりよく咲いていてうれしくなった
・・・2019年11月15日、東京・江東、亀戸中央公園にて)



sazanka191115-2.jpg
「昭和の栄」



sazanka191115-3.jpg
「昭和の栄」



sazanka191115-4.jpg
「原種の山茶花」

※サザンカ系 10月~12月 白色 一重咲 小輪
 鹿児島県鹿屋市産

(清楚な佇まい)



sazanka191115-5.jpg
「原種の山茶花」



sazanka191115-6.jpg
「緋乙女」 

※11月上旬~12月 紅色 芯特大純黄 抱咲 大輪
 立ち性 強健



sazanka191115-7.jpg
「緋乙女」



sazanka191115-9.jpg
「緋乙女」



sazanka191115-14.jpg
「初光(はつひかり)」

※ハルサザンカ系 10月~12月 白色(外側の花びらと蕾は桃紅色)
  千重咲 大輪



sazanka191115-13.jpg
「初光」



sazanka191115-15.jpg
「初光」



sazanka191115-10.jpg
「立寒椿(勘次郎)」

※秋~冬 紅色 千重咲 咲き進むと獅子咲 中輪
  立ち性 鉢植え 生垣 庭木用



sazanka191115-16.jpg
「御美衣(おみごろも)」

※サザンカの園芸品種 白色地に縁が紅色のぼかし
  一重抱え平開咲 中輪



sazanka191115-11.jpg
「福包(ふくつつみ)」

※サザンカの園芸品種 濃桃色 八重咲



sazanka191115-17.jpg
「富士の峰」

※カンツバキ系 11月上旬~1月 白色 千重咲~獅子咲 中輪
  横張り性 寒さにやや弱い



sazanka191115-19.jpg
「富士の峰」



sazanka191115-18.jpg
「富士の峰」



sazanka191115-23.jpg
「乙女」  

※カンツバキ系 12月~3月 明桃色 千重咲 中輪



sazanka191115-21.jpg
「乙女」 



sazanka191115-24.jpg
「乙女」 



sazanka191115-20.jpg
「乙女」



sazanka191115-22.jpg
「乙女」 



sazanka191115-25.jpg
「見驚(けんきょう)」

※サザンカの園芸品種 白色 一重咲 大輪



sazanka191115-26.jpg
「見驚(けんきょう)」



sakura_momiji191115-1.jpg
(色づき始めた紅葉が、秋の光にまばゆいほどに)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

2020年カレンダーは

viola191113-1.jpg
(ビオラたちのおしゃべりが聞こえてきそう
・・・2019年11月13日、千葉・鎌ケ谷にて)



そろそろ11月も半ば。
年内にしておきたいことが色々あって、
少しずつ確実に済ませていかないと・・・。

そのひとつに、カレンダー作りも。
大病を経験して後、生かされていることに感謝しつつ
毎年作り続けてきた。

一年間に撮り貯めた花の写真で作る、卓上の月めくりカレンダー。
が、今年は父の介護で家を離れていたので、
春の梅、牡丹、桜も、夏の薔薇、花菖蒲も撮れなかった。

ど、どうしよう。
いっそ来年は欠番にしようか。
でも、やっぱりそうはしたくない。
西暦2020年、令和2年のカレンダー、さて、どう作ろうかな。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

花数増して、庭の小菊

kiku191113-5.jpg
(庭の小菊も、日に日に花数を増してきて
・・・2019年11月13日、千葉・鎌ケ谷にて)


kiku191113-4.jpg
「赤手毬」

(湯島天神で求めた菊も次々に開いて)



kiku191113-1.jpg
「カクテルマム スプラッシュ」

(去年、花姿がユニークだったので買った菊。
今年は背丈も伸びて、落ち着いた花姿に)



kiku191113-3.jpg
「カクテルマム スプラッシュ」


kiku191113-2.jpg
「カクテルマム スプラッシュ」

(今年も咲いてくれて、感謝!)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

秋冬の定番、蒸し鶏

shinobazunoike191109-3.jpg
(枯蓮に桜紅葉、不忍池は晩秋の色
・・・2019年11月9日、東京・台東、上野公園にて)



