FC2ブログ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

撮り納めは、新宿御苑

sazanka191228-1.jpg
「山茶花」

(令和元年の撮り納めは、久しぶりの新宿御苑
・・・2019年12月28日、東京・新宿御苑にて)



sazanka191228-2.jpg
(名残りの山茶花)



suisen191228-1.jpg
(純白の水仙「ペーパーホワイト」が見頃に)



suisen191228-5.jpg
「ペーパーホワイト」



suisen191228-6.jpg
「ペーパーホワイト」



suisen191228-8.jpg
「ペーパーホワイト」



suisen191228-7.jpg
「ペーパーホワイト」



suisen191228-9.jpg
「ペーパーホワイト」



tuwabuki191228-1.jpg
(「石路<つわぶき>」は、有終の輝きを)



kobuku_zakura191228-1.jpg
(花名も新年にふさわしく、「子福桜(こぶくざくら)」



suisen191228-10.jpg
(「日本水仙」は、清々しい香りを放って)



rose191228-1.jpg
薔薇「ボニカ’82」

(冬空に、最後の命燃やして)



rose191228-2.jpg
薔薇「クイーン マルガレーテ」



kawasemi191228-1.jpg
また、カワセミに出合えた。
撮り納めのうれしいプレゼントのよう)



kisekirei191228-1.jpg
(カワセミが飛び去ったら、今度はキセキレイが登場。
初めて近くで観ることができて、大感激)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

葉牡丹華やいで、アンデルセン公園

habotan191224-1.jpg
(満開のアイスチューリップと共に、葉牡丹がますます華やいで冬を彩っていた
・・・2019年12月24日、千葉・ふなばしアンデルセン公園にて)



habotan191224-2.jpg
(まるで、牡丹のよう)



habotan191224-3.jpg
(トウ立ちした葉牡丹も、美しく)



habotan191224-4.jpg
(純白の薔薇のよう)



habotan191224-5.jpg
(葉牡丹の花束)



habotan191224-6.jpg
(高さ13メートルの「太陽の橋」から見下ろせば、
おおっ、葉牡丹の雪だるま!)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

冬麗アイスチューリップ、アンデルセン公園

tulip191224-2.jpg
(冬うらら、色とりどりのアイスチューリップが咲きそろって)
・・・2019年12月24日、千葉・ふなばしアンデルセン公園にて)



tulip191224-15.jpg



tulip191224-11.jpg




tulip191224-10.jpg



tulip191224-1.jpg



tulip191224-14.jpg



tulip191224-16.jpg



tulip191224-8.jpg



tulip191224-7.jpg



tulip191224-6.jpg



tulip191224-12.jpg



tulip191224-13.jpg



tulip191224-3.jpg



tulip191224-5.jpg



tulip191224-17.jpg



tulip191224-21.jpg



tulip191224-9.jpg



tulip191224-22.jpg



tulip191224-19.jpg



tulip191224-18.jpg



tulip191224-20.jpg





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

明日は、有馬記念

arima_kan191221-1.jpg
(明日は、いよいよ有馬記念。
スワーヴリチャードとアーモンドアイのワンツーで決まって、
祝杯をあげられますように!
・・・2019年12月21日、千葉・鎌ケ谷にて)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

さくらのために、猫草育て


nekokusa191220-1.jpg
(種を蒔いて10日目の猫草。スクスク育って、そろそろ食べ頃
・・・2019年12月20日、千葉・鎌ケ谷にて)


昨年の秋。
外で食べた草に農薬がついていたのか、
舌炎になってしまった、猫のさくら。
一時は水も飲めないほどだったが、
治療の甲斐あって、元気になった。

二度とそんな辛い目に遭わないよう、
それからは、さくらを外に出さないことにした。
高齢にもなってきたので安心だったが、
毛玉を吐き出すための草が食べられなくなり
困った。

