FC2ブログ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

寒い朝も、うさぎビオラ

viora200116-3.jpg
(寒い朝も、ラビット咲きのビオラは元気いっぱい
・・・2020年1月16日、千葉・鎌ケ谷にて)



viora200116-2.jpg
(面長のうさぎさんたちも、仲間が増えました)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

菊に、感謝

kiku191126-5.jpg
(秋から冬にかけて、長い間よく咲いて楽しませてくれた菊に感謝
・・・2019年11月26日、千葉・鎌ケ谷にて)


いよいよ菊も枯れて、次の世代へバトンタッチ。
今日は、庭とベランダ、玄関先の枯れ菊の
茎に鋏を入れて、片づけた。

今年の秋には、また色とりどりの小菊が
咲いてくれるだろう。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

クリスマスローズも咲き始めて、アンデルセン公園

cristmas_rose200113-1.jpg
(「クリスマスローズ」も、咲き始めて
・・・2020年1月13日、千葉、ふなばしアンデルセン公園にて)



cristmas_rose200113-2.jpg
「クリスマスローズ」



cristmas_rose200113-3.jpg
「クリスマスローズ」



cristmas_rose200113-4.jpg
「クリスマスローズ」



snow_drop200113-1.jpg
(「スノードロップ」は、愛らしく)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

椿も楽しみ、アンデルセン公園

tubaki200113-1.jpg
(林の中に、椿の赤い花を見つけた
・・・2020年1月13日、千葉、ふなばしアンデルセン公園にて)


咲き始めた日本水仙の群落を、ひととおり見終えての帰り道、
林の中に、赤く見える花をみつけた。
近づいて見ると、ほころび始めたばかりの椿。


tubaki200113-4.jpg



tubaki200113-5.jpg


あっちにも、こっちにも、赤、白、ピンクの椿が点々と咲いている。
椿の群落だった。


tubaki200113-6.jpg



tubaki200113-7.jpg



tubaki200113-8.jpg



tubaki200113-11.jpg



tubaki200113-10.jpg



tubaki200113-12.jpg


広大なアンデルセン公園は、来るたびに新たな出合いがある。
また別の一角には、芽を出したばかりの牡丹の株が
きちんと並ぶ牡丹園も発見。

水仙、椿、そして牡丹。
もちろんほかの花も、多種多彩。
ますます、春が待ち遠しくなってきた。


tubaki200114-1.jpg
(庭の椿も、日に日に花数を増してきた
・・・2020年1月14日、千葉・鎌ケ谷にて)



tubaki200114-2.jpg
(ヒヨドリに花を食べられないうちに、パチリ)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

日本水仙香り始めて、アンデルセン公園

kamo200113-1.jpg
(暖かな冬の朝。
カモさんたちも、気持ちよさそう
・・・2020年1月13日、千葉、ふなばしアンデルセン公園にて)



ooban200113-1.jpg
(オオバンさんは、林をお散歩中)



suisen200113-1.jpg
(咲き始めた日本水仙が、
清々しく甘い香りを漂わせて)



suisen200113-5.jpg




suisen200113-2.jpg



suisen200113-3.jpg



sijyuukara200113-1.jpg
(林の茂みに、四十雀)



suisen200113-4.jpg



suisen200113-6.jpg
(日に日に、花数を増やしていくはず。
盛りの頃に、また訪ねたい)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

音符で楽しく、ダイアリー

viola191215-10.jpg
(ラビット咲のビオラも、日に日に花数を増して、
かわいいうさぎさんが増えてきた♪
・・・2019年12月15日、千葉・鎌ケ谷にて)



日記と備忘録を兼ねて、毎年、デスクダイアリーを愛用している。
見開きページが1週間分になっていて、左側の罫を二つにして
午前、午後のこと、右側の罫に簡単な日記と夕食の献立を
書き込むようにしている。

最近、日記に意識的に書き込んでいるのが、音符マーク。
おたまじゃくしみたいな、正確に言えば八分音符。
うれしかった、楽しかった、よかった、などなどプラス思考の文章の
後に付け、目立つようにピンクのマーカーで色までつけて。

