FC2ブログ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

剪定椿は、いつか土に

turigane_suisen200419-3.jpg
(「釣鐘水仙」も、庭のあちこちで
かわいい花を見せ始めている
・・・2020年4月19日、千葉・鎌ケ谷にて)



turigane_suisen200419-2.jpg
(土を掘り返したときなどに、球根が紛れてしまっても、
ちゃんと芽をだしてくる)



tueigane_suisen200419-1.jpg
(花は可憐なのに、強い植物)



lavender200419-1.jpg
(ラベンダーも、びっしり花をつけて。
うさぎの耳みたいな花がかわいいし、香りに癒される)



今日は、「穀雨」。
草木を潤す春の雨なのに、昨日は暴風雨、雷まで。
今朝はその雨も収まり、暑いほどの暖かさ。

山積みになっている椿の剪定枝を、丸一日かけて片づけた。
全ての葉っぱを枝から取って、枝と葉に分ける。
甘い花の香り、小鳥の鳴き声の中、木陰で腰掛けて、
鋏でチョキン、チョキン。
ひたすら、黙々と手を動かす作業は無心になれて、
けっこう楽しい。

あ、黒揚羽が飛んで来た。
黄揚羽に続いて、今年の初飛来。
卵を産むために、柑橘類の木を探しているのだろう。

作業を終えて、葉っぱは植え込みに撒いた。
細い枝は土に埋め、中くらいの太さの枝は支柱用に残し、
どうにもならない太い幹類は束ねて、集積場へ。

いつか土に還った椿は、庭の植物を育てる一助になる。
循環する命に、改めて、感謝。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
 | HOME |  ▲ page top