市販の猫草を買ってきても、食べない。
それでこの夏は、庭に生えている雑草を瓶に
挿しておいたら、それはよく食べて、
毛玉を吐き出していた。

でも、秋になったらそれもできなくなり、
困っていたら、偶然、猫草の種をみつけた。

食べないかもしれないけど、とにかく蒔いてみた。
それは、細長いえん麦の種で、小鉢に蒔いて
薄く土をかぶせておくだけ。

蒔いて4、5日もすると芽が出てきて、
10日もすると青々と葉が伸びてきた。

初めは用心していたさくらも、いつのまにか
葉っぱをカジカジ。
毛玉を吐き出すようになって、ほっ。

いつのまにか、猫草の鉢が増えて、
日当たりのいい窓辺を占領している。
でも、文字通り若草色が爽やかで、
ちょっとした観葉植物にも見えて、いい感じ。

これからも、さくらのために、せっせと
猫草育てに励まなくちゃ。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

便利で美味、「地のり」

nanten191218-3.jpg
(南天の赤い実は、冬の彩りに欠かせない
・・・2019年12月18日、千葉・松戸、21世紀の森と広場にて)



最近の食材マイブームは、「地のり」
海苔をそのまま乾燥させたような
バラバラな形で、味は焼き海苔のように美味。

これがとても使いやすくて何かと重宝する。
大き目の蓋つきパックに詰めておいて、
ちょこちょこ登場。

今夜は、茹でた寒締めほうれんそうとひきわり納豆に
混ぜて辛子と醤油をちょっと足して、和え物に。
海苔の旨味が加わって、いつもの和え物がよりおいしくなる。

このほかにも、ラーメンやうどんにトッピングしたり、
出し巻き玉子に混ぜたり、お弁当におかかと一緒に
散らしてみたり。

あ、そのままお酒のつまみにもいいかも。
今度やってみよう。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

落ち葉踏みしめ、21世紀の森と広場

kouyou191218-1.jpg
(名残りの紅葉
・・・2019年12月18日、千葉・松戸、21世紀の森と広場にて)



残り少なくなった、令和元年の一日。
今日も、大切に過ごしたい。

暖かくなるというので、松戸21世紀の森と広場を
落ち葉を踏みしめがら、ゆっくり歩いてみた。



sekirei191218-1.jpg
(セキレイも、落ち葉踏みしめ!?)



sekirei191218-2.jpg
(朝日を浴びて、気持ちよさそうなセキレイさん)



nanten191218-1.jpg
(林に分け入れば、南天と紅葉のコラボが美しい)



nanten191218-2.jpg
(南天の赤い実は、冬鳥には貴重なごちそうに見えるだろうな)



kawasemi191218-1.jpg
(おおっ、カワセミ!)



daisagi191218-1.jpg
(千駄堀池では、ダイサギが朝食の調達中)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

雨の朝、紅椿あざやかに

tubaki191217-2.jpg
(冷たい雨の降る朝、紅椿が鮮やかに
・・・2019年12月17日、千葉・鎌ケ谷にて)



tubaki191217-1.jpg



tubaki191217-3.jpg



tubaki191217-4.jpg



otomezakura191217-1.jpg
(乙女桜は、可憐に)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

出番を待つアイスチューリップ、アンデルセン公園

tulip191208-1.jpg
(早咲きのアイスチューリップが顔をみせてくれた
・・・2019年12月8日、千葉・ふなばしアンデルセン公園にて)


tulip191208-2.jpg
(新年に向けて、色とりどりのアイスチューリップが
たくさんつぼみをつけて、出番を待っている)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

来春にはあふれるほどに、パンジー&ビオラ

panzy191215-1.jpg
(今年初めて植えた、変わり咲きのパンジー。
色も形も上品なふんいきで気に入った
・・・2019年12月15日、千葉・鎌ケ谷にて)



panzy191215-2.jpg
(やっぱり青紫系が好き)



viora191215-1.jpg
(ひとつのプランターに、似たふんいきの三種のビオラを寄せ植え。
こちらもお気に入りの色と形)



viora191215-2.jpg
(よく咲いてくれる)



この間買って置いたラビット咲きのビオラ三株を、やっと定植した。
同じ種類で色違いなので、丸い鉢に植えたかったが、
とうとう、あれほどあった鉢も全部使ってしまい残っていない。

それで仕方なくプランターに並べて植えたが、ま、これはこれで
いい感じ。
青系、ピンク系、赤系、とよく見ると、どの花もかわいい。
来春にはプランターにあふれるほどに咲いてくれるかな?!