書き終えた後に、音符の数を数えるのが、けっこう楽しみ。
最低でもひとつやふたつ、多いときは4、5個になったりする。
一週間を終えて、音符がいっぱいの週は充実していた証。

いつ頃から付け始めたのかな、と昨年のダイアリーをめくってみたら、
なんと、1月からぼちぼち登場していた。
当時は、付けたり付けなかったりで、ちゃんと付けるようになったのは
昨年の秋くらいから。

他愛のないことだけど、こんなことでも結構日々の暮らしが楽しくなる。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

風邪を吹っ飛ばせ!豚丼

otome_zakura200108-1.jpg
「寒さにも、冷たい雨にも負けず、「乙女桜」
・・・2020年1月8日、千葉・鎌ケ谷にて)



この週末は、毎日のように出かける予定を組んでいた。
ところが昨日の第1弾、新春ウオークは元気いっぱいだったのに、
今朝起きたら、なんか変。

寒気がする。声も鼻声。うわっ、風邪だぁ~。
仕方ないので、なにもかも取りやめて、
家でおとなしくしていることにした。グス。

さて、今夜は何を食べよう。
今一、料理する気にもなれない。
だけど、やっぱり、おいしいものは食べた~い。

風邪でぼうっとした頭で、あれこれ考えてみた。
そうだ、冷凍庫に生姜焼き用の豚肉がある。
あれで、豚丼を作ろう!
豚肉パワーで、風邪を吹っ飛ばせ~っ!

夕食時。
まずは、フライパンにごま油をひき、ちぎったレタスを
塩コショウで軽く炒めて、ボウルに開けておく。
次に、またごま油をひき、解凍しておいた豚肉を並べて
強火で両面焼き付ける。
火が通ったところで、しょうがの絞り汁、料理酒、みりん、しょうゆを
回しかけて、軽く煮詰まったらできあがり。

ふた付きのお重に、温めたご飯を平らに広げ、
その上に焼き豚肉の汁を少しかけ、レタスを広げ、
豚肉をご飯が見えなくなるようにびっしりと敷き詰め、
たれをかけ、仕上げに紅しょうがをたっぷり添えれば、
豚丼(豚重)の完成。

甘辛い豚肉と柔らかなレタスが相まって、シンプルに旨い。
さぁ、これで、風邪が治ると、ほんといいんだけどな。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

鳥とりどり、松戸21世紀の森と広場

kogera200109-1.jpg
「コゲラ」

(冬晴れの林で、キツツキの仲間、コゲラに出合えた
・・・2020年1月9日、千葉・松戸、21世紀の森と広場にて)



shijyuukara200109-1.jpg
「シジュウカラ」



tugumi200109-1.jpg
「ツグミ」



sekirei200109-2.jpg
「ハクセキレイ」



sekirei200109-4.jpg
「ハクセキレイ」



sekirei200109-1.jpg
「ハクセキレイ」


sekirei200109-3.jpg
「ハクセキレイ」



kawasemi200109-5.jpg
「カワセミ」



kawasemi200109-3.jpg
「カワセミ」



ooban200109-3.jpg
「オオバン」



ooban200109-2.jpg
「オオバン」



kaituburi200109-2.jpg
「カイツブリ」



daisagi200109-1.jpg
「ダイサギ」



aosagi200109-1.jpg
「アオサギ」



aosagi200109-3.jpg
「アオサギ」





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

凛として、日本水仙

suisen200108-1.jpg
(姿も香りも、気品を感じる「日本水仙」。
朝方まで降り続いた冷たい雨の中でも、凛として
・・・2020年1月8日、千葉・鎌ケ谷にて)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

芹をたっぷり、七草がゆ

nanakusa200105-1.jpg
(「春の七草」の寄せ植えが、新春の気分をいや増す
・・・2020年1月5日、東京、上野東照宮ぼたん苑にて)