今夜は鶏肉料理にしよう。
そうだ、寒いときの定番「蒸し鶏」がいい。
暑い季節にはとても作る気になれなかったが、
そろそろ湯気が恋しい。

久々に、蒸し器登場。
下の鍋にたっぷり水を張り、火にかける。
上の鍋に大皿を入れて、その上にざく切りにした
たっぷりの白菜、椎茸を並べ、塩、胡椒、料理酒少々。
さらにその上に、鶏もも肉を載せて、同じように調味料を振る。
肉の上にスライスしたしょうがを並べ、強火で30分ほど蒸す。

山のようにあった白菜はペタッとなり、肉は柔らかそうに蒸しあがった。
いつもなら、たれはポン酢に辛子を溶いたものなんだけど、
今日はちょっと、ひと工夫。

ナムルドレッシングをベースに、多目の酢を足して、
豆板醤を溶かして中韓合作風にしてみた。

一口分ずつ箸で肉をとりわけ、たれにつけて食べてみる。
うん、ピリッとしてうまい!

味がしみてなさそうな肉を、愛猫さくらにもお裾分け。
お皿から顔をあげず、ひたすら、パクパク。
さくらも気に入ったようだ。

大皿をきれいに平らげた後には、旨味がしみでた汁がたっぷり。
これを小鍋に移し、冷ごはんを入れて、火が通ったところで
溶き玉子を回しかければ、蒸し鶏味のおじやのできあがり。
これがまた、いい味!

最後の汁まで一滴も残さずに、蒸し鶏を堪能した。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

秋晴れにサクサク、庭仕事

viola191107-1.jpg
(鉢やプランターに植えたビオラやパンジーが、日に日に花数を増してきた
・・・2019年11月7日、千葉・鎌ケ谷にて)



ここのところ、秋晴れの良い日和が続いている。
おかげで庭仕事も、サクサクはかどってうれしい。

今日も、せっせと土いじり。
鉢にノースポールの種を蒔き、プランターに小松菜の種を蒔く。
いくつかの小菊を鉢に植え替えた。

穴を掘って、野菜くずや魚の骨などの残菜を埋める。
埋めてしばらくした残菜はきれいに土に還っていて、
その土で花や野菜を育てる。
自然の循環が、心地よい。

先日蒔いた春菊は早くもかわいい芽を出し、
お日様を浴びて気持ちよさそう。

色とりどりの菊やパンジー、ビオラも次々に咲き始め、
チワワの額ほどの庭も、秋色に染まってきた。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

蕪料理、あれこれ

kikyou191109-1.jpg
(菊の季節に、まだ桔梗も
・・・2019年11月9日、東京・文京、湯島天満宮にて)



野菜売り場で、新鮮な小蕪をみつけた。
実は真っ白で、葉は青々としておいしそう。


束になった実を数えたら、やっつあった。
糠漬けにしようと思ったが、まてよ、
たまには違う食べ方もしてみよう。

ちょうど、夕食のメニューがお刺身だったので、
なにか温かいものを作ろう。
そこで思いついたのが、蕪の小鍋仕立て。

蕪を八割にして、葉はざく切り。
舞茸を小分けにして蕪と一緒に、小さな土鍋に並べ、
めんつゆを入れたつゆをはる。

コトコト煮たら、溶き玉子を回しかければ出来上がり。
野菜の甘みがつゆに溶けて、美味。

翌日は、ナムルにしてみた。
今度は実は薄切り、葉は短めのざく切り。
冷凍庫に桜海老があったのを思い出し、
適量、混ぜる。
市販のナムルドレッシングで和えて、できあがり。

蕪の白と緑に海老のピンクがアクセントになって、
きれい。味もいい。

残った蕪は、実に少し茎をつけて切り、葉は長いまま。
粗塩でよく揉んで、糠床へ。
数日すれば、おいしい糠漬けができあがるはず。
こちらも楽しみ。

蕪は生でも煮ても焼いてもおいしい、秋の野菜。
来年は、種を蒔いて育ててみたいなぁ。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

紅葉を思わせる菊、「赤手毬」

kiku191110-2.jpg
菊「赤手毬(あかてまり)」

(令和元年、湯島天神で求めた菊はえんじ色。
わが家の‘菊花壇’?!に、さっそく仲間入りした
・・・2019年11月10日、千葉・鎌ケ谷にて)


kiku191110-1.jpg
(紅葉を思わせるような秋色の菊に、ひとめぼれ)



kiku191110-5.jpg
「風車菊」
(一昨年、湯島で買い求めた菊。
友禅模様のような優美な花姿)



kiku191110-4.jpg
植えて二年目の菊も、ほころび始めた)


kiku191110-3.jpg
(今年は、随分、茎丈が伸びた。
たくさん蕾をつけているので、これから楽しみ)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