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

紅葉も黄葉も、上野公園

yurikamome191214-1.jpg
(朝、上野に着いて、ちょっと一服しようと不忍池へ行ったら、
先客がいた。ユリカモメさん、おはよう~
・・・2019年12月14日、東京・上野公園にて)



kouyou191214-1.jpg
(不忍池から清水観音堂へ続く石段の脇にそびえる
大銀杏。黄金色に輝いて)



sazanka191214-1.jpg
(山茶花も花盛り)



sazanka191214-2.jpg
(何という山茶花かなぁ)



sazanka191214-3.jpg
(こちらは、「勘次郎」かな?)



sazanka191214-4.jpg
(遠くからでも目につく、鮮やかな花色)



kouyou191214-2.jpg
(清水観音堂)



kouyou191214-3.jpg
(清水観音堂)



kouyou191214-6.jpg



kouyou191214-4.jpg
(大仏山)



kouyou191214-5.jpg



nanten191214-1.jpg
(南天も赤く)



kouyou191214-7.jpg
(動物園の近く)



kouyou191214-8.jpg
(上野東照宮)



kouyou191214-9.jpg



kouyou191214-10.jpg



kouyou191214-11.jpg



kouyou191214-12.jpg



kuyu191214-13.jpg



kouyou191214-14.jpg
(国立科学博物館前の広場)



kouyou191214-15.jpg
(大噴水の近く。
カフェの屋根にも、銀杏が散り敷いて)



kouyou191214-16.jpg
(花園稲荷神社)



kouyou191214-17.jpg
(五條天神社)



kouyou191214-18.jpg
(不忍池の大銀杏。
着いたばかりのときは日陰だったが、
帰り頃には全身に陽を浴びて、輝いていた)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ストック鮮やかに、アンデルセン公園

stock191208-1.jpg
(落ち葉をバックに、色とりどりのストックが鮮やかに
・・・2019年12月8日、千葉・ふなばしアンデルセン公園にて)



stock191208-3.jpg



stock191208-2.jpg



stock191208-8.jpg



stock191208-4.jpg



stock191208-5.jpg



stock191208-6.jpg



stock191208-7.jpg
(大きな花瓶に、どっさり飾ってみたいなぁ~)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

春みたい、パンジーの花瓶

panzy191212-1.jpg
(冬とは思えない暖かな朝、ベランダのパンジーを
空き瓶に挿してみたら、春みたい
・・・2019年12月12日、千葉・鎌ケ谷にて)




にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

父亡き家に、紅葉色づいて

kouyou191129-9.jpg
(父はもう、今年の紅葉は観られない
・・・2019年11月29日、千葉・松戸21世紀の森にて)



今日は今年最後の、空き家になった父の家の片づけに。

茫々だった草もすっかり枯れて、庭は茶色一色。
その中に、美しく色づいたイロハモミジの木が一本。
紅葉した木を見たのは初めてだった。
そういえば、両親が健在の頃はこの時期に行ったことが
なかった。

花や花木が大好きだった父は、最晩年も庭を歩くのを何よりの
楽しみにしていた。
今年も元気だったら、杖をつきながら、真っ赤に色づいた紅葉を
見上げていたのかもしれない。

そう思うと、少し切なくなった。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

胸の関所(検診)、無事通過

kiku191209-2.jpg
(11月26日に定植した菊が根付いて、花数を増してきた
・・・2019年12月9日、千葉・鎌ケ谷にて)




kiku191209-1.jpg
(まるでダリアみたいな菊も、賑やかに)



今日は、三か月おきに受けている乳がんの、
今年最後の検診日。

毎回のことながら、たぶんだいじょうぶ、とは思っても、
やはりOKが出るまでは落ち着かない。
お代官様(ドクター)から、無事、関所(検診)通過の
お墨付きをもらって、晴れ晴れと病院を出た。

早いもので、手術してからもう丸八年が経った。
来年も油断することなく、養生に努めて、快適な日々を
過ごしたいと願うばかり。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