今日は、歳時記七十二候の「芹乃栄(せりすなわちさかう)」。
そして「七草」の日。

  せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ
  これぞ、春の七草

と、いにしえから歌われ、無病息災を願って七草がゆを食す日。

夕食は、七草がゆで決まり。
年末にたくさん買って冷凍しておいた「仙台芹」をたっぷり入れて。

プランターに植えこんだ根っこもしっかり根付いて、
葉を伸ばし始めている。
それを摘もうかとも思ったが、もったいないので、
そちらは、春までの楽しみにとっておくことにして。

真っ白なおかゆに緑の青菜が美しい。
今年も、おいしく食べて、楽しく過ごせますように。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

寒さが増すにつれ、「小寒」

kamo200105-2.jpg
(今日は、二十四節気の「小寒(しょうかん)」。
寒さが増すにつれて、増えてくる野鳥たちとの出合いも
冬の楽しみ・・・2020年1月5日、東京・上野、不忍池にて)





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

冬牡丹華麗に、上野東照宮

botan200105-27.jpg
冬牡丹「太陽」

(新春を彩る冬牡丹が、華麗に咲き誇って
・・・2020年1月5日、東京・上野東照宮ぼたん苑にて)



botan200105-10.jpg
「太陽」



botan200105-1.jpg
「太陽」



botan200105-16.jpg
「太陽」



botan200105-19.jpg
「太陽」



senryou200105-1.jpg
「黄実の千両」

(千両も、めでたい正月に欠かせない)



botan200105-11.jpg
「連鶴(れんかく)」

(純白の花色が、なんとも清々しい)



botan200105-29.jpg
「連鶴」



botan200105-25.jpg
「連鶴」



botan200105-33.jpg
「連鶴」



botan200105-44.jpg
「連鶴」


都心に初雪が降った翌朝、
楽しみに待っていた冬牡丹を観に、上野へ。
まだそんなに花はないかもしれないと、あまり期待せずに行ったら
とんでもなかった。

入口の看板の‘見頃に’というとおり、苑内は色とりどりの冬牡丹が
華麗に咲き誇っていた。


botan200105-39.jpg
(このときのために、丹精された冬牡丹。
それぞれに、藁ぼっちで大切にされて)


botan200105-8.jpg
寒牡丹「戸川寒(とがわかん)」

(寒牡丹の着花率は2割以下という。
貴重な花を二輪も観られて、ラッキー!)



botan200105-2.jpg
「村松桜」



botan200105-17.jpg
「島大臣」



botan200105-28.jpg
「島大臣」



botan200105-41.jpg
「島大臣」

(美しい花に出合うと、ついついドアップしてしまう)



botan200105-31.jpg
「島大臣」



botan200105-20.jpg
「黄冠」

(甘く良い香りがする)


botan200105-23.jpg
「黄冠」



botan200105-15.jpg
「八千代椿」



botan200105-42.jpg
「八千代椿」



botan200105-45.jpg
「八千代椿」



botan200105-24.jpg
「鎌田藤」



botan200105-3.jpg
「鎌田藤」



botan200105-12.jpg
「鎌田藤」



botan200105-22.jpg
「鎌田藤」



botan200105-35.jpg
(深紅の美しい牡丹。名札が無くて、残念。
「新日月」かな?)



botan200105-14.jpg



roubai200105-1.jpg
「蝋梅(ろうばい)」

(ちらほらと咲き始め、あたりに甘い香りが)



roubai200105-2.jpg
(五重塔まで、蝋梅の香りが届くかな)



botan200105-4.jpg
「八重桜」



botan200105-6.jpg
(未明のみぞれに濡れて)



botan200105-13.jpg
「聖代(せいだい)」



botan200105-26.jpg
「聖代」



botan200105-21.jpg
「聖代」



botan200105-18.jpg
「聖代」




habotan200105-1.jpg
(葉牡丹も共演)



botan200105-30.jpg
「島錦」



botan200105-37.jpg
「島錦」



botan200105-34.jpg
「島錦」



botan200105-43.jpg
「御国の旗(みくのはた)」



botan200105-36.jpg
「御国の旗」



botan200105-32.jpg
「御国の旗」



tubaki200105-1.jpg
(椿も咲き始めている)



botan200105-38.jpg
「島の藤」


美しい冬牡丹を、ゆっくり、じっくり観進めていったら、
そろそろ出口へ。
手前の茶店で、生姜入りの甘酒を買い、
緋毛氈に腰かけて、五重塔を見上げながらひと休み。

折しも、正午を告げる鐘の音が聴こえてきて、
気持ちが静まっていくよう。

今年も、冬牡丹を堪能できて新年の眼福を味わえた。
感謝、感謝。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