菊盛り、桜紅葉、湯島から不忍池へ

kiku191109-1.jpg
(湯島天神「菊まつり」。
今年も、見事な菊にみとれた
・・・2019年11月9日、東京・文京、湯島天満宮にて)



kiku191109-2.jpg
(丹精込めて育てられた美しい菊を観られて、至福)



shinobazunoike191109-1.jpg
(ちょっと足を延ばして、上野公園へ。
枯蓮の広がる不忍池は、桜紅葉で彩られていた)



shinobazunoike191109-2.jpg
(秋の光に照り映えて)



にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

今日は、立冬

kiku191107-1.jpg
(今日は、立冬。
とはいえ、まだまだ秋の陽気。
暑くもなく寒くもない日は、一年のうちでも数えるほど。
この貴重な一日、一日を大事に過ごしたい
・・・2019年11月7日、千葉・鎌ケ谷にて)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

葉牡丹と乙女桜、寄せ植えに

habotan191107-1.jpg
(三種類の葉牡丹と三色の乙女桜を寄せ植えに
・・・2019年11月7日、千葉・鎌ケ谷にて)



今日も、朝から空は真っ青。
ガーデニングにはもってこいの、爽やかな秋晴れだ。

早速、昨日ホームセンターで買ってきた葉牡丹や乙女桜、
パンジーの苗を定植。
アプリコット色と濃い紫色の中輪パンジーは、それぞれ鉢植えに。
三種類の葉牡丹と三色の乙女桜は、大きな鉢に寄せ植え。
あれこれ寄せ植えの配置を悩むひとときも、楽しい。

園芸雑誌を見たら、葉牡丹は深めに少し株をこちらに傾けて
植え込むと見栄えがするというので、そのとおりにしてみたら、
なるほど落ち着いた。

気になっていた庭の雑草もだいぶ抜き、すっきりした。
でも、まだまだやることは終わらない。
来春、色とりどりの花があふれ咲く庭を思い浮かべながら、
しばらくは庭仕事が続きそう。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

今年はどこへ、観菊

kiku191105-2.jpg
(あちらこちらで、菊花展や菊まつりが始まった。
今年は、どこへ菊を観に行こうかな
・・・2019年11月5日、千葉・鎌ケ谷にて)



kiku191105-1.jpg



kiku191105-3.jpg





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

花数を増して、ビオラ

viola191105-1.jpg
10月27日に定植して約十日。
ビオラもすっかり土になじんで、花数も少しずつ増えてきた。
来春まで、目を楽しませてくれそう
・・・2019年11月5日、千葉・鎌ケ谷にて)



viola191105-2.jpg
(ビオラやパンジーが増えて、朝、窓を開けるのが楽しみ)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

庭仕事で、風邪を忘れ

panzy170305-5.jpg
(来春は、パンジーとビオラがあふれそう!?
※写真は、2017年3月5日、千葉・鎌ケ谷にて)



昨日おとなしくしていたせいか、風邪もだいぶ良くなった。
まだスッキリはしないけど、却って何かに夢中になっていれば
忘れてしまうかもしれない。

そこで、気になっていた庭仕事に突入!?
京成バラ園のガーデンセンターで買ってきた
パンジーとビオラの苗をプランターと鉢に定植。

台風でぶっ倒れていたラベンダーを支柱に立てて、
空いている鉢の土を庭に戻して、
穴を掘って残菜を埋めて。

そこまで終えたら、さすがに疲れたので本日は店じまい。
本当は、畑を作り春菊やほうれんそうの種をまき、
はびこり放題の雑草を引き抜いて、
瑠璃茉莉を剪定して、と
まだまだやりたいことは色々。

しばらく秋晴れも続きそうなので、後はボチボチと。
あ、すっかり風邪を忘れていた!