葉牡丹多彩に、アンデルセン公園

habotan191208-1.jpg
(園内にはいたるところに、色も形も多彩な葉牡丹が
植え込まれていて、目を楽しませてくれる
・・・2019年12月8日、千葉・ふなばしアンデルセン公園にて)



habotan191208-2.jpg



habotan191208-5.jpg



habotan191208-6.jpg



habotan191208-7.jpg



habotan191208-3.jpg
(池に沿った土手には、葉牡丹とパンジーで
彩られた美しい帯が続く。これは、ほんの一部)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

名残りの紅葉、アンデルセン公園

kouyou191208-1.jpg
(紅葉も、いよいよ土に還る支度
・・・2019年12月8日、千葉・ふなばしアンデルセン公園にて)



kouyou191208-2.jpg
(令和元年の紅葉も、そろそろ見納め)



nogiku191208-1.jpg
(足元には、可憐な野菊も)



kouyou191208-3.jpg
(まばゆいばかりに)



kouyou191208-5.jpg
(有終の輝き)



kouyou191208-4.jpg



kouyou191208-6.jpg



kouyou191208-8.jpg







にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

「大雪(たいせつ)」に、韓国風「大根焚き」

nanten181215-1.jpg
(南天の赤い実に、いっとき寒さも忘れそう
・・・2018年12月15日、千葉、ふなばしアンデルセン公園にて)



昨夜、ハフハフしながらおいしく食べた
変わりおでん「鶏大根」。
さすがに、大根ほぼ一本分を煮込んだので、
二人では食べきれず、半分近く残った。

そこで今日も、大根鍋に。
今日は二十四節気の「大雪(たいせつ)」。
朝から冷たい雨が終日降り続き、関東地方にも
初雪があるかもしれないとか。

昨日と同じではちょっとつまらないので、今日は
ちょっと味を変えて、韓国風にしてみた。
名付けて「冬野菜チゲ」。

残った鍋に、豚バラをパラパラ散らして、
ざく切りにした白菜をたっぷり載せて、
やっぱりストーブの上で、コトコト煮込む。

味つけは、ガーリックパウダー、胡椒、キムチの素を
適量。
味のベースがしっかりできているので、
これで十分。

仕上げに笹打ちにした長葱をたっぷり加えて、
ひと煮たちさせれば出来上がり。
部屋中にキムチのいい匂いがして、
夕食が今から楽しみ、楽しみ。

この日、京都のお寺さんでは、無病息災を願い、
大鍋で煮た「大根焚き」をふるまう、という。
二晩続きで、たっぷり大根を食べるので、
わが家にもご利益があるかな!?





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

変わりおでん、鶏大根

suisen181215-3.jpg
(そろそろ、水仙も咲き始めているかな
・・・2018年12月15日、千葉、ふなばしアンデルセン公園にて)



今日からお天気は下り坂。
朝から、寒々しい空が広がっている。

こんな日は、やっぱり鍋!
みると、冷蔵庫の前に使い始めの大根が転がっている。
野菜室が満杯で、とりあえず外にだしておいたのだった。

そうだ、大根でおでんを作ろう。
が、さつまあげとかおでんの主だったタネがない。
冷凍庫を探すと、骨付きの鶏の手羽中をみつけた。
そうだ、これで、おでん風にすればいい。
骨付きは、煮込むといいだしが出る。
野菜室には、たっぷりの椎茸も。
椎茸も煮込むと、実にいい味を出す。

善は急げとばかりに朝のうちに、さっそく夕飯の支度に
とりかかった。
ほぼ一本分の大根を皮ごと分厚く切り、土鍋に並べ、
その上に鶏、その上に椎茸を並べてストーブに載せる。
しばらくすると、甘い匂いが漂ってきた。

心配していた吹きこぼれもなく、コトコト、コトコト。
大根が軟らかくなったら、料理酒、塩、めんつゆで味つけ。
一通り、味が回ったところで火から下ろしておく。
煮物は、ゆっくり冷める間に具材に味が沁み込む。