撮り初めは、谷津干潟

sazanka200102-1.jpg
山茶花「勘次郎」
(2020年1月2日、千葉・習志野、谷津干潟にて)

令和2年の初撮りは、谷津干潟へ。
お気に入りの水鳥「セイタカシギ」に出合えますように。
真っ白な体に真っ黒な羽。丸い頭にかわいい目、
真っ赤な長い脚の、とってもおしゃれな鳥。
7年前に初めて谷津干潟で観て、ひと目で気に入ってしまった。

京成谷津駅から商店街を抜け、緑豊かな公園を抜け、
谷津バラ園の横を通って、谷津干潟へ。
冬晴れの水面は、きらきらと輝いている。

干潟入口の山茶花が満開。
明るい紅色が新年を祝っているかのよう。

seitakashigi200102-6.jpg
(あっ、セイタカシギ!)

いきなり、干潟の入り口でセイタカシギに出合ってしまった。
すぐ茂みに隠れてしまったけれど、かわいい姿をしっかり目に焼きつけた。

kamo200102-1.jpg
(カモさんたちは、日向ぼっこ中)



ooban200102-1.jpg
(鼻白の「オオバン」も、愛嬌があってかわいい)



kamo200102-2.jpg
(カモさんは、毛づくろい中)


kamo200102-3.jpg
(こちらのカモさんたちは、お昼寝中。
「オナガガモ」かな?)



chidori200102-1.jpg
(貝殻に紛れそうに、小さな「チドリ」たち)



seitakashigi200102-1.jpg
「セイタカシギ」

自然観察センターでお昼をぱくついていたら、目の前の池に
2羽の水鳥が降り立った。
あっ、セイタカシギ!

2羽は、しばらく水辺を歩き回って、やがて飛び立っていった。
親子かな?つがいかな?
かわいい姿を、こんなに間近で観られたのは初めて。

seitakashigi200102-2.jpg
「セイタカシギ」



seitakashigi200102-3.jpg
「セイタカシギ」



seitakashigi200102-4.jpg
「セイタカシギ」



seitakashigi200102-5.jpg
「セイタカシギ」



tori200102-1.jpg
(枯れ穂の先に、小さな野鳥が。
なんていう名前かな)

顔の白黒の縞模様は、なんともインパクトがある。
ネットでそれを頼りに調べたら、「ホオジロ」ということが分かった。
名前だけは知っていたけど、実物を観たのは初めて。
また一羽、野鳥の姿と名前を覚えた。



tori200102-2.jpg
「ホオジロ」

(穂先から水辺に飛び降りたと思ったら、
手前にもう一羽。つがいのようだ)



hakusekirei200102-1.jpg
(お食事中のオオバンの前を、ハクセキレイがお散歩中)


新年早々、うれしい出合いが色々あって、
今年もいい年になりそうな予感がする。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

新年のごあいさつ

tulip191224-2.jpg
(今年も、四季折々に花を訪ね歩きたい
・・・2019年12月24日、千葉・ふなばしアンデルセン公園にて)



謹んで初春のお慶びを申し上げます。

おかげさまで、「チモシーファーム」は2000年に開設して以来、
今年で20年目を迎えることができました。
主役は、「馬」から「花」へと大きく変わりましたが、
美しいものを求め続けたい、という気持ちは変わりません。

西暦2020年、そして令和2年。
私は、なぜか偶数年が好きです。
特に今年は、2がたくさん。
今年も、ニコニコと楽しみながら、
ゆっくり、まったりとブログを続けたいと願っています。

本年も引き続き、「チモシーファーム」をよろしくお願いいたします。



令和2年元旦
                            管理人チモシー





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

 | HOME |  ▲ page top