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

風邪っぽい

cosmos191020-1.jpg
「チョコレートコスモス」

(ビターチョコみたい!?
・・・2019年10月20日、千葉・八千代、京成バラ園にて)



朝起きたら、風邪っぽい。

昨日、京成バラ園の帰り、背中にはカメラの入ったリュック、
両手には、ビオラとパンジーの苗がぎっしり詰まった袋を
ぶら下げて帰った。
その疲れが出たのかもしれない。

今日は花苗を定植するつもりだったのに、ちょっと無理。
やっと陽気もよくなり、今のうちにやっておきたい庭仕事が
目白押し。

友達にはよく、無理しないでね、なんてメールしたりしているのに、
トホホ・・・。
ま、今日はおとなしくしていよう。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

秋空に輝いて、京成バラ園

edouard_manet191102-1.jpg
「エドゥアール マネ」 <2016年、フランス:デルバール>

(初めて出合った薔薇。
なんて、キュート!一目ぼれしてしまったぁ
・・・2019年11月2日、千葉・八千代、京成バラ園にて)



edouard_manet191102-3.jpg
「エドゥアール マネ」



edouard_manet191102-2.jpg
「エドゥアール マネ」



eureka191102-1.jpg
「ユリイカ」 <2003年、ドイツ:コルデス>

※花名は、アルキメデスが王冠の金の純度を測る方法を発見した逸話に由来



baby_romantica191102-1.jpg
「ベビー ロマンティカ」 <2003年、フランス:メイアン>



baby_romantica191102-2.jpg
「ベビー ロマンティカ」



garden_of_roses191102-1.jpg
「ガーデン オブ ローゼズ」 <2007年、ドイツ:コルデス>

※花名は、ドイツ人ガーデナー、グリーゼ夫人の庭に因む



red_leonardo_da_vinci191102-1.jpg
「レッド レオナルド ダビンチ」 <2003年フランス:メイアン>



glamorous_ruffle191102-1.jpg
「グラマラス ラッフル」 
 <2014年、オランダ:インタープランツ>



glamorous_ruffle191102-2.jpg
「グラマラス ラッフル」



history191102-1.jpg
「ヒストリー」 <2003年、ドイツ:タンタウ>



sousyun191102-1.jpg
「早春」 <1991年、日本:京成バラ園芸・鈴木省三>



rose191102-1.jpg
(こちらも、初めての出合い。
風情を感じさせる、とっても和風な薔薇。
名札を探しても見つからず残念!
もしかして、新種?!)



rose191102-2.jpg
(紫からピンクへの色変わりもすてき)



rose191102-3.jpg



rose191102-4.jpg
(手で顔を隠しているみたい、恥ずかしがり屋さんかな)



plum_perfect191102-3.jpg
「プラム パーフェクト」 <2009年、ドイツ:コルデス>

(これも初めて。
紫系の薔薇が、たくさん咲いていて感激した。
しかも、どの花も傷んでいなくて美しい)


plum_perfect191102-1.jpg
「プラム パーフェクト」



plum_perfect191102-2.jpg
「プラム パーフェクト」



やっと秋らしい陽気になってきたので、どこかへお花を観に行きたい。
が、菊も山茶花もまだちょっと早そう。
そうだ、やっぱり秋薔薇だ!

ということで、約10日ぶりに京成バラ園へ。
もうそろそろ花も盛りを過ぎているかと、あまり期待せずにいったら
とんでもない。

園の正門にたどり着いた途端、あふれるように咲いている薔薇が出迎えてくれた。
名前を確かめながら観て歩いていたら、とってもキュートな薔薇を発見!
「エドゥアール マネ」。
この薔薇と出合えただけでも、来た甲斐があった!?
春にはどんな風に咲くのか、今から楽しみ。

そしてバラ園に入った途端、色とりどりの薔薇が
秋晴れの中輝くように咲き、かぐわしい薫りに包まれた。

顔なじみの薔薇はもちろん、初めて観た薔薇もいくつかあって、
改めて薔薇の美しさと奥深さに触れた思いがする一日だった。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

めじろが飛んで来たぁ~っ

mejiro131205-1.jpg
(今年もかわいいお客様、めじろが飛んで来た
※写真は、2013年12月5日、千葉・鎌ケ谷にて)


今日からいよいよ11月。
月めくりカレンダーも、残すところあと2枚になった。
なんだか気がせく。

などと思いながら、ふと窓の外を見たら、椿の葉っぱが動く。
葉っぱじゃなくて、めじろだった。
昨日からみかんを椿の枝に挿しておいたら、
真っ先にひよどりが飛んで来た。
そして、今日はいよいよ、初めじろちゃん。
椿の葉を一回り大きくしたような姿と似たような羽色で、
見間違えてしまった。

毎年律儀に姿をみせてくれるめじろたち。
今年もかわいい姿に癒される。
せっせと、みかんを挿しておかなくちゃ。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
 | HOME |  ▲ page top