夕方、ストーブをつけたら再び鍋を載せると、
部屋中に、鍋のいい匂いが漂う。
ゆっくりと味が沁みた変わりおでん、「鶏大根」と呼ぶことに
した。

手羽はホロホロに、大根は軟らかく、椎茸もぺったりと。
辛子をつけると、さらに味が引きたつ。
さらに三種の味が溶け合った汁は、実にいいお味だった。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

クリスマス仕様で、あったかく

christmas191205-1.jpg
(飾り棚は、クリスマス一色に
・・・2019年12月5日、千葉・鎌ケ谷にて)



先月末あたりから、街にはクリスマスツリーが飾られ、
イルミネーションがきらめき、クリスマスムードに。

やっと、わが家もクリスマス仕様に。
ドアにリースを飾り、カボックにイルミネーションをからませ、
飾り棚にクリスマスグッズを並べた。

年に一度しかお目にかかれないサンタさんや、お馬さんや
クマさんが勢ぞろい。
ブーツや空き缶には、チョコやクッキーを詰めて。

なんだか、家の中があったかい。
殺伐としたニュースが毎日のように流れる今、
いっとき、嫌なことを忘れられそう。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

冬の庭も、賑やかに

tubaki181207-1.jpg
(椿も、次々に開き始めた
・・・2018年12月7日、千葉・鎌ケ谷にて)



昨日は雨の一日。
今日は一転して、朝から真っ青な空が広がる。
それ、庭仕事、庭仕事。

気になっていた小菊とパンジー数株をプランターに定植。
どこが一番収まりがいいか、花が映えるか
ポットを持って、あっちへこっちへ。
この時間が、楽しい。

不思議なもので、ちゃんと収まりのいい場所がみつかり、
そこにポットを置くと、ピタッとする。

庭でごそごそ動いていると、椿に挿したみかんを食べたい
めじろやひよどりが、ピーピー鳴き交わしている。
ごめん、ごめん、ちょっとの間がまんしてね。

定植を終えた後、枝の剪定をや草むしりをして
部屋に入る。
それを待ちかねたように、さっそくひよどりがみかんに
かじりついていた。 
めじろたちも椿の茂みで、じっと番を待っている。

色とりどりの小菊はそろそろ盛りを過ぎそうだけど、
まだまだ美しい。
パンジーやビオラ、ネメシア、葉牡丹、乙女桜も、
すっかり根付いて、花数も増えてきた。
花の終わったマーガレットも、青々と葉を茂らせている。

椿も日に日に色づき、めじろやひよのBGMも流れて
チワワの額ほどの庭の冬も、それなりに賑やかになってきた。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

まったりと、師走スタート

manryou181226-2.jpg
(今年も万両の実が色づき始めた。
真っ赤な色は、12月にぴったり
・・・2018年12月26日、千葉・鎌ケ谷にて)

今日から師走。

早朝から年末の用事があったので、隣りの駅まで。
用を済ませてすぐ帰るのもつまらないので、
駅前をぶらり、ぶらり。
いつもは通り過ぎるだけの駅なので、
なんだか、プチ旅行気分。

通りの商店街を通ったら、お茶屋さんが開店準備中。
何人もの人がキビキビと立ち働く様子が清々しい。
あっ、豆菓子もある!
ちょうど切らしていて買いたかったので、
うながされるまま店内へ。

スッとお茶が出され、ちょこっとお茶菓子までついている。
ちょうど喉が渇いていたので、ありがたく頂く。
もちろん、豆菓子もいくつかセレクト。

さらに歩いていくと、お花屋さんも。
もう植える場所もないのに、花苗に目がいく。
見ているだけでも、花には癒される。

さらにさらに歩いていくと、ちょっと高級そうなカフェ。
コーヒー一杯の値段もそれなりに高い。
ドトール専門の身にはちょっと敷居が高いが、
たまには、いっか。

店内に入るとさすがインテリアも落ち着いた雰囲気で、
席もゆったり。
その上、モーニングサービスタイムとあって、
ミニパンケーキがついてくる。

コーヒーはもちろんパンケーキもふわふわで美味。
バッグに入れてきた文庫の「歳時記」をパラパラめくったり、
しばし、時を忘れる。

令和元年の師走は、こうして、まったりスタートした。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
 | HOME |  ▲